野球

逆境を糧に!王貞治の一本足打法はスランプから生まれた【世界のホームラン王】

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

王貞治の一本足打法はスランプから生まれたという雑学

1977年、ホームラン世界記録を塗り替えた王貞治

誰しも一度は訪れる逆境。そんな不調やスランプに陥った際、人は新たな活路を見出すこともある。

現役通算868本のホームラン記録をもつ・王貞治もそのひとりである。

王の代名詞といえば、右足を長く挙げる一本足打法が有名だ。別名・フラミンゴ打法とも呼ばれる。じつはこの打法は、王がスランプに陥った際に生みだされたものだ。

今回はそんな、王貞治と一本足打法にまつわる雑学を紹介していこう!

【スポーツ雑学】王貞治の一本足打法はスランプから生まれた

マッチョ課長
新人ちゃん、仕事がうまくいかなくてもあきらめたらダメだぞ?王貞治の一本足打法はスランプから生み出されたものなんだからな!
新人ちゃん
仕事がうまくいかないっていうか、ただあんまりやる気がないだけっすよ…。

【雑学解説】名コーチ・荒川博打撃コーチとともに磨き上げた、王貞治の一歩足打法

名コーチ・荒川博打撃コーチとともに磨き上げた、王貞治の一歩足打法についてのトリビア

王貞治

王貞治は読売巨人軍の元一塁手で、通算868本のホームラン世界記録をもつ人物である。王が記録を塗り替えるまでホームランの世界記録は、メジャーリーグで活躍したハンク・アーロンがもつ755本だった。

1977年、王は755号のホームランを放ち、ハンク・アーロンの世界記録を見事に破った。そして、現役を引退するまで、通算868本のホームランを積み重ねることになる。現在でも破られることのない不滅の大記録だ。

王の一本足打法が生まれる背景には、プロ4年目で直面したスランプが関係している。シーズン当初、極度の不振に陥った。ボールとのタイミングがとれず、ピッチャーに差し込まれては、打球がつまる打席を繰り返していた。

そんな王にアドバイスを送ったのが、読売巨人軍のバッティングコーチを務めていた荒川博である。

それまで試行錯誤を繰り返していた王に、荒川はあるとき、右足を早くあげてタイミングをとり、ボールを呼び込んで打てとアドバイスした。

マッチョ課長
荒川博コーチといえば、選手たちのプライベートすらも管理する徹底的な指導方法が『荒川道場』なんていわれていたこともあったな。

その成果は早くも現れる。打撃フォームを一本足打法に替えた試合で、王はいきなり5打席3安打4打点の活躍をみせたのである。

その後も、王はホームランを打ち続けた。結局、シーズンを通してホームラン38本、85打点の成績をあげて、ホームラン王と打点王のタイトルに輝いたのである。

【追加雑学①】王貞治はユニークな練習方法で才能を開花させた

約150キロに近いボールをバットで打ち返し、スタンドにアーチをかける。ホームランは観客が待ち望む野球の醍醐味のひとつである。野球の華ともいえるホームラン

その世界記録をもつ王貞治は、ボールを遠くに飛ばすために、ユニークな練習をおこなっていた。

それが武道である。王は武道の稽古から、投手との「間」の取り方、バッターボックスに入った際の「気」のもち方を学んだというのだ。

王が野球の練習に武道を取り入れたのは、当時、読売巨人軍のバッティングコーチだった荒川コーチが現役時代に取り入れた練習方法だったからである。

新人ちゃん
荒川コーチの指導力、半端ないっすね。

王はこんな練習もおこなった。天井から吊るした千切りの新聞紙を、日本刀で斬る練習も行ったというのだ。

日本刀をバットに見立て、ボールとの「間」の取り方や刀のあたる角度を掴むことで、バットのヘッドを走らせ、切るようにボールをインパクトする感覚を身につけようとしたという。

マッチョ課長
スポーツ魂を感じるな…!!

世界のホームラン王と称賛された王は、その練習方法も非常にユニークなものだった。

スポンサーリンク

【追加雑学②】王貞治をおさえるために用意された特別シフトがある

王貞治をおさえるために用意された特別シフトがあるというトリビア

対戦チームも、王の前にただ手をこまねていたわけではない。当時の野球界では珍しい「王シフト」と呼ばれる守備隊形を敷いて、王に対抗したのである。

そのシフトを始めて敢行したのが、広島カープの元監督・白石勝巳である。1964年、後楽園球場でおこなわれたダブルヘッターの第2試合目。広島カープと読売巨人軍とが対戦したこの試合で、「王シフト」が敷かれた。

白石監督は、王が飛ばした打球の傾向を分析すると、その約7割がライト方向に打球が集中していることを掴んだ。そしてこの試合で、野手6人をライト寄りに守らせる「王シフト」を敷いたのである。

しかし結果は王に軍配があがった。広島側が敷いた王シフトに動じることはなく、彼は難なくバックスクリーンの右へホームランを叩き込んだのである。

この試合、王は4打数3安打を打ち、広島側の奇策ともいえる「王シフト」は失敗に終わった。

新人ちゃん
監督の分析を破壊する王貞治…!

なお、「王シフト」によって珍記録も生まれている。

1972年の日本シリーズ第1戦、阪急ブレーブスが巨人と対戦した試合でのこと。阪急ブレーブスはショートをセンターに守らせ、外野手を4人にする「王シフト」を敷いた。

王の第2打席目は、ショートフライと記録されているが、ショートがボールをキャッチした場所は、本来はセンターの守備範囲となるバックスクリーンの手前だった。

センターフライと記録に残るはずのものが、王シフトによってショートフライという珍記録が誕生したのである。

「王貞治の一本足打法」の雑学まとめ

逆境を糧に!王貞治の一本足打法はスランプから生まれた【世界のホームラン王】についての雑学まとめ

以上、王貞治にまつわる雑学をご紹介してきた。「世界の王」の代名詞といえる一本足打法は、まさに彼のスランプから生まれたことがわかった。

またホームランの世界記録は、選手の並々ならぬ努力と、王に熱心に指導した荒川コーチとの二人三脚によって打ち建てられた。

極度のスランプに直面した際に、一本足打法を習得した王貞治。打撃が生み出される経緯を見ていくと、人が不振やスランプに陥った際にこそ、未来を切り拓く大きなチャンスが潜んでいるのかもしれない。

マッチョ課長
不振やスランプを恐れてはいけない!『成長するチャンス』だと思うんだ!!
新人ちゃん
…熱いっすね…。

おすすめ記事

連続200本安打の世界記録「10年連続200本以上のヒット」を打ったのはイチローという雑学
異次元。"10年連続200本安打"のギネス記録を達成したバッターは?

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー