声優&ナレーター

【声優養成所講師が解説】養成所で伸びない人の共通点とは?うまくなる人は○○する。

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

声優養成所で伸びない人の共通点とは?

前回の講義はコチラ

声優の演技の"テンション"について徹底解説!
【声優養成所講師が解説】演技の"テンション"について徹底解説!初心者はみんな勘違いしてるよ!

続きを見る

どうも、福原安祥です。

ナレーターをしたり、声優養成所の講師をしたり、会社の経営をしたりしています。

今回のテーマは『声優養成所で伸びない人の共通点』です…。

ちょっとコワいテーマですが、ちゃんと考えていきましょうね!もしアナタがこの共通点にバチコーンとハマっちゃってる場合は…基本的に絶対に伸びません。。なのでメチャクチャ気をつけてくださいね。

僕は冒頭で言ったとおり、声優養成所で講師をしているので、毎年けっこうな人数の生徒に教えているんですけど、やっぱり伸びる生徒と伸びない生徒がいるんですよ。

これは才能の差かというと、僕はそうは思っていないんです。

最初に教えたときには「大丈夫か、早く辞めたほうがいいんじゃないか、別の道があるぞ?」っていう生徒が1年、2年くらいでガーンってうまくなるのを何人も見ているんですね。なので才能が必要かというと、そうではないかな…という気がしています。

うまくならないのには才能以外の「最大の理由」があるんですよ!

これから養成所に行こうと思っている方、そして現在養成所に在籍している方、あるいは事務所の預かりや所属になっているけど、なかなか伸び悩んでいる方にも読んでいただきたい内容になっているので、ぜひ最後までチェックしてくださいね!

動画はこちら↓

声優養成所で伸びない人の共通点は?

声優養成所で伸びない人の共通点は?最初に結論から伝えていきますね。

声優養成所で伸びない人の共通点、それは…「分析しない」です。

ちょっと抽象的なので、具体的な話をしていきますよ!

今、アナタが養成所に通っているとした場合、レッスンを受けますよね?そのレッスンの中でダメ出しを受けると思うんですけど…そのあと、どうしますか?

その場で「ふんふん、なるほど勉強になるな~」で終わっちゃった人は一生伸びません!いくら頑張っても伸びません!

伸びる人は分析する

声優養成所で伸びる人は分析する伸びる人はどうするかというと…帰ったあとに「分析」するんですよ!

なんでそのダメ出しを受けたのか?とか、自分のどういうところがダメだったのか?というところを分析するんです。

あとは、みなさんが家で練習をするとき、おそらく「題材を読む→録音する→聞く」という流れだと思うんです。それを聞いてるときに「ふんふん、まあまあかな…」で終わる人、一生伸びません!これ、練習した気になってるだけなんですよね。。

伸びる人はどうするかっていうと、やっぱり分析するんですよ。

自分がやろうとしたことができたか?とか、できなかった場合だと、どうしてできなかったのか?という分析をする時間を作ってるんですよね。

この「分析」がメチャクチャ大事っていうことなんです!

養成所の生徒を見ていると、うまくならないのは、単純に努力不足なこともかなりあります。

でもときどき「めちゃめちゃ努力してるのに全然伸びない…」っていう人もいるんですよ。これは「分析不足」なんですよね。。

分析しないということが、いかにヤバいかを、例を出しながら解説していきますよ!

分析しないと声優の実力は伸びない

分析しないと声優の実力は伸びない分析という作業って、実は世の中のいろんなところで行われているんです。

例えば、コンビニのジュースコーナーって定期的にジュースが変わりますよね?新商品がドンドン出て「先週までアレあったのに~!」なんてこともあると思います。

あれって、データを全部取っていて、売れる商品だけを残していってるからなんですよね。

当たり前ですけど、売れない商品があっても場所のムダじゃないですか?その場所に売れる商品を置いたほうが売り上げが上がりますよね?

なので毎回データを取って、売れる商品だけを残していってるんです。ジュースたちは毎日がオーディションなんですよ!ジュースにとってはきついですね…。

コンビニのジュースコーナーでは、こんなふうにデータに基づいて、つまり「分析して」商品を並べているということです。

逆に、コンビニの店長の「これは売れる気がするぞ!」っていう、なんとなくの「勘」で商品を並べていった場合はどうなると思いますか?ヤバそうですよね?

毎日データを取って、売れる商品を並べているコンビニと、店長の「それやーーー!」っていう勘で商品を並べているコンビニだったら、どちらが売り上げが高いと思います?

これは、誰に聞くまでもなく「データを取ってるほう」ですよね!

分析と努力を分けるな!

やりがちな落とし穴なんですけど…分析と努力を分けちゃう人って、ときどきいるんですよね。。

さっきのコンビニの例でいうと、勘で商品を決めている店長が、メチャクチャ働き者で、誰よりも働いて、いつもピカピカの店内にするために掃除もして、接客もスゴくいい!なのに…お客さんがほしい商品を置いてない…というかんじですね。

店長は努力してるんです。でも、努力の方向が違うんですよね。

つまり、努力の量がスゴくても、分析しない人は伸びないということなんですよ!

そもそも、なぜ分析するのかというと、「結果を次に活かすため」ですよね?分析しないということは、「結果を次に活かさない」、結果ごと捨てちゃうってことなんですよ。

そうなると、絶対同じミスを繰り返しちゃうんですよね…。

分析することの大事さ、わかってもらえたでしょうか?

自分の「良かったところ」と「ダメだったところ」をちゃんと確認して、ダメだったところには原因を探って対策を打つ、という一連の流れができる人は…伸びます。そこをサボると伸びません!

「声優養成所で伸びない人の共通点」のまとめ

「声優養成所で伸びない人の共通点」のまとめ今回は『声優養成所で伸びない人の共通点』というちょっとコワいテーマでお話ししてきました。

自分の演技を分析したり、ダメ出しを受けたことを分析して自分のものにする、ということに時間を取らないと、努力がムダになっちゃう可能性がメチャクチャあるので、気をつけてくださいね!

「声を出す練習」は声優の基本なので、いっぱいやってほしいんですけど、練習した気になっちゃうのが一番の落とし穴なんですよ。。

声を出す練習ももちろん大事なんですけど、「出した声を分析して、次に活かす」ということはもっと大事です。

これができれば加速度的に伸び率が変わりますので、「分析」することを、ぜひ今日から取り入れてみてくださいね!

自分の限られた時間を、いかに効率よく使ってうまくなるかという時間との勝負でもあるので、みなさんぜひがんばってください!

それではまたお会いしましょう。

次の講義はコチラ

声優になるためにはルックスが必要?
【養成所講師が解説】声優になるためにはルックスが必要?顔が"普通"の人の戦い方とは?

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2021 雑学カンパニー