アジアの雑学一覧

アジア 驚き

2020/7/2

インドの"呪われた女性"は犬と結婚する。その理由とは?【動画】

結婚の形は人それぞれである。最近では国際結婚なんて珍しいものではないし、欧州の一部の国では同姓の結婚も認められている(日本では認められていない)。 しかし、やはり世界は広い。なんと「犬」と結婚しちゃった女性がいた! 今回は、世界の驚きの結婚事情についての雑学をご紹介しよう! 【世界雑学】インドでは、呪われた女性は犬と結婚する エイミー 今日はちょっとびっくりな結婚にまつわる話よ!インドのとある村で、『呪われた』とされている女性が野良犬と結婚したの! ロバート REALLY?!いったいどこからツッコんだらい ...

インド人は毎日カレーを食べているわけではないという雑学

アジア 盛り上がる

2020/6/29

インド人は毎日カレーを食べてない!普段の代表的な料理とは?

ナマステ! 読者の皆さんはいかがお過ごしだろうか。今回はインドの挨拶から始めてみた。というのも、今日の雑学内容はなんといってもインド。そしてインドといえばカレーだ。偏見かもしれないが、日本人の多くはインドのイメージといわれるとカレーと答えるだろう。 筆者も最近、インドカレーにハマってしまい、インド人シェフが経営するお店へよく食べにいく。だが、先日のことだ。そのシェフいわく「インド人はべつに毎日カレーを食べてはいない」と、思わず「えっ!?」と口にしてしまった。 筆者のイメージではインドにはたくさんの種類がカ ...

本場インドでは「ナン」の形は丸いという雑学

アジア

2020/6/29

インドではナンの形は丸い!インド人の主食でもない…

あなたは、インド料理を食べたことはあるだろうか? インド料理といえば当然カレーを思い浮かべるだろう。カレーが出れば、当然のようにセットで出てくるものがある。 何だっけ? そう、ナンだ。今回のお題は、このナンにまつわる雑学である。 アツアツモチモチでふわふわのナン。初めて対峙した人は誰もがこう思うだろう。でかい…そして不思議な形だと。 そもそも何であのような形をしているのだろう。インドに留学したことがある友人に聞いてみたところ、意外な答えが返ってきた。 「インドのナンは丸かったよ?」 【世界雑学】本場インド ...

孔子は人間の塩漬けを食べていたという説に関する雑学

アジア

2020/6/29

カニバリズム…?孔子は人間の塩漬けを食べていたってマジか…?

食人文化(カニバリズム)。人間が人間を食らうという、おぞましき食文化だ。 戦争中や遭難中のように、非常事態における飢餓をしのぐためなら、人肉を食すことも致し方ないだろう。しかし、「食人族」という言葉があるように、日常の食糧ないし嗜好品として、人肉を食べる部族も存在するようだ。 実は、人間の道徳について説いた孔子も人肉を食べたとか…。本当に人肉を食していたのだろうか? 今回は、孔子食人説について、真相を探っていくぞ! 【世界雑学】孔子は人間の塩漬けを食べていたってホント…? ロバート OH MY GOD!! ...

アジア

2020/6/29

日本と韓国のみ!世界的には炭酸飲料=サイダーではない

みなさんは炭酸飲料を何と呼ぶだろうか?そのまま炭酸飲料? サイダー? それとも商品名のコーラやラムネだろうか? 実はこの「サイダー」という単語。もともとは英語なのだが、日本と韓国では本来の意味とは違う使われ方をしている。そのため英語圏で「サイダー」を注文すると、まったく別物が出てきてしまうので注意が必要だぞ。今回はそんな各国の「サイダー」にまつわる雑学をご紹介! 【世界雑学】炭酸飲料をサイダーと呼ぶのは日本と韓国だけ ロバート 暑い日のソーダは最高だぜ! エイミー 日本や韓国では、このソーダのことをサイダ ...

アジア

2020/8/28

マナー違反!韓国ではお茶碗を持って食べたらダメです

  焼肉やキムチ…スーパーでもレストランでもおなじみの韓国料理。ご飯があって、汁物があって、おかずがある。お隣の国だけあって、似たところは多い。 しかし、ちょっと待ってほしい。韓国では、日本と同じように食事をするとマナー違反になってしまうかもしれないのだ! 今回の雑学では、韓国の食事マナーきほんのき、食器の扱い方をみてみるぞ。 【世界雑学】韓国では「お茶碗を持って食べる」のはNG? エイミー 韓国では、「お茶碗を持って食べる」のはマナー違反なのよ。 ロバート Japanとの違いってヤツか… 【雑 ...

台湾の首都は台北市ではなかった!という雑学

アジア

2020/6/29

中心都市だけど…台湾の首都は"台北市"ではなく"南京市"

海外旅行先として日本人からは特に人気の台湾。距離も近くて気軽に行けるし、文化も似ていて、ご飯も美味い! そりゃあ人気も出るわけだ。 そして、台湾のなかでも台北市(たいほくし)は中心都市で、台湾観光ならここを訪れれば、まずハズレはない。 さすが台湾の首都! …と、思いきや、実は「台北市は台湾の首都ではない」という話があるというぞ? なんでも、台湾の本当の首都は、中国大陸にある南京市だというのだ。 は…? 中国大陸にあるって…それ台湾じゃないだろ…と思わされるところだが、この事実には台湾と中国の歴史が複雑に絡 ...

© 2021 雑学カンパニー