言葉・語源に関する雑学

刑事のことをデカと呼ぶのは「クソデカ」という隠語からだったという雑学

言葉・語源

2020/6/29

刑事のことを"デカ"と呼ぶ理由とは?警察の隠語もいろいろある。

『危ない刑事』に『スケバン刑事』…なんと読む? 『あぶないけいじ』『すけばんけいじ』と読む人はいないだろう。なんとなく語感が悪いし、「おりこうさん感」がすごい…。 「刑事」と書いて「デカ」と読む。刑事さんのことを「デカ」と呼ぶだけでなんとなくかっこよくハードボイルドな雰囲気が醸し出る。 ところで、この「デカ」という言葉、一体どうやって生まれたのだろう。体力や腕力も必要な刑事さんとはいえ、「チビ」もいそうなものだが…。 【生活雑学】刑事のことを"デカ"と呼ぶ理由とは? 孫ちゃん よくドラマとかで「刑事」を「 ...

「ナイスガイ」「タフガイ」の「ガイ」はイギリス人という雑学

言葉・語源

2020/6/29

ナイスガイの"ガイ"の語源はテロリスト…!【ガイ・フォークス】

良い奴とかステキな男性のことを「ナイスガイ」と呼ぶ。また、疲れを知らないたくましい男のことを「タフガイ」と呼ぶ。どちらも男性に対しての褒め言葉であるが、これらの言葉の語尾についている「ガイ」とは何のことなのだろう。 イケてるメンズのことを「イケメン」というが、男性のことを指すなら「メン」のほうが適しているのではないか? かねてより疑問を感じていた「ナイスガイ」や「タフガイ」の「ガイ」だが、実はこの「ガイ」はイギリス人のことを指しているのだ。 今回は、「ガイ」についての雑学をご紹介しよう! 【生活雑学】「ナ ...

「村八分」の「八分」とはいろいろな行事という雑学

言葉・語源

2020/10/27

村八分の"八分"の意味とは?実際にあった事件がヒドい…。

村八分(むらはちぶ)とは、村社会の掟を破ったものに対して制裁を加えることを意味する。簡単にいうと、村社会でのいじめのことを指す。 いじめなんて受けたくないものだが、村八分は特に、村という狭い世界の中でいじめにあうため、かなり辛いものであるらしい。 しかし、なぜ村でのいじめのことを「村八分」というのだろう。わからないのは「八分」の部分だ。というわけで今回の雑学では、村八分の「八分」の由来についてご紹介しよう。 【生活雑学】「村八分」の「八分」の意味とは? 孫ちゃん 田舎暮らしで村八分に遭うとかたまに聞くけど ...

著作権使用料を印税と呼ぶ理由に関する雑学

言葉・語源

2020/10/28

著作権使用料を"印税"と呼ぶ理由とは?印税は税金じゃないぞッ!

ベストセラー本が生まれると、話題になるのはその印税額だ。ワイドショーなどで「印税は推定〇億!」などと発表されている場面もよく見かける。 印税とは、著作権(自らの著作物を独占的に使用できる権利)の使用料のこと。つまり、人の作った作品を使うことに対して発生するお金だといえる。 しかし、なぜ著作権使用料のことを「印税」などと呼ぶのだろう。あまり気にしたことはなかったが、「税」と付くわりには、税金とは関係がないような気もする…。 そこで今回の雑学では、著作権使用料を印税と呼ぶ理由を調べてみたぞ! 【生活雑学】著作 ...

「けりをつける」の「けり」は古文の「けり」という雑学

言葉・語源

2020/6/29

"けりをつける"の意味は?"けり"の語源は古文だった!【かたをつける】

「これでこの案件はけりをつけるぞ…!」「過去にけりをつけて前に進もう」 このように、使うとなんかカッコいい雰囲気が出る「けりをつける」という言葉だが、この「けり」とは何を示しているか知っているだろうか。 なんとなく「蹴り」のことかなと思っていたが、それは全くの誤り。「けり」の正体は古文の「けり」。古文の表現からきているとは、意外に感じる。 というわけで今回は、「けりをつける」についての雑学をご紹介しよう! 【生活雑学】「けりをつける」の意味と「けり」の語源は? 孫ちゃん はぁ~。今日の宿題、古文だよ…。全 ...

「思う壺」は振り師が使う壺からきているという雑学

言葉・語源

2020/6/29

"思う壺"の語源と由来とは?"笑いのツボ"も同じ"つぼ"?

「思う壺」とは、自分の思い通りに物事が進むことを意味する言葉。 「ふー、さっきのレストランで食べたパスタ美味しかったね。そういや、会計のときに次回使える割引券もらったよ。また来なきゃね~」 「そうだね。でも、それじゃお店の思う壺よ。やっぱり今度は別のお店にしようよ」 上記のカップルの会話のように使われる。このように日常生活のなかで使うこともある言葉だが、「思う壺」とはなにを指しているか皆さんご存知だろうか? 今回の雑学では、「思う壺」の正体を解明する。 【生活雑学】「思う壺」の語源と由来とは? 孫ちゃん ...

言葉・語源

2020/6/29

鶴は千年・亀は万年。鶴と亀はなぜ縁起がいい?

古くからおめでたい縁起物として取り入れられてきた鶴と亀。詳しい由来は知らなくても、鶴と亀は縁起がよく、そういうモノなんだと思っている人は多いのではないだろうか。 結婚式や長寿のお祝いなど、祝いの儀式の際にひょっこり現れる鶴と亀には一体どういった由来があるのだろうか。 なぜ縁起がいいとされ、祝いの席で使用されることになったのか。今回の雑学では、その理由について詳しく解説していこう! 【動物雑学】鶴と亀が縁起がいい理由とは? ウサギちゃん 日本では鶴と亀は長寿のシンボルで、鶴は夫婦仲の象徴なんだ。 ライオンく ...

「エッチ」は「変態」の頭文字からきているという雑学

暇つぶし 言葉・語源

2020/11/2

"エッチ"の語源とは?学術書から明石家さんまへ…!【変態とHentai】

「ドラえもん」といえば、のび太がお風呂をのぞいて「のび太さんのエッチ!」と、しずかちゃんにお湯をかけられるシーンがお馴染みだ。 この場面で使われている「エッチ」という言葉は、もちろん「イヤらしい」とか「エロい」という意味で使われている。 だが、待ってほしい。「イヤらしい」・「エロい」という言葉を短縮したのならば、「エッチ」じゃなくて「アイ(I)」とか「イー(E)」なのではないだろうか? そこで今回の雑学では、「イヤらしい」という意味の言葉がなぜ「エッチ」なのか? その語源を探っていきたい。 【面白い雑学】 ...

「背広」の由来はイギリスの紳士服店街から!という雑学

言葉・語源

2020/6/29

"スーツ=背広"の語源は"背中が広い"ではない!【サヴィル・ロウ】

世間では、働く人の服装としてはスーツ姿が一般的だ。日本の伝統だからといって、和服で仕事に挑むのは限られた職業の人たちだろう。 そんなスーツだが、日本に普及したのは西洋文化が本格的に流入してきた明治時代以降であり、やはり日本人の体型では似合わないな…と感じることもある。 やはり「背広」というくらいだから、背中が広い=肩幅が広い欧米人のような体型じゃないと、スーツを着こなすのは難しいのだろうか? しかし、ここでわかったのだが、「背広」の語源は「背中が広い」という意味ではなかったらしいのだ! そんなわけで、ここ ...

雨具の「カッパ」はポルトガル語という雑学

言葉・語源

2020/6/29

信長も持っていた!雨具の"カッパ"はポルトガル語が由来

雨が降ったときに着用する衣服「カッパ」。小さい頃は、「カッパは水の妖怪の河童と同じいい方だけど、何か関連があるのかな?」と考えたものだ。 しかし、この「カッパ」という言葉…実は日本語ではなく外国語由来ということを知っているだろうか? では、どういう理由で外国から「カッパ」という言葉が輸入されたのだろうか? 今回は、そんな「カッパ」に関する雑学を紹介しよう。 【生活雑学】雨具の「カッパ」はポルトガル語が由来 孫ちゃん 雨の日に着るカッパってさ、なんで「カッパ」っていうんだろうね?妖怪のカッパと何か関係あるの ...

© 2021 雑学カンパニー