映画・テレビ

ピクサー映画の"A113"というコードの秘密。身内だけがわかるやつ。

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

ピクサー映画にはほぼすべて「A113」というコードが出てくるという雑学

米ピクサーアニメーション

「トイ・ストーリー」や「カーズ」など、ディズニーで様々なCGアニメ作品を作っているピクサー。実は、ピクサー作品の中には、ある小ネタが仕込まれていることを知っているだろうか?

ファンの間では、ピクサー作品が公開されるたびに「あのネタはどこにあるのだろうか…?」と思わず探してしまうとか…。

知っていると、あなたも見返したときに思わず探したくなる…そんなピクサーにまつわる雑学を紹介しよう。

【サブカル雑学】ピクサー映画にはほぼすべて「A113」というコードが出てくる

ピクサー映画のほぼすべての作品には、「A113」というコードが出てくる。意味深に見えるかもしれないが、特別な意味はなく、ピクサースタッフの身内ネタだ。

【雑学解説】同じ大学出身者への身内ネタ

【A113】同じ大学出身者への身内ネタについてのトリビア

カリフォルニア芸術大学にある教室の扉

ピクサー映画のほぼすべての作品で見られる「A113」。「いったいどんな意味があるのか…?」と思うかもしれない。しかし、深い意味など全くないのだ。

「A113」の由来は、アメリカにあるカリフォルニア芸術大学にある。大学には教室に番号があるもので、ピクサー映画でよく見られる「A113」はカリフォルニア芸術大学の教室番号なのだ。

この「A113」の教室は、大学の初年度にグラフィックデザインやキャラクターアニメーションを学ぶ教室となっている。そこで勉強して、カリフォルニア芸術大学を卒業した者は、アニメーターとしてディズニーやピクサーなどへ就職していく。

「A113」での勉強は、今の自分の土台になっている。あの教室で学んだことがなければ、今の自分はない…。このことから「A113」が作品に入れられ、同じように「A113」で学んだ仲間に向けて挨拶をしているのだ。

いわゆる「身内ネタ」というやつである。何も知らない人からすれば「なんだこのコードは…? 何かの暗号か?」と思ってしまいそうだが、知っている人にとっては「あ、この人はあそこの卒業生なんだな」と思えるものになっている。

なかなかにユニークなサインだ。それにしても、カリフォルニア芸術大学は、まさか部屋番号を作品内に入れられるとは思ってなかっただろう。

【追加雑学①】最初にやりだしたのは誰?

【A113】最初にやりだしたのは誰?についてのトリビア

ブラッド・バード監督

この「A113」ネタを最初にやりだしたのは、ブラッド・バードという監督だ。彼はピクサー作品でいうと「Mr.インクレディブル」・「レミーのおいしいレストラン」・「トイストーリー3」を作った監督である。

ブラッド・バード監督が初めて「A113」を使ったのは、ピクサー作品ではなく「世にも奇妙なアメージング・ストーリー」というドラマで、車のナンバープレートに「A113」が使われている。

その作品以降、ブラッド・バードは自分が手掛ける作品すべてに「A113」を使うようになったのだ。それは、ピクサー以外の作品でも同様である。

そして、のちにピクサーを代表する監督のジョン・ラセターも、同じカリフォルニア芸術大学出身者として、作品の中に「A113」を入れるようになっている。そのため、ピクサー映画のほぼすべての作品で「A113」を見かけることができるのだ。

もしかしたら、ピクサー以外の作品で「A113」を見かけることがあるかもしれない。見かけたら「あ、この監督はもしかしたら、カリフォルニア芸術大学の卒業生なんだ」とひっそりと思うことにしよう。

スポンサーリンク

【追加雑学②】どんな作品に「A113」がある?

どんな作品に「A113」があるのかについてのトリビア

「トイ・ストーリー」

さて、せっかくなのでピクサー作品においての「A113」を見てみよう。どの作品に「A113」が入っているのか、その一部を簡単に表にしてみた。

作品名場所
「トイ・ストーリー」シリーズ

1と3:アンディの母親の車のナンバープレート

2:空港のアナウンス

モンスターズ・インクゴミ圧縮部屋の機械
モンスターズ・インク・ユニバーシティ怖がらせ学部の教室番号
Mr.インクレディブル

シンドロームの秘密基地の監房(かんぼう)

表記は「A1レベルの13監房」

カールじいさんの空飛ぶ家裁判の法廷番号
メリダとおそろしの森

森の魔女の家の扉の上

表記は「ACXⅢ」。初めてローマ数字で記載された

表に記載したものは、ピクサー作品の一部である。もちろん、他の作品にも、どこかに「A113」が隠されている。

物凄く小さかったり、一瞬しか映らなかったりするが、ピクサー作品を見ることがあればぜひ探してみてほしい。

「Mr.インクレディブル」や「メリダとおそろしの森」のような変化球もあるので、注意深く見てみよう!

雑学まとめ

ピクサー映画の"A113"というコードの秘密。身内だけがわかるやつ。についての雑学まとめ

「モンスターズ・インク・ユニバーシティ」

ピクサー作品のほぼすべての作品で見かけられる「A113」についての雑学を紹介した。もともとはカリフォルニア芸術大学の教室番号で、そこで学んだことが現在にもつながっていることから、仲間への挨拶も込めて作品内に組み込まれている。

この雑学を知っていると、ピクサー作品を見るうえでの楽しみが増えるというものだ。作品が出るたびに、探してみたくなる。

おすすめ記事

ピクサーは、24時間テレビのチャリティーシャツをデザインしたことがあるという雑学
ピクサーは24時間テレビのチャリティーシャツをデザインしたことがある

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー