声優&ナレーター

【声優養成所講師からキミへ】声優を目指すのがツラくなった時に読んでほしい

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

声優になりたいのにツラいキミへ

前回の講義はコチラ

声優養成所と声優専門学校、どっちがおすすめ?
【養成所講師が解説】声優養成所と声優専門学校、どっちがおすすめ?

続きを見る

どうも、福原安祥です。

ナレーターをしたり、声優養成所の講師をしたり、会社の経営をしたりしています。

今回のテーマは『いま、ツラいキミへ』です。

最近ですね、後輩から「知り合いがあんじょーメソッド見てます」って言われたりします。

収録現場で、ディレクターさんから「じゃあ安祥さんよろしくお願いしますメソッド~」って言われて「知ってんの!??」ってビックリしたこともありました。

チャンネルを知っていただいてる方が増えて、すごくうれしいです!そしてちょっと恥ずかしいですね。。

こうして見てくださる方が増えているので、初期のころに比べると、僕の声がみなさんに届く機会が増えたと思います!

なので、この機会に動画にしたいことがあるんですよ。今回は、全国の声優養成所生、声優の専門学校生、新人声優さんに向けた内容です。

みなさん、声優を目指して、声優養成所なり声優専門学校、あるいは声優事務所に入ってここまでがんばってきたと思うんですよ。

でも声優業界ってめちゃめちゃ競争社会ですよね?

ご存知の通り、需要と供給がまったく合ってない業界なんです。。

その現実にぶち当たって、打ちのめされてる方も多いと思うんですよね…。

「好きで声優を目指しはじめたのに、いつの間にか目指すことが苦痛になってる」っていうのは、ホントによく聞く話です。

なので今回は、夢を追うことがツラくなってるあなたへの、僕からの処方箋です!受け取りやがれ!

動画はこちら↓

 

声優になりたいのにツラいキミへ

声優になりたいのにツラいキミへまずお話ししておきたいのは、「視野が狭くなってないかい?」っていうことなんです。

世の中的に、声優業界は厳しいっていう話がメチャクチャ出ているせいで、周りの業界が見えなくなっている人がけっこういるんですよね。

自分が声優業界にいると、どうしても見えづらくなってしまうんですけど、プロになる確率が低いのは声優業界だけじゃないんです。専門職だとあるあるなんですよ!

例えば、プロ野球選手になれる確率ってめちゃめちゃ低いんですよ…どれくらいの確率か知ってますか?

いろんな統計がありますけど、高く見積もっている統計で、0.1%です。。声優になるよりムズイんですよ!

そんなかんじで、専門職でプロになるのはメチャクチャ確率が低いんです。別のジャンルでも難しいってことですね。

なので、悩んだり苦しんだりしてる人って、よその業界にもたくさんいるんです!そういう人たちも、日々夢を叶えるために猛練習してるわけですね。

悩んでるときってどうしても視野が狭くなりがちです。

なので意識的に視野を広く持って、「違う業界にもがんばってるヤツがいるんだろうな」とか、「負けねぇぞ」っていうふうに思ってもらえると、ちょっと救われるかもしれません!

声優を目指すのがツラい=感情に支配されてる

で!ここからが今日の本題なんですけど、さっきから言ってるように、ツライときとか悩んでるときっていうのは「視野が狭く」なっちゃうんです。。

言い換えると、「感情に支配されてる状態」っていうことなんですよ!

「なんでうまくいかないんだろう」とか「なんで評価されないんだ」とか「なんでわかってくれないんだ」とかのマイナスループって、全然止められないんですよね。永遠にグルグルしちゃいます。。

じゃあどうすればいいのか?

コレ、ホントに覚えといてほしいんですけど、ツライときとか苦しいときは…「感情を捨てろ」です!

「感情捨ててどうすんの?」って思った方も多いですよね。なにがいいたいのかというと、「感情じゃなくて頭を使え」ってこと!

なんで僕がこんなにハッキリいえるのかというと、僕が20代の頃、これで失敗したからなんですよね…。

声優志望だった頃の失敗

声優志望だった頃の失敗20代の頃の僕は、それはもうすごい天狗になってました。新宿から高尾くらいまで鼻が伸びてたと思います。

声優養成所の中だけで評価されている、超!井の中の蛙だったんですよ…。

なので、外に出たときに評価されず、オーディションにも受からないっていう状態だったわけですね。

でも、自分の中では「オレすごい!」って思ってるので、周りに対して「なんで評価してくれないの?」とか、「なんでオレの良さをわかってくれないの?」みたいなかんじで思っちゃってるわけです。

これがずっとループして、もはや無限地獄。。ずーっと「なんでなんでなんでなんでなんで…」って思ってるんですよ。

感情に完全に支配されちゃって、なんにも見えない状態ですね。

コワいのは、その状態がヤバイってことに、「本人が気づいてない」ってことなんです!

実際に僕は「なんで地獄」を何年も繰り返してました。

でもいまならわかるんですよ。感情じゃなくて、頭を使えばよかったんですよね…。

悩みには感情じゃなくて「頭」

「頭を使う」って具体的にどういうことかというと、「自分の悩みの原因を突き止める」ってことです。

「なんで評価されないのか」「なんで自分はダメなのか」っていう「なんで」の部分をちゃんと考えるってことです!

「なんで」って言葉の不思議なところなんですけど、悩んでいるときに「なんでダメなんだろ~」って人に聞いたら、疑問形になりますよね?だから相手から「こうだからじゃない?」って答えが返ってくるんですけど…

不思議なことに、自分に問いかけると「ひとりごと」になっちゃうんですよ!

「なんでダメなんだろ~、うーん…」で終わりなんですよね。。

「なんでダメなんだろう」っていう問いに、ちゃんと自分で答えなきゃダメなんです。自分の疑問に自分で答えてほしい。そして自分が悩んでる原因を突き止めなきゃダメってことですね。

ただ、そんなこといっても、人間そんなに器用じゃないですし、そんなに強くもありません。僕だってそうです。

「なんで」を追求するっていうことは「自分の悩みと完全に向き合う」ってことなんで、よほど強い人間じゃないとできないですよね…。だからこそ悩みの原因を突き止められないんです。

じゃあどうするかというと…「自分を客観視」するんです!

自分を客観視しよう

自分を客観視しようこれもめちゃめちゃ難しいんですけどね~!僕も20代の前半くらいのときに、大人から「もっと自分を客観的に見なさい」って言われて「なれるかアホ」って思ってたんで。。

でも、「自分を客観視できる方法」があるんですよ。それは…「ゲーム感覚」にするってことです!

自分をゲームキャラにしてみる

スマホアプリでもなんでもいいんですけど、育成ゲームをやったことがある人って結構いると思うんですよね。やったことないって人も、イメージは湧くと思います。

ゲームの中で、キャラクターとか動物を育てていくっていうものですね。

その育てる対象を「自分」にするんですよ!

自分をゲーム内で育てていくイメージですね。「声優になりたいキャラが、声優としてデビューするまで育てる」っていうゲームがあるとして、そのキャラを自分にするってことです。

人間って、人のことだと冷静に判断できたり、欠点を見つけることができるんですけど、自分のことになると急に冷静さを失って、欠点がまったく見えなくなるんですよね。。

なので、自分をゲーム内のキャラクターにしちゃって、自分と自分を離してみるんです。

自分を離してみることで、うまくいってない原因が見えることがあるんですよ。

ゆるゆる楽しむことが大事

このときに大事なことがあります。育成ゲームって…超ユルイじゃないですか?長期間にわたってゆっくり楽しむゲームですよね?

なので、ゆるりとやってください!

「このキャラ…思いきってファッション変えたらデビューできるかも?」とか、「がんばってマネージャーに話しかけにいくイベントを作ってみようかな」とか、「単純に技術不足かもしれないから練習量増やそうかな」ってかんじでゆるゆる可能性を挙げていって、それを実行していくのが大事なんですよ。

それを繰り返していくと、ゲームと一緒で成功することもあれば、失敗することもあります。

失敗しちゃったら凹む人がいるんですけど、それってスゴく間違ってるんですよね。

失敗しちゃった行動を起こす前の自分と比べてみたら…スゴく前進してませんか?前進してるんですよ!

ずっと「なんでダメなんだろう。なんでなんで」って思ってた自分と、可能性を考えて「こうすればいいんじゃないかな」って一歩踏み出してみる自分って全然違いますよね?

だから失敗してOKなんです!

なので、ツライときとか悩んでるとき、「自分は前に進めてないな」って思ったときには…感情をいったん捨てて、自分をゲームキャラにしてみる。自分と離して考える。

ゆるゆると原因と解決できる可能性を考えて、それを実行していく。

これをやってみてくださいね!

「声優になりたいのにツラいキミへ」のまとめ

「声優になりたいのにツラいキミへ」のまとめ今回は『いまツラいキミへ』というテーマでお話ししてきました。

読んでくれている方からすると、僕が先生的なポジションなので、僕のことをスゴい人だと思ってる方もいるかもしれません。

でも、僕も悩みでいつもいっぱいです。溺れそうです。

「なにに悩んでんの?」って思うかもしれませんが、わかりやすいところでいうと、YouTubeチャンネルはすごく悩みましたよ。

いまでこそ見てくださる人が増えてきて嬉しいんですけど、YouTubeチャンネルを始める前は膝ガクガクでした。。

一番コワかったのは、「誰からも相手にされなかったらどうしよう…」ってところですね。

だって僕、声優養成所の講師もしてるわけですよ?生徒側からしたら、YouTubeでスベってるヤツの講義聞きたいですか?僕だったら絶対聞きたくないです。。

ただ、僕はさっきお話しした「20代の失敗」から学んで、不安とか悩みとか、そういうツラい感情をいったん置いといて、冷静に「自分のできること、自分が教えられること」を整理してYouTubeを始めたわけなんですよね。

30代になれば、ある程度そういうことはできるようになってきます。

でも、「自分を客観的に見れる能力」って若ければ若いほど、メチャクチャいろんなところで役に立つんですよ!

なので、いまツライ人、悩んでる人は、その感情をいったん捨てるなり置いとくなりして、客観的に自分を見る訓練をすると、いい循環になってくると思いますよ!忘れないでくださいね!

苦しいときもあると思いますけど、夢を追い始めたときって「読むのが楽しい」っていう気持ちがあったと思うんですね。

なので、その気持ちを忘れずに、日々楽しく努力してくれることを願ってます!がんばってくださいね!

それではまたお会いしましょう。

次の講義はコチラ

声優志望者は恋愛すべき?
【声優養成所講師が解説】声優志望は恋愛してもいい?ダメ?

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2021 雑学カンパニー