声優&ナレーター

【声優養成所が解説】セリフ練習!距離感の台本を読んでみよう!

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

【声優のセリフ練習】距離感の台本を読んでみよう!

前回の講義はコチラ

声優はフリーでは食べていけない?
【声優養成所講師が解説】声優はフリーでは無理?事務所に所属したほうがいい?

続きを見る

どうも、福原安祥です。

ナレーターをしたり、声優養成所の講師をしたり、会社の経営をしたりしています。

今回のテーマは『セリフの距離感』!

養成所でセリフを聞いたり、新人声優さんのセリフを聞いたりするときにスゴく思うことなんですけど…「距離感がない」という問題があります。。

今見てくれているアナタも、講師とかマネージャーに「セリフに距離感がないんだよね~考えてるぅ?」みたいなかんじで…!いや、こんなムカつくかんじではないかもしれませんが、言われたことがあるかもしれません。。

Twitterでも書いたんですが、プロの声優さんって…距離感が抜群にうまいんです!

その距離感ってなんなのか?どうやったら身に付くのか?という方のために、今回は「セリフの距離感」について解説していきます!

動画はこちら↓

【声優のセリフ練習】距離感の台本を読んでみよう!

【声優のセリフ練習】距離感の台本を読んでみよう!まず距離感について解説していく前に…台本を作りました!

台本

『あれ…このあたりだと思ったんだけど…

誰もいないな…

おーい!誰かいますかー?

反応なし…

あのー!誰かいませんかー?』

できれば、今キチンとプランを考えて、自分なりに一度この台本を読んでみてください。

あとで聞けるように、できれば録音もしておくといいと思いますよ。男女どちらでも読める台本になっているので、男性は男性で、女性は女性で演じてみてくださいね。

…読んでみましたか?では、台本の解説の前に、まず「距離感」について解説していきたいと思います!

声優の「セリフの距離感」とは?

声優の「セリフの距離感」とは?アナタが歩道を歩いているとして、道路を挟んだ反対側に友達である「いそのくん」がいるとしましょう。その友達、いそのくんに声をかけたいときには…

「いそのくーーーん!」って言いますよね?

音を遠くに飛ばして、語尾も上がるんです。小さい音だと聞こえないし、語尾が下がるとあなごさんになっちゃうんですよね。笑

こちらは動画で実践しているので確認してみてくださいね!

距離を出すためには、まずゆっくりしゃべる必要があります。それから音を遠くに飛ばすので、語尾が上がるんですね。山で叫ぶ「ヤッホー」と一緒です。

これって日常生活では、アナタも含めて誰でも当たり前のようにできることじゃないですか?

そうなんです、「距離感を出す」ことは、日常で誰でもやっていることなんですよ!

これがセリフ(台本)になると急にできなくなっちゃうんですよね…。そこが難しいところです。

では、距離感の正体を踏まえたうえで、台本の解説に行きたいと思います!

「セリフの距離感」の台本を解説!

今回のテーマは「距離感」ですので、距離感をいかに出せたかがポイントになります。

なぜ距離感を出したほうがいいかというと、演技の幅が広がることももちろんなんですけど…距離感を出すことで、キャラクターの気持ちをより伝えられるということもあるんですよ。

さらに、視聴者を引き込むためのリアリティーを増すこともできるんですね。

本来、台本のシチュエーションは現実に存在しないわけですけど、それを現実にあるように思わせることができるというところが、距離感を出すポイントです。

それではセリフの解説をしていきますね!

距離感を変えなかった

「セリフの距離感」の台本を解説!セリフの距離感を変えなかった場合まず一番ダメなのは…「距離感を変えなかった」ケースです。。動画で実践しているのでチェックしてほしいんですけど、セリフの語尾を「伸ばしてるだけ」なのはNG。なので距離感が出てないセリフになっちゃうんですね。

自分では距離感を出したと思ってるんだけど、実は伸ばしてるだけ…っていうケース、けっこう新人あるあるなので気を付けてくださいね!

このセリフは、キャラクターが人を探しているものですよね?距離感を変えない読みは、人を探しているという気持ちが伝わらないんですよ。。

距離を1段階出した

「セリフの距離感」の台本を解説!距離を1段階出した場合次に、まあまあの読みは…「距離を1段階出した」ケースです!

こちらも動画内で実際に読んでいるので、チェックしてみてほしいんですけど…つまり、『おーい!誰かいますかー?』の部分に1段階距離を出しているわけなんですね。

これは「まあまあ」です。実はこの台本は、2段階で距離を作らなきゃいけません。もう1か所距離を出さないといけないところがあるんですよ!

それができていた方…GOODです!

GOODの読みも動画内で実践しているので、ぜひ聞いてみてくださいね!

2段階目の距離感を出すところは、最後の行の『あのー!誰かいませんかー?』という部分ですね。

最初の1段階目の呼びかけで反応がなかったわけですよね?なので、普通は人ってそれよりも「大きく、遠く」に呼びかけると思いませんか?

ファミレスとかで店員さんを呼ぶ時にも、「すいません」で聞こえなかったら「すいませーん」ってなりますよね?それでも聞こえなかったら「すいませーーーん!」ってなると思うんですよ。それと一緒です!

なので、「1段階目の呼びかけ→なにも反応がない→もう一段階上げる」という、2段階の距離感を、僕が解説する前にアナタができていたら…距離感の読解がなかなかできているということですね!

逆にできていなかった人は、「距離感を出せばセリフが立体的になる」ということを覚えておいてくださいね!

【声優のセリフ練習】距離感のまとめ

今回は『セリフの距離感』についてお伝えしてきました。ちょっとの工夫ですけど、セリフが全然変わっちゃいますよね?

養成所や新人声優さんは、レッスンなどで距離感を意識してセリフに取り組んでみてくださいね!いい結果が得られると思いますよ!

「距離感…超大事☆」ということで今回は以上です。みなさん頑張ってくださいね!

それではまたお会いしましょう。

次回の講義はコチラ

声優養成所講師の「養成所時代の失敗談」
【現役の声優養成所講師が】自分の養成所時代の失敗を語る。

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2021 雑学カンパニー