世界史 笑える

強さも浮気も神レベル!"全知全能の神ゼウス"ってどんな神様?|面白い雑学

全知全能の神ゼウス!に関する雑学

みなさんは「ゼウス」という神がいることをご存知だろうか? 人気のゲームなどにも登場し、そのスペックはなかなかに強いことが多いように思う。

それもそのはず、ギリシャ神話においてゼウスは全知全能でありながら、天空を支配する最高神なのだ。さらに全宇宙を破壊できるとまでいわれている強力な雷「ケラウノス」を武器としており、その存在は絶対的である。

しかしそんなゼウスは、強さの他にも有名になった理由がある。それは相当ひどい浮気癖だ。相手は女神やら人間やら、性別問わずといったようだ。

今回はゼウスという最高神の生い立ちから逸話まで、その魅力を雑学としてまとめてみた。たっぷりご紹介しよう!

【面白い雑学】生まれる前からトラブルばかり!?全知全能の神ゼウス!

ゼウスの破天荒さは父親譲り…? 生まれる前から衝撃なゼウスの生い立ち!

【雑学解説】ゼウスの両親、そして誕生

父は巨人族の長「クロノス」、母は大地の女神「レア」。兄は冥界の王「ハーデス」・海の王「ポセイドン」、姉は結婚を司る神「ヘラ」などがいる。ちなみにレアはクロノスの姉だが、そのへんは神様の世界のことなのでスルーしよう。

父であるクロノスは、かつて自身の実父である天空神「ウラノス」を神々の世界から追放し、その権力を奪ったように、実子にも同じことをされるのではと恐れる。その結果、ハーデスやポセイドンが生まれると丸呑みにしてしまうのだ。

レアは、また生んだ子供が犠牲になってしまうと嘆き、ゼウスが生まれると実母であるガイアに託すことにする。クロノスには産着に包んだ石をゼウスだと偽って飲み込ませる。そうすることでゼウスを父・クロノスの魔の手から救ったのである。

成長したゼウスと呑み込まれた兄弟たち

クロノスにばれぬよう大切に育てられたゼウスは、呑み込まれた兄弟を救うべくクロノスの元に向かう。ゼウスはクロノスに嘔吐薬を飲ませることに成功し、クロノスが呑み込んだ自分の兄弟たちを吐き出させ救出したのだ。

兄弟たちはクロノスのお腹の中で成長しており、ゼウスとともにクロノスを追放する戦いに挑む。これが「ティーターノマキアー」と呼ばれる、全宇宙をかけた壮絶な戦いである。結果はゼウス率いるオリュンポス十二神たちが勝利し、クロノスはタルタロスの深淵へと封印される。

そしてゼウスは最高神となり、自分の姉であるヘラと結婚した。

浮気癖のひどいゼウス

結婚したはいいが、ゼウスの浮気癖が暴走して、ヘラも激怒! 最強の神様夫婦喧嘩により、被害者が続出するのである。

ゼウス浮気被害者① 英雄「ヘラクレス」

ヘラクレスは、ゼウスとアルクメーネーという人間の女性との息子である。成長し、妻と子どもとともに幸せに暮らしていた。

しかしそれを不愉快に思ったゼウスの正妻ヘラによって、錯乱状態にされ、自身の妻子を殺めてしまうのだ。

ゼウス浮気被害者② 女神官だった「イオ」

ゼウスの浮気相手だが、ヘラに浮気がばれ、その言い訳のためにゼウスによって雌牛に変えられてしまう。その言い訳とは「雌牛と遊んでいただけ」という意味不明なものだったという。

ゼウス浮気被害者③ 妖精エコー

ゼウスが浮気をしているあいだ、ヘラの気を引いておいてもらおうと、ゼウスは妖精エコーにその役割を頼んだ。おしゃべりな妖精エコーはヘラに話しかけ続け、ゼウスの共犯者となってしまった。

それを知ったヘラは怒り狂い、罰としておしゃべりなエコーを、他人の言葉を繰り返すことしかできなくさせてしまう。「こだま」や「残響」のことを意味する「エコー」は、この妖精エコーの名からついたといわれている。

スポンサーリンク

【追加トリビア①】実はゼウスは浮気者じゃなかった説

なかなかの最低ぶりだが、実はゼウスを浮気者にしたのはゼウスを崇める人間たちなのでは? という説もあるようだ。「最高神であるゼウスが、自分たちの祖先なんてかっこいいじゃん!」という人間の考えが、浮気者のゼウスを作り出した可能性があるという。

ゼウスが自分たちの祖先になるためには、自分たちの都市の女神や女性がゼウスと恋をして、子孫を残さなければならない。そのことがきっかけになり、いろんな場所でたくさんの女性遍歴を作られてしまい、結果「浮気者のゼウス」が誕生したのでは? ということだ。

人気すぎる神ゆえに、残念なことになってしまった可能性もあるということだ。そうすると嫉妬に狂う女神、と表現される正妻ヘラもかわいそうである。

【追加トリビア②】この親にしてこの子あり

クロノスに飲ませた嘔吐薬を作ったのは、知恵の女神「メティス」であり、ゼウスの最初の妻である。兄弟を救出した後、ゼウスはクロノスと同様に自らの子どもにその権力を奪われると疑心暗鬼に陥り、妊娠中のメティスを呑み込んでしまう。

呑み込まれた後もメティスはゼウスの体内で生き続け、その知恵をゼウスに授け続けた。ゼウスが全知全能の神となれたのは、知恵の女神メティスのおかげなのである。

親であるクロノスと同じ、いやそれ以上の悪行である。生まれた子供だけでも呑み込むのはひどいのに、生まれてくる前の子供を妻ごとなんて…。

トリビアまとめ

最高神ゼウスについての雑学はいかがだっただろうか。神話に登場する神様たちの家系図や相関図は、ややこしいことこのうえない。ゼウスにいたっては、たくさんの女神や女性と関係をもったため、相当複雑であることは間違いないだろう。

しかし生まれる前に実父に兄弟を丸呑みされるし、助けに行ったらお腹の中で兄は成長してるし、浮気の言い訳は牛と遊んでたと言うし、もうなんだかいろいろやりきれない…。浮気については冤罪の可能性もあるが…。

今回の記事を読んで、最高神でありながら最高に破天荒なゼウスを少しでも気に入ってもらえたら嬉しい。この機会に、他の神様たちについても調べてみることにしよう!

関連雑学

日本の神様は天津神と国津神の2種類に分類されるという雑学
天津神と国津神。日本の神様は2種類だが上下関係はある?【神話】|歴史雑学

続きを見る

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2019 All Rights Reserved.