世界のびっくり雑学一覧

世界のびっくり

2020/4/16

世界の花粉症事情がツラい…!日本だけじゃないのか…

毎年、春が近づいてくると、新入学おめでとうや春色のファッション特集や桜の開花宣言待ちなんかで世間もウキウキして、開花宣言を待ちきれずにダウンジャケット着ながら毛布に身を包み、まだ咲いていないエアー桜でお花見に興じてしまったりする人もいてなんとなく明るいムードに包まれる。 そんなウキウキ気分の世間とは逆に、この季節が近づいてくると憂鬱気分の人もいるだろう。そう、花粉症の人。日本では4人に1人は苦しんでいるとされている。多い。しかも春だけではなく、夏や秋にも季節特有の花粉があり、悲惨極まりない。飛散だけに。 ...

世界のびっくり

2020/2/14

"世界三大美女"を決めているのは日本だけ!外国ではどうなってる?

突然だが、皆さんは美女が好きだろうか。筆者はいうまでもない。美女が好きだ。もう1度いう、美女が好きだ! 昨今では男性だけではなく、女性でも美女・かわいい子が好きと公言している人も増えてきたし、ミスコンのようなイベントも数多く開かれている。 日本はそう「美女」が好きな国なのだ(海外でも同じかもしれないが)。ただ、そんな日本人が海外の人と会話をするときに通じないネタがあるらしい。それは「世界三大美女」世界と名がつくのだから、世界中の共通認識かと思いきや、実はそうではないという話だ。はたして本当なのだろうか。 ...

世界のびっくり 驚き

2020/5/14

曲名"4分33秒"。ピアノを1音も弾かないピアノ曲がある【動画あり】

突然だが、筆者はピアノが弾けない。ピアノを使って好きな曲が弾けたら、どんなに面白いだろうと、考えたこともある。同じ様に思う方もいるのではないだろうか。 そんなピアノが弾けない方にも朗報である。どんなにピアノが弾けない素人でも弾ける曲があるとしたら、少し嬉しくはないか? ただし、1音も鳴らさないピアノ曲である。 今回は、誰にでも弾けるかもしれない、弾かないピアノ曲についての雑学を解説していこうと思う。 【面白い雑学】ピアノを弾かないピアノ曲「4分33秒」とは? 信長さん ピアノの前に座って、一定時間が経った ...

世界のびっくり

2020/2/14

800以上!パプアニューギニアで使われている言語が多すぎる…

世界で最もいろんな言葉を使っている国は「パプアニューギニア」らしい。パプアニューギニアってどこだ! パプアニューギニアなんか「パプアニューギニア、パパは牛乳屋」っていう早口言葉ぐらいでしか聞いたことがないぞ。 パプアニューギニアは、どうやら南太平洋に存在する独立国家とのこと。 そんなパプアニューギニアではなんと! 800以上の言語が使われているというのだ! え! そんなにたくさん!? 1つの国でそんなにたくさんの言葉を話す人がいて大丈夫なのか……。しかしパプアニューギニアは独立国家として立派に生き残ってい ...

サモアでは、妻の誕生日を忘れることは犯罪とされているということに関する雑学

世界のびっくり 驚き

2020/5/7

犯罪だと…?サモアでは妻の誕生日を忘れると罰金刑

みなさんは「サモア」という国を知っているだろうか。なんだか南国の暖かい国…というイメージをもつ方も多いだろう。 私は何となく南国=おおらかといったイメージがあるので、みんな陽気で楽しく暮らしていると勝手な想像をしていた。 しかし、実際はおおらかではいられないとてもシビアな法律があったのである。今回はその法律についての雑学をご紹介していこう! 【面白い雑学】サモアでは、妻の誕生日を忘れることは犯罪 信長さん サモアでは、妻の誕生日を忘れると犯罪になる。忘れた場合は罰金を払わなければいけないぞ…。 秀吉くん ...

ロシアでは毎年、落下する「ツララ」で600人以上が亡くなっているということに関する雑学

世界のびっくり

2020/2/14

毎年600人以上…!ロシアでは"ツララ"で人が死ぬ【動画あり】

筆者は関西出身なので、リアルでツララを見たことはない。 しかし、ドキュメンタリー番組などで見る北国のツララは美しく幻想的だ。そんなツララが、なんと人々を死に至らしめる凶器にもなりうるなんて、あなたには想像がつくだろうか? いや、そういえば、昔漫画でそんな殺人事件あった気がするぞ? しかし、漫画とはフィクションの世界。まさか、もともと水分でできているツララが人を殺すとは…そんなことが起こり得るのか!? 今回は、そんなツララの驚きの雑学をご紹介していこう! 【世界雑学】ロシアでは毎年、落下する「ツララ」で60 ...

世界のびっくり

2020/5/19

犬のワルツ…?作曲者不明の"ねこふんじゃった"は国によって呼び名が違う。

みなさんはピアノが弾けるだろうか?小さいころから学校でもピアニカなどで練習するが、やはり誰でもピアノが弾けるというものではない。 しかし、大半の人間がこの曲だけは弾けるという曲がある。 「ねこふんじゃった」である。この曲は、実は国によってタイトルが様々だということを知っているだろうか? 今回取り上げるのは、この「ねこふんじゃった」に関する雑学だ! 【世界雑学】「ねこふんじゃった」は各国で呼び名が違う エイミー へぇ?!日本ではあの曲、「ねこふんじゃった」っていうんだ? ロバート オレたちの国では「トトトの ...

世界のびっくり 驚き

2020/5/3

ゾンビの起源は"ヴードゥ教"の極刑!宣告されたら人生終了…

ゾンビ。それは、何らかの力で死体のまま蘇った人間の総称。 話題になった『カメラを止めるな!』や、リメイク版が販売された『バイオハザード』など、皆さんの目に触れることは少なくないと思う。 そんなゾンビの起源でイメージするのはやはり、ファンタジー世界やホラー映画、いわゆる架空世界の中での腐った死体ではないだろうか? …だが! 実は、もともとゾンビは罪を犯した時にくだされる刑罰の一種だという雑学を耳にした。ゾンビが罪? そんなに怖いことがあって良いのか…私は書きながらとても怖くなった。 【面白い雑学】ゾンビの起 ...

© 2020 雑学カンパニー