声優&ナレーター

【声優養成所講師が解説】プロの声優になれる確率は何%?

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

プロの声優になれる確率は何%?

前回の講義はコチラ

声優養成所講師の「養成所時代の失敗談」
【現役の声優養成所講師が】自分の養成所時代の失敗を語る。

続きを見る

どうも、福原安祥です。

ナレーターをしたり、声優養成所の講師をしたり、会社の経営をしたりしています。

今回のテーマは『声優になれる確率はどのくらいなのよ?』です!

みなさんご存知の通り、もう聞き飽きているかもしれませんが…声優になるのはめちゃんこムズカシイです。

これを読んでくれている人のなかには、声優になることを親に反対されている方もいるかもしれませんね。僕も反対されていました。黙ってやってましたけどね。。

親が反対する理由って「狭き門&不安定」という職業だからです。声優が誰にでもなれて、かつ、収入が安定する職業であれば、反対する理由はないですよね。

ぶっちゃけ「職業はなにしてるの?」と聞かれて「声優です」って言うのはスゴく簡単なんです。免許とか資格とかがないので、名乗るだけならメチャクチャ簡単なんですが…食べていくのは激ムズ!というところですね。

では「どれくらい激ムズなのか?」というところを、アナタは数字としてキチンと考えたことがありますか?「声優として食べていけることができる確率」にキチンと向き合ったことがあるでしょうか?

この数字とキチンと向き合わないと、努力できません!そして努力できない人は…プロになれません!

というわけで今回は、「一般的に言われている」声優になれる確率と、「僕が思う」確率、そしてその数字との向き合い方について解説していこうと思います。

動画はこちら↓

プロ声優になれる確率はどのくらい?

プロ声優になれる確率はどのくらい?まず、一般的な話からしていきますね。動画のほうではホワイトボードを使ってわかりやすく解説しているので、ぜひチェックしてくださいね!

話を戻して、一般的な確率でよく聞くのは…「3%」という確率じゃないでしょうか?

この3%がどこからきているかというと…「10,000人分の300人=3%」というところからだといわれています。

ただ、この3%という数字は、「声優事務所に入ってる人の中で食べれている300人」なんですよ。その確率が3%という話ですね。

なので、もっと大きな話をしていないんですよ。「声優養成所に入る前の方・声優養成所に在籍している方」とかを除いているんですね。。これらの人数をトータルすると…だいたい声優志望者は30万人といわれています!

なので実際に声優志望者がプロになる話でいうと…「30万人分の300人」になるわけです!声優志望者の数は増えるのに、食べていける人の数は変わらないので、300人は変わらないんですね…。

声優になれる確率は0.1%!?

声優になれる確率は0.1%!?恐ろしい数字だと思いませんか?これを計算すると、なんと「0.1%」っていう確率なんです…ヤバくないですか?なんですか0.1%って!ということは、逆にいえば「99.9%無理」。99.9%は声優で食べていけないっていうことになっちゃうんですよ!

こんなことがあっていいのかと思うほどのビックリな確率なんですが、業界にいる僕の体感としては…300人は盛ってる気がするんですよね。

前にもお話ししたとおり、最近は売れっ子の人数が増えてるっていうのもあるし、仕事の数が増えていることもあるので、収入が分散している感じがします。体感としては一人がメチャクチャ儲かっているというよりは、分散してお金が回ってるイメージですね。

なので、300人という数字は少し盛ってるな、と僕は思っていて、実際だと900人くらいは食べれているのではないかと思ってます。

なのでちょっと救いが出てくるということですね!0.1%の3倍になるので…「0.3%」になります!全然うれしくない。。

0.3%になったところで、99.7%の人はプロになれないという確率。食べれている人が900人になったところで、声優志望者の30万人にはまったく歯がたたない状況に変わりはないわけですよ!

ただ、上で書いた「事務所に入ってる10,000人」にとっては…「10,000人分の900人=9%」になるんですよね。ちょっと希望が出てくるんじゃないでしょうか…?

なので、事務所に入ってるのに仕事がない、食べていけない人は「当たり前」です。つーか正常です。。なぜなら僕の体感でも9%の人しか食べていけてないからです!

逆に考えれば、100人集めて91人は食べていけてない。ということは91人のほうが超大多数なので、食べていけてないほうが普通なんです。なので…落ち込む必要はまったくなし!ということです。

いろいろ数字を出してきましたが、次にこの数字との「向き合い方・戦い方」について解説していきますね!

「声優になれる確率」との向き合い方

「声優になれる確率」との向き合い方例えば、声優として食べていける確率「0.3%」という数字を見たときどう思うか、ってスゴく大事なんですよ。

「0.3%もあれば十分だぜ」って思った人と、「0.3%しかないなら自分には無理だなぁ…」って思った人がいると思います。

まず、無理だと思ったアナタ…正常です!なぜかというと99.7%が屍になる世界だから。そんなところには頭を突っ込まないほうが無難ですよ。なので、スゴく正常なので安心してください!

逆に「0.3%もあるならやってやんぜ」と思ったアナタは…とてもクレイジー&最高です!

0.3%を見てやる気を出しちゃうような、クレイジーな人じゃないと生き残っていけないんですよね。。漫画とかアニメでも、主人公がピンチに立たされて「0じゃないんだな…0.1%もあれば上等だ…!」みたいなシーンってよくあるじゃないですか?

そういうキャラが人気な理由って、0.1%に立ち向かうからなんですよ。だから魅力的で、応援されるわけですね。

もし「0.1%か…たぶん無理だと思うけど、がんばるぜ…」ってキャラだったら、絶対応援されませんよね?

なので、スゴくツライ作業というのは僕もわかるんですけど、紹介してきた数字と向き合わないと…いずれ朽ち果てます。。

確率との向き合い方で人生が変わる

僕の体感で話を進めていくと、「0.3%」という数字と向き合えた人、戦えた人っていうのは、たとえ声優になれなくても、その後の人生で必ず役に立ちます!

僕の師匠の言葉で「10歳上のパスポートを取れ」っていう名言があるんです。

どういうことかというと、「10代のときにスゴくがんばったヤツは20代で輝く、20代でがんばったヤツは30代で輝く、30代でがんばったヤツは40代で輝く…」というふうに、10年後のために、いまの10年間をがんばろうということなんですね。

常に、「次の10年のために、いまをがんばろう」という話です。

なので、この0.3%あるいは0.1%という数字にちゃんと立ち向かうことができて、「がんばろう!」と思えた人は、声優になろうがなるまいが、ステキな人間になると思いますよ!

なので、数字から逃げずに数字と戦って、「やってやる!」と思ってもらえたらうれしいですね。

「声優になれる確率」のまとめ

「声優になれる確率」のまとめ今回は『声優になれる確率』についてお話ししてきました。

なかなか絶望的な話だったと思います。。僕の体感でまとめると…

注意ポイント

  • いま事務所に入ってる方は、食べられる確率「9%」
  • 事務所に入ってない方は、食べられる確率「0.3%」

ということでしたね。

ここまで読んでくれたアナタのために、最後にメチャクチャ大事なことを言いますね。途中で離脱しちゃった人には教えてあげない情報ですよ!

気づいてる方もいるかもしれないんですけど、紹介してきた数字は、自分の努力次第で上げることができます!

今までにお話ししてきたとおり、自分のステータスによって、確率は変動しますよね?

養成所に入る前とか、養成所に入ってる段階だったら…食っていける確率は0.3%というメチャクチャ小さい数字なわけです。

ですが、がんばって事務所に入ることができれば…9%にハネ上がるんですよね!

さらに、分母の10,000人というのは準所属も所属も全部ひっくるめた数なので、自分ががんばって所属になることができたとしたら…?

全国の事務所所属の人数が僕は正確にわからないんですけど、おそらく3000人くらいだと思うんですよ。

そうなると…「3000人分の900人」になるんです!そうすれば確率は9%から30%までハネ上がるというわけです!

30%だったら…なんか、がんばれそうな気がしませんか?もちろん上に行くごとにライバルは強くなっていくので、それはそれで大変なんですけどね。。

でも、数字だけ見ると、30%と0.3%って雲泥の差があると思いません?100倍の差ですよ?

なので、養成所生とか、養成所に入る前の段階では0.3%ですけど、事務所所属になってさらにがんばると、声優で食べていける確率を自力で30%まで上げられるということなんですね!

なので、自分の努力次第で、「確率」はドンドン上げていくことができます…がんばってください!

今回のお話で、アナタがやる気を出してくれたら、僕はとてもうれしいです。応援してます!数字に負けないようにがんばりましょうね!

それではまたお会いしましょう。

次の講義はコチラ

声優の演技の"テンション"について徹底解説!
【声優養成所講師が解説】演技の"テンション"について徹底解説!初心者はみんな勘違いしてるよ!

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2021 雑学カンパニー