声優&ナレーター

【声優養成所講師が解説】プロ声優になれない人の言い訳TOP3

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

プロ声優になれない人の言い訳TOP3

前回の講義はコチラ

声優事務所のマネージャーにオーディションについて聞いてみた
【取材】声優事務所のマネージャーにオーディションについて聞いてみた。

続きを見る

どうも、福原安祥です。

ナレーターをしたり、声優養成所の講師をしたり、会社の経営をしたりしています。

今回のテーマは『プロになれない人の言い訳TOP3』です…。

冒頭でも書いているとおり、僕は声優養成所の講師をしているので、これまでに多くの声優養成所生や新人声優さんと出会ってきました。

その中で、プロになれない…もっと踏み込むと「3年後には消えてしまう人」って、言い訳をする人が本当に多いんですよね。。

そういう人たちって、努力しない言い訳が大好きなんですよ!しかも、その言い訳って共通してるんですよね…。

今回はこれを読んでくれているあなたが、その言い訳をできなくなるように、僕が事前に封じてやりますよ!というコンセプトになっております!

封じられたらもう言い訳はできないと思いますので、ぜひ今回は自分の中の「言い訳クソ野郎」を封じてやりましょう!

動画はこちら↓

プロ声優になれない人の言い訳TOP3

今回はランキング形式になっております。ということは…上位になるほど救いがないってことになりますね。。上位に引っかかってしまった人は、ほんとに改めてください!

第3位:なにをしていいかわからない

プロ声優になれない人の言い訳 第3位:なにをしていいかわからないそれでは、プロになれない人の言い訳第3位からいきましょう…3位は「なにをしていいかわからない」です。

こういう人けっこういるんですよ。Youtubeのコメント欄とかに書いてる人もいましたね。。

でも、くれぐれも責めているわけじゃないんですよ!「こういう発想だとダメだぞ!改めろ!」ってことなんです。

ただ、「なにをしたらいいのかわからないから努力をしない」っていうのは、シンプルに言い訳ですよね?

こういう人って、努力の方向を間違っちゃうのが怖いんじゃないかなって思うんですよ。

せっかく時間をかけてがんばったとしても、方向性を間違っていたらすべてムダになっちゃうって思っちゃうんですね。「変なクセがつくんじゃないか」って心配する人も一緒です。

でも、声優に限らずすべてのジャンルで言えることなんですけど、何らかのプロになりたいと思ったら、初心者がまずやるべきことって決まってるんですよ。

それは「練習量」です!

練習量が確保できなければ勝負にならない

スポーツでも絵でも音楽でも同じで、プロになりたい初心者が最初にできることは、練習量です。

例えば、あなたの友達が「プロのイラストレーターになる」って言ったとします。

あなたは「どれくらい練習してるの?」って質問します。それに友達が「1日30分くらいかな」って答えたとしたら…どう思います?

コイツ無理だなって思いませんか?思いますよね?

逆に「だいたい、平均5時間くらい練習してるかな」って答えが返ってきたら、「コイツ、もしかしたら、マジでプロになるかも」って思いませんか?

なので、「努力の方向がまちがってるかも」とか「変なクセがつくかも」とか心配する暇があったら…練習しろ!っていう話ですね。

特に初心者は、人の5倍10倍練習しなきゃダメなんです。方向を間違っても、変なクセがついても、あとからぜんぜん修正できますから!

自分のレベル上がってうまくなれば、自分のクセも把握できるようになります。なので、とにかく最初は練習量が大事ですよ!

プロになって、ある程度実績もついてきたら、練習量より「練習の質」が大事になってきますが…声優志望のうちはとにかく量、量、量です!量をこなさないと無理なんですよ。これが現実です。

もし、完全に初心者で、本当になにをやったらいいのかわからない人は、僕が過去にお話しした「声優志望者が声優養成所に入る前にやるべきこと」を読んでみてくださいね!

声優養成所に入る前にすべきこと
【声優養成所講師が解説】声優になりたい人が養成所前にやるべきこと

続きを見る

自分の悩みを人に置き換えて考えてみる

ちょっと補足しておくと、いま紹介した考えかたって、スゴく有効なんですよ。

「自分の悩みを人に置き換えて考えてみる」っていう方法ですね。

今回の例でいうと、「努力の方向がまちがったらどうしよう」とか「変なクセがついたらどうしよう」という悩みを人に置き換えてみるんですね。

さっきのように、イラストレーターさんの場合に置き換えて考えてみます。

イラストレーター志望の友達の話として考えてみて、その子が「努力の方向間違うと怖いから、ちゃんとした指導を受けるまでは練習しないようにしてるんだ」って言っていたとします。

その場合、やっぱり「こいつダメだな」ってなりますよね?たぶんその人ダメなんですよ。

こういうふうに置き換えてみることで、自分を客観的に見ることができるんですね。

なので、自分の悩みがあるときは、自分の中でグルグル考えるより、いったん人の悩みに置き換えてみて「それってどうなんだろう?」って客観的に見てみると解決するかもしれませんので、ぜひ覚えておいてくださいね!

第2位:時間がない

プロ声優になれない人の言い訳 第2位:時間がない続きまして、プロになれない人の言い訳第2位は…「時間がない」です。

これ、ビックリするくらいメチャクチャ多いんですよね。声優養成所でもすごく言われます。。

でも、「時間がない」ってこれからの人生で「絶対禁句」にしてください!時間がないっていう人は、なにやっても成功しません!絶対です!

そして、先に言わせてもらいますけど、これを読んでいるあなたより、絶対僕の方が時間ないですからね!

それでも僕はいろいろやってるんだからやれや!って話です。。

使い古された表現ですけど、時間ってむちゃくちゃ平等なんですよ。

総理大臣だろうが、大企業の社長だろうが、僕だろうが、あなただろうが、時間は24時間365日で全員一緒なわけです。

じゃあどこで差がつくかというと、1日24時間っていう時間を「どれだけ有効に使えてるか対決―――!」なわけです、人生って。。

もちろん、時間を効率的に使う以外にも、人生の楽しみはいろいろありますけど、いまは「夢を叶える場合」にフォーカスしているのでご承知くださいね!

時間は「作るもの」

「時間がない」って言う人に限って、テレビをダラダラ見たり、YouTubeとかネットサーフィンをダラダラしたりしているので、「時間あるやんけお前!」と思うんですよ。

あ!このチャンネルは「勉強」の時間なので、ダラダラ見ているうちには入りませんよ?引き続き読んでいってくださいね。笑

参考までに、昨日の僕のスケジュールでいうと…ダラダラした時間って、お風呂の湯舟に入ってる時間ですね。僕、だいたい半身浴20分っていう乙女チックなことしてるんですけど。。

その20分はダラダラしてましたね!

あとはご飯を食べるときに仕事するのは嫌なので、ご飯のときの各10分くらいはダラダラしてます。

なので、1日のダラダラタイムの合計は、たぶん1時間ちょいくらいなんですよね…。あとはずっと仕事か、仕事関係のことをしてます。

仕事関係のことっていうのは、本を読んでインプットしたりとか、みなさんがYoutubeにくれたコメントに返信したりとか、今の時期だと声優養成所の修了発表会の台本作りとか、キャスティングをしたりとかですね。

僕なんかは、世間のスゴい人たちを比べたら超ぺーぺーなわけですけど、その僕でもこれくらいやってるんです。

世の中にはもっとスゴい人もメチャクチャいるので、これを読んでくれているみなさんには、僕なんか軽々と超えていってほしいわけですよ!

言いたいことをまとめると、「夢をかなえたいんだったら、時間くらい投資せんかい!」っていうことですね!

時間を投資できる?

時間を投資するって、実はなかなか難しくて、人間どうしてもサボったりしちゃうわけです。

でも、みなさんの身近なところでいうと、売れてるアイドルの人って、自分に時間を投資しまくりですよね?青春なんて1ミリもないかんじだと思います。

自由時間どころか、睡眠時間もあんまりないと思われるので、「世に出て夢をかなえること」と「時間を投資する」っていうことは、完全に等価交換なんですよ!

声優の話でいうと、時間を投資するというのは、ずっと声を出してしゃべり続けるということではなくて、作品を見たり、発信活動をしたり、将来の戦略を練る時間を作ったりすることですよ!

まちがいなく、時間を投資してるヤツには絶対に勝てません。最強です。。

もちろん、時間を効率よく使うのは大事なことなんですけど、そもそも投資してる時間が負けちゃってたら勝負にならないってことですね!

第1位:人の成功を環境のせいにする

プロ声優になれない人の言い訳 第1位:人の成功を環境のせいにするついにやってまいりました、プロになれない人の言い訳第1位は…「人の成功を環境のせいにする」です。

これ、ホントに終わってます。まったく救えません。。

どういうことかというと、「あの人は○○だからいいよね~」ってやつです…!

耳の痛い人もいるかもしれませんが、今回はみなさんの言い訳を封じる企画になりますので、がんばって読んでくださいね!

たとえは、「あの子はカワイイからうまくいってる」とか「あの子は若いからうまくいってんじゃん」とか「マネージャーに気に入られてるから仕事来るんでしょ」とか「講師から気に入られてるもん、だから主役なんだよ」とかです。

うまくいってる人を環境のせいにしちゃうわけですね。これは声優養成所でもまあまあ聞きますけど、新人声優にもめっちゃ多いんです。。これ、ホントにダメですよ!

繰り返しになりますけど、今回紹介した言い訳の中で、ホントに1番救えません。残念すぎるやつです…。

なんで残念なのかというと、いままで紹介した「なにをしていいかわからない」と「時間がない」の2つは、どちらも、「言い訳の矢印が自分に向いてる」ことなんですよね。

でも1位の場合は、「言い訳の矢印が他人(外側)に向いてる」わけですよ!

まだ、2位と3位は自分のせいにしているので、失敗しても自分のせいだなって自覚できるんです。

でも、1位の「成功を環境のせいにする」というのは、完全に矢印が外側に向いてるので、自分がうまくいかないときに外側のせいにしちゃうんですよね。。

自分を守るために外を攻撃しちゃうってことです。これって一番卑怯なパターンなんですよ。

自覚がない言い訳

しかもタチが悪いのは、「本人に自覚がないことが多い」っていうことなんです。。

実際に僕の周りにも「アイドル声優ってかわいければ売れるからいいよね~」って人がいました。

難しいのは、言ってる本人は攻撃してる気ないんですよ。でもやってることはアイドル声優を攻撃することで、仕事がない自分を守ってるんですね。

「ガチで戦えば勝てるのに、お前がかわいくて若いからその地位なんだぞ」って言ってるのと同じなんです。

確かに今の声優業界は、若くてかわいければ、3年くらいはなんとかなったりします。そのあとはがんばらないと大変でしょうけど…。

なので、「アイドル声優って~」と言った子からすると、「たいした芸歴もないのにポンと出てきやがって」っていうふうに、悔しいし、むかつく、自分はこんなにがんばってるのにってことですね。

気持ちはわかるんですけど、それって「がんばってる自分を否定」しちゃってるんですよ。

結局、いまの自分を否定しちゃってるわけなので、絶対にやめたほうがいいです。

プロへの道のりとか、どういうふうにプロとして活動するかというのは、その人の生きざまみたいなものなので、そこに口を出すのは「傲慢ここに極まれり」ってかんじですね。。

人の成功を環境のせいにしちゃう人は、その人の周りにそういう人しか集まらなくなるんですよ。そしてそういう残念なグループが完成しちゃうんですよね…。

『鬼滅の刃』でいうと…

もう一つ、人の成功を環境のせいにしちゃうと残念なポイントがあるんです。

それは…うまくいってる人の努力量を完全に無視してるってことですね。

鬼滅の刃で説明しますので、見てない人はいますぐ見てください!

主人公の炭治郎ってメチャクチャがんばってますよね?彼以外のキャラクターもそうです。みんな血ヘド吐くような努力をしまくってるわけですね。

だからこそ、あの強さがあるんですよ!

なんですけど、めっちゃ階級が下の、成功を環境のせいにしちゃう残念な平隊士がいたとしたら、炭治郎とか柱のみなさんを「呼吸使えるからいいよね~」って言っちゃうわけですよ!

ちょっと待てよ!メチャクチャがんばってたじゃん!って話ですよね。炭治郎とか柱のみなさんからすると、「お前が遊んでる間に俺たち稽古したんだけど!」って話です!

ワンピースでもそうです。ルフィを捕まえて「そりゃ体がゴムみたいに伸びたら俺だってそれくらいできるけど」っていうようなもんですよ!

人の成功を環境のせいにしちゃうっていうのはものすごく危険なんです。「人の努力を無視しちゃう」っていう体質ができちゃうってことでもあるからですね。

人の努力を無視する体質ってことは、自分も努力ができないので、業界からさようならすることになります。。

ここまで読んでくれているあなたは、うまくいってる人を見てもねたまずに…ねたんでもいいですけど、そのあとに「あいつ、めちゃくちゃがんばったんだな」って思ってほしいんです!

「プロ声優になれない人の言い訳TOP3」のまとめ

「プロ声優になれない人の言い訳TOP3」のまとめというわけで今回は『プロになれない人の言い訳TOP3』をお届けしました。

今回僕が封じた3つの言い訳は、今後絶対に使わないでくださいね?もし使ってしまったらあんじょーさんにシバかれると思ってください!

今回の3つ以外にも言い訳をいろいろ並べてしまうことがあるかもしれません。

そのときは「ほかの声優志望の子はもっと練習してるかもしれない」っていうふうに危機感をもって、もうひと踏ん張りがんばりましょう!

それではまたお会いしましょう。

次の講義はコチラ

ナレーションのオーディション対策
【声優養成所講師が解説】ナレーションのオーディション対策3つのポイント

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2021 雑学カンパニー