役に立つ

香典袋の表書きを"薄い黒字"で書く理由は?【薄墨】

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

香典袋の表書きを薄い黒字で書く理由に関する雑学

通夜・葬儀へ出席するときに持参する香典。この表書きを薄い黒字で書くのは知っていると思うが、なぜ薄い黒字なのかを知っているだろうか?

できれば通夜・葬儀にはあまり縁がないように過ごしていきたいが、そうもいかない。今回は香典袋の表書きに関する雑学を紹介していこう。社会人のたしなみとしてぜひ、覚えておいてほしい。

【生活雑学】香典袋の表書きを薄い黒字で書く理由

香典袋の表書きを薄い黒字で書く理由についての雑学

孫ちゃん
おばあちゃん、香典袋の文字って、なんで薄い字で書くんだろうね。もっとしっかり濃い字で書いたほうがよくない?

おばあちゃん
これにはちゃんと理由があってね…。香典袋の表書きを薄い黒字で書くのは、悲しみで文字が薄れたという意味をあらわしているんだよ。

【雑学解説】薄い黒字は悲しみを表すため

現代ではペンという便利なアイテムがあるが、当然ペンがない時代もあった。では、ペンがない時代はどうやって文字を書いていたのか?

ペンがない時代の文字を書く方法…それは墨とすずりである。文字を書くときはすずりで墨をすって書くのが一般的だった。このことをふまえて、香典袋の表書きを薄墨で書くのは次のような意味があるといわれている。

  • 訃報を聞き、涙で墨が薄まってしまった
  • 涙で書いた文字がにじみ、色が薄くなった
  • 涙が流れ出てきて墨をすっても、色が濃くならない
  • 突然の訃報で墨をしっかりすっている時間がなかった
孫ちゃん
悲しみを表すために、わざと薄墨で書くようになったんだ…。

このように、薄墨は故人に対しての悲しみを表すという意味が込められているのだ。たしかにしっかりと墨をすって「訃報の用意をしてましたよ」感を出すのは失礼だ。薄墨…。なんて奥が深いんだろう。

おばあちゃん
悲しくて慌てて…という意味を込めて薄墨…。ほんとに奥が深いねぇ。

【追加雑学①】表書きに薄墨を使うようになったのは江戸時代?

表書きに薄墨を使うようになったのは江戸時代という雑学故人への追悼の意味を込めた薄墨。始まりは江戸時代といわれている。といっても正式な資料が残っていないので予想である。

現在のようなペンが使われるにようなったのが、明治時代。墨とを使って字を書くという習慣は明治時代よりもあったため、おそらく江戸時代から墨を調節して書いていたのではないかと考えられている、というわけだ。

薄墨を使わない地域もある

一般的には香典袋の表書きには薄墨を使う、となっているが、京都ではあまり薄墨が使われていない。しかし、京都も最近では薄墨が普及してきているらしいので、ひょっとしたら今後香典の表書きに薄墨が使われるようになるかもしれない。

ちなみに最近では、香典袋の表書きがすでに印刷されている状態で販売されていることから、表書きを薄墨で書く必要がないという考えも広がってきている。とはいえ、まだまだ「香典袋には薄墨を使う」という考えの方も多い。

マナーを知らない人、と思われないようにするためにも親戚・近所の人にあらかじめ確認することをおすすめするぞ。

おばあちゃん
通夜や葬儀は、地方によってしきたりが違うから、気を付けたほうがよさそうだねぇ。

おすすめ記事

かつて喪服の色が白かった理由とは?黒になったのはなぜ?

続きを見る

スポンサーリンク

【追加雑学②】知っておきたい薄墨を使う場合のマナー

ここからは社会人の常識として、香典袋に関するマナーを紹介していこう。

  • サインペンやボールペンを使わない
  • 間違えたら新しい香典袋に書く
  • 住所や名前はハッキリと書く
孫ちゃん
これだけは最低限おぼえておくといいね!

上記の項目を覚えておき、さりげなくこなせるステキな大人になろう。そしてここから、プラスアルファのテクニックを紹介しよう。

香典袋の表書き、何にも線がないから、まっすぐに書くのが苦手という人も多いのではないだろうか? そんな人におすすめなのが動画でも紹介しているこの方法だ。

孫ちゃん
これなら真っすぐ書けそうだね!
おばあちゃん
しっかり墨が乾いてから消すようにしなくちゃねぇ。

この方法を使えば、まっすぐに書けて美しい仕上がりになる。ぜひ、試してほしい。

雑学まとめ

香典袋の雑学まとめ香典袋の表書きに関する雑学をご紹介してきた。最近ではあらかじめ表書きが印刷されているものもあるため、薄墨のペンを使用する機会が減ってきている。しかし、そんな今だからこそ薄墨が使われる理由を知り、正しく表書きが書ける人は素晴らしいと思う。

できればあまり縁がないようにしたいが、もしものときのために薄墨のペンを用意しておくことをおすすめしよう。

おばあちゃん
こういうことを知っている人は少なくなっていくだろうねぇ…。
孫ちゃん
香典袋には薄い字で書くのがマナー!ちゃんと覚えておくよ!

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー