鳥類

鳥類の雑学まとめ39選!トリビア&豆知識を一覧にしました

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

鳥類の雑学まとめ

地球上にはさまざまな生き物が暮らしているが、空を自由に飛べるのは鳥類だけだ。なかには飛べない鳥もいるが、我々人間から見れば、空で活動する鳥には憧れる部分もある。鳥に憧れて空を飛ぼうとした人間も、長い歴史の中で数知れず。

鳥類は1万種類近くいて、人間の生活圏で暮らす小鳥もいれば、まだまだ謎の多い大型の鳥もいる。身近なようで知らないことも多い、不思議な存在なのだ。

コミュニケーションがとれそうでとれない鳥類。かわいいけれど意外に危険なこともある鳥類。そんなもどかしい距離感の彼らの雑学を、一挙にご紹介だ!

鳥類の雑学まとめ39選!トリビア&豆知識を一覧にしました

どの生態もおもしろい、鳥類のトリビアスタートだ!

オシドリに関する雑学

"おしどり夫婦"のオシドリはけっこう浮気する。その生態とは?【動画】

続きを見る

仲の良い夫婦のことを「おしどり夫婦」と呼ぶのは、なぜだろう? 人間界でいう「おしどり夫婦」と実際のオシドリの夫婦は、残念ながら違うようだ。

鳥のことに人間が口をはさむのもおかしいとは思うが…オシドリのオスは「ひとでなし」ならぬ「鳥でなし」? あまりにひどい実態に驚かされた…。

アホウドリに関する雑学

アホウドリはアホウが原因で絶滅しそうになったということに関する雑学
逃げろよ…アホウドリは"アホ"が原因で絶滅しかけたことがある

続きを見る

「アホウドリ」という名前が、まさか本当に「アホ」から名付けられたとは、思ってもみなかった。しかも、アホなせいで絶滅の危機に瀕したことがあるという! いや…アホウドリがアホだったせいじゃなく、人間が悪いのに…。

アホ扱いされた気の毒なアホウドリは、実は素晴らしい鳥でもある。その良さをわかってくれる研究者が、どうやら素敵な名前を用意しているらしいぞ。

「鶴と亀は縁起がいい」の理由に関する雑学

鶴は千年・亀は万年。鶴と亀はなぜ縁起がいい?

続きを見る

お祝い事に登場しがちな鶴と亀は、松竹梅と並ぶ縁起の良いモチーフになっていて、祝い唄などにも登場する。鶴と亀が縁起のよい動物とされるのは、実はあの伝説の動物っぽいから?

なかでも鶴のルックスは紅白で美しく、いかにもめでたい。しかも鶴の人生は、多くの人が憧れる生き方で、あやかりたくなる!

世界最小の"マメハチドリ"に関する雑学

世界最小の鳥"マメハチドリ"の体長は5cm!重さは2g!【動画】

続きを見る

世界で一番小さい「マメハチドリ」のかわいすぎる生態に悶絶するトリビアだ! ハチドリが小さいのは知っていたが、その体長や重さ・巣や卵のサイズを具体的に知ると、まさかこんなに小さいなんて…!

もはや鳥類のサイズ感ではないマメハチドリ…もはや妖精だ!

毒をもつ鳥に関する雑学

ピトフーイという鳥は毒で人間を殺すことができるという雑学
かわいい顔して怖すぎ!毒で人間を殺せる鳥"ピトフーイ"【動画あり】

続きを見る

地球上で、毒をもつ生き物はたくさんいる。その多くは昆虫や爬虫類・両生類だが、なんと毒をもつ鳥類がいるとは、知らなかった!

「ピトフーイ」というその有毒な鳥は、見た目はかわいい小鳥ちゃんだ。どこに毒を隠し持っているの? なんて油断しては命が危ない。実は想像以上にやばい鳥だった…。

スポンサーリンク

ヨーロッパアマツバメに関する雑学

ずっと飛び続けるヨーロッパアマツバメに関する雑学
飛行中に寝る!ヨーロッパアマツバメはずーっと飛んでるよ!【動画あり】

続きを見る

渡り鳥は何か月も空を飛んで移動する。だからといってずーっと飛んでいるわけではないだろうと思っていたが、なんと10か月も飛び続けることができる鳥がいるらしい! 一度も休まず…だ。わたしにもそんな能力があったらなあ。

なにもそんなに急がなくても…と思うが、どうやらこの「アマツバメ」たちは飛行のプロフェッショナルのようだ。ちなみに「アマツバメ」は、日本でおなじみのツバメとはまた違うらしいぞ。

ヒメコンドルに関する雑学

ヒメコンドルの、全く姫でない生態に関する雑学
ヒメコンドルの生態は?主食が死体の肉って"姫"じゃない…【姫禿鷹】

続きを見る

名前と実物のキャラが合っていない人って、たまにみかける。もちろん本人のせいではないのだが…。そして鳥のなかにも、名前と生態が違い過ぎる子がいた。

「ヒメコンドル」と聞けば、「小さいのかな」「麗しいのかな」と想像してしまうが、残念ながらその真逆なのだ…。もっとも、そういっても「人間が勝手につけた名前じゃないの」と怒られてしまいそうだが。

野生化したクジャクに関する雑学

クジャクは沖縄では害鳥という雑学
美しき害鳥…!沖縄では野生化したクジャクが繁殖している【八重山列島】

続きを見る

クジャクは大変美しい鳥だ。動物園でも、せっかくだから羽を広げてほしいとお願いしたくなるほど、ゴージャスな姿をしている…と思ったら、なんとクジャクが害鳥扱いされている場所が日本にあるらしい。

美しいクジャクが厄介者にされているとは。そもそもなぜクジャクが野生化することになったのか? 彼らに罪はないと思うのだが。

ペリカンに関する雑学

ペリカンはなんでも食べる獰猛な鳥という雑学
獰猛すぎ。ペリカンは超雑食!人間も犬も食べようとする【動画あり】

続きを見る

ペリカンを実際に見たことがあるだろうか。見たことがない人にとっては、ペリカンはかわいらしい鳥に思えるかもしれない。大きな口に郵便物を入れて飛んでいるような、ほっこりしたイメージをもっているのではないだろうか。

しかし、実際のペリカンは驚くほど大きく、しかも結構こわい! なんでもかんでも口に入れようとするらしいぞ。犬だって人間だって「いただきま~す」って…やっぱりこわいよ。

キツツキが木をつつく理由に関する雑学

キツツキが木をつつくことに関する雑学
目的いろいろ!なぜキツツキは木をつつく?【動画あり】

続きを見る

木をコンコンとつつく「キツツキ」は、その特徴的な行動でおなじみの鳥だ。では、キツツキが木をつつく理由はご存知だろうか? 木に穴を空けて巣を作っている? 木のなかの虫を食べるため?

理由はいくつか思いつくが、正解はどれかわからない。なぜなら、キツツキの種類によって理由はさまざまだから! 同じ「木をつつく」という行動の目的が種類によって違うなんて、不思議な鳥だ。

スポンサーリンク

フクロウの首に関する雑学

フクロウの首がすごく回ることに関する雑学
270°回る!フクロウの首がクルクル回る理由とは?【動画】

続きを見る

最近、フクロウは「かっこいいし、かわいい」と、どんどん人気がでている。フクロウカフェなるものもでき、実際に見ると「あの首、どうやってあんなに回るんだろう?」と非常に気になってしまう。

このトリビアでは、フクロウがあんなに首を回すことができる仕組みや、なぜあんなに首を回す必要があるのかを知ることができる。フクロウの不思議な魅力が詰まったトリビアだ。

フラミンゴの片足立ちに関する雑学

フラミンゴが片足立ちしているのは寒いからという雑学
寒いんすよね…フラミンゴが片足立ちしている理由がかわいい。

続きを見る

鮮やかなピンク色をした「フラミンゴ」は、女子に人気のかわいい鳥だ。フラミンゴのかわいらしさは、色だけではなく、あのすらっとした脚でバレリーナのように片足立ちしている姿にもある。

なぜ片足立ちしているのか? まさか「かわいい」と言われたくて…いや、そんなあざとい理由ではない。実は、これまたかわいらしい理由で片足立ちしているのだ!

ニワトリのトサカに関する雑学

ニワトリのトサカの赤色は何の色?という雑学
ニワトリのトサカはなぜあんなに赤い?トサカの意味とは?

続きを見る

ニワトリの絵を描くとき、頭にトサカを乗せなければただの鳥になってしまう。そのくらいトサカはニワトリのシンボルだ。このトサカがこわいくらい真っ赤なことも、印象に残る理由だろう。

なぜあんなに真っ赤なのか? 実は大きくて真っ赤であることが「自分は健康なニワトリだぜ」というアピールになるらしいのだ。ただの冠ではなく、予想以上に重要な役割をもつトサカのトリビアだ!

ダチョウの走る速度に関する雑学

ダチョウは優れたランナーという雑学
時速60km!ダチョウは二足歩行動物で最も速く走れる

続きを見る

鳥なのに飛べないダチョウは、なんだか不憫に思われることがあるかもしれない。そのかわり、彼らが速く走れることは有名だ。しかし、その速度を聞いたら驚くだろう!

チーターなどの俊足スプリンターには及ばないが、二足歩行ながら、それにかなり近い速度で走るのだ。しかも持久力が比ではない! ダチョウって本当に鳥なの? 車両扱いでいいんじゃあ…?

ハチドリの能力に関する雑学

唯一後ろに飛べる鳥は「ハチドリ」に関する雑学
鳥類で唯一"ハチドリ"は後ろにも飛べる。その生態とは?

続きを見る

あまりに小さくて、つい「よち、よち」と守ってあげたくなるルックスの世界最小鳥類・ハチドリ。珍しい生態であろうことは想像できるが、その珍しさは全然儚い感じじゃなくて、驚いた!

昆虫かと思うほど小さいハチドリだが、その実態は…強っ! 速っ! しかも、自分だけ後ろ向きに飛べちゃうなんて、どんだけ特殊能力もってるんだ!

スポンサーリンク

ツバメの巣に関する雑学

ツバメが人の家に巣を作る理由に関する雑学
人間を賢く利用!ツバメが人の家に巣を作る理由とは?

続きを見る

暖かくなってくるとツバメがやってくる。ツバメは、タキシードを着たようなかわいらしい見た目と、幸運の使者という昔からのジンクスにより、日本人に大変愛されている鳥だ。

彼らの巣は、人の家や公共の建物など人間の生活圏内に作られていて、これは他の鳥にはみられない特徴である。野鳥でありながら、嫌がられずに人間と住所を共有できる、ツバメの謎に迫るトリビアだ。

ツバメの帰巣本能に関する雑学

毎年やってくる親ツバメは同じツバメの可能性が高いという雑学
I'll be back!巣を作ったツバメは同じ家に戻ってくる!【動画あり】

続きを見る

人家の軒先や公共施設に巣を作るツバメは、寒くなってくると温かい場所へと移動する渡り鳥だ。したがって、冬季はツバメの巣は空き家になってしまう。しかし「来年また帰ってくるから」と、巣をそのままにしてくれる人は多い。

そして、人間の気持ちに応えるように、ほんとうに来年また同じツバメが「ただいま~」と帰ってきているらしいのだ! どうやって場所がわかるのか? 住所をメモっているのではと思うほど不思議な能力だ。

鳥の卵の形に関する雑学

鳥の卵が楕円形なのは巣からの転落を防ぐためという雑学
鳥の卵はなぜ楕円形?産みやすいからってホント?

続きを見る

考えてみたこともなかった…鳥の卵がなぜ楕円形なのか? 自然界の物の形には必ず理由があるのだな、と気づかされるトリビアだ。

動物に備わった特徴とは不思議なものである。実は、鳥の卵が楕円形なのは、卵を守るためだった! そういえば魚類や両生類の卵は楕円形ではない。鳥類ならではの理由があって楕円形になっているということだ。

伝書鳩に関する雑学

昔の新聞社は、伝書鳩を使って原稿を送っていたという雑学
最速の通信手段!新聞社は伝書鳩を使って報道原稿を送っていた

続きを見る

若い人は「伝書鳩」の存在を知っているだろうか? 読んで字のごとくメッセンジャーの役割をもつ鳩ぽっぽのことだ。なんだかかわいらしいと思うかも知れないが、実は明治時代の伝書鳩はエリート新聞社員だった!

伝書鳩たちの活躍が日本の報道を支えていたとは、なんともロマンにあふれている。しかもその活躍は報道の世界だけではなかった。ちょっと胸が締め付けられるような、健気な歴史も知っていただきたい。

スポンサーリンク

カラスの葬式に関する雑学

カラスはお葬式をする?に関する雑学
賢すぎる…!カラスは仲間が死ぬと葬式をするってホント?【動画】

続きを見る

カラスは非常に賢いことで知られている。なんと仲間の死骸を囲んで悲しみにくれているような光景がみられるらしい。情け深い…仲間の死を皆で悼んでいるなんて。

ところが、さすがカラスだ! なんとその葬式のような光景には「なるほど」と背筋が伸びるような事実が隠されていた。悲しみに暮れるだけでは生きていけない。カラスの強さをひしひしと感じるトリビアだ。

ツルの一声に関する雑学

ツルの一声に関する雑学
迫力スゴい…。"ツルの一声"はどんな声?【動画あり】

続きを見る

普段は多くを語らないけれど、大事な場面で説得力のある発言ができる人物は尊敬される。他を圧倒するような一言で、その場をおさめることを「ツルの一声」というが、実際のツルの声はどんな感じなのだろう?

このトリビアでは、動画で実際のツルの声を確認できる。気品あふれる姿に、鳴き声まで迫力があって、ツルかっこよすぎ! 「ツルの一声」とは最高の比喩だ。美しすぎる求愛ダンスの動画も必見! なぜか涙が…。

人間の顔を記憶する、カラスの能力に関する雑学

カラスは人の顔をおぼえるという雑学
指名手配。カラスは人間の顔を記憶して仲間に拡散する…!

続きを見る

カラスが利口なのは知っているけれど、まさかここまでとは思わなかった…。そして、利口すぎてちょっとこわいってば。

なんと、カラスたちは「こいつは危険人物」と思った人間の顔を覚えている。しかも、その情報を「あいつやばいぜ」という風に仲間内で共有するという!

いったいどうやって? 一羽だけならまだしも、界隈のカラス全員からそんな目でみられるのはごめんだ。恐怖しかないよ!

大人のフラミンゴの羽が赤い理由に関する雑学

フラミンゴが赤くなる理由は"モテるため"という雑学
フラミンゴは実は灰色。赤くなる理由は"◯◯のため"だった…!

続きを見る

鮮やかなピンク色のフラミンゴの群れは美しい! 遠目から見るとピンク色だが、大人のフラミンゴの羽は鮮やかな赤色に染まっている。羽が赤いフラミンゴは一人前の証らしい。

…ということは、元々赤いわけではないということだ。なぜフラミンゴは羽を赤くするのか? 実はこれ、異性にもてるため! おしゃれに余念がないフラミンゴに人間と同じ本能を見て、つい応援したくなってしまう。

ニワトリが卵を生む時間に関する雑学

ニワトリが卵を産むのは午前中という雑学
1日1個限定!ニワトリが午前中に卵を生む理由とは?

続きを見る

ニワトリは「朝」を表現するのに使われることが多い。早朝、「コケコッコー」という鳴き声とともに、卵をポトンと生み落とすイメージが強いからだろうか。

実際、ニワトリは朝に卵を生む。そして朝以外は生まないのだ! どうやらニワトリは午前中に仕事を済ませて、あとは翌朝に備えているのだとか。わたしのようなぐうたら人間が見習うべき習性だ。その習性は、意外にも本能に関係していた。

スポンサーリンク

ハゲワシに関する雑学

ハゲワシがハゲている理由に関する雑学
合理的すぎる進化!死体処理係の"ハゲワシ"がハゲている理由とその役割

続きを見る

ハゲワシは、実際ハゲている。しかし、見た目でネーミングするなんて、現代ではコンプライアンスに引っかかるかもしれないぞ。ハゲワシだってわけがあってハゲているのだ!

ハゲワシがハゲているのは、彼らが自然界で担っている重要な役割に関係するものであり、誇り高く退化…じゃない、進化した結果なのである!

伝書鳩の帰巣本能に関する雑学

伝書鳩の恐るべきスペックに関する雑学
伝書鳩の恐るべきスペック。動物界随一の帰巣本能がスゴい

続きを見る

利口な動物はたくさんいるが、伝書鳩はその帰巣本能で、人間のために活躍してくれた貴重な鳩だ。とはいえ、すべての鳩が伝書鳩になれるわけではないらしい。伝書鳩になれるのは、とりわけ賢く体力も申し分ない、いわばエリート鳩たちだ!

わたしのように、アプリの力を借りても道に迷う人間がいるというのに、伝書鳩たちは実際に手紙や物資を託せるほどの、能力と信頼を備えていたということなのか…。

ハトやニワトリが頭を上下させて歩く理由に関する雑学

ハトやニワトリが頭を上下させて歩く理由に関する雑学
本能?ハトやニワトリが頭を上下させて歩くのはなぜ?

続きを見る

ハトやニワトリの真似をするとき、あの特徴的な首の動きは必須だ。ちょっと間抜けに見える動きで愛嬌たっぷりだが、彼らはなぜ、ああやって首を動かさなければ前進できないのか?

あの動きの理由は意外と複雑で難解だが、このトリビアでは非常にわかりやすく解説してくれている。「なるほど!」とスッキリできるはずだ。

"キツツキ"という名前に関する雑学

「キツツキ科」は存在するが、日本には「○○キツツキ」という鳥はいないという雑学
海外にはいるけど…日本に"キツツキ"という名前の鳥はいない

続きを見る

もしも森の中でコツコツと音を立てて木をつついている鳥をみかけたら、一般人は「あ、キツツキ!」と思うだろう。しかし、あれはキツツキではない。日本では彼らに別の正式名称がつけてあったからだ。

ところが海外には「キツツキ」という名前のついた鳥がいるらしい。どういうこと? 日本では「キツツキ」じゃないのに。

その理由は「キツツキ」じゃない名前が先につけられていたことに関係する。もう、細かいこと言わずに日本でも「キツツキ」でいいと思うぞ!

渡り鳥の隊列に関する雑学

渡り鳥の群れがV字飛行で飛ぶ理由に関する雑学
長距離移動の工夫!渡り鳥がV字飛行を行うのはなぜ?【雁行飛行】

続きを見る

わたしは北国に住んでいるため、渡り鳥が隊列を組んで飛ぶのを毎年目撃することができる。あの美しいⅤ字が大好きで、空に向かって「また来年~!」と大声で呼びかけながら手を振るほどである。

さて、渡り鳥たちのあの隊列は、効率よく飛行するために最善の方法らしい。ロンドン大学の研究によって、彼らの賢さが証明されている。チームワークで大移動を成し遂げる渡り鳥たちに学ぶことが多いトリビアだ!

スポンサーリンク

インコのおしゃべりに関する雑学

インコはなぜ人間のことばをしゃべることができるのかという雑学
真似の能力スゴい…。インコが人間の言葉を話せるのはなぜ?【動画】

続きを見る

オウムや九官鳥などが人間の言葉を話せるように、小さくてかわいいインコも人間の言葉を話せる。あんなにかわいいうえにおしゃべりまでしてくれるなんて、最高じゃないか!

ところでなぜインコは人間とおしゃべりできるのだろうか? どうやら人間との共通点がいくつかあるようだ。そして、本来コミュ力の高い鳥なんだな。それにしても動画のインコちゃんたちがかわいすぎて、ずっと見ていられる。

鳥インフルエンザに関する雑学

鳥インフルエンザが怖い本当の理由に関する雑学
最大で80%に!?"鳥インフルエンザ"の恐ろしさは致死率の高さ

続きを見る

ニワトリが大量に殺処分される羽目になった「鳥インフルエンザ」の流行を覚えているだろうか。実はこの鳥インフルエンザ、人間にも感染する可能性があるらしい。

人間がかかる通常のインフルエンザも、子供や老人・体力の弱った人がかかると生命をおびやかす危険なウイルスだ。しかし、もし人間が鳥インフルエンザに感染した場合、また話が違ってくる。致死率が非常に高いらしいのだ…。

オウムとインコの違いに関する雑学

オウムとインコの違いって何?に関する雑学
頭頂部で見分けろ!オウムとインコの違いはなに?【動画】

続きを見る

色鮮やかでおしゃべりが得意なオウムとインコは、どちらも人気のペットだ。わたしはとくにオカメインコが好きなのだが…、実はオカメインコはオウムだった! ハムスターだと思っていたらモルモットだった…に似た衝撃だ。

なぜ「インコ」と名前の付いたオカメちゃんがオウムなのかというと、簡単な見分け方があったのだ。小さいのがインコだと思っていた人は多いのでは? このトリビアを読めば、すべてのインコとオウムを判別できるようになるぞ!

タカ/ワシ/トビの違いに関する雑学

タカ、ワシ、トビの違いに関する雑学
タカ/ワシ/トビの違いとは?世界最強の猛禽類もご紹介!【動画あり】

続きを見る

外出先で、珍しく大きな鳥が飛んでいるのを見かけると「タカだ!」「ワシじゃね?」とテンションがあがるが、大抵その正体はトビだ。

それでは、タカ・ワシ・トビはどのような違いによって分類されるのだろう? 最近人気の猛禽類だが、はっきりとした違いを知っている人はいるだろうか? 実は意外にざっくりした分類の仕方だった…。

スポンサーリンク

フラミンゴの母乳に関する雑学

フラミンゴの母乳は血の色をしているという雑学
オスも授乳できる!フラミンゴは血の色をした母乳を出す【動画あり】

続きを見る

フラミンゴの母乳は鮮血に似ているらしい。全身美しいピンク色のフラミンゴならあり得る話だ。母乳まで赤いとは徹底している…。と、タイトルを見て思った方! お気づきだろうか?

鳥類であるフラミンゴが母乳でヒナを育てることが、まず驚きなのだ! なぜなら、母乳は哺乳類特有のものだから。この珍しいフラミンゴの真っ赤な母乳は、その姿がピンク色になることと関係しているらしいぞ!

ウグイスの"ホーホケキョ"という鳴き声に関する雑学

ウグイスの「ホーホケキョ」は繁殖期のオスだけが出す鳴き声であるという雑学
"ホーホケキョ"はウグイスのオスだけの鳴き声。鳴く理由とは?【動画あり】

続きを見る

ウグイスのオスは、なんとあの「ホーホケキョ」という鳴き声を練習して出せるようになる! しかも繁殖期が終わると、また上手に鳴けなくなってしまう!?

あの鳴き声が春にしか聞こえないことに、そんな理由があったとは。ちなみに音痴なウグイスにも理由があるよ…。

カラスの行水に関する雑学

カラスは綺麗好きという雑学
実はカラスはキレイ好き!汚いどころか毎日入浴してます。【動画あり】

続きを見る

風呂に入って身体がちゃんと洗えていないことを「カラスの行水」と揶揄するが、実際のカラスはめちゃくちゃ綺麗好き。

そもそも行水を毎日すること自体が珍しいし、汚れが落ちてないと感じればもう一回水を浴び直す。間違いなく綺麗好きである。

でもってアリを身体にたからせたり、煙を浴びたり…え? それって汚してないか?

鳥が電線にとまっても感電しない理由に関する雑学

スズメやカラスが電線にとまっても感電しない理由とは?という雑学
スズメやカラスが電線にとまっても感電しない理由とは?【動画あり】

続きを見る

鳥が何事もなく電線にとまれる理由は、電流の流れる仕組みを知れば簡単なことだった! 感電しない秘密は彼らのとまり方にあるぞ。

なるほどなー! …といっても、人間はまず真似できないけどね。

世界最大の空飛ぶ鳥"アンデスコンドル"に関する雑学

空を飛ぶ鳥の中で、重さ最大15kgある鳥「アンデスコンドル」についての雑学
世界一大きな飛ぶ鳥"アンデスコンドル"の生態とは?【動画】

続きを見る

羽を広げると3メートルにもなるアンデスコンドルは、ほかの空飛ぶ鳥とは比べ物にもならない15kgもの体重を宙に浮かすことができる。

…羽、ちぎれないのか? という心配は無用だ。彼らはバタバタとはばたいて飛ぶわけではないから。

たまに飛べなくなっちゃうときもあるのがお茶目である。

"ツバメが低く飛ぶと雨が降る?"に関する雑学

ツバメが低く飛ぶと雨が降るのは本当か?という雑学
賢いわあ…"ツバメが低く飛ぶと雨が降る"ってホント?

続きを見る

「ツバメが低く飛ぶと雨が降る」ということわざには、ちゃんと根拠があった!? 雨降り前の気候では、ツバメのエサが低い場所に集まりやすいのだ!

またネコが顔を洗うことにも、雨降り前の気候が関係している? 動物たちの行動は気候と密接に関わり合っているんだなあ。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー