意外 武道・格闘技

最優秀投手賞も…!ジャイアント馬場はプロ野球選手だった【動画あり】

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

ジャイアント馬場は元プロ野球選手だったという雑学

昭和の大スターといえば、誰を思い浮かべるだろうか。美空ひばり・石原裕次郎・夏目雅子・長嶋茂雄などなど、好きなジャンルで様々な有名人が出てくるであろう。

そのスターたちの中で燦然と輝く、昭和の大巨人・ジャイアント馬場をみなさんはご存じだろうか。

16文キックや脳天唐竹割り・通称馬場チョップなど多くの技で、日本のみならず世界中のファンを魅了した昭和の名プロレスラーである。

関根勤の「アポー」のモノマネでも有名で、本人曰く「一度もそんなことをいったことはないのだが、とてもよく似ている」とお墨付きを与えたり、身長だけではなく、心も大きく寛容な人だったのだ。

「そんなことは知っているぞ!」という声が聞こえてきそうだ…では、ジャイアント馬場が実はプロレス以外のスポーツでも有名だということをご存じの方はいるだろうか!?

今回はそんな身体も心も大きいジャイアント馬場の雑学を紹介していくぞ!

【スポーツ雑学】ジャイアント馬場は元プロ野球選手だった

マッチョ課長
プロレスラー・ジャイアント馬場は、読売巨人軍に所属していたプロ野球選手だったんだ。
新人ちゃん
ジャイアント馬場って野球もできるんっすか…っていうか、ジャイアンツにいたんっすか?!

【雑学解説】ジャイアント馬場の野球人生転向のきっかけは…身体

ジャイアント馬場こと馬場正平は高校2年生のとき、すでに身長が190センチを超えていた。1950年代の高校1年生の平均身長が150センチ台だったことを考えれば、巨人というあだ名も納得だ。

マッチョ課長
小学校入学時まで体格が小さかったらしいが、ぐんぐん成長していって、小学4~5年の頃には身長が175cmもあったらしいぞ。
新人ちゃん
成長具合、ヤバくないっすか?

もちろん、実力も伴っていて、馬場が通っていた高校は投手・馬場のおかげで県予選の優勝候補に挙げられていたほど。結局甲子園出場は叶わなかったが、そのときの活躍がスカウトの目に留まり、高校を中退する形で読売巨人軍に入団する。

入団してから主に2軍にいたのだが、在籍した5年間で3回も2軍の最優秀投手賞を獲得しており、将来を嘱望された選手であったのは間違いない。

そんな馬場に悲劇が襲う…。1軍初登板の試合のあと、急激な視力低下に襲われ、診断の結果脳腫瘍と診断される。手術は無事成功し復帰をしたものの、在籍5年目に読売巨人軍を解雇される。

退団後、別の球団に獲得されることが決まっていたが、お風呂場で転倒したときにガラスに突っ込み、左手を大ケガしてしまう。その影響で左指が満足に動かせない状態が続いたため、野球を断念したのだ。

新人ちゃん
まさか風呂場ですべって野球断念とは…。ジャイアント馬場も悔しかったと思うっすよ…。

昭和の大スターでも風呂場でこけることもあるんだな…。悲しいことだけど、人間味のある話でもある。

野球を断念したあとでも、「スポーツをしたい!」という思いで、師匠である力道山に弟子入りを直訴。スクワット100回の試験を突破し晴れて、のちのジャイアント馬場が誕生したのである。ちなみに同期にはあのアントニオ猪木がいるぞ!

スポーツマンの情熱は素晴らしい…。私の「運動しなくちゃな」という小さい情熱なんて3日も続かないのに…。

スポンサーリンク

【追加雑学①】実際にジャイアント馬場の投球をみてみよう

角度が徐々に変わったり、そもそも白黒ということで少しみづらいが、マウンドに立つとより一層大きくみえる…。

ジャイアント馬場の投球について、あの世界の王貞治も「とても重い球でこれがプロが投げる球なのか」と評しているぞ。

マッチョ課長
王貞治も驚いた投球…。もし彼が野球を断念しなかったらどんな選手になっていたんだろうな?

【追加雑学②】実はプロ野球を経験した有名人は多い

実はお茶の間をにぎわせたり、別のスポーツで活躍している元プロ野球選手は多いのだ!

板東英二

中日ドラゴンズに所属していた。夏の甲子園での記録ももっている。あの巨人の星のアニメにも登場するぞ。

新人ちゃん
ただの『ゆで卵好き』の人じゃなかったんっすねー。
パンチ佐藤

オリックスブルーウェーブに所属していた。あのイチローと同じ時期にオリックスに在籍していた。最初は本名で選手登録していたが、際の登録名は「パンチ」。決してお笑い芸人とかではないぞ!

ジャンボ尾崎

西鉄ライオンズに所属していた。ゴルフ界のレジェンドも実はプロ野球選手だったのだ。しかも高校時代は春の選抜にも優勝するなど、素晴らしい実績もある。

マイケル・ジョーダン

NBAいや、スポーツ界のレジェンド中のレジェンドもプロ野球選手だったことがある。バスケットを引退してまでMLBで野球をしたかった。

その理由の一つが「亡き父親の夢がプロ野球選手になることであり、それを代わりに叶えるため」

マッチョ課長
1993年にNBAを引退し、その後シカゴ・ホワイトソックス傘下のバーミングハム・バロンズに入団しているんだ。

ジャイアント馬場の雑学まとめ

今回はジャイアント馬場にまつわる雑学をご紹介してきたが、いかがだっただろうか。昭和のプロレス史になくてはならない存在であるジャイアント馬場が、まさかプロ野球選手だったとは…。

今でも身長200センチを越える人は少ないのだから、当時からすれば本当に規格外だっただろう。怪我がなく、プロ野球で活躍しつづけるジャイアント馬場もみてみたかった。きっとプロ野球でも歴史に名を残せるような選手になったに違いない!

私も人生一度でいいから、お店にはいるときとかに、かがんでみたい…。ジーンズを買うときに「裾上げは結構ですよ」とかいってみたい…。誰か…5センチでいいので恵んでくれませんか!

新人ちゃん
もしもジャイアント馬場が野球を続けていたら、球場内でもめっちゃ目立ったと思うっすよ。プレー姿見てみたい気もするっす。
マッチョ課長
そうだな。しかし彼はプロレス界で『世界の巨人』といわれるほど名を残した人物だから、この選択は間違っていなかったんだと思うぞ。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー