肉食・巨大動物

ノロそうだけど時速40km。カバは泳げないが陸では超速く走れる【動画あり】

カバは泳げないが陸では速いという雑学

丸みを帯びた外見で、どことなくのんびりした雰囲気のカバ。水に浮くことができないという意外な事実は、カバがのろまな動物というイメージを強くしてしまいそうである。

しかし、人間から見たら驚くような速さで走り、水中でも素早く移動することが可能だ。今回の雑学では驚きのカバの身体能力についてご紹介しよう。

【動物雑学】カバは泳げないが陸では速い

ライオンくん
カバの体って水より比重が重いから泳げないっていわれてるけど、陸では人間よりもずっと速く走るんだぜ。
ウサギちゃん
あんなにどっしりとした大きい体なのに、人間よりも速く走れるの?

【雑学解説】カバは泳がないが、足が速く身体能力が高い

カバは泳がないが足が速く身体能力が高いというトリビア

カバは陸上動物の中でトップクラスの大型であり、動きが鈍重に見える。カバは水中で生活しているので、当たり前のように泳げると思っている人は多いだろう。

しかし、カバの体は水より重いので、空気をかなり吸い込まないと体が沈んでしまう。そのため、泳ぐことができないともいわれているのだ。全く泳げないとは考えにくいが、深みにはまって溺れ死んだカバもいるという。少なくとも、泳ぎは得意ではないのだ。

こう書くと、陸地でも水中でもカバの動きは鈍いと思うかもしれない。しかし、カバは走るのは早いし、水底を蹴って移動する動きはかなり機敏である

ウサギちゃん
あれだけ太くて立派な足なんだから、水底を蹴る威力はものすごいだろうね。

カバの体は水より比重が重いため、泳げないという説もある。しかし、陸では人間よりもはるかに速く走り、足の動きははっきり見えないほどである

【追加トリビア①】カバは時速40kmで走る

その巨体のせいか、動きが鈍そうなイメージがあるカバ。しかし、実際は時速40km以上で走ることができる。これは、動物の中では決して速いわけではないが、人間よりは遥かに速い。カバの大きさを考えると驚異的であり、野生動物の恐ろしさがわかる

短い足を驚異的な速さで動かすカバの走りを見れば、のろまそうなイメージは消し飛ぶだろう!

世界記録を大幅に更新したウサインボルトでも、40km/hで走れるのはわずかな時間しかない。カバに追いかけられたら、人間が振り切って逃げるのは不可能だろう

ライオンくん
オレだってカバがいきなり走り出したらビビるぞ…。
カバは走るより水中を移動した方が速い?

陸上を40km/h以上で走ることができるカバだが、水中では何と60km/hで移動するという話まである。カバは泳ぐことが苦手であるため、信じられない話だが、本当なのだろうか?

カバはテレビ番組に映ることも多い。走るよりも水中を移動する方が速いなら、もっと有名になっても良さそうである。調べてみると、カバが60㎞/hで水中を移動するというのはうわさレベルの情報ばかりだ

そういった記述は書籍でも確認できなかった。下のボートを追いかける映像はたしかに速そうだが、カバがほとんど潜水しているためよく分からない。

ライオンくん
映画『ジョーズ』みたいだな!
ウサギちゃん
ライオンくんって、人間の見るテレビとか映画をけっこう知ってるよね?

そもそも、水底を蹴って移動する以上、陸を走るよりも速いのはありえないだろう。ネットに出回った都市伝説の可能性が高そうである。

しかし、カバが水中でも機敏に移動することは事実であり、泳げないとは思えないほど移動スピードは速い。ここでもカバの身体能力の高さがよくわかる。

スポンサーリンク

【追加トリビア②】カバの噛む力は1トン

大きな口と牙をもつカバだが、噛む力も非常に強い。スイカを簡単に潰してしまうのを見たことがある人もいるかもしれない。その力は動物の中でもトップクラスであり、1トンにも達するという。下の映像ではスイカを簡単につぶしている。

ライオンくん
スイカが一瞬で粉砕された…!

草食動物とは思えない大きな牙は、戦うために発達したと考えられている。噛む力自体はワニの方が強いといわれているが、大きなカバを噛むことは困難なため、ワニがカバに噛み殺されるケースの方が圧倒的に多い。

カバよりもはるかに小回りのきくライオンも、まれに噛み殺されてしまうという。カバは草食動物だが、空腹だと動物の死体を食べることもある。状況によっては、獲物を仕留めて食べてしまうことも確認されているのだ!

【追加トリビア③】カバにぶつかって死ぬ人間は多い

実はアフリカで最も人間を殺す動物はカバであり、その人数は年間3,000人にも及ぶという。川でボートをひっくり返されたり、噛み殺されたりする人間もいる。また、走ってきたカバにぶつかって、交通事故のように死ぬ人間が結構多いという。

カバの体重は軽い個体でも1トンを超え、3トンを超える場合もある。3トンは普通自動車として考えると、最大クラスの重さだ。

こんな巨大な生き物が40km/h以上のスピードで、突然草むらから飛び出してくるケースもあるのだ。避けられないだろうし、ぶつかった人間が死んでしまうのも当然だろう。

陸に上がったカバは、水中にいるときよりも臆病だといわれている。ちょっとしたことで驚いて、突然走り出すのだ。もし、カバがいる地域に行く場合は、近づくのは絶対にNGである

ウサギちゃん
同じ草食動物でも、ボクたちウサギとは全くタイプが違う動物だね。

トリビアまとめ

ノロそうだけど時速40km。カバは泳げないが陸では超速く走れる。というトリビアまとめ

カバの雑学についてご紹介した。泳ぎが苦手というのも意外な事実だが、カバの全力疾走のインパクトは衝撃的である

まるで虫のような足の動きを見て、笑ってしまう人もいるかもしれない。しかし、あの巨体が猛スピードで突っ込んでくる様子を想像してみよう。カバを絶対に怒らせてはいけない!

ウサギちゃん
ボクもカバみたいな大きな体だったらなぁ…。たまには『かわいい』じゃなくって『強そう』っていわれたいよ…。
ライオンくん
ウサギちゃん、意外なところにコンプレックスあったんだな。でもウサギちゃんのかわいさに皆癒されてるんだからもっと自信持てよ!

関連雑学

カバのあくびはあくびではないという雑学
喧嘩上等!カバのあくびは戦闘態勢なんです【動画】

続きを見る

カバのピンクの汗は高性能な粘液という雑学
カバは草食動物ではない?カバの生態をご紹介!【動画あり】

続きを見る

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.