得する

108の煩悩を全解説!大晦日の除夜の鐘で祓いまくりたい|生活雑学

108の煩悩に関する雑学

大みそかになると、多くのお寺でつかれるのが除夜の鐘だ。この除夜の鐘には、108もある人間の煩悩を祓(はら)う力があるといわれている。

さて、除夜の鐘で祓われる煩悩は、どうして108個もあるのだろうか? 実は煩悩には内訳があり、その合計が108個になっているのだ。

それでは、どのような煩悩があるのか? 今回の雑学は、知っているようで知らない煩悩について解説していこう。

【生活雑学】除夜の鐘でおなじみ108の煩悩には内訳がある

孫ちゃん
除夜の鐘って煩悩と同じ108回つくんだよね。そんなに煩悩ってあるもんなの?
おばあちゃん
たしかに108って聞くと多く感じるねぇ。でも108ある煩悩にもちゃんと内訳があって、よくいわれるのが「六根(ろっこん)」っていう仏教の考え方に由来してるらしいよ。

【雑学解説】六根(ろっこん)で考える煩悩の内訳

「六根」というのは、仏教の考え方で、「眼・耳・鼻・舌・身・意」という人間の体と心を表した言葉だ。この六根が、煩悩の土台となっている。

六根が働くことで、六塵(ろくじん)というものが生まれる。それぞれ六根に対応するもので、「色(しき)・声(しょう)・香(こう)・味(み)・触(しょく)・法」で構成されている。

六塵はさらに「好(こう)・悪・平(へい)」という3つの感情に分類される。分かりやすく言うと、「好き・嫌い・どちらでもない」といった感情だ。

この3つの感情から、それぞれ「染(せん)・浄(じょう)」という2つの感情にまた分類される。こちらは「汚い感情・綺麗な感情」という風に解釈して良い。

そして、最終的にこの2つの感情が、それぞれ「過去・現在・未来」といった時間軸に分かれる。

これらそれぞれの感情を掛け合わせると、

六塵(6)×好・悪・平(3)×染・浄(2)×過去・現在・未来(3)=煩悩(108)

という計算になる。

孫ちゃん
へぇ~。六根をもとにして、それぞれどんどん枝分かれしてくんだね。

ちなみに、「浄」の感情は「綺麗な感情」という意味なので、一見するとこれがなぜ煩悩に入るのか分からないかもしれない。

しかし、仏教のゴールは「ありとあらゆる迷いから解放されること」だ。それを踏まえると、「浄」の心も迷いを生み出す感情なのだろう。

【追加トリビア①】十纏・九十八結(じってんくじゅうはっけつ)での内訳

煩悩の内訳は、六根説の他にもいくつかある。その1つが「十纏・九十八結」だ。

「十纏」というのは、人の心を縛り付ける10個の煩悩という意味である。その内訳は以下のものだ。

  • 無慚(むざん):間違いをおかしても恥じることのないこと
  • 無愧(むき):間違いをおかしても他人に何とも思わないこと
  • 嫉(しつ):やきもちを妬くこと
  • 慳(けん):ケチなこと
  • 悔(け):後悔すること
  • 眠(みん):良心が眠っていること
  • 掉挙(じょうこ):落ち着きがないこと
  • 惛沈(こんじん):気が滅入っていること
  • 忿(ふん):思い通りにいかなくて怒ること
  • 覆(ふく):悔い改めようとしないこと

そして、「九十八結」というのは、人間の根本にある煩悩のことだ。これは、修行をすることで断ち切るべき98個の煩悩が含まれている。

この十纏九十八結足し合わせると、煩悩の数である108個になるというわけだ。

個人的には、こちらの説もなかなか説得力のある説だと思う。六根説は時間も煩悩に含んでいたのに対し、こちらは感情や状態をメインにしたといったところか。

おばあちゃん
しかしどうなんだろうねぇ。たしかに煩悩がなくなれば無駄な悩みや感情の波はなくなるんだろうけど、でもそういうのがあるから「人間」なんだとも思うんだけどねぇ…。

スポンサーリンク

【追加トリビア②】四苦八苦でも煩悩の数になる

苦労するという意味で使われる「四苦八苦」も、煩悩の数になるというトリビアがあるので、こちらも紹介しよう。

そもそも「四苦八苦」というのは、仏教の考えにおいて、

  • 生まれる苦しみ
  • 老いる苦しみ
  • 病気の苦しみ
  • 死ぬ苦しみ

という4つの苦しみと、

  • 愛別離苦(あいべつりく=愛する存在と別れる苦しみ)
  • 怨憎会苦(おんぞうえく=嫌いなものと会う苦しみ)
  • 求不得苦(ぐふとくく=欲しいものが手に入らない苦しみ)
  • 五蘊盛苦(ごうんじょうく=心身の苦痛が盛んになる苦しみ)

という4つの苦しみを合わせた言葉だ。

「四苦八苦」が煩悩にどうつながるのかというと、「四苦八苦」を「4989」という数字に置き換えて、

4×9+8×9=108

という計算になる。

六根説や十纏・九十八結説は、とても納得のいく説となっているが、四苦八苦説は単なる言葉遊びと思えるかもしれない。

しかし、四苦八苦という言葉は、仏教における苦しみから由来する言葉だ。苦しみから迷いが生じて、結果的に煩悩につながるだろう。四苦八苦説はユニークな説だ。

おばあちゃん
言葉遊びだとしても数がぴったり合うってのはすごいねぇ。
孫ちゃん
四苦八苦って4つの苦と8つの苦で合わせて12じゃないんだ。じゃあ4+4=8で、正確には四苦四苦八苦だね。それか四苦四苦。
おばあちゃん
………。
除夜の鐘を動画で見てみよう

様々な煩悩を打ち払う除夜の鐘。煩悩に関する雑学を見たうえで、聞いてみるとまた違って聞こえるのではないだろうか?

孫ちゃん
いつも思うけど、鐘をつくのってかなりアクロバティックな動きするよね。
おばあちゃん
もしかしたらこのために体鍛えてたりするかもしれないねぇ。

トリビアまとめ

108の煩悩には、きちんと内訳があった。特によく言われているのが、六根…私たちの体や心を土台にした説だ。そこから生じる様々な感情が、煩悩の中に入っている。

他にも様々な説があるが、今回紹介した2つが感情や状態のことであるのに対して、六根説は感情だけでなく時間も含まれているという違いがあることに気づく。

孫ちゃん
感情とかだけじゃなくて時間軸まで煩悩の分類に入ってるとはね~。
おばあちゃん
この世に生まれてから死ぬまで、人間の一生はとにかく煩悩だらけってことだねぇ。

六根説は、「過去・現在・未来関係なく、人間にはいつも煩悩が付きまとっているものだ」というメッセージなのかもしれない。

関連雑学

大晦日は夜ふかしするのが正しいのか?という疑問に関する雑学
神様にご挨拶!大晦日は夜更かしをして過ごすのが正しい【歳神さま】| 生活雑学

続きを見る

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2019 All Rights Reserved.