コンドームの使い方

"1回くらいいいよね…"が妊娠へ。避妊のためにコンドームは必須

コンドームを1回くらいしなくても妊娠しない?という疑問についての雑学

「1回コンドームなしでセックスしたぐらいで…そんな簡単に妊娠しないでしょ」

コンドームを忘れたけどどうしてもセックスがしたい…みたいなときに、こんな理屈をもち出す人がいます。しかしその”1回ぐらい”で避妊に失敗してしまうパターンが、実はかなり多いことを知っていますか?

避妊に失敗するダメージは想像よりもはるかに大きく、ふたりの関係を壊しかねません。

【性の雑学】コンドームを1回くらいしなくても妊娠しない?

今回はそんな”1回ぐらい”の危険性を物語るアンケート結果を主軸に、コンドームの重要性を考えていきましょう。

望まない妊娠の大半はたまたまコンドームを着けなかったとき

2012年、NPO法人のピルコンは「予期せず妊娠した女性の意識調査」という、23~53歳の女性41人を対象にしたアンケートを実施しています。

この調査報告のなかで、予期せず妊娠した際に当事者がどんな避妊法を選んでいたかをみてみると「毎回コンドームをせず、膣外射精で避妊していた」という論外な理由がトップ。

しかしさらに注目してもらいたいのは、それとほぼ同率で「毎回は避妊をしていなかった」という理由が挙がっていることです。

これは「今日は忘れちゃったから」「1回ぐらい大丈夫でしょ」みたいな感じで、たまたまコンドームを使わなかったときに多くの人が妊娠しているということ。

正直、ギクッとする人も多いんじゃないですか? 多くの人がそんなに簡単に妊娠はしないと、避妊を怠ったときの妊娠率を甘く見ているんです。

望まない妊娠をすると、カップルのその後もうまくいかないことが多い…

前述のアンケートで、女性たちがなぜ避妊を怠ったのかを見てみると「流れに任せたから」「言い出せなかった」などの理由が圧倒的に多いこともわかります。

コンドームなしのセックスを女性が受け入れてしまうのは、多くは不安を抱えたうえでのことなのです。「生でやりたい」というのは往々にして男性の独りよがりということですね…。

スポンサーリンク

そして避妊に失敗して中絶となると、女性の意見には罪悪感を示す言葉が目立ち、その後は別れてしまったカップルが大多数。

避妊を怠り望まない妊娠をしてしまうと女性を深く傷つけることになり、結果として恋人同士の仲も破綻してしまうことが浮き彫りになったアンケートでした。

一度の気の緩みで大切なパートナーを傷つけてしまうかもしれないことを、男性はしっかりと念頭に置いておく必要がありますね。

男女ともにコンドームは必須という認識を!

ともかく今のパートナーと末永く付き合っていきたい、これからも仲を深めていきたいと思うなら、妊娠を望んでいないのにコンドームなしでセックスをすることは一度もあってはいけません。

コンドームを忘れたらセックスはしない。それが嫌なら男女ともにコンドームを常備しておき、どちらかが忘れても大丈夫な状態を作っておきましょう。

女性は持ち歩くことに抵抗があるかもしれませんが、持っておけば男性が生でセックスをしようとしたときに「コンドーム着けて」と言い出す勇気につながります。

オカモトの「ラブドーム」や「リラックマコンドーム」、ジェクス社の「グラマラスバタフライ」など、手に取りやすいものから取り組んでいきましょう!

トリビアまとめ

女性が望まない妊娠をするのは「忘れたから」「1回ぐらい」という、たまたまコンドームを着けなかったタイミングが多いことがわかりました。アンケートの結果から、いかに多くの人の妊娠に対する認識が甘いかを実感していただけたでしょう。

女性は自分から避妊を切り出す勇気を。男性は軽率な行動で大切な彼女を傷つけていいのか、よく考えてみてください。コンドームを一度着けるか着けないかで、その後のふたりの関係が大きく変わってしまうこともあるのです。

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.