世界No.1

世界最小の国はバチカン市国。ローマの中にあります|世界雑学

世界最小の国はバチカン市国という雑学

世界には200弱の国がある。場所も違えば、文化も違う。しかし、違うのはそれだけではない。そう、国の広さもそれぞれ全然違うのだ!

世界一広い国は簡単に思いつく。ロシアである。日本は、大きい方から数えて62番目。では、世界一狭い国は一体どこだろう?

ということで、今回は世界で一番小さい国についての雑学をご紹介しよう。

【世界雑学】世界最小の国は?

エイミー
アタシたちの国・アメリカは世界で3番目に大きい国なのよ。
ロバート
SHIT!!アメリカはナンバー1じゃないのか…っ!1番はロシアだって?!だがアレのサイズは…
エイミー
ロバート、下ネタは厳禁よ。ちなみにあんまりサイズは変わらないわ。

ところで、世界で一番小さい国がどこか知ってる?それは「バチカン市国」なのよ!

【雑学解説】国際連盟が認めている国家の中で一番面積が小さいのはバチカン市国

といっても、様々な基準がある。調べてみると、どうやら独立した国家には、国民・国土・政府・外交能力の4つの要素が必要らしい。ここでは、世界的に広く国家として認められている国、つまり国際連盟(国連)が承認している国家に限定して調べてみた。

国連承認国の中で国土面積が最小国は、バチカン市国だ! その面積わずか0.44平方kmである。狭い…狭いが、一体どのくらい狭いのだろうか…?

どうやら、バチカン市国の面積は、東京都にある代々木公園(0.54平方km)とだいたい同じくらいらしい。広めの公園と同じくらいの大きさの国家。ただ歩くだけならば、半日もあれば国土全部を歩けてしまうだろう。

エイミー
WOW!そんなに小さなものでも、『国』として認められるんだな!

では、そんなバチカン市国はどんな国なのだろう?

簡単にいうと、キリスト教カトリックの総本山がある国だ。キリスト教の最高位聖職者・教皇(法王)のいる国ともいえる。イタリアの首都ローマの中にあるので、イタリア語が通じる(公用語はなんとラテン語!)。

最小の国とは言っても、ヘリポート・貨物鉄道・郵便局・電話局・放送局など、施設は意外と整っている

さらにバチカン市国は国全体が世界遺産だ。今でも沢山の古いものが残っているので、雑学好きとしては見逃せないところが多い。

世界中からキリスト教徒が集まるサン・ピエトロ大聖堂や、世界的な巨匠の作品があるバチカン美術館などなど。さらには、ダン・ブラウンによる大ベストセラー『ダ・ヴィンチ・コード』など多くの作品の舞台となっているので、本当にネタが尽きない。

先ほど半日あれば全土を歩けそうといったが、実際に見物するとなると、1日あっても足りないに違いない…。

エイミー
そうなのよ。小さな国なのに見るものがたくさんあって、とっても素晴らしいところなの!

国連承認国と国連加盟国

ちなみに、バチカン市国は、厳密には国連に加盟していない。もちろん、国家としては承認されている。しかし、政治的な中立を保つため、国連の意思決定に関わらない(投票権を持たない)オブザーバー国家として、国連に参加しているのだ。

投票権を持つ国際連合加盟国の中で、最も面積が小さいのはモナコ公国で、その面積2.02平方kmである。

ロバート
カトリックの総本山だから、政治的に公平を保つ必要があるんだろうな!

スポンサーリンク

【追加トリビア①】バチカン市国は、昔はもっと大きかった?

国全体が世界遺産になるほど、歴史のあるバチカン市国だが、現在のかたちになってからはそれほど時間が経っていない1929年に教皇庁とイタリア政府の間で結ばれたラテラノ条約によって、今のような小さな国家として成立した。

しかし、キリスト教1929年より昔からあるではないか。教皇のいる国というのは昔からあったのではないか?

調べてみると、かつては、バチカン市国の前身ともいえる教皇領があったことが分かった。この教皇領、つまりは教皇が直接所有し治める領土は、8世紀半ばに始まったらしい。世界的に信頼されているブリタニカ百科事典によると、もっとも拡大した16世紀前半には、北はパルマから南はカンパーニャまで、イタリア半島全体に広がっていたという。

小さな国は大きく、大きな国は小さくなるかもしれないと思うと、なかなか面白い。

エイミー
国って、その時代によって国境や領土が変わったりするからややこしいわよね。

【追加トリビア②】バチカン市国よりも小さい「自称」国家がある?

今回は国連に認証された国家に注目したが、世界には国連どころか他の国家にほとんど認証されていない自称国家(ミクロネーション)というものが存在する。その中にバチカン市国よりもはるかに小さい国があったので、ほんの少しだけ紹介したい。

その自称国家は、シーランド公国。その面積は、なんと0.00055平方km! 国土が海上要塞のみなので、本当に狭い。

残念ながら、どの国からも明確に国家として認められていないので、世界最小の国家とはここではいえない。しかし、万が一承認されれば、間違いなく世界で一番小さい国といえるだろう。

ロバート
オレのじいちゃんの農場も『国』って名乗れるかな?オレ、将来王様になれるんだぜ?!
エイミー
アンタはすでに、『裸の王様』よ!

関連雑学

「公国」は世界に3つ残っているという雑学
魅力たっぷり!世界には"公国"が3つあるよ!|世界雑学

続きを見る

トリビアまとめ

今回は、世界最小の国についての雑学を紹介した。公園ほどの小さい国があるというのも驚きだが、その国家がキリスト教の中心というのもなかなか興味深い。

世界で一番小さな国バチカン市国。その狭さとは裏腹に、多くの物語が隠れていそうである。

エイミー
カトリックのトップに君臨する教皇がいるわけなんだから、いろいろな宗教的な秘密なんかもありそうじゃない?
ロバート
OH!そいつは興味をそそられるぜ!!

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2019 All Rights Reserved.