由来

ポキッとな!カッターナイフは板チョコをヒントに発明された

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

カッターナイフは板チョコをイメージして生まれたという雑学

段ボールなど、何かを切るときに重宝するのが、カッターナイフ。切れ味が悪くなってきたら、ポキッと折って、次の刃が使えるようになっている。なかなか便利なつくりだと思わないだろうか?

実は、初期のカッターナイフは、今のようにポキッと折れるデザインではなかった。それでは、どのようにしてカッターナイフは、今のようなつくりになったのだろうか?

その発想の根っこには、あるお菓子が関係していた。今回は、そんなカッターナイフにまつわる雑学を紹介しよう。

【生活雑学】カッターナイフは板チョコをイメージして生まれた

孫ちゃん
このカッターもう全然切れないっ!刃替えなきゃ。でもこれ便利だよね。切れなくなったら先っぽの1つを折ったらいいんだもん。
おばあちゃん
それ、板チョコをイメージして生まれたんだよ。
孫ちゃん
板チョコ!?あ、割りやすいように線が入ってるからだ!

【雑学解説】「もったいない精神」から生まれたカッターナイフ

もったいない精神から生まれたカッターナイフについてのトリビア

現在のポキッと折れるカッターナイフの歴史を語るには、発明者・岡田良男が印刷会社で働いていた時代までさかのぼる。

昭和10年ごろ、小さな印刷会社で働いていた岡田は、仕事の都合上カッターナイフをよく使っていた。

しかし、当時のカッターナイフは今のように刃の出し入れをするものではなく、カミソリの刃を用いたシンプルなものだった。そのため、切れ味が悪くなってしまうと、その刃は捨てて新しいカミソリを使うのだ。

カミソリの刃も、両端の部分しか使えない。真ん中の部分は切れるのに、使われないまま捨てられる。当時の岡田は、「まだ使える部分もあるのに、もったいないなぁ…」と思っていた。

孫ちゃん
あ…カミソリって、T字のやつかと思ってた。まっすぐのカミソリね。

ある日、岡田はあることを思い出す。

それは、戦後にやってきたアメリカの兵士が持っていた板チョコだった。彼らの持っていた板チョコには折り筋が付いていて、パキッと割れやすくなっている。

「そうだ! 板チョコみたいにパキッと折れるようにしていたら、1枚のカミソリでも何回も使えるようになるぞ!」と、岡田はひらめいたのだ!

そして、試行錯誤の末、今のようにパキッと折れる便利なカッターナイフが生まれた。今ではこのカッターナイフが、日本だけでなく、世界中にも愛用されているカッターナイフとなっている。

「パキッと折ることで、同じ刃から新しい刃を」という発想は、単純すぎて誰も発想しなかったことだろう。もしも岡田が板チョコから着想を得ていなければ、現在のように便利なカッターナイフは生まれなかったかもしれない。

シンプルながらも、歴史を変えたアイデアだ。

おばあちゃん
こういう瞬間的なひらめきがないと、便利なものってのは生まれないんだろうねぇ。

おすすめ記事

板チョコの溝は割るためではないというトリビア
製造の都合だったとは…!板チョコの溝は割るためではない

続きを見る

スポンサーリンク

【追加雑学①】カッターの刃はどうやって折るの?

たいていのカッターナイフには、カッターの刃を折るパーツが付いているものだが、場合によってはないこともある。

カッターの折り方について分かりやすい動画があったので、見てみよう!

孫ちゃん
うわうわっ、飛んでった刃、どこ行った!?…と思ったらけっこう近くに落ちてた。
おばあちゃん
プロっぽいかどうかはともかく、おばあちゃんは最後のやり方で折ってたよ。でも上に布とか何枚も重ねたティッシュとか被せてやってたけどね。

1番安全なのは、ペンチで折る方法だろうか?

実践する際は、ケガなどに気をつけよう。

【追加雑学②】ダジャレから生まれた企業名

さて、世紀の大発明であるカッターナイフを生み出すために、岡田は企業を立ち上げた。その名は「オルファ(OLFA)」である。

現在の名前になったのには、折って新しい刃を作り出す「折る刃式カッターナイフ」が由来となっている。

「折る刃」→「おるは」→「オルファ」

つまり、ダジャレだ。

「オルハ」ではなく「オルファ」にしたのは、アルファベット表記が関係している。「オルハ(OLHA)」だと、Hを発音しない国では違う発音になってしまうため、Hの代用としてFを使っているのだ。

孫ちゃん
「折る刃」ならそのまま「オルハ」でいいじゃん!って思ってたら、そんなちゃんとした理由があったとは。説明ありがとうございます!

ちなみに、オルファの本社は大阪にある。「ダジャレから企業名を作り出す」というのは、お笑いの本場である大阪らしいではないか。

雑学まとめ

ポキッとな!カッターナイフは板チョコに由来しているという雑学まとめ

カッターナイフについての雑学、いかがだっただろうか。板チョコもったいない精神がなかったら、今のようなカッターナイフはなかったかもしれない。不便さと偶然のひらめきから、今のように便利なカッターナイフが生まれたのだ。

カッターナイフは、「便利な発明品は、ふとした瞬間にできる」ということを教えてくれる。意外なところに、発明のヒントがあるというものだ。

孫ちゃん
発明家ってみんなそんな感じだよね。日常生活のちょっとしたところから発想したり、今ある物をちょっと工夫してみたり…。
おばあちゃん
柔軟な発想が大事ってことだね。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー