ためになる

日本円が"EN"ではなく"YEN"である理由とは?発音が関係してる?

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

日本円の円が「EN」ではなく「YEN」である理由に関する雑学

ものすごく素朴な疑問。

円ってローマ字読みすれば「EN」なのに、どうして「YEN」なのだろう…。なんか外国人っぽく言おうとすると「イェン」とかなっておかしい! 別に、外国人っぽく言う必要もないんだけど…。

ということで今回は、どうして「YEN」なのかについての雑学をご紹介しよう!

【生活雑学】日本円が「EN」ではなく「YEN」である理由とは?

孫ちゃん
あれ?日本のお金の単位って「円」なのに、なんでお札とかに「YEN」って書いてあるの?「EN」じゃないの?
おばあちゃん
う~ん、いくつか説があって、はっきり「これ!」っていう答えがないみたいなんだよ。

【雑学解説】円=「YEN」になったいろんな説

円は発音では「YEN」についてのトリビア

日本の通貨単位の円だ。その英語の表記は「EN」ではなく「YEN」となっている。そのまま読めば、「EN」でもいい気がするのだが…。

もし手元に一万円札があれば裏面を見てほしい。紙幣の左下の方になんと10000「YEN」と大きく書かれている。

なぜ「EN」ではなく「YEN」なのだろうか? 実はその読み方にはいくつか説があるのだ。

外国での円の発音

円を外国人が発音すると「EN」でなく、「YEN」の発音に近いからという説だ。

たとえば、外国の方が「1000イェン」といったように発音するのを聞いたことがある人もいるはず。また過去の記録にも江戸が「YEDO」と表記されていたり、恵比寿なんかも「YEBISU」と書かれていたりもするので、そういったふうに発音された可能性がある。

おばあちゃん
「EN」って書いてあると、「エン」ではなく「イン」って発音されることもあるらしいねぇ。

知人に外国の方がいれば確かめてみるのもいいかもしれない。いや発音聞いたところでしょうがないか。

うーん、紙幣とか作っているのは日本人だからなぁ…。外国の方に配慮したっていうことなのか。

おばあちゃん
昔の日本人が「円」を「ゑん」って書いてて、「ゑ」を「イエ」って発音してたともいわれてるねぇ。それを聞いた外国人が「YEN」って書き記したことでそのまま硬貨や紙幣に使われた、なんて説もあるよ。

他の国の言語との区別

「EN」という単語が他の国の言語に用いられているからという説だ。

たとえば、フランス語やスペイン語では「~の中に」、オランダ語では「~と」や「そして」などの意味としてよく用いられる言葉となっている。もし仮に円を「YEN」でなく「EN」と表記してしまうと、誤解が生まれる場合があるようだ。

単語がそのままだったら、たしかに分かんなくなりそう。この説は個人的にはすごい納得できる。

孫ちゃん
たしかに普段よく使う単語だと、「どっちの意味?」って混乱するかも。

中国の通貨との関係

中国の通貨との関係についてのトリビア

中国の通貨「元(ユアン)」に関係しているという説だ。

元の紙幣の表面には「〇圓」とあり、裏面に「YUAN」の記載があるのだが、これが「YEN」に転化したというもの。

さすがに無理やりすぎでしょ!! これは冗談とかそういうもののような気がする。

誰が考えたんだ一体。逆に気になる…。

おばあちゃん
気付いたかもしれないけど「圓」ってのは「円」の旧字体だから、もとは「円」も「元」も同じ漢字から生まれてるんだよ。韓国の「ウォン」もそうだね。まぁ転化したってのはちょっとわからないけど。
孫ちゃん
へぇ~!相変わらずおばあちゃん、ものしりだね~!

「日本円(YEN)」の雑学まとめ

今回は、日本円の円が「YEN」である理由について解説した。

「EN」でなく「YEN」となった原因には、さまざまな説があるのだ。たくさんありすぎて結局のところ分からないから、とりあえず「YEN」に決めた人現れてくれー。

なんだかスッキリしない。それを当たり前だと思って「YEN」「YEN」言っているのだから、面白いな。よくわからないけれど、「EN」のほうがしっくりこないので、「YEN」で良かった気がする…。

孫ちゃん
まあ不思議っちゃ不思議だけど、でもこれでもう慣れちゃってるもんね~。
おばあちゃん
金額を表すマークって、「Y」にちょんちょんって横棒書くけど、あれも「YEN」の頭文字をとったマークだしねぇ。ま、外人さんの発音に合わせて「グローバルスンダード」ってことでいいんじゃないかい?

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー