球技

完封はアカン!卓球では相手に1点取らせてあげる【暗黙のルール】

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

卓球は相手に1点取らせてあげるのが暗黙のマナーという雑学

スポーツの試合で、対戦相手の実力があまりにも違いすぎてワンサイドゲーム(圧勝すること)になってしまうことはよくある。ひどいときは、片方が1ポイントも取れずに四苦八苦してしまう。

卓球ではこういったときに、相手に1点取らせてあげるという暗黙の了解があるようだ。なんと紳士的なスポーツなのだろうか。

今回の雑学では、卓球の暗黙のルールについて詳しく迫ってみよう。

【スポーツ雑学】卓球は相手に1点取らせてあげるのが暗黙のルール

マッチョ課長
卓球では、相手に1点取らせてあげるという場合もあるんだ!
新人ちゃん
そっかそっか!暗黙のルールがあるんですね!

【雑学解説】卓球の暗黙ルール!わざとミスして相手に1点取らせてあげる

卓球は1セット11点マッチ、3セット先取で勝利となる。あと1点でゲームセットとなる10点を取った時点で、まだ相手が1ポイントも取っていないときは、わざとミスして相手に1点取らせてあげるのだ。

マッチョ課長
「わざと」というところがポイントだ!

これはもちろんルールには明文化されてはおらず、暗黙のものでしかない。しかし、このルールを知っている人にとっては、守って当然だという雰囲気が感じられる。

テレビで中継するような大きな大会でも、時折このルールは見受けられる。そしてわざとミスした瞬間、会場内に拍手が巻き起こる。まるで、行儀のいい子どもを褒め称えるかのごとく。

そもそもこのルール、「ラブゲーム(相手に1ポイントも与えずに奪ったゲーム)で勝ったら相手のメンツをつぶしてしまう」という理由で中国の選手が始めたらしいが、逆に、相手に対する冒とくとなっている恐れがある。

スポーツの世界は真剣勝負なのだから、どんなときでも全力を出して点を取りに行くべきではないか。むしろ完膚なきまで叩きのめした方が、相手に対する敬意を込めた行いだ、といえるのではないだろうか。

わざとミスされたほうからしたら「もう勝ちが決まっているからって、舐めやがって…」と逆に怒りを感じることだろう。どうしても相手に1点取らせたいのなら、初めから1-1で試合をスタートさせればいいのではないかと感じる

しかし、このルールのおかげで、卓球の素人である私が、今をときめく15歳の新星、張本(はりもと)くんと卓球で対戦しても、間違いなく1点を取れることになる。負けて当然なのだから、負けたことよりも張本くんから1点取ったことのほうが私の記憶には残るだろう。

マッチョ課長
たしかに…私も学生時代にあの福原愛ちゃんから1点を取れたらと、どんなに思ったことか!
新人ちゃん
課長、卓球部だったんですか?レスリング部だと聞いてましたけど…
マッチョ課長
……

そう考えると、このルールも捨てたものではないと感じる。さらに、卓球のルールは他にもあるのだ。

スポンサーリンク

【追加雑学①】意外と知らない卓球のルール

卓球はただラケットでピンポン球を打ち合うスポーツだと思っている人は多いが、意外と知られていないルールがあるので紹介しよう。卓球を行うときにこうしたルールをさらっと実践すると、あの人は一味違うなと思われるだろう。

ルール①ラケットは自由

卓球のラケットといえば、赤と黒のラバーが印象的である。実はラケットの決まりはこの色合いだけで、ラケットの形や大きさには制限がないのだ。

新人ちゃん
斬新なルールですね!

おすすめ記事

国際ルールがゆるい…?卓球のラケットはどんな形でもOK!

続きを見る

『とんねるずのスポーツ王は俺だ!』という番組の卓球対決で、木梨憲武が卓球台ほどの大きさがあるラケットをもちだすことがあるが、実際の試合であのようなラケットを使っても、ルール上は問題ないのだ。

ルール②勝手に汗を拭いてはいけない

卓球はかなり疲れるスポーツなので、試合中はとても汗をかく。しかし、試合中に勝手にタオルで汗を拭いてはいけないのである。選手が各々好きなように汗をぬぐってしまうと、スピーディな試合進行を妨げてしまうからだ。

汗を拭ってもいいのは、両者の得点の合計が6の倍数のときだけである。

【追加雑学②】必殺レシーブ「チキータ」とは?

必殺レシーブ「チキータ」をご存知だろうか? サーブに対して強烈な横回転をかけることで、バウンドしたときに、あらぬ方向にまがるレシーブのことなのだ。

チキータという名前の由来は、バウンドしたときにバナナのように曲がることから、「チキータ」というバナナの品種にちなんで名づけられた。

チキータの動画を上にあげてみた。たしかにバナナのようなすごい曲がり方をしている。これだと返すのがさぞ大変だろう。

新人ちゃん
なるほど…「チキータ」をする人の表情にクセがありますね…
マッチョ課長
違う違う!!ボールの曲がり方に注目するの!

雑学まとめ

今回の雑学では卓球の「相手に1点取らせる暗黙のルール」をご紹介してきたが、いかがだっただろうか。0点で終わってしまってはあまりに相手が不憫だから、と思いやって取り入れられたルールだそうだ。

マッチョ課長
どんなときも、相手をリスペクトする気持ちを忘れないということだな!

しかし、実際にやられた相手は逆に腹が立ちそうである。また真剣勝負のスポーツの世界においてはあるまじきことのように感じる。このルールがあるべきかそうでないか賛否両論あるが、相手の立場を思いやる紳士の行いであることは間違いない。

おすすめ記事

2000年に卓球ボールが大きくなった理由に関する雑学
もっとラリーを!2000年に卓球ボールのサイズが大きくなった理由とは?

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー