健康

カレーに含まれる"クルクミン"の効果がスゴい!アルツハイマー予防に期待!

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

カレーを食べるとアルツハイマーを予防してくれる?という雑学

皆さんはカレーが好きだろうか? もし好きな人であれば、今よりも食べる回数を増やしてもいいかもしれない。なぜなら、カレーを食べると頭が良くなるといわれているからだ。

今回の雑学では、カレーに含まれているクルクミンの効果について紹介しよう。昔からインドでは認知症の高齢者が少ないといわれてきたが、その理由は、カレーにあるのかもしれない。

【人体雑学】カレーを食べるとアルツハイマーを予防してくれる?

ダヴィンチさん
カレーのスパイスの一種、ターメリックに含まれるクルクミンが頭を良くしてくれるという研究結果があるんだよ。
科学者くん
…ということはつまり、カレーを食べると頭が良くなるかもしれないっていうことですか?

【雑学解説】クルクミンで記憶力が改善する

クルクミンで記憶力が改善するというトリビア

アメリカのカルフォルニア大学で、クルクミンと認知能力に関する研究が行われた。この実験では、記憶力が落ちてきていることを実感している50歳~90歳の男女40名を対象にして、2つのグループに分けて行われた。

  1.  1日2回90mgのクルクミンを飲む
  2.  1日2回疑似薬(ニセモノのクルクミン)を飲む

これを18か月間続けて生活をしてもらい、6か月ごとに認知テストを実施した。

その結果、1.のクルクミンを飲んだグループは、短期記憶・言語記憶・注意力が、2.のニセモノを飲んだグループよりも改善していたのである。

しかも、2.のニセモノを飲んだグループは、アルツハイマー病の原因となる脳のアミロイドベータが増えていたが、1.のクルクミンを飲んだグループは、アミロイドベータが増えていなかったのだ。

つまり、クルクミンを飲むと記憶力が改善し、アルツハイマー病も防げるかもしれないということか。なんて素晴らしい効果なんだ。

科学者くん
ダヴィンチさんみたいなお年寄りはクルクミンを飲んだ方が良いんですね!
ダヴィンチさん
私みたいなお年寄り?…たしかに年はとっているけど…。

研究チームは、実験結果について以下のようにいっている。

「今回の結果は、クルクミンが長い時間をかけて認知に良い影響を与えることを示した。どのようにクルクミンが効果を及ぼしているのかは、まだはっきりとしていない。しかし、おそらく脳の炎症を抑えることが理由だろう。脳の炎症は、アルツハイマーや鬱病と関係がある。」

もし献立に迷うような日があれば、迷わずカレーにしてみてはどうだろうか。クルクミンで脳を守ろう。

スポンサーリンク

【追加雑学①】アレルギー性鼻炎も改善してくれる?

アレルギー性鼻炎も改善してくれる?というトリビア

カレーに含まれるクルクミンはアレルギー性鼻炎にも効く可能性がある。

中国で、クルクミンとアレルギー性鼻炎に関する研究が行われた。アレルギー性鼻炎に悩んでいる313名の男女を対象にした実験が行われた。この実験では、2つのグループに分けて行われた。

  1.  1日500mgのクルクミンを飲む
  2.  疑似薬(ニセモノのクルクミン)を飲む

これを2か月続けて生活してもらったところ、1.のクルクミンを飲んだグループは、くしゃみ・かゆみ・鼻水・鼻づまりなどの症状が約70%も減少したのである。かなり大きな効果が出ている。

そして、参加者の血液検査も実施しており、1.のクルクミンを飲んだグループは、抗炎症作用があるIL-10が増加していたのだ。また、炎症作用があるIL-4とTNF-aは減少したのである。

つまり、クルクミンには炎症を抑えてくれる効果があり、それによって、アレルギー性鼻炎の症状を減らしてくれているようだ。

花粉症をおもちの方は、花粉の飛び交う時期にカレーを重点的に食べると良いかもしれない。

ダヴィンチさん
ところで、ファーストフードはアレルギーのー原因になるかもしれないって知っていたかい?
科学者くん
え!そうなんですか?!

おすすめ記事

ファーストフードはアレルギーを悪化させるかもという雑学
食べすぎ注意!ファーストフードばかり食べるとアレルギーが悪化する?

続きを見る

【追加雑学②】クルクミンはダイエットに使える?

クルクミンはダイエットに使える?というトリビア

2018年に興味深い論文が発表されている。この論文は、過去に発表されたクルクミンに関する11件の研究をまとめたメタ分析となっており、クルクミンがダイエットに役立つのかどうか調べているのだ。

対象者は肥満に悩んでいる人を中心とした876名の男女で、実験期間は平均8週間となっている。

その分析の結果、クルクミンを飲んだグループは、疑似薬を飲んだグループよりも体重が1.14kg減っていたのだ。また、BMIは0.48減っていたのである。

科学者くん
お薬を飲むだけで1㎏程度減るなんて…クルクミンはすごいですね!

飲むだけにしては、意外に効果は出たように感じる。しかし、これはBMIが大きい人、つまり肥満体の人に大きな効果が出ていたので、標準体型の人が飲んでもあまり効果はないかもしれない。

ただ、クルクミンにこうしたダイエット効果がある理由は、クルクミンがAMPKという酵素に働きかけて、脂肪の増加を抑えるとともに、脂肪を燃やしてくれるからではないかと考えられている。

そのため、ダイエットの補助程度として考えていれば良いのかもしれない。少し太ってきたなと感じたら、カレーを食べる日を増やして、体脂肪を燃やすのもアリだろう。

雑学まとめ

カレーに含まれる"クルクミン"の効果がスゴい!アルツハイマー予防に期待!という雑学まとめ

今回はカレーに含まれているクルクミンについての雑学をご紹介した。クルクミンには、記憶力の改善やアルツハイマー病の予防など、私たちの脳を守ってくれる効果があることがわかった。

なかなか毎日カレーを食べるというのも難しいかもしれないが、年齢を重ねても健康な脳でいるために、定期的にカレーを食べる習慣を身に付けたい。

また、アレルギー性鼻炎の改善やダイエットとしてクルクミンを利用する場合は、集中的にカレーを食べる期間を作るのも効果的だろう。

この期間にカレー専門店を食べ歩こうや、この店のカレーメニューを制覇しようなど、楽しみながら取り組むと続けやすいかもしれない。

科学者くん
ボクが大好きなカレーにこんなにたくさんの健康効果があるのはうれしいです!お母さんにもっとひんぱんに作ってもらうことにします!
ダヴィンチさん
そうだね。カレーをしっかり食べて、健康な脳と体を維持したいものだね。

おすすめ記事

ライスカレーとカレーライスは違う?に関する雑学
ライスカレーとカレーライスの違いとは?日本初のカレーはカエル…?

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー