鳥類

世界最小の鳥"マメハチドリ"の体長は5cm!重さは2g!【動画】

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

世界最小の鳥は「マメハチドリ」に関する雑学

この地球上には、いろいろな特徴をもった「鳥」がいる。今回紹介するのは、そんななかでも世界最小の鳥。なんでも重さが一円玉2枚分しかないとかなんとか!?

一円玉2枚って…虫かなんかじゃないんだから…と思うところだが、このマメハチドリ…まさに虫のような鳥なのである! いったいどんな姿をしているのか? 

今回はそんな世界最小の鳥「マメハチドリ」の雑学を紹介していこう!

【動物雑学】世界最小の鳥「マメハチドリ」の生態とは?

ウサギちゃん
世界最小の鳥・マメハチドリは、体長約5cmで重さ約2gなんだよ。
ライオンくん
ほんとに『マメ』サイズだな!

【雑学解説】「マメハチドリ」の特徴は?

世界最小の鳥といわれる「マメハチドリ」。彼らはキューバ共和国にのみ生息する南国の鳥である。

まずは動画でその姿をご覧いただこう! 南国らしく、とっても色鮮やかな鳥だ!

ライオンくん
ホントに小さいな~!

動画後半の人の手との比較を見ると、特にその小ささがよくわかる! 片手で十分握れてしまうほどのサイズだ。

マメハチドリの体長は5cm、重さは2g。これがどのぐらい小さいのか、身近な鳥と比べてみると…

  • スズメ…体長15cm、体重20gほど
  • セキセイインコ…体長18cm、体重30gほど

スズメもセキセイインコも言わずと知れた小さな鳥の部類だが、マメハチドリは彼らの3分の1以下の大きさである。重さにいたっては10分の1以下…まさかそんなに小さな鳥がいるなんて…。

おすすめ記事

インコはなぜ人間のことばをしゃべることができるのかという雑学
真似の能力スゴい…。インコが人間の言葉を話せるのはなぜ?【動画】

続きを見る

マメハチドリの卵は6mmしかない

大人がそれだけ小さければ、ひな鳥はもっと小さいぞ。

マメハチドリは、せっせと蜘蛛の巣や植物などを集めて、自分たちの巣を作る。もちろん巣に入るのは親より小さいひな鳥なので、巣の大きさは約3cmと非常に小さい。

そしてもっと驚かされるのが卵のサイズで、なんと約6mmほどの大きさしかない! もはやうずらの卵の比ではない。鳥が出てきていい大きさではないぞ…。

以下の動画では、ヒナの世話をするマメハチドリの様子が紹介されている。

ライオンくん
うわ〜なんともかわいらしい巣だな!

お腹を空かせたヒナがチッチッと鳴くと、親鳥がやってきてごはんをあげる。とっても微笑ましい家族の姿だ。

スポンサーリンク

【追加雑学①】マメハチドリが「ハチドリ」と呼ばれる由来は?

マメハチドリが「ハチドリ」と呼ばれる由来についての雑学

マメハチドリの名前は、虫のハチに由来している。

英名にしても「Bee hummingbird(ミツバチ・ハチドリ)」だ。これはサイズがハチに似ているというだけの理由ではないぞ!

鳥といえば、主に虫などを食べているイメージがある。そのイメージ通り、マメハチドリも虫はもちろん食べる。

しかしメインとなるエサは、本来鳥のエサになるはずの虫たちと同じもの。そう、「花の蜜」だ。そういえば前出の動画にも、花から密を吸っているシーンがあった!

ウサギちゃん
ミツバチのような鳥なんだね!

花から花へと飛び回り、その長いクチバシで蜜を吸い上げる。花から花へ…といえば、ハチのような蜜を吸う虫たちは、花粉を運び、植物の繁殖を手伝っていたりもするのだが…。

実はマメハチドリにとっても、花の繁殖をお手伝いするのは日課である。マメハチドリという名前も、ハチのような虫たちと同じ役目を果たすことから来ているのだ。

ハチのようにホバリングもできます

小さな羽で羽ばたくその音も、ブンブンとまるでハチの羽音のよう。

マメハチドリは1秒間に50~80回も羽を羽ばたかせ、これまたハチのようにその場でホバリングすることができる。

通常の鳥は翼の下側に風を受け、身体を浮かせるが、ハチドリは翼の上下両側で風を受けて飛ぶのが特徴。鳥類で唯一後ろ向きに飛べるといわれているぞ。

ライオンくん
後ろにだと!?ヘリよりスゲえじゃねえか…

【追加雑学②】マメハチドリが小さい理由とは?

マメハチドリが小さい理由についてのトリビア

木などとは違って、小さな花では鳥の体重を支えることが難しく、留まって蜜を吸うことはできない。

そのためハチドリは、胸筋と心臓がほかの鳥類より発達し、ホバリングしながら蜜が吸える身体へと進化したのだ。身体が小さいのも、このホバリング飛行をしやすくするため。

ただ、身体が小さいことにはもうひとつ理由があって、それは「蜜の取り合いにならないように」…というものだ。

ホバリング飛行は相当な体力を消費するので、常に花の蜜を吸っている必要がある。大きな鳥が一日中蜜を吸っていれば、そこら中の蜜を吸いつくしてしまうよね…ということだ。

ウサギちゃん
みんなで仲良くエサを分け合ってるんだね…。平和な世界だ…!

普段見ることはできないが、あの長いクチバシのなかにある舌も、まるでスポイトのような空洞の形になっていて、蜜が吸いやすくなっている!

以下の動画では、マメハチドリの舌が出てくる様子が捉えられている。

その舌の長さにちょっとびっくりさせられるが、よく考えれば、キツツキなどの穴から虫を食べる鳥たちもこんな感じだ。小さいものをエサにする鳥界ではわりと普通なのかもしれない。

マメハチドリはほぼ留まることなく1日中飛び続ける。その体力を維持するために、栄養価の高い花の蜜はもってこい。ほんとによくできたサイクルである。

ライオンくん
花とマメハチドリはwin-winの関係なんだな〜。

【追加雑学③】春はマメハチドリにとっても恋の季節

人間界でも春は新しい出会いの季節。進学や就職などで環境が変わる人も多いので、新しく恋が芽生えるなんてことも珍しくないだろう。あーうらやましい。

そしてマメハチドリにとっても、実は春が恋の季節なのだ。

キューバの山々には、春になると花が満開に咲き誇る。こうなると、花粉の運び屋であるマメハチドリも大忙しだ。懸命に飛び回るそのなかでパートナーとも出会い、ペアになると巣作りを始める。

オスたちは自慢の飾り羽をめいっぱい広げて、アピール合戦をするぞ! あの綺麗な色どりにはそういう意味合いもあるのだ!

マメハチドリの雑学まとめ

マメハチドリの雑学まとめ

今回は世界最小の鳥「マメハチドリ」の雑学をお届けした。

とっても小さなマメハチドリの、まるで妖精のような姿を見ているとすごく癒される。彼らはとても人懐っこく、人の手から花の蜜を吸ったりもするんだそうだ…。

キューバに行けば会えるのだろうか? 一度でいいから見てみたいものである。

ライオンくん
こんなに小さくてかわいい鳥がいるなんてな!小さすぎて食べ応えはなさそうだけど!
ウサギちゃん
ライオンくん、こんなにかわいらしい子たちを食べることなんて考えないでほしいな…。

おすすめ記事

唯一後ろに飛べる鳥は「ハチドリ」に関する雑学
鳥類で唯一"ハチドリ"は後ろにも飛べる。その生態とは?

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2021 雑学カンパニー