料理

クリームシチューは日本発祥の料理!世界のシチューとは違います

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

クリームシチューは日本発祥という雑学

ホッコリ和んで頬がゆるむクリームシチュー! 嫌いな人などいるのだろうか、と思わせるほどの実力をもつ家庭料理の定番だ。しかも衝撃の事実が判明! クリームシチュー発祥の地は、なんと日本なのだ!

世界を代表する西洋食「シチュー」が、世界に誇る日本の洋食「クリームシチュー」に生まれ変わるまでの変遷とは…? というわけで今回は、クリームシチューについての雑学をお届けするぞ!

【食べ物雑学】クリームシチューは日本発祥

ぷよぷよくん
クリームシチューって美味しいよね。心も体もあったまるよ…うふぅ…ところでこれってどこの料理だろう…ヨーロッパ?
ガリガリさん
シチュー自体の発祥はフランスっていわれてるんだけど、『クリーム』シチューの発祥は日本なんだぜ。

【雑学解説】クリームシチューが家庭に広まるまでの歴史

クリームシチューが家庭に広まるまでについてのトリビア

1875年(明治8年)ころには、芝浜松町の牛鍋屋のメニューにシチューが書かれていた。だがこれは、どうもクリームシチューというより、ビーフシチューに近いものだったようだ。

ガリガリさん
牛鍋屋のメニューだもんな!

世界のシチューが、日本のクリームシチューになるには、まだまだ時間を要するのだ。

クリームシチューの生まれと育ち

クリームシチューは、最初は牛乳ではなく脱脂粉乳を入れた「白シチュー」として生まれたのが始まりだ。

戦後の食糧事情がよくない時代に、子どもに栄養のある学校給食を与えようということで、政府が先導して作ったのが、脱脂粉乳入りシチュー「白シチュー」だった。

また当時は「白シチウ・白スチウ」と表記し、現代のように「シチュー」は使われていなかった。

ぷよぷよくん
しちう…すちう…なんかカワイイよ…うふふ…
ガリガリさん
お前が言うとなんかキモイ…

クリームシチューの苦節時代

戦前の1924年(大正13年)に手塚かね子が書いた料理本「滋味に富める家庭向西洋料理」の中で、初めて牛乳を入れてとろみをつけた「鶏肉のスチウ・ダンプリング」が紹介された。

これは、ご飯のお供というより、ダンプリングをスープに入れて食べるよう書かれている。「ダンプリング」とは、小麦粉を練って茹でた団子で、現代の「すいとん」のようなものだ。しかし、このメニューはメジャーになれなかった。

当時ホワイトソースは、バターと小麦粉だけで作られたルーが基本で、牛乳はもちろん脱脂粉乳も入っていない。日本人にとって牛乳を食すことは、まだ抵抗がある時代だったのだ。

クリームシチュー表舞台へ!

クリームシチューが各家庭の食卓に並び始めるのは、1966年(昭和41年)まで待たねばならなかった。

この年に発売されたハウス食品のクリームシチューミクス」粉末ルーが爆発的ヒットを飛ばし、一躍「クリームシチュー」が各家庭の定番料理メニューにメジャー入りする。

ガリガリさん
昔給食で食べていた『白いシチュー』を作りたくて開発した商品だったらしいぜ。

これで、「日本生まれの洋食」として、やっとクリームシチューが家庭に定着するのだ。

スポンサーリンク

【追加雑学】世界のシチューにクリームは登場しない?

世界のシチューにクリームは登場しない?というトリビア

シチューとは、野菜や肉・魚介類の具材をソースやブイヨン(出汁)で煮込んだ料理の総称だ。シチューの発祥はフランスとされている。もちろん、スープにとろみはない。

余談だが、英語ではシチューといい、フランス語ではラグーやエテュベというのだ。発祥の地フランスでシチューは通じないぞ!

日本でクリームシチューと肩を並べるのはビーフシチューだが、世界ではビーフシチューが主流だ。海外にも牛乳やココナツミルクなどを入れるシチューがあるが、とろみをつけたクリーム状のシチューは、日本だけだ。

ぷよぷよくん
どのシチューもそれぞれの良さがあるよねぇ…うーんどれも捨てがたい…

クリームシチューは特別

「クリームシチュー」は、クリーム(cream)とシチュー(stew)のふたつの英語を合わせた和製英語なので、そのままでは海外で通じない。しかし今では、日本食料理名「クリームシチュー」として紹介されている。

クリームシチューはビーフシチューと違って、ご飯とスープを一緒に楽しんで食べられるように、とろみのあるたっぷりのスープ小さめの具材が入っている。これが、クリームシチューの特別なところであり、特長でもある。

世界のシチューの主流は

世界のシチューの主流は、小麦粉とバターを色よく炒めてブラウンルーを作り、赤ワインやトマトをベースにしたスープに溶かして、牛肉や野菜の具材を入れて煮込んだビーフシチューだ。

ビーフシチューは、クリームシチューのようにスープを楽しむというよりは、スープを少なめにしてゴロゴロと大きな肉類などの具材を食べるシチューである。

ハウス食品が「クリームシチューミクス」を作るときに参考にしたのは「アイリッシュシチュー」。これも大きいラム肉を使ったビーフブイヨンのサラッとしたスープで煮込んだシチューだ。

ぷよぷよくん
ラム肉のシチューってボク食べたことない…食べたい…食べたい…
ガリガリさん
よだれふけよ。

それをハウス食品が、パンよりご飯にぴったり合うシチューとして研究し、おいしいクリームシチューにアレンジしたのだ。ハウス、天晴!

クリームシチューの雑学まとめ

クリームシチューは日本発祥の料理!世界のシチューとは違いますという雑学まとめ

日本発祥のクリームシチューを今のように家庭に定着させたのは、ハウス食品の貢献が大きいだろう。

戦後の学校給食で栄養補給のため、脱脂粉乳の普及に務めた政府の頑張りも、少しは認めてあげよう。世界で「クリームシチュー」という和製英語で、日本食として紹介されるまでになったのだから!

フランスで「ラグー(シチュー)」として生まれ、日本で生まれ変わった「クリームシチュー」は、立派な日本発祥の洋食として、これからも世界中で愛され続けるのだ!

ぷよぷよくん
こんなおいしい料理を作ってくれたんだもん。ハウス食品には足を向けて寝れないよね…
ガリガリさん
現在のハウス食品の家庭用ルゥの国内シェアは7割で、そのなかでも特にクリームシチューはよく売れているんだ。『クリームシチュー=ハウス食品』っていってもいいかもな。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー