声優&ナレーター

【前編】声優養成所の講師が"養成所の闇"について本音を語る。

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

声優養成所の闇ってほんと?

前回の講義はコチラ

声優のボイスサンプルの作り方②|読む順番は?どんなキャラを入れればいい?

続きを見る

どうも、福原安祥です。

ナレーターをしたり、声優養成所の講師をしたり、会社の経営をしたりしています。

今回のテーマは…『声優養成所の闇』です。。

突然ですがTwitterでDMを頂きました。「YouTubeで声優養成所の闇って検索すると、メチャクチャ出てくるんですけど、あれはホントなんですか?」という内容の質問です。

「闇!?」って思って、僕もYouTubeで調べてみたら…メチャクチャ出てくるんですよね!「声優養成所の闇」っていう動画。「おぉ!?」っと思いました。

そこで!冒頭で紹介したとおり、僕は声優養成所の講師をやっているので、そこについての本音…業界の内側にいる人間としての本音を語っていこうと思います!

その内容が本当に闇なのか、事実なのか、というところについてお話ししていきますね。

ただ、声優養成所の講師がこんなふうに「闇問題」について切り込んでいくと、「どこかに忖度してるんじゃないか?」「気を遣ってんじゃないか?」と思われる方もいるかもしれません。

しかし、僕は実際に教えている声優養成所のレッスンでも言ってますが、僕自身は講師の仕事がなくなったとしても…全然困りませんっ☆

僕の本職はナレーターで、会社の経営もしています。

その上で声優養成所の講師もしているっていう状況なので、講師の仕事がなくなっても食うのには困らないんですよね。なんなら一番コスパが悪いのが声優養成所の講師っていう感じなんです。。

なので、どこかに気を遣ったりすることはありませんし、本音でしゃべっていくのでご安心ください!

それでは、闇に迫っていきましょう…

動画はこちら↓

「声優養成所の闇」について、養成所の講師が本音で語る!

「声優養成所の闇」について、養成所の講師が本音で語る!それでは、現役の声優養成所の講師が「声優養成所の闇」に迫っていきますね!

YouTubeでいろんな闇関係の動画を見て、その中からいくつか「闇問題」をピックアップしてみました。それについて「闇判定」をしていこうと思います!

ピックアップする闇問題は…

闇問題

  1. 聞いたことがないやつが講師
  2. すごくお金がかかる
  3. 専門学校は誰でも受かる
  4. 卒業すれば声優になれると思ってた…
  5. 専門学校なのに声優を目指してない人がいる
  6. 歌/ダンス/舞台のレッスンばっかり…
  7. レッスンが厳しくて人がめっちゃ辞める
  8. 専門学校を卒業しても声優事務所がやってる声優養成所へ…
  9. アフレコの授業のときだけ生徒が増える
  10. 生徒に辞められない指導をする
  11. 所属しても食べていけるかは別問題
  12. 養声優成所2年目になってもアフレコの授業がない
  13. 年齢層が広い
  14. 先生によってレッスンが変わる
  15. 挨拶やアピール合戦がすごい
  16. 先輩ヅラするクラスメイトがいる
  17. クラス内で仲良くすると先生にキレられる
  18. エライ人にセクハラされた

…こんなかんじで20個弱でした。けっこうな数になりましたね。

最後のセクハラはわかりやすい闇だと思うんですけど、それ以外の問題は、闇なのかと言われるとちょっと疑問なところがありますね…。

これを1個ずつ解説していくと、メチャクチャ長くなっちゃいそうなので、2回に分けて解説しようと思います。今回は前編ですね。

気になる方が多い内容だと思うので、丁寧に説明していきたいと思います!

声優養成所の闇①売れてない人が講師

声優養成所の闇①売れてない人が講師声優養成所の闇問題その1…「聞いたことのないやつが講師」というものですね。

売れてないやつが講師してる、これは難しい問題なんですよ。。

生徒側としては、売れてる人に習いたいっていうのは当然の心理だと思います。これは声優に限らず、芸人さんの声優養成所でも同じって聞いたりしますね。

ここに関しては「知名度がある人がなぜ講師をしないのか?」という角度から説明するとわかりやすいと思うので、解説していきますね。

理由①時間がない

なんで売れてる方が講師をしないのか、その理由の1つ目は「時間がない」からです。

売れてる方って日々収録に追われているので、講師をしている時間がないんですよ。声優養成所の講師って実は時間が取られるんですよね。

レッスンって1回3時間が普通だと思うんですけど、そのレッスンのための事前準備もあるわけです。なのでトータルの労働時間ってレッスン中の3時間だけじゃなく、事前準備も含まれるので、地味に時間がかかっちゃうんですね。。

理由②講師をしなくてもお金が稼げている

理由の2つ目は「講師をしなくてもお金が稼げている」というところです。

声優養成所で教えてる人って、自分の本職であるプレーヤーでの仕事がなかなかない方っていうケースがけっこうあるんですよ。

本職のほうで仕事がないので、講師をしてお金を稼いでいるんですね。いや!僕は仕事ありますよ!

売れっ子さんからしたら「教えること」でお金を稼ぐ必要がないということなんですね。

理由③リスクが高い

理由の3つ目は「リスクが高い」です。

これはちょっと想像しづらいかもしれないんですけど、毎週レッスンをしていると生徒と仲良くなります。

生徒と仲良くなって、いろいろ話をしていく中で、相談に乗ったりするようになるわけです。そういうプライベートの話を、悪意があるなしに関わらず「生徒がSNSで言っちゃった場合」…それがマズイ内容だったら炎上する可能性があるんですよ!

これ、仕事に影響出まくりですよね?特に今の時代はSNSが公開の裁判所みたいになっちゃってるので、一発で大炎上することもありえるわけです。。

そう考えると、「声優養成所で教えるのはリスクしかないよね」って話になっちゃうんですよね。

売れてない人に教わるのはしょうがない

というわけで、名前を知らない人に教わるのは…「ある程度しょうがない」ことだったりします!

売れてないから教えるのが下手ということではありませんからね!

それに、そういう講師の人って失敗談みたいなものを持っているんです。仕事がない原因が自分でわかっている講師の人の失敗談を聞かせてもらえるのはメリットになると思いますよ。

「じゃあなんでお前は講師やってんだ?」って僕に思った方、けっこういると思います。

僕の場合は、講師をしている声優養成所の社長に恩がありまして…なので義理ですね。

あとは単純に教えるのが好きってところもあります!なので現在も継続して教えているんですね。そのおかげでメチャクチャ忙しいんですけど…。

でも、生徒が頑張ってプロになってくれれば僕は救われるので…みんながんばってくださいね!

話を戻して、聞いたことがないやつが講師をしている問題。

判定は…「闇ではない」にしておきます!ただ、その不満はメチャクチャわかります…。

声優養成所の闇②すごくお金がかかる

声優養成所の闇②すごくお金がかかる続いては「すごくお金がかかる」という問題ですね。

これについては…「かかります」!

夢への投資と言えば聞こえはいいかもしれませんが、9割の人がプロになれない世界なので「お金をドブに捨ててる」と言われてもしょうがないところはあると思います。だから闇って言われちゃうんでしょうね。。

ちなみに一般的に、声優養成所よりも専門学校のほうが高いです。

これは専門学校が基本的に週5で通うのに対して、声優養成所は週1~3、多くて週5…ですが週5はなかなかないですね。このように通う頻度が違ってくるので、声優養成所のほうが学費は下がるというわけです。

声優養成所の場合、1年間週1コースで30~50万くらいになります。週3コースだと60万~80万くらいですかね…週5だと100万以上かかっちゃうことが多いです。。

1回のレッスン費で割ると、1万円くらいかかると思うんですけど、大学に行くことを考えると、同じくらいかそれ以上の費用がかかっちゃうので、声優の学校がとりわけ高いわけではないですね。

というわけでこの問題も「闇ジャナーイ」判定!

声優養成所の闇③専門学校は誰でも通る

問題3つ目…「専門学校は誰でも通る」ですね!

これは専門学校にもよると思うんですけど、けっこう聞く話だったりします…。

専門学校の経営上、生徒が欲しいわけなんですよね。人数がいればいるほど、お金がホクホクなんですよ。。人数が欲しいから、「相当ヤバい人じゃない限り通らせるのが基本」なんですね。

これは専門学校の悪口じゃないので、誤解がないようにしてもらいたいんですけど…「すんごく頭の悪い大学を受ける」のと似てます。お金払えば行けるってことですね。くれぐれも専門学校の悪口ではないですからね!

ということで、専門学校は誰でも受かる問題…これも「闇ジャナーイ」判定!次にいきましょう!

声優養成所の闇④卒業すれば声優になれると思ってた

声優養成所の闇④卒業すれば声優になれると思ってた「卒業すれば声優になれると思ってた」。

これについては、「なれるかアホゥ!」としか言いようがありません。。

そんな簡単にはなれませんよ!この認識は本人が甘すぎです!YouTubeやネット上にこんなにも情報があるのに、「学校卒業すればなれると思ってた」なんて…そんなバカな…!

これはもう「本人の下調べが甘すぎー!」ということで…「闇ジャナーイ」です!

次の問題にいきますね。

声優養成所の闇⑤専門学校なのに声優志望者が少ない

これは、「専門学校がわりと誰でも受かっちゃう問題」と関係があるんですよね。

誰でも受かるということは「モチベーションが低い人がかなり多い」という可能性があります。

大学とかでも一緒なんですけど、法学部に入ったからといって、法律をゴリゴリに勉強したい人が100%かというと、そういうわけではない…みたいな感じです。

そういう意味でも、「専門学校に行くより、声優養成所にストレートに来たほうがいいんじゃないかな?」と僕は個人的に思っていますね。

なので、専門学校でモチベーションが低い人が多いというのは、べつに「闇ジャナーイ」わけですね!どんどんいきましょう!

声優養成所の闇⑥歌/ダンス/演技のレッスンばっかり

声優養成所の闇⑥歌/ダンス/演技のレッスンばっかりこれは「思ってたんと違う…」っていう問題だと思うんですけど、まず、声優養成所に入る前に、「その声優養成所のことをしっかり調べた?」っていうところが大きいです。。

さっき言ったように、高い金額を払って声優養成所に行くにも関わらず、養成所についてしっかり調べる人って少ないんですよね…。なので、入ってから「アレェ?」ってことになっちゃうんですよ…。

1つ注意しておきたいのは、ネットにある「声優養成所まとめサイト」みたいなものは、ビジネスが関係している場合がけっこうあるんです。なのでその情報は鵜呑みにしないようにしてほしいなと思います。

ただ、歌とかダンスとか演劇とかが「よくない」ということではまったくないんですよ。

アニメってもともと絵じゃないですか?

その絵に命を吹き込むためには、その絵に動きをつけなきゃいけないわけですよね?動きを付けるために、声優は脳内でキャラを動かす必要があるんですですけど…その脳と体の連結を図るのが歌とかダンスとか演劇なんですよ!

このあたりを詳しく知りたい方は別の回で説明しているので、ぜひチェックしてくださいね!

本来の闇問題の話に戻りますね。

「アフレコの授業ばっかりだよって言われてたのに、歌とかダンスとか演劇の授業ばっかりだった…」というならサギっぽいですが、そこまでのサギに走る声優養成所はたぶんないと思うんですよね。

なのでこれも「闇ではない」としておきます!

声優養成所の闇⑦レッスンが厳しくて人がめっちゃ辞める

この問題はホントそうなんですよ。。

僕は4~5月くらいにちょこっとレッスンをやって、その後は年の後半で終了発表会みたいなものの全体指導を担当するんですが…だいたいGW明けに何人かいなくなります。これはもう毎年の定番ですね。

なので最近は、4~5月の時点で「GW明けで辞めないでね」と生徒に言っちゃうようにしています。

1年でクラスの人数が半分になっちゃったという話も聞いたことがあります。厳しい先生が担当するとそうなっちゃうケースもあるみたいですね…。

ただ!プロになってからのほうが絶対にキツイんですよ!

実際に怒られる回数はプロになったら減るんです。ダメ出しとか演出になっていくので。でも「自分に仕事が来ない…でも他の人には行ってる…」みたいなほうが全然キツイんですよ。「怒られたほうがマシ」って絶対になると思います。。

それに僕が声優養成所に通っていたころに比べると、業界が全体的にだいぶ緩くなってるんですよね。パワハラ騒動で世間に騒がれたり、SNSで情報を簡単に共有できちゃう時代なので、そこまで厳しくする先生は少なくなったっていうのがあります。

なので多少厳しい先生にあたったとしても「親戚のうるさいおじさん」くらいに思って、ぜひがんばってくれたらと思います!

プロになったら見渡す限りおじさんって感じなので、おじさん慣れしようというところも含めてがんばってください…!

話を戻すと、レッスンが厳しくて人がめっちゃ辞めるのも「闇ジャナーイ」です!

声優養成所の闇⑧専門学校を卒業しても声優養成所に行かなきゃいけない…

これはそうですね。専門学校→声優事務所→売れるというケースはあんまりないです。。

基本的には専門学校を卒業したら、声優事務所がやってる養成所に入ってデビュー、というルートが最近は普通になってる感じがあります。

前からあったルートではあるんですが、ここ数年で加速している感じがしますね。そのぶん、声優志望者のみなさんが払う金額が上がり、プロまでの時間もかかってしまうので、個人的には「どうなんそれ~?」って感じなんですけども。。

なので、これは知らなかったら「闇」ですね…。「そこそこ闇」という判定にしておきます!

初めての闇判定が出たところで次いきます!

声優養成所の闇⑨アフレコの授業のときだけ生徒が増える

声優養成所の闇⑨アフレコの授業のときだけ生徒が増えるこれもあるあるですね!僕は演技とナレーションのクラスを担当しているので、そこまで出席率が下がることはないです。

ただ、クラス名簿で生徒の演技以外の授業の出席率とかを見ていると、「休んでんな~コイツ」と思うこともあるんですよね。

さっき言ったとおり、体を動かすレッスンもスゴく大事な要素なので、出席してほしいと思いますし…授業を選んで受ける生徒がうまかったことはありません!

それに授業を選ぶ生徒は、そういうヤツだって声優養成所側も認識しているし、声優養成所と繋がっている声優事務所も把握しているので、高い評価が得られないんですよね。

なので、体を動かすのが嫌いな人もいるかもしれないですけど、体力作りも兼ねて、がんばって出席してほしいと思います!

本題に戻って、アフレコの授業のときだけ生徒が増える、これは「闇ではない」とします!

「声優養成所の闇」前編のまとめ

「声優養成所の闇」前編のまとめというわけで本日は『声優業界の闇に対して声優養成所の講師が切り込んじゃうわよ』のコーナーでした!

今回9個判定したんですけど、その内闇認定は…1個でした!

全然闇じゃね―――!っていうのが僕の感想です。ネットあるあるの「誇張して言われてるのかな」という印象でしたね。。

今日ご紹介できなかった残りの9個も次回切り込んでいこうと思いますので、後編もお楽しみに!

それではまたお会いしましょう。

前回の講義はコチラ

声優養成所の闇・後編
【後編】現役声優養成所の講師が"養成所の闇"についてぶっちゃけトーク。

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー