名言・格言

深すぎる…!相田みつをの名言40選!やさしい/温かい/元気の出る/人生の格言をご紹介!

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

相田みつをの名言・格言

この記事では、相田みつをさんの名言・格言を集めてみた。

優しくて心温まる名言の数々を、ぜひ見ていってもらいたい!

相田みつをのプロフィール

  • 名前:相田みつを(あいだ みつを)
  • 本名:相田光男
  • 生年月日:1924年5月20日
  • 逝去:1991年12月17日(67歳)
  • 出身地:栃木県足利市
  • 職業:詩人・書家
  • 代表作:にんげんだもの・おかげさんなど

スポンサーリンク

相田みつをの名言・格言

相田みつをの名言その1

他人のものさし

自分のものさし

それぞれ寸法がちがうんだな

他人を尊重した行動ができるようになるステキな名言。

自分のものさしも他人のものさしも、それぞれ大切にしていきたい。

相田みつをの名言その2

あのときの

あの苦しみも

あのときの

あの悲しみも

みんな肥料になったんだなあ

じぶんが自分になるための

辛いとき、苦しいとき、思い出したい格言である。

すべて自分の一部であり、無駄なことは何一つないのだろう。

相田みつをの名言その3

あなたがそこにただいるだけで、

その場の空気が明るくなる。

あなたがそこにただいるだけで、

みんなの心がやすらぐ。

そんなあなたに私もなりたい。

そんな"あなた"に私もなりたい。と、心から同じように思える格言だ。

美しい人間になりたいものだ。

相田みつをの名言その4

花を支える枝

枝を支える幹

幹を支える根

根は見えねんだなあ

一番下の、全てを支える部分だけ見えていない。

一番大事で、すごくて、頑張っている部分は案外見えない場所にあるのかも。

相田みつをの名言その5

身からでたサビだなあ

身に覚えがあるよ

同じような状況になったとき、こんな風に言えたらどんなにいいだろう。

相田みつをの名言その6

うばい合えば足りぬ 分け合えばあまる うばい合えば憎しみ 分け合えば安らぎ

うばい合うことの醜さと、分け合うことの尊さがとってもよくわかるこの格言。

私たちも人に優しく、分け合って生きていきたいものだ。

相田みつをの名言その7

雨の日には雨の中を

風の日には風の中を

そのまま突き進めば、受け入れてあげればいいじゃない、といわんばかりのこの名言。

なんだか心が強くなる。

スポンサーリンク

相田みつをの名言その8

名もない草も実をつける

いのちいっぱいの花を咲かせて

名もない草でさえこんなにステキな花を咲かせる。

それなら私たちは、どれほど美しい花が咲かせられるのだろうか。

相田みつをの名言その9

無理をしないで

なまけない私は

弱い人間だから

無理をしないで、人間はもともとそんなに強くないんだから。

できる範囲で、ちょうどいい具合に、人生を頑張ろう。

相田みつをの名言その10

背のびする自分

卑下する自分

どっちもいやだけど

どっちも自分

どんな自分もぜんぶ自分。

いやな自分も自分だけは愛してあげたいものである。

相田みつをの名言その11

アノネ

時は金なり

なんていうけれどね

時はいのちだよ

『いま』というこの時は

自分の一生のなかの一しゅんだからね

"時はいのち"。なんてステキな名言だろう。

いまがどんなに大事でいとおしい瞬間なのか、心に刻まれる気がする。

相田みつをの名言その12

その根っこは見えない

その見えないところに大事な点がある

見えないところに、大事なものがあるものだ。

見えてるところは、案外あまり重要じゃなかったりして。

スポンサーリンク

相田みつをの名言その13

毎日毎日の足跡が

おのずから人生の答えを出す

きれいな足跡には

きれいな水がたまる

きれいな足跡をつけて、きれいな水をため、その水にステキな答えを映したい。

相田みつをの名言その14

トマトにねぇ

いくら肥料をやったってさ

メロンにはならねんだなあ

当たり前のことなのに、どうしてこんなに胸に刺さるのだろう。

過度な期待はするものじゃない。トマトはトマト、メロンはメロン。

さらには、それぞれに違った良いところがあるはずだ。

相田みつをの名言その15

だれにだってあるんだよ

ひとにはいえないくるしみが

だれにだってあるんだよ

ひとにはいえないかなしみが

ただだまっているだけなんだよ

いえば

ぐちになるから

あの人はいいなぁ、なんて思うこともあるかもしれないが、人には多かれ少なかれいろいろあるもの。

いろいろあるなかで、必死に生きているのだ。

相田みつをの名言その16

やり直しのきかない人生

待った無しの命

だから、悔いのないように生きたい。

相田みつをの名言その17

感動いっぱい、

感激いっぱいのいのちを生きたい

ウジウジしてるのなんてもったいない。

せっかくの人生、最高に好きな人生にしたい!

スポンサーリンク

相田みつをの名言その18

澄んだ眼の底にある

深い憂いのわかる人間になろう

重い悲しみの見える眼を持とう

悲しみを隠している人間がきっとこの世には大勢いるはず。

その悲しみに気づける人間になりたいものだ。

相田みつをの名言その19

人の為と書いて

いつわりと読むんだねえ

人の為にしてあげるんじゃなく、自分がしたいからしてあげることが大切。

そして、他人ばかりを優先するのもよくないね。

相田みつをの名言その20

いいですか

いくらのろくてもかまいませんよ

たいせつなことはね

いつでも前をむいて

自分の足で

自分の道を歩くことですよ

自分で歩いたことで、きっとそれは自信になるはず。自分を好きになる材料にもなるはず。

ゆっくりでいいから自分の道は自分で歩いていこう。

相田みつをの名言その21

一生勉強

一生青春

最高の人生だ!!

相田みつをの名言その22

柔道の基本は受身

受身とは投げ飛ばされる練習

人の前で叩きつけられる練習

人の前でころぶ練習

人の前で負ける練習です。

人の前で弱みを見せることは恥ずかしいことじゃない。

それも1つの強さなのだ。

相田みつをの名言その23

毎日少しずつ

それがなかなかできねんだなあ

毎日の積み重ねってとってもとっても難しい。

だからこそ、意味があるのだろう。

相田みつをの名言その24

人生において

最も大切な時

それはいつでも

いまです

いまを必死に生きる。いまを楽しく生きる。

いまを愛して、大切に、かみしめて生きていきたい。

スポンサーリンク

相田みつをの名言その25

ともかく

具体的に動いてごらん

具体的に動けば

具体的な答えが出るから

なんとなく。けっこうしてしまいがちな行動だ。

でもきっと、なんとなくではなんとなくな結果しか生まれないはずだ。

相田みつをの名言その26

セトモノとセトモノとぶつかりっこすると

すぐこわれちゃう

どっちかがやわらかければだいじょうぶ

やわらかいこころを持ちましょう

やわらかくあることの大切さ。

おおらかに大きな心をもって生きていこうじゃないか。

相田みつをの名言その27

受身が身につけば達人

まけることの尊さがわかるから

まけることは、もしかしたら勝つことよりも必要な事なのかもしれない。

相田みつをの名言その28

そのうち

そのうち

べんかいしながら日がくれる

単純ながらも、毎日を、いまを、しっかりと生きていこうと思わせてくれる名言だ。

相田みつをの名言その29

負ける人のおかげで

勝てるんだよな

勝ったのは自分だけの力じゃないことも忘れないで。

相田みつをの名言その30

なやみは

つきねんだなあ

生きているんだもの

生きているんだからこんなこともあるさ!

そう思える大きな人間になりたい。

相田みつをの名言その31

あなたの心がきれいだから

なんでもきれいに見えるんだなあ

心がきれいだったら、目に映るものはきれいに見える。

気持ちの持ちようもすごく大切だ。

スポンサーリンク

相田みつをの名言その32

七転八倒

つまづいたり

ころんだりするほうが

自然なんだな

人間だもの

たしかに、一度もつまづいたことのない人間がいたら、逆にこわい。

それに、つまづいたことがあるから、人が転んだときの痛みをわかってあげられるのだ。

相田みつをの名言その33

しあわせはいつも

じぶんのこころがきめる

幸せも不幸せも自分次第。

考え方次第なのだ。

相田みつをの名言その34

あたらしい門出をする者には

新しい道がひらける

たまにはチャレンジすることも大事!

人生を楽しくするには、挑戦や出会いが不可欠だ。

相田みつをの名言その35

その人の前に出ると

絶対にうそが言えない

そういう人を持つといい

そんな人がいれば、どんなに悲しい時でも、きっと自分を見失わずに済むだろう。

相田みつをの名言その36

おまえさんな

いま一体何が一番欲しい

あれもこれもじゃだめだよ

いのちがけでほしいものを

ただ一ツに的をしぼって言ってみな

自分の本当に大切なものが分からなくなったとき、この格言を思い出して自問自答してみよう。

相田みつをの名言その37

待ってもむだな

ことがある

待ってもだめな

こともある

待ってむなしき

ことばかり

それでもわたしは

じっと待つ

待つことの大切さ、そして"待っている"ということが自分だけではないと思わせてくれる名言である。

幸せになるためには、ときにはじっと待つことも必要なのだ。

スポンサーリンク

相田みつをの名言その38

私がこの世に生れてきたのは

私でなければできない仕事が

何かひとつこの世にあるからなのだ

だから、誰でも自分を大切に、自分に誇りをもって生きていこう。

相田みつをの名言その39

ぐちをこぼしたっていいがな

弱音を吐いたっていいがな

人間だもの

たまには涙をみせたっていいがな

生きているんだもの

人間はきっと、そんなに強い生き物じゃないのだろう。

弱くても、一生懸命、美しく生きようとする人間は、きっとどんな強い生き物よりもきれいだ。

相田みつをの名言その40

私の、このヘタな文字、つたない文章も、

見てくれる人のおかげで

書かせていただけるんです。

「おかげさんで」でないものは、

この世に一つもありません。

みんな「おかげさんで」で

成り立っているんです。

みんな、日本中の、世界中のみんなの、おかげさん。

人への感謝を忘れずに。

ここまで読んでくれてありがとう!

相田みつをの名言・格言のまとめ

この記事では、相田みつをさんの名言・格言を紹介した。

どれもとても温かく、元気が出る言葉ばかりだった。

個人的には

「その根っこは見えない その見えないところに大事な点がある」

「人生において 最も大切な時 それはいつでも いまです」

という名言がとくに好きだった。

これからも相田みつをさんの名言・格言を胸に、強く、そして優しく生きていきたい。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー