暇つぶしにおすすめの雑学一覧

採用試験が「麻雀」の企業があるという雑学

企業・商品 暇つぶし

2020/11/7

麻雀で就活!ユニークな採用試験を行う企業がスゴい!

「就活」…この言葉を耳にしただけで、暗い気分になる人も多いだろう。読者の皆さんも今現在、就活中だったり転職活動中だったりする人がいるかもしれない。 そんな人にとっては嫌なイメージがつきまとう就活だが、避けて通れないのが採用試験。グループワークや集団面接、筆記試験などが一般的だろう。筆者も学生の頃はそういった採用試験を対策するセミナーに足を運んでいた。 昨今の就活事情には詳しくないのだが、今も主流はそんな感じだろうとイメージしていた矢先のことである。 なんと、採用試験が「麻雀」の企業があるというのだ。たしか ...

カリフォルニア州では、ホテルの部屋でオレンジの皮を剥いてはならないという雑学

暇つぶし 海外の法律

2020/6/29

カリフォルニア州の"オレンジに関する法律"が変すぎる。謎の州法!

アメリカ・カリフォルニアは、日本でも食べられているスイートオレンジやサワーオレンジの原産国である。 せっかく旅行するなら、本場のオレンジを存分に味わいたいところだ。スーパーマーケットでオレンジを買って、食後のデザートにホテルで食べよう! という発想もありがちだろう。 ところが州法で「ホテルの部屋ではオレンジの皮を剥いてはダメ!」と決まっている。いったいどういうことなのだろうか。今回は、カリフォルニアの謎の法律の雑学をご紹介しよう! 【面白い雑学】カリフォルニア州の「オレンジに関する法律」が変すぎる。 信長 ...

暇つぶし 野菜

2020/6/29

萌える…!"もやし"を漢字にするとかわいくなるんです

今回の雑学テーマは何を隠そう「もやし」について。みなさんは「もやし」が好きだろうか。安くて炒め物や鍋ものなどにも使えるため活用している方も多いだろう。我が家でも何かと登場してはかさ増しに貢献してくれているようである。 このもやし、実は漢字にするととってもかわいいのである! 【面白い雑学】もやしを漢字にすると萌えた 信長さん もやしは漢字で書くと「萌やし」もしくは「糵」と書くぞ。 秀吉くん も、萌えーーー!! 【雑学解説】もやしを漢字で書くと? 実は「もやし」は漢字がある。そもそも漢字で書くとは思っていなか ...

記念日をつくる「日本記念日協会」があるという雑学

企業・商品 暇つぶし

2020/6/29

記念日をつくる"日本記念日協会"とは?どうやって決まってる?

日本記念日協会のwebサイトより 記念日というと恋人同士をイメージするかもしれないが、実は毎日のようにいろんな記念日があるのをご存知だろうか。 どんな記念日があるのかというと、パソコン検定の日・まごの日・神戸プリンの日…と出てくる出てくる。この記念日、実は「日本記念日協会」が決めているという。日本記念日協会。一体どんなところなんだろう? 今回の雑学では、日本記念日協会の気になる活動について解説していこう。記念日に興味がある人はぜひ注目してほしい。 【生活雑学】記念日をつくる「日本記念日協会」とは? 信長さ ...

意外なルール 暇つぶし

2020/7/8

受刑者の平均時給は?刑務所の労働環境はけっこうホワイト企業。

あなたがもしも罪を犯せば、刑務所に行くことになる。そこでは受刑者が各種労働を行っているが、彼らは給料をもらって働いているのだろうか。それとも無給で働かされているのだろうか。 万が一あなたが刑務所に行くことになったとき、きっと気になるであろう受刑者の労働環境についての雑学を解説する。 【面白い雑学】受刑者の時給と刑務所の労働環境とは? 信長さん 受刑者の時給は5~40円で、平均すると約25円だ。ちなみに成績が良ければ徐々に上がっていくぞ。 秀吉くん 安っっ!!…でも刑務所ってことを考えると、お金もらえるだけ ...

暇つぶし 虫・昆虫

2020/6/29

実は合コン中!夏に集まるウザい虫の群れは"ユスリカ"の集団

夏の暑い日。日が沈むころ、ふと見上げると自分の頭の上に小さな虫が群れになって飛んでいることがある。 みなさんも一度は、手で追い払ってもしつこく自分の上を飛び回るその虫を「気持ち悪い」と思ったことがあるのではないだろうか。夏にたくさんいる小さな虫の代表格といえば、蚊。もしもあの小さな虫が全て蚊なのだとしたら…? 考えただけでも恐ろしい。 あれだけの数の蚊に襲われたら、大変なことになるではないか! あの「夏にだけ現れる虫の柱」はなんなのだろうか。気になりすぎるので、今回はこの雑学について調べてみた。 【面白い ...

人間のうんちからできた薬があるという雑学

健康 暇つぶし

2020/9/14

人間のうんちからできた漢方薬とは?生活に役立つうんち。【人中黄】

昔から、筆者は疑問に思っていることがある。 「どうして、人はうんちを汚いと思ってしまうのか?」 うんちとは、口から入れた食べ物が腸内で消化されて、おしりから出てきたカスである。元は我々の舌を楽しませてくれた食べ物であったはずなのに、どうして肛門から出てきた段階でこれほどまでに嫌われてしまうのだろうか? どうして再び口の中に入れられないのか? それは臭いからなのか? 自問自答の日々である。 そんな鼻つまみ者のうんち、実は薬の原料になっているのである。しかも、われわれ人間のうんちだ。今回は、世間のうんちに対す ...

ギリシャの国歌は158番まである

世界一 暇つぶし

2020/9/9

世界一の長さ。ギリシャ国歌が長すぎる…!【動画あり】

日本の国歌は「君が代」である。あまりに当たり前なことではあるが、みなさんは他の国の国歌について考えたことがあるだろうか。 もちろんほかの国にもそれぞれ国歌があるのだが、あまりにも長い国歌をもつ国が存在するのだ。 今回はその長い国歌についての雑学を調べてみることにした。 【面白い雑学】ギリシャの国歌は世界一長く、158番まである 秀吉くん ひゃ、158番んんん!?? 信長さん もちろん世界一長い国歌だ。 【雑学解説】ギリシャの国歌はフル演奏すると55分もかかる ギリシャ共和国は南ヨーロッパにある国で、首都は ...

イタリア・ベネチアでは「ハトに餌をやってはいけない」という法律があるという雑学

暇つぶし 海外の法律

2020/6/29

イタリアのサンマルコ広場でハトにエサをやると罰金!その理由は…?【動画】

イタリア・ベネチア ハトというと皆さんはどんなイメージをもつだろうか。やはり私は「平和の象徴」というイメージが強い。 なんとなく、映画とかで白いハトがバァーっと飛び立っていくシーンのハッピーエンドというイメージだ。もしくは怪盗キッドの二択である。 そんな「平和の象徴」といわれるハトが、イタリアのベネチアでは平和っぽくない話題を振りまいているのである。今回はそんな、ベネチアのハト事情についての雑学をご紹介するぞ! 【面白い雑学】イタリアのサンマルコ広場でハトにエサをやると罰金! 秀吉くん 僕、公園でハトにエ ...

© 2020 雑学カンパニー