いろんな雑学まとめ

音楽の雑学まとめ

雑学まとめ

2020/1/16

音楽の雑学まとめ!トリビア&豆知識を一覧にしました

この世界にはたくさんの名曲が溢れているが、あなたは音楽は好きだろうか? このまとめでは世界の音楽や音楽家にまつわる雑学をピックアップ! あの音楽家のおもしろ素顔を知ることができるかも…! 音楽の雑学まとめ 音楽の雑学をチェックしよう! ピアノを1音も弾かないピアノ曲に関する雑学 世界にはピアノを1音も弾かないピアノ曲が存在する!? それ、ピアノ曲っていうんだろうか…。 この曲を弾いて(?)いる動画がシュールすぎて、ちょっと笑ってしまう…! ベートーべンの"第九"の正式名称に関する雑学 ベートーベンの"第九 ...

記事を読む

コナンの雑学まとめ

雑学まとめ

2020/1/16

コナンの雑学まとめ!トリビア&豆知識を一覧にしました

「見た目は子ども、頭脳は大人」でおなじみの"名探偵コナン"! 深いストーリーと魅力的なキャラクターで大人気のコナンだが、サスペンス要素たっぷりのストーリーも相まって謎も多き作品である。 今回は、そんなコナンの気になる雑学をピックアップ! コナンファンにはぜひ見ていってもらいたい! コナンの雑学まとめ 名探偵コナンの気になる雑学をチェックしよう! コナンの爆発描写に関する雑学 テレビアニメのコナンを見慣れていると、映画の大迫力な爆発演出にびっくりすることがある。 これが映画制作陣の本気か…! なんて思ってい ...

記事を読む

映画の雑学まとめ

雑学まとめ

2020/1/14

映画の雑学まとめ!トリビア&豆知識を一覧にしました

みなさん映画は好きだろうか? 今回は世界の名作映画たちのあまり知られていない雑学秘話を集めてみたぞ! これを知るともっと映画が楽しくなるかも!? 気になる雑学を今すぐチェックだ! 映画の雑学まとめ 映画の雑学をチェックしよう! "燃えよドラゴン"とジャッキー・チェンに関する雑学 アクション映画"燃えよドラゴン"を知っているだろうか? じつはこの映画に当時新人だったジャッキー・チェンが出演していたという! ブルース・リーとジャッキー・チェン。大物同士の共演を見逃すな! オードリー・ヘップバーンに関する雑学 ...

記事を読む

ドラえもんの雑学まとめ

雑学まとめ

2020/1/14

ドラえもんの雑学まとめ!トリビア&豆知識を一覧にしました

かわいいフォルムと不思議なポケットで、日本どころか今や世界で大人気のドラえもん! 今回のまとめではそんなドラえもんのいろんな雑学を集めてみたぞ! かわいくて癒されるドラえもんトリビアの世界に出発だ! ドラえもんの雑学まとめ ドラえもんの雑学をチェックしよう! ドラミちゃんの大好物に関する雑学 ドラえもんのかわいい妹"ドラミちゃん"! この記事ではドラミちゃんの好物についてピックアップ! 耳がリボンの理由や兄のドラえもんよりしっかり者の理由についても詳しく解説しているぞ! スネ夫の弟に関する雑学 スネ夫には ...

記事を読む

日本の雑学まとめ

雑学まとめ

2020/1/14

日本の雑学まとめ!トリビア&豆知識を一覧にしました

私たちの母国であり、住み慣れたこの国"日本"。そんな日本にはたくさんの不思議や秘密が溢れている! このまとめでいろんな日本の雑学を知って、家族や友達に自慢しよう! 日本の雑学まとめ 日本の雑学をチェックだ! "いただきます"に関する雑学 私たちが毎日何気なく使っている言葉「いただきます」。この文化、じつは日本独特のものらしい。 それでは、その由来はなんなのか? 海外では食事の前はどうしているの? そんな「いただきます」雑学を詳しく解説! 日本で多い苗字に関する雑学 日本で最も多い苗字、何だと思う? トップ ...

記事を読む

記事一覧を見る

「面白い雑学」の新着記事

インドネシア語には夕方専用の挨拶があるという雑学

アジア 意外

2020/1/8

昼と夜の間!インドネシア語には"夕方専用の挨拶"がある【動画あり】|面白い雑学

筆者の地元にはいわゆる外国人労働者が多い。先日もコンビニに行く途中、外国人のお姉さんに声をかけられた。とはいっても、言葉は日本語ではない。おそらく挨拶をしてくれたのだと思い、筆者は普通に日本語で「こんにちは」と返した。 後で聞いたところによると、お姉さんはインドネシアから来たという。そこで次はインドネシア語で挨拶をしようと、向こうの言葉を調べてみた。 するとなんでも、インドネシア語では、朝や夜の挨拶の他に、夕方専用の挨拶があるというのだ。これは興味深い…。以下より解説していこう。 【面白い雑学】インドネシ ...

記事を読む

「灯台下暗し」の「灯台」は、海の灯台ではないという雑学

ためになる 驚き

2020/1/6

勘違いしてない?「灯台下暗し」の"灯台"は、海の灯台ではない|面白い雑学

「灯台下暗し」ということわざがある。「遠くの物事にばかり目を向けて、すぐそこにある物事に気づかない」という意味だ。 たしかに、灯台の明かりは遠くの船から見つけてもらいやすいように、光がまっすぐ横に伸びている。だから、逆に灯台のすぐ下の海や岸には光が当たらない。 と、思われているだろうが、実はこのことわざに登場する灯台は海の灯台じゃないらしい…。 な、なんだってー!? と驚いたアナタのために、今日は「灯台下暗し」の灯台についての雑学をご紹介しよう。 【面白い雑学】「灯台下暗し」の「灯台」は、海の灯台ではない ...

記事を読む

禁煙を思い立ったけど3時間で挫折した話

暇つぶし

2020/1/3

【編集長の禁煙日誌①】禁煙を思い立ったけど3時間で挫折した話

こんにちは。「雑学カンパニー」編集長の柴崎と申します。 私はいま、この記事を電子タバコをプカプカやりながら打っているわけですが… 私、禁煙したいんですよ。 【編集長の禁煙日誌①】禁煙を思い立ったけど3時間で挫折した話 たまには気合を入れない記事もいいかな〜と思い、ゆるりと書いていきます。これを読んでいただいているあなたも、ゆるりと読んでください。 現在の時刻は2020年1月3日の深夜です。 サイト運営は、出社せずとも自宅でパソコンがあればできちゃいます。正月から仕事をすることもできちゃうわけですね。つらた ...

記事を読む

「フトモモ」という果実があるという雑学

意外 植物・木

2020/1/3

"太もも"じゃなくて…「フトモモ」という果実がある|面白い雑学

赤いフトモモ… 地球にいる植物の種類は30万種類以上。その中に「フトモモ」という果実があることをご存知だろうか? 「フトモモ」と聞くと足のこと!? と思ってしまうが、ちゃんとした実のなる植物である。 今回は、フトモモという一風変わった名前の植物についてご紹介するぞ! 【面白い雑学】「フトモモ」という果実がある フトモモ科・フトモモ属のフトモモという果実がある 【雑学解説】フトモモってなんだ? フトモモはフトモモ科・フトモモ属の果実植物。東南アジアなどの暖かい地域に多く生息し、日本でも栽培されている。学名は ...

記事を読む

韓国では毎月14日が記念日という雑学

アジア 驚き

2019/12/30

カップル向けだけじゃない!韓国では毎月14日が記念日。|面白い雑学

記念日…筆者にとっては無縁の言葉である。クリスマスもバレンタインも、自分の誕生日さえもただの憂鬱な日でしかない。みんな無駄に浮かれやがって! …ただし太巻き好きなので、節分だけは許す(筆者は関西育ち)。 ところで、毎月14日に何かしらお祝いしたがる不思議な国民、いや記念日好きの国民がこの地球上に存在するという。そう、韓国では毎月14日を記念日とする習わしがあるのだ。…毎月14日が記念日だと? どんな嫌がらせだよ!  …と、記念日といえばカップルのためにあるものというイメージだが、なかにはシングル向けの自虐 ...

記事を読む

記事一覧を見る

「オリンピック雑学」の新着記事

日本生まれのオリンピック競技は柔道となんでしょう?というトリビア

五輪トリビア

2019/12/7

2つあるぞ!日本生まれの五輪競技は"柔道"となに?【動画あり】|オリンピック雑学

4年に1度開かれるスポーツの祭典・「オリンピック」。国の代表を背負い、真剣勝負を繰り広げる選手たちの様子は、観る者に多くの感動と勇気を与えてくれる。 このオリンピックにおいて、私たちの暮らす日本から生まれた競技ももちろん存在する。世界大会の競技が自国で生まれたというのは非常に誇らしいことだが、どの競技が日本生まれなのか、みなさんはちゃんと把握しているだろうか。 今回の雑学では、そんな日本生まれのオリンピック競技を紹介しよう。 【オリンピック雑学】日本生まれのオリンピック競技は? 日本生まれのオリンピック競 ...

記事を読む

パラリンピックと名付けたのは日本という雑学

五輪の歴史

2019/12/7

"パラリンピック"という名称を付けたのは日本!【動画あり】|オリンピック雑学

オリンピック後に開催されることで知られる、障がい者アスリートの祭典「パラリンピック」。いまや人々のあいだですっかり定着した「パラリンピック」だが、実はこの名称は、1964年の東京大会から付けられたことをご存知だろうか。 いわば日本が名付け親とされているのだ。この記事では、日本が名付けたとされる「パラリンピック」の名称の雑学についてご紹介する。 【オリンピック雑学】パラリンピックを名付けたのは日本 1964年に開催された東京大会は、下半身が麻痺した「パラプレジア(Paraplegia)」選手が行う「オリンピ ...

記事を読む

男女区別なく行う唯一のオリンピック競技は「馬術」という雑学

五輪トリビア

2020/1/7

高齢選手もいるぞ!"馬術"は男女関係なく行われる唯一の五輪競技|オリンピック雑学

スポーツ競技は、男女別に行われるのが通常である。だが、なかには男女の区別なく行われる競技もある。それがオリンピックの正式種目になっている「馬術競技」である。 「馬術競技」は、他のスポーツ競技のように、男女の身体的な格差に関係なく、人馬がいかに一体となるかが重要な競技である。この雑学記事では、日本ではそれほど馴染みのない「馬術競技」についてご紹介する。 【オリンピック雑学】男女区別なく行う唯一のオリンピック競技は「馬術」 オリンピックの正式種目になっている「馬術競技」は、男女関係なく3つの種目で争われ、大会 ...

記事を読む

親子で金メダリスト。体操一家の塚原家に関する雑学

五輪のスゴい人

2019/12/9

五輪史上初!親子で金メダリストになった塚原家とは?【体操競技】|オリンピック雑学

2020年の東京オリンピック、みなさんはどんな競技を応援しているだろうか? 日本勢の活躍はどれも嬉しいものだ。その中でもやはり体操や柔道など応援に力が入る競技は人それぞれだろう。 そんなオリンピック選手の中に親子でメダルを獲得している一家がいるのはご存じだろうか。 今回の雑学ではそんなオリンピック家族の塚原家についてご紹介しよう。パワハラ問題でいろいろとあったのでマイナスイメージが付きがちではあるが、実はスゴい一家なのだ! ※こちらの記事は、パワハラ問題についてではなく塚原家の実績について書いています。 ...

記事を読む

1964年東京オリンピックで最終聖火ランナーとなったのは「アトミック・ボーイ」という雑学

五輪の歴史

2019/12/21

原爆投下日が誕生日。最終聖火ランナーを務めた"アトミック・ボーイ"|オリンピック雑学

東京五輪の最終聖火ランナー・坂井義則の記念切手 2020年に開催される東京オリンピック。世界中の一流アスリートが集まるこの祭典を、今から楽しみにしている方も多いのではないだろうか。また東京オリンピックの最終聖火ランナーを誰がつとめるのかにも注目が集まる。 前回の東京オリンピックの最終聖火ランナーは、広島に原爆が投下された日に生まれた「アトミック・ボーイ」こと、坂井義則がつとめている。この記事では、1964年の東京オリンピックで、最終聖火ランナーをつとめた人物と、オリンピックの雑学についてご紹介していく。 ...

記事を読む

記事一覧を見る

「生活雑学」の新着記事

布団を干すときは、「黒い布」をかけるとダニ退治になるという雑学

役に立つ

2020/1/7

叩くのはダメ!布団を干すときのダニ退治に最適なアイテムとは?|生活雑学

あなたの家では定期的に布団を干しているだろうか? 「布団なんてしばらく干していないし、シーツも何週間も洗ってないよ」…というそこのあなた! あなたの布団はダニまみれかもしれない。 実は、ケアをしていない布団には数万匹から数十万匹のダニが潜んでいる。お、恐ろしい…! と、慌てて布団を干そうとしているあなたにおすすめのアイテムがある。「黒い布」だ。今回は、布団干しに関する雑学を紹介していくぞ。 【生活雑学】布団を干すときは、「黒い布」をかけるとダニ退治になる 布団に黒い布をかけることで、布団内部が高温になりダ ...

記事を読む

「灯台下暗し」の「灯台」は、海の灯台ではないという雑学

ためになる 驚き

2020/1/6

勘違いしてない?「灯台下暗し」の"灯台"は、海の灯台ではない|面白い雑学

「灯台下暗し」ということわざがある。「遠くの物事にばかり目を向けて、すぐそこにある物事に気づかない」という意味だ。 たしかに、灯台の明かりは遠くの船から見つけてもらいやすいように、光がまっすぐ横に伸びている。だから、逆に灯台のすぐ下の海や岸には光が当たらない。 と、思われているだろうが、実はこのことわざに登場する灯台は海の灯台じゃないらしい…。 な、なんだってー!? と驚いたアナタのために、今日は「灯台下暗し」の灯台についての雑学をご紹介しよう。 【面白い雑学】「灯台下暗し」の「灯台」は、海の灯台ではない ...

記事を読む

5円と50円に穴が開いている理由に関する雑学

ためになる

2019/12/30

なぜ必要?5円と50円に穴が開いている理由とは?|生活雑学

「ご縁がありますように」と神社の賽銭箱に投げ入れる5円玉。自販機でジュースを買うときに活躍する50円玉。ふたつの共通点は、ズバリ穴があいていることだ。どうしてほかの硬貨には開いていない穴が、これらの硬貨には開いているのか? 筆者はなんとなく、「”5”繋がりで穴があいているのかな?」などと思っていたが、これにはどうやら別の理由があるらしい。もちろん、ヒモでぶら下げて催眠術に使うためでもないぞ! 今回はそんな50円と5円に開けられた穴のトリビアに、それぞれ迫ってみよう! 【生活雑学】5円と50円に穴が開いてい ...

記事を読む

鉛筆は六角形なのに、色鉛筆が丸いのはなぜ?という雑学

日常のうんちく

2020/1/15

納得…!鉛筆は六角形なのに、色鉛筆が丸いのはなぜ?|生活雑学

小学生のころ、鉛筆の六つの面に数字を書き込んで、サイコロ代わりにして遊んだ人は多いはずだ。そう、鉛筆といえばたいがいが六角形でできている。 しかし…同じ鉛筆でも色鉛筆ではどうだろう? きっと六角形の色鉛筆なんて、見たことがない人がほとんどではないか。 …色鉛筆は丸いがために転がりやすく、よく床に落として芯を折っていた覚えもある。そう思うとデメリットしかないように感じるが…どうして、色鉛筆は丸いのが普通なんだ? 今回はそんな鉛筆と色鉛筆の形状のトリビアを紹介しよう! 【生活雑学】鉛筆は六角形なのに、色鉛筆が ...

記事を読む

「親の七光り」の「七」ってどういう意味?という疑問に関する雑学

言葉・語源

2019/12/27

なんで「7」?「親の七光」の「七」ってどういう意味?|生活雑学

二世タレントなどが登場すると、決まって囁かれる「親の七光り」という言葉。親のネームバリューを利用して出世できたことを表している場合もあれば、親が大企業の社長などで労せず豊かな生活を送れるのを意味することもある。 要するにあまり良い意味の言葉ではない。たしかに親の名前だけで実力が伴わないなら鼻につく部分はあるが、自分で親を選んだわけではないのに、そう言われてしまう二世としてはたまらない。 …ところで、親の七光の「七」ってなんだ? 別に八でも九でもいいような気がするが、何かありがたい意味でもあるのだろうか。今 ...

記事を読む

記事一覧を見る

「食べ物雑学」の新着記事

チーズの種類はどう分けるのが正解?についての雑学

食べ物の由来

2020/1/8

チーズ好きはわかる?チーズの種類はどう分けるのが正解?|食べ物雑学

北海道旅行に行った際、筆者が一番感激したのはチーズ専門店だ。種類の多さとおいしそうな試食の数々に圧倒されて、チーズ大好き人間の筆者は小一時間も滞在してしまったほどである! お店の人によると、北海道は原料となる乳も牛だけでなく、ヒツジやヤギが手に入りやすく、熟成の方法もたくさんあるそうだ。チーズ好きなのによく知らないのがちょっと恥ずかしかったが、チーズの種類は非常に奥が深いものだと思った。 今回はそんなチーズの種類分けのトリビアを紹介する。 【食べ物雑学】チーズの種類はどう分けるのが正解? 簡単にはナチュラ ...

記事を読む

実はいろいろな種類がある!もやしって何の豆の芽?

野菜

2020/1/7

"もやし"の正体は植物ではない!豆の種類もいろいろあります|食べ物雑学

実家が食堂だったこともあり、「野菜炒め」が定番だった我が家。なかでも安くておいしいもやし炒めは大活躍だった。大人になった今、自分で作ってみても当時ほどおいしく作れないのは、単純にばあちゃんとの料理の腕の差だと思っていたのだが…。 あるときばあちゃんから、「あ~だって、お前が使ってるもやしはマッペでないもの」という衝撃発言が飛び出した。マッペって何? ただのモヤシじゃないの…? 【食べ物雑学】実はいろいろな種類がある!もやしって何の豆の芽? もやしとは、豆が発芽した幼芽のことで、植物の固有名称ではない。主に ...

記事を読む

ジュースのパッケージに果物の断面を使っていいのは果汁何%から?という雑学

飲み物・お酒

2020/1/6

ジュースのパッケージに果物の断面を使えるのは果汁何%から?|食べ物雑学

スーパーやコンビニ、自動販売機などで目にしたことがない人はいないであろう、ジュース。というか、飲んだことがない人がいるだろうか。缶やペットボトルに、リンゴやミカン・ブドウなど様々なテイストを楽しむことができる。 そのパッケージにも注目して見てみると面白い。みずみずしい果物がはじけているようなパッケージのジュースは美味しそうでつい買っちゃう。 かわいらしいイラストチックな果物が描かれていても、手に取ってしまうこともある。パッケージはそれぞれで違った魅力がある。 ところで、果物の断面をパッケージに使ってはいけ ...

記事を読む

食パンのふちを「耳」と呼ぶ理由に関する雑学

米・パン

2020/1/2

そんな理由…?なぜ食パンのふちを「耳」と呼ぶ?|食べ物雑学

朝食といえば食パンという人も多いと思う。なんだかんだパンの耳が美味しいんですよね〜というパンの耳好きな人はご存知か? パンのふちが「耳」と呼ぶ理由を? その由来…実はあんまり深くないかも。海外はどうなのかもあわせてご紹介するぞ! 【食べ物雑学】食パンのふちを「耳」と呼ぶ理由 その理由は、食パンの耳が端に位置するからである。 【雑学解説】食パンのふちはなんで「耳」? 皆さんは「耳」というと真っ先に思い浮かべるのは何だろうか。多分9割9分9厘の人が人間の耳を思い浮かべるだろう。たぶん…。 人間の耳を見てみると ...

記事を読む

アルコール度数の高い酒ランキング

飲み物・お酒

2020/1/2

最高96度…?アルコール度数の高い酒ランキング|食べ物雑学

アルコールと聞いて、真っ先に思い浮かぶのはビールで、世界一好きな飲み物もビールであり、最初から最後までほとんどビールで通す私だが、日本酒やウイスキーなどの酒もたま〜に飲むことはある。ただ、ビール以外の酒のことはあまり知らないというのが正直なところだ。 また、酒に弱いので、やはりビールのようなアルコール度数が低いものを好む傾向にあるのかもしれない。ビールは何より美味いし! とはいえ、他の酒のことももっと知ろうと、「アルコール度数」に注目して、世界の酒を調べてみた! 【食べ物雑学】アルコール度数の高い酒ランキ ...

記事を読む

記事一覧を見る

「動物雑学」の新着記事

ライオンはアフリカ以外にインドにもいるという雑学

肉食・巨大動物

2020/1/17

アフリカだけじゃない!ライオンはインドにもいる【動画あり】|動物雑学

アフリカのライオン 百獣の王ライオンは、アフリカに生息する肉食動物の中では最大の部類である。ネコ科の中でもライオンは、トラに次いで大型として知られている。 アジアやロシアなどと生息域の広いトラと異なり、ライオンはアフリカにしかいないイメージがあるかもしれない。実は、ライオンはアフリカだけでなく、他の地域にも生息しているのだ。 ライオンはアフリカにしかいないわけではないというトリビアについてご紹介しよう。 【動物雑学】ライオンはアフリカ以外にインドにもいる インドのライオンは絶滅寸前だったが、現在は人間の保 ...

記事を読む

アマガエルは毒ガエルという雑学

小動物

2020/1/3

知らない人も多いはず!アマガエルは毒ガエルなんです【動画あり】|動物雑学

アマガエルを知らない人は、ほぼいないだろう。田んぼや畑、また家の庭先などで見かける身近な生き物だ。 子供のころは、アマガエルの赤ちゃんを手のひらに乗せてよく遊んだものだ。なぜか大人になってからは、触れなくなったが…。あのひやっと冷たくて、ツルツルした感触がいつからか苦手になったのだ。 しかし、触れなくなってよかったのかも!? なんとアマガエルは毒ガエルだというではないか! 子供のころ、普通に触って遊んでいたのは、大丈夫だったのだろうか…。 【動物雑学】アマガエルは毒ガエル じつはアマガエルには毒があるため ...

記事を読む

キリンの睡眠時間は恐ろしく短いという雑学

草食動物

2020/1/11

ショートスリーパー!キリンの睡眠時間は恐ろしく短い【動画あり】|動物雑学

長い首が特徴的な草食動物・キリン。子供の頃から知っていて、ゾウやライオンと同じぐらい人気のある動物である。そんなキリンだが、印象としては黄色の首の長い草食動物ぐらいしかないだろう。  だが、実はキリンにはある秘密があるのだ。  今回の雑学では、キリンのある秘密について話していこう!  【動物雑学】キリンの睡眠時間は恐ろしく短い キリンの睡眠時間は2時間で、深い眠りにつくのは20分間だけ。残りの1時間40分は浅い仮眠状態なのである。  【雑学解説】キリンの睡眠時間が短いのはなぜ? キリンの睡眠時間はチョー短 ...

記事を読む

ワニの噛む力は恐ろしいが、口を開く力は超弱いという雑学

肉食・巨大動物

2020/1/17

ワニの噛む力は世界最強。だが口を開く力は超ザコ。|動物雑学

ワニというと、どこか恐竜の末裔っぽい見た目がカッコよく、男のロマンを感じさせる動物である。 そして見た目だけではなく、その噛む力にしても映画『ジュラシックパーク』でおなじみの暴君・ティラノサウルスに匹敵するほどだというぞ! まさに現存する恐竜といってもいいのではないか。 うむ…ワニが恐ろしく強いことはたしかだ。しかし彼らには、意外な弱点も存在するという…。 【動物雑学】ワニの噛む力は恐ろしいが、口を開く力は超弱い ライオンくん ワニの噛む力はすごいぞ…オレは絶対近寄りたくないぜ…! ウサギちゃん そうだよ ...

記事を読む

電気ウナギは自分の電気に感電しない?という疑問に関する雑学

水中の動物

2020/1/14

放電ッ!電気ウナギは自分の電気に感電しない?【動画あり】|動物雑学

アマゾン川に生息する電気ウナギは、その名の通り電気を発する。電圧は最大800ボルト! 家庭用コンセントの8倍の威力を誇り、うっかり踏んでしまったワニを感電死させてしまうほどである。川底にいて存在が確認できない分、ワニよりずっと脅威だ。 ところでその電気ウナギさん、水のなかでそれだけの電気を放出して、自分はなんともないのだろうか…。まさかゴム製なんてバカな話はないだろうし。 今回はそんな電気ウナギの生態にまつわるトリビアである! 【動物雑学】電気ウナギは自分の電気に感電しない? ライオンくん 電気ウナギの電 ...

記事を読む

記事一覧を見る

「歴史雑学」の新着記事

日本で最古の地震はいつ起こった?という雑学

日本史

2020/1/4

日本書紀に記載が!日本で最古の地震はいつ起こった?|歴史雑学

日本で生活する以上、地震は避けられない災害の一つである。太古の昔から地震はあったとは思うが、それでは日本の最古の地震はいつ発生したのだろうか。 実はその記録が日本書紀に残っているのだ! そこで今回は、日本最古の地震と巨大地震にまつわる雑学をご紹介するぞ。 【歴史雑学】日本で最古の地震はいつ起こった? 日本で最古の地震は416年に起きた允恭地震と考えられている。 【雑学解説】日本で最古の地震、 記録上では允恭地震 允恭(いんぎょう)地震とは、允恭5年(416年)7月14日に起きたとされる地震だ。「日本書紀」 ...

記事を読む

読経するとき、木魚をたたく理由に関する雑学

寺社

2019/12/27

リズム?お坊さんが読経するとき、木魚をたたく理由とは?【動画あり】|歴史雑学

ポクポクポク…法事の際にお坊さんがお経を読みながら叩いている木魚は、とても心地の良い音色がする。法事以外のときでも、仏壇で見かけて叩いてみたことがある人は多いはずだ。 ところであの木魚。お坊さんはなんのために叩いているのか知っているだろうか? お経を読むのは集中力がいるもの。手持無沙汰とか、かっこがつかないとかいう理由ではないぞ! 今回はそんな知る人ぞ知る木魚の雑学をお届けしよう。 【歴史雑学】読経するとき、木魚をたたく理由 お経だけでは単調で眠くなってしまうため、木魚でリズムを整える。叩き方は意外とトリ ...

記事を読む

始皇帝は水銀を不老不死の薬として飲んでいたという雑学

世界史

2019/12/16

不老不死への執着。始皇帝は水銀を薬として飲んでいた|歴史雑学

水銀というと「理科の実験で使った」「社会の授業で水俣病の原因って聞いたな…」などと思い浮かべる人が多いだろう。その毒性も、今や義務教育でしっかりと教え込まれる。 このように猛毒という認識が常識である水銀を、薬として飲んでいた人物がいると聞いたらどう思うだろう。その変わり者は、歴史に名を馳せる偉大な皇帝だった!  不老不死を求めたって…中二病かよ! とツッコミたくなるが、そのぐらい、当時の人たちは水銀の神秘に魅せられたのだ…。 【歴史雑学】始皇帝は水銀を不老不死の薬として飲んでいた 個体から液体へ、そしてま ...

記事を読む

「レオナルド・ダ・ヴィンチ」はハサミも開発していた?という雑学

世界史

2020/1/11

天才すぎ?レオナルド・ダ・ヴィンチはハサミを開発したってマジか?|歴史雑学

後世に名を遺した人物には、常人とは異なる天才と称される人たちが少なくない。なかでも多彩な才能を発揮したのが、中世ヨーロッパの人物、レオナルド・ダ・ヴィンチではないだろうか。 ダ・ヴィンチといえば、モナ・リザの作者であり、ヘリコプターや解剖スケッチなどを残したとされる天才だ。 このダ・ヴィンチについて、こんな噂がある。ふだんモノを切る際に重宝するハサミは、彼が発明したというものだ。それは本当だろうか。この記事では、このダ・ヴィンチの噂の真相について迫っていく。 【歴史雑学】「レオナルド・ダ・ヴィンチ」はハサ ...

記事を読む

日本史の「~の変」・「~の乱」・「~の役」などには、明確な違いがあるという雑学

日本史

2019/12/16

使い分けろ!日本史の「~の変・~の乱・~の役」の違いとは?|歴史雑学

本能寺の変 現役の学生、はたまたかつて学生だった皆様、日本人として避けて通れない科目といえば日本史だ。 日本史の教科書にはさまざまな出来事が時代ごとに出てくる。「本能寺の変」・「島原の乱」・「弘安の役」…さまざまな戦や事件をテスト前に必死に覚えて、苦労した方も多いことだろう。 ところで、この「変」とか「乱」ってどんな意味があって付けられているか考えたことはあるだろうか? 実は、これらは一定の法則によって分類されているというのだ。 それぞれにどのような意味があるのかを、今回は雑学として解説していくぞ。 【歴 ...

記事を読む

記事一覧を見る

「人体雑学」の新着記事

いますぐに禁煙したほうがいい理由とは?

健康

2020/1/11

いますぐに禁煙したほうがいい理由とは?通販×チャンピックスで禁煙できるぞ!

タバコをやめたいみなさん、こんにちは。雑学カンパニー編集部の小林と申します。 2020年4月から、お店でタバコを吸えなくなるって知ってますか? ロバート あ〜カフェとかの話か。居酒屋はいいんだろ? バカねえ…居酒屋でも吸えなくなるのよ!喫煙スペースだけ! エイミー ロバート ほんとかよ!???? この記事では、いまタバコをやめたほうがいい理由と、最短で禁煙できるおすすめの方法をご紹介していきます。 タバコをやめたい方はじっくり読んでみてください! 10%オフクーポンを用意しましたッッ! いまこのタイミング ...

記事を読む

視力検査の「C」には名前があるという雑学

体の仕組み

2020/1/17

ランドルトさん考案。視力検査の「C」の名前、わかります?|人体雑学

視力検査に使われているCマークって、考えてみると本当によくできている。判断するのは切れ目がどっちに開いているかだけなので、小学校低学年の子どもでも、パパっと迅速に視力を測ることができるのだ。 筆者は小学生時代、左と右がわからなかったので、難儀したものだが…(指で方向を表すのはプライドが許さなかった)。 ところであのCマーク、実はただのCではない。ちゃんと名前があって、その大きさや切れ目の幅まで世界基準で決められているというぞ! 今回はそんな視力検査の「C」の雑学だ! 【人体雑学】視力検査の「C」には名前が ...

記事を読む

年をとると時の流れが早くなるように感じる現象を「ジャネーの法則」という雑学

人体の不思議

2020/1/5

それ、ジャネーの法則。年をとると1年が早すぎるんですが!|人体雑学

子どものころは「待ちに待った大晦日!」という感じだったのに、大人になった今は「もう年末か…」とため息をついている。なんだか少し寂しいが、年を重ねるごとに時間の感覚は、驚くほど変わってしまうものだ。 大人になってからのほうが長く感じるという人や、別に子どものころから変わらないという人には、今のところ会ったことがない。この感覚はどうやら、誰にでも通じる不変のものらしい。 そう、19世紀フランスの哲学者が、ひとつの法則として名前を付けたように…。え! 名前あるの!? 今回はそんな人間の時間感覚の変化に関する雑学 ...

記事を読む

緊張するとトイレに行きたくなる理由に関する雑学

体の仕組み

2020/1/13

勘違い…?緊張するとトイレに行きたくなる理由とは?|人体雑学

就職面接や会社の会議、大事な試験の前など、緊張しているとアイツは突然やってくる。 「ヤバい! トイレ行きたい!」というどうしようもない感覚だ。 一度尿意を感じると、もうトイレのことしか考えられない! 行きたいのに行けない焦燥感。冷や汗とともに、勉強したことも頭からどんどん抜け落ちていく…。 どうして人は緊張するとトイレが近くなるんだ…? 何か改善策があるなら知りたいところだが…。今回はそんな緊張とトイレにまつわる雑学である。 【人体雑学】緊張するとトイレに行きたくなる理由 脳は膀胱にかかる圧力で尿が溜まっ ...

記事を読む

青い光には犯罪抑制効果があるという雑学

人体の不思議

2020/1/11

ダイエットにも?青い光には犯罪抑制効果があるって知ってた…?|人体雑学

色が人間に与える心理的な効果は意外とバカにできない。赤色を見ればやる気が起きるし、オレンジ色は温かさや陽気な気持ちを与えてくれる。そして青色というと、あなたはどんな印象を覚えるだろうか。 一般的に青色には人を落ち着かせる効果があるといい、その効果を使って素晴らしい結果をもたらした実例がある。今回はそんな青色効果のトリビアに迫っていこう。 【人体雑学】青い光には犯罪抑制効果がある 青い光はリラックスを司るセロトニン分泌の効果がある。これによってイギリスのグラスゴーでは約40%の犯罪が減少した。 【雑学解説】 ...

記事を読む

記事一覧を見る

「世界雑学」の新着記事

インドネシア語には夕方専用の挨拶があるという雑学

アジア 意外

2020/1/8

昼と夜の間!インドネシア語には"夕方専用の挨拶"がある【動画あり】|面白い雑学

筆者の地元にはいわゆる外国人労働者が多い。先日もコンビニに行く途中、外国人のお姉さんに声をかけられた。とはいっても、言葉は日本語ではない。おそらく挨拶をしてくれたのだと思い、筆者は普通に日本語で「こんにちは」と返した。 後で聞いたところによると、お姉さんはインドネシアから来たという。そこで次はインドネシア語で挨拶をしようと、向こうの言葉を調べてみた。 するとなんでも、インドネシア語では、朝や夜の挨拶の他に、夕方専用の挨拶があるというのだ。これは興味深い…。以下より解説していこう。 【面白い雑学】インドネシ ...

記事を読む

仏教の発祥地インドに仏教徒は1%程度しかいないという雑学

アジア

2020/1/3

発祥地なのに…!インドの仏教徒は人口の◯%しかいない。|世界雑学

日本は無宗教の方々が多いので、特別に宗教というものを意識することは少ないだろう。それでも結婚式をチャペルで挙げたり、お寺でお葬式をしたり、お正月に神社に参拝したり…宗教にかかわる行動をとる場面は多い。 日本に馴染み深い宗教といえば、神道と仏教だ。特に仏教は学生のときに宗派や開祖の名前を覚えたりなどで馴染みがある。そんな仏教が実はある危機に直面していることをみなさんはご存じだろうか…。 【世界雑学】仏教の発祥地インドに仏教徒は1%程度しかいない 釈迦誕生の地・インドの仏教は、ヒンズー教にその地位を奪われ、衰 ...

記事を読む

ロンドン橋は何度も落ちていて「ロンドン橋落ちた」という童謡まであるという雑学

ヨーロッパ

2020/1/13

崩壊しすぎ…。ロンドン橋は何度も落ちていて童話まである【動画あり】|世界雑学

子どものころに多くの人が歌ったであろう童謡の『ロンドン橋落ちた』。陽気なリズムとメロディが覚えやすく、大人になった今聞いても「いい歌だな~」と思わされる名曲である。 ところでこの歌のなかで、何度も「落ちた」といわれるロンドン橋…筆者はジョークのような感じでそう歌われているのかと思っていた。しかし史実を辿るとこの橋は、本当に歌われているぐらいの回数落ちているというのだ! …まさかベニヤ板でできた橋とかいうオチじゃないよな? ということで、今回はこのロンドン橋の雑学に迫っていこう。 【世界雑学】ロンドン橋は何 ...

記事を読む

世界で最も世界遺産が多い国はイタリアという雑学

ヨーロッパ

2020/1/11

いまも増えてます。世界で最も世界遺産が多い国はイタリア【動画あり】|世界雑学

ピザにパスタにサッカーと、食にもスポーツにも見どころが多いイタリアだが、やはりもっともそそられるのは、その歴史ある街並みだ。見るも美しい様相のとおり、イタリアには数多くの世界遺産がある。 といっても、イタリアって国としては大きくないし、ほかにもっと世界遺産の多い国もあるでしょ? と思うところだ。…いやいや、イタリアをあなどってはいけない。 実は世界196ヵ国中、イタリアの世界遺産の数は堂々のトップなのである! 【世界雑学】世界で最も世界遺産が多い国はイタリア 2019年に出された世界遺産リスト全1112件 ...

記事を読む

韓国では毎月14日が記念日という雑学

アジア 驚き

2019/12/30

カップル向けだけじゃない!韓国では毎月14日が記念日。|面白い雑学

記念日…筆者にとっては無縁の言葉である。クリスマスもバレンタインも、自分の誕生日さえもただの憂鬱な日でしかない。みんな無駄に浮かれやがって! …ただし太巻き好きなので、節分だけは許す(筆者は関西育ち)。 ところで、毎月14日に何かしらお祝いしたがる不思議な国民、いや記念日好きの国民がこの地球上に存在するという。そう、韓国では毎月14日を記念日とする習わしがあるのだ。…毎月14日が記念日だと? どんな嫌がらせだよ!  …と、記念日といえばカップルのためにあるものというイメージだが、なかにはシングル向けの自虐 ...

記事を読む

記事一覧を見る

「自然・宇宙雑学」の新着記事

血のような樹液を出す木があるという雑学

植物・木

2020/1/8

切られると血を流す木があるってホント…?【動画あり】|自然雑学

みなさんは木が切り倒される瞬間を見たことがあるだろうか。筆者は1度だけチェーンソーで伐採を体験したことがあり、大木がミシミシと音を立てて倒れる光景はなかなかの迫力だったと思い出す。 切り倒すときに木が痛がったりなどということは、もちろんない…。しかし今回こんな話を耳にしたのだ。 世界には驚くべきことに、切られると「血」を流す木があるらしい…と。 血を流すと聞くと腰が引けてしまうが、怖い物見たさというものもある。勇気を振り絞って詳細を調べてみたぞ! 【自然雑学】血のような樹液を出す木がある 「竜血樹」という ...

記事を読む

「フトモモ」という果実があるという雑学

意外 植物・木

2020/1/3

"太もも"じゃなくて…「フトモモ」という果実がある|面白い雑学

赤いフトモモ… 地球にいる植物の種類は30万種類以上。その中に「フトモモ」という果実があることをご存知だろうか? 「フトモモ」と聞くと足のこと!? と思ってしまうが、ちゃんとした実のなる植物である。 今回は、フトモモという一風変わった名前の植物についてご紹介するぞ! 【面白い雑学】「フトモモ」という果実がある フトモモ科・フトモモ属のフトモモという果実がある 【雑学解説】フトモモってなんだ? フトモモはフトモモ科・フトモモ属の果実植物。東南アジアなどの暖かい地域に多く生息し、日本でも栽培されている。学名は ...

記事を読む

近づくと飛びついてくるサボテンがあるという雑学

植物・木

2019/12/16

痛えええ!近づくと飛びついてくるサボテンがある【動画あり】|自然雑学

ちょっぴり不思議でかわいらしい見た目から、観葉植物としても人気のあるサボテン。そのぷっくりとした佇まいで人々を癒し魅了してきた。 そんなサボテンの特徴といえば、やっぱり体に巡らされた棘だろう。 見ている分にはかわいいけれど、棘だらけの体は痛々しくもある。動かない植物だからいいものの、あのトゲトゲなボディは相当な武器になりそうだ…。 でも実は世界には、まさしくあの体で攻撃してくるサボテンが存在するのだ…。 【自然雑学】近づくと飛びついてくるサボテンがある! 攻撃してくるサボテン、「ジャンピング・チョーヤ」。 ...

記事を読む

「金」は海水から抽出できるという雑学

地球

2019/12/16

これで億万長者!?海水から50億トンの"金"が抽出できるって知ってた?|自然雑学

金…きん…ゴールド!! 「金」は、古来より世界中の人々を魅了し続けている金属である。その美しさだけでなく、普遍的な価値をもつことから、資産として保持されることも少なくはない。 バツイチアラサーの筆者は、「お金」もないが、「金」なんて持っていない。唯一持っていた金といえば、結婚指輪だった。しかし、離婚の際に元旦那に返している。 ろくな職歴なし・就職に有利な資格なしのほぼニート、いわゆる「貧困女子」の筆者には、もはや金を手にするチャンスはないのか…?! ところがどっこい、世界に無限ともいえる量の金が存在する。 ...

記事を読む

"富士山へGO"の滑落事故。斜面の様子

地球

2019/12/14

冬に"富士山へGO"は絶対にダメ。滑落事故からの教訓

滑落事故現場の様子 「ここも危ないな…滑る……うわっ!!」 そう言い残して亡くなったTEDZUさん。 2019年11月6日、山梨県の長崎幸太郎知事は「富士山は決してやさしい山ではない」と話し、富士登山への注意喚起を行った。 これは冒頭で紹介した、富士山山頂からの滑落事故を受けてのものだ。10月28日に発生した事故だが、この時期の富士山は閉山中。なぜこのような事故が起こってしまったのか…。 この滑落事故、ニコ生の配信中に起きてしまった悲劇だった。冠雪した富士山を登り、下山する動画を配信していたところだったの ...

記事を読む

記事一覧を見る

「スポーツ雑学」の新着記事

剣道ではガッツポーズをしたら負けになるという雑学

武道・格闘技

2020/1/3

礼儀が大事!剣道ではガッツポーズをしたら負け【動画あり】|スポーツ雑学

イケメンのサッカー選手がガッツポーズをすると、観客席から女性ファンの歓声が上がる。ゴールを決めた時、ガッツポーズで全身で喜びを表すスポーツ選手は多い。 しかし、日本にはガッツポーズをしたら負けてしまうスポーツがあるようだ。 なんと剣道はガッツポーズをして喜びを噛みしめると負けになってしまうようである。 【スポーツ雑学】剣道ではガッツポーズをしたら負けになる ガッツポーズは禁止行為に該当し、取り消しなどの判定が下されることもある。 【雑学解説】剣道においてガッツポーズは礼儀違反 剣道は日本の美しい美徳が反映 ...

記事を読む

最速の球技はバドミントンという雑学

球技

2020/1/3

ギネス記録。最速の球技はバドミントンで時速400キロ超え【動画あり】|スポーツ雑学

男なら憧れるNo.1の称号。あなたは最速の球技を知っているだろうか? 今回紹介する雑学を知れば、明日から「世界最速の球技をやっているんだぜ」とかっこつけることができる。その世界最速の球技は、バドミントンである。しかも断トツ。 そこで、今回はバドミントンの球速がどれくらいなのか、他の球技と比較しつつ紹介していくぞ。これで明日からNo.1の称号を手に入れることができるだろう。 【スポーツ雑学】最速の球技はバドミントン 最速の球技はバドミントンで、時速493kmという世界記録がある。 【雑学解説】バドミントンの ...

記事を読む

サッカーワールドカップで一番優勝している国は「ブラジル」という雑学

球技

2020/1/2

サッカーワールドカップで最も優勝している国は?【動画あり】|スポーツ雑学

サッカー界でもっとも権威ある大会、それはもちろんワールドカップである。大陸予選を勝ち抜いて本大会に進むことすら難しい。そのような中、この大会において最多の優勝回数を誇るのがブラジルである。 そこで今回は、サッカーワールドカップにおけるブラジルの優勝回数や、その他の優勝・準優勝国に関するトリビアをご紹介する。 【スポーツ雑学】サッカーワールドカップで一番優勝している国は「ブラジル」 ブラジルの優勝回数は最多の5回! 【雑学解説】ブラジルはサッカーワールドカップで5回優勝している 「世界でもっともサッカーが強 ...

記事を読む

メジャーリーグには「引き分け」がないという雑学

野球

2020/1/2

なぜ?メジャーリーグに"引き分け"がない理由とは?【動画あり】|スポーツ雑学

全米を熱狂させるスポーツリーグのひとつ、メジャーリーグ。その歴史は長く、なんと1876年から続いている。野球界では、世界最高峰のプロ野球リーグと称されている。 日本のプロ野球よりも歴史が長く、球団数も多いメジャーリーグだが、全ての試合に勝敗をつけており、引き分けがないのである。 なぜ引き分けがないのか? その疑問を今回は解き明かしていこうと思う。 【スポーツ雑学】メジャーリーグには「引き分け」がない アメリカのメジャーリーグでは引き分けがない。 【雑学解説】なぜメジャーリーグには「引き分け」がないのか? ...

記事を読む

相撲には「痛み分け」という判定があるという雑学

武道・格闘技

2020/1/2

引き分けとは違う!相撲には"痛み分け"という判定がある|スポーツ雑学

己の肉体のみをぶつけて勝敗をつける日本古来のスポーツ「相撲」。昨今では相撲人気の再来で、若い人でも興味を持つことも多いようだ。 相撲と言えば勝敗がとても分かりやすいのだが、引き分けになることは滅多にない。そして、勝敗や引き分け以外にも判定があるのをご存じだろうか? 今回はそんな相撲の判定についての雑学を紹介していくぞ! 【スポーツ雑学】相撲には「痛み分け」という判定がある 相撲の判定には「勝敗(不戦含む)」「引き分け」の他に「痛み分け」というのが存在するのだ。 【雑学解説】「痛み分け」って、どういう判定? ...

記事を読む

記事一覧を見る

「サブカル雑学」の新着記事

鬼太郎は水木しげるが考えたキャラではないという雑学

アニメ

2020/1/13

まさかの二次創作!"鬼太郎"は水木しげるが考えたキャラではない|サブカル雑学

水木しげるロードの鬼太郎 『ゲゲゲの鬼太郎』は、妖怪研究家としても知られる漫画家・水木しげるの代表作である。1968年にアニメ化されて以来、何度もテレビアニメがシリーズ化されており、現在まで続く異例のロングヒット作品となっている。 そんなゲゲゲの鬼太郎だが、実は主人公の鬼太郎は、水木氏が創作したキャラクターではないことをご存知だろうか…。一番代表的なキャラクターがオリジナルではないとは、いったいどういうことだ? 【サブカル雑学】鬼太郎は水木しげるが考えたキャラではない 鬼太郎は、民話を元に作られた紙芝居の ...

記事を読む

黒ひげ危機一発は、もともと黒ひげを助けるゲームだったという雑学

暇つぶし 漫画・ゲーム

2019/12/26

知ってた?"黒ひげ危機一髪"は、もともと違うルールだった。|面白い雑学

樽の穴のどれかにハズレがあって、ハズレに剣を刺すと黒ひげが飛び出す。まるでロシアンルーレットのように、ビクビクしながら順番に剣を刺していき、飛び出させた人が負け…そう、みなさんご存知「黒ひげ危機一髪」だ。 若い人は知らないかもしれないが、そこそこの年齢になるとみんな知っている。もちろん飛び出させた人が負けというルールも当たり前である。 しかし…発売当初は今とルールが少し違ったというぞ? え…それ以外の遊び方っていったい? 今回はそんな黒ひげ危機一髪にまつわるトリビアを紹介しよう。 【面白い雑学】黒ひげ危機 ...

記事を読む

碁石の白石より黒石が少しだけ大きい理由に関する雑学

漫画・ゲーム

2019/12/16

碁石の工夫!白石より黒石が0.3mm大きい理由とは?【囲碁】|サブカル雑学

碁盤の上に白石と黒石を交互に並べ、陣地の広さを競うゲーム「囲碁」。7世紀に成立したといわれる風土記にも囲碁に関する記述があり、将棋と並ぶ日本の伝統的遊びといっても過言ではない。 今回の雑学は、碁石の大きさについてである。同じ大きさに見えるが、実は黒石の方が少し大きいというのだ。その理由について調べてみた。 【サブカル雑学】碁石の白石より黒石が少しだけ大きい理由 白は膨張色なので、黒が少し大きいことで同じ大きさに見える。 【雑学解説】黒石の方が0.3mm大きい 白が膨張色というのは聞いたことがある。そのため ...

記事を読む

シャーロック・ホームズは地動説を知らないという雑学

キャラ 意外

2019/12/16

知識偏りすぎ!シャーロック・ホームズは地動説を知らない|サブカル雑学

推理小説の名探偵は、博学でさまざまなことに詳しいものだ。謎を解く上では知識量がものを言うので当然ともいえるが、それにしても不自然に感じるほど意外な知識を披露する人物も珍しくない。 世界一有名な名探偵といわれるシャーロック・ホームズにしても、博学のイメージをもつ人は多いだろう。しかし彼は初登場した『緋色の研究』で、意外な一面を見せている。 なんと一般常識といってもいい、地動説を知らなかったのだ。 【サブカル雑学】シャーロック・ホームズは地動説を知らない シャーロック・ホームズの知識は非常に偏っており、太陽が ...

記事を読む

鉄人28号は主題歌の中で悪魔の手先と呼ばれているという雑学

キャラ

2019/11/13

リモコン次第かい!鉄人28号は主題歌で"悪魔の手先"と呼ばれている|サブカル雑学

鉄人28号は日本で最初の巨大ロボットアニメとして知られている。1956年に始まった作品でテレビアニメは5作作られ、実写映画も制作されるなど非常に根強い人気を誇る。 そんな鉄人28号だが、主題歌を聞くと驚く人も多いだろう。主題歌の中で、なんと悪魔の手先と呼ばれている。一体どういうことだろうか?  今回は、謎多き鉄人28号についての雑学をご紹介していくぞ! 【サブカル雑学】鉄人28号は主題歌の中で「悪魔の手先」と呼ばれている 鉄人28号は、正義の味方にも悪魔の手先にもなると歌われている。良いも悪いもリモコンし ...

記事を読む

記事一覧を見る

「ルール雑学」の新着記事

警察の取り調べでカツ丼を出すと賄賂になってしまうという雑学

意外 意外なルール

2020/1/16

マジか。警察の取り調べでカツ丼を出すと法律違反。|面白い雑学

「カツ丼でも、食うか?」 今でこそ時代錯誤丸出しのセリフだが、昭和の刑事ドラマにおいて、クライマックスの取調室にカツ丼は欠かせなかった。主人公の優しさに触れ、犯人が涙ながらに自白し始めるというのがお決まりの流れである。 うむ…きっと警察官にとってカツ丼は、自白を促すためのマストアイテムなのだろう! …と、思っていたら、カツ丼を出すのが違法行為だと!? 今回はそんな取調室のカツ丼に関するトリビアだ。 【面白い雑学】警察の取り調べでカツ丼を出すと賄賂になってしまう 取り調べ中の容疑者に物を与えるのは、自白を促 ...

記事を読む

スマホを駅やコンビニで勝手に充電すると「窃盗罪」になるという雑学

意外なルール

2019/12/26

マジで注意。スマホを駅やコンビニで勝手に充電すると"窃盗罪"になる。|ルール雑学

待ち合わせ中にスマホをいじっていたら、充電がなくなってしまった…。連絡がつかないと友達も困るだろうし…あ、いいところにコンセント! ちょっと拝借しちゃおう! それ、犯罪です。  え! コンセントなんて減るもんじゃないじゃん! みんな使ってるのに…と言いたいのはわかるが、実際に摘発された事例もあるらしいぞ。たかがコンセント、されどコンセントである。 今回はそんな駅やコンビニの電気にまつわるトリビアを紹介しよう。 【ルール雑学】スマホを駅やコンビニで勝手に充電すると「窃盗罪」 駅やコンビニもお金を払って電気を ...

記事を読む

日本の国旗は1999年に変更されているという雑学

日本の法律

2019/12/29

どこが違うの…?日本の国旗は1999年に変更されていた【日章旗】|ルール雑学

筆者は、幼少のころ、「日の丸」が嫌いだった。だって、シンプルすぎるじゃん? 白地に赤い丸、ハーイ終了! 我が国の国旗がそんなノリなヤツな気がして、どうしても好きになれなかったのだ。あと梅干しも嫌いで、地域のリクリエーションのときの弁当が日の丸弁当だったときにも、絶望を味わったものである。 ちなみに、当時の筆者が一番好きな国旗は、「ネパール」だった。だって、形が四角じゃないんだぜ? 三角形2つ組み合わせた形なんて、超かっこいいじゃん! 今では梅干しも食べられるし、日の丸の味わい深さもわかる大人となった筆者で ...

記事を読む

北海道に「牛乳で乾杯条例」を制定した町があるという雑学

日本の法律

2019/12/12

とりあえず牛乳で!"牛乳で乾杯条例"を制定している町がある|ルール雑学

パーティーのような人の集まる場だと、食事に手をつける前に乾杯をすることが多い。乾杯の飲み物は、大人ならビールなどのアルコール、子どもだとジュースが定番だろう。 北海道のある町では、「牛乳で乾杯条例」が制定されている。名前のとおり、「牛乳で乾杯をしよう」という条例だ。 牛乳で乾杯って、一般的じゃないよな…。なんで牛乳なの? 今回の雑学では、そんなナゾ条例について迫ってみた! 【ルール雑学】北海道に「牛乳で乾杯条例」を制定した町がある 北海道の中標津町は酪農が盛んな町であり、酪農への理解を深め、牛乳の消費を拡 ...

記事を読む

喧嘩の現場に加担したりヤジをとばしたりするのは犯罪という雑学

日本の法律

2019/12/12

煽り禁止。喧嘩に加担&ヤジを飛ばすと犯罪になる【現場助勢罪】|ルール雑学

野次馬というのはうっとうしいものだ。直接関係ないのに、怖いものみたさや好奇心で駆けつけ、心ないヤジの言葉を投げかける。 野次馬に出くわす場面はさまざまだが、代表的なシチュエーションが喧嘩だ。ヤジをとばしたり、ときには喧嘩に加わる者までいる。 こうした行為を何とか処罰できないかと思っていたが、実は犯罪に該当するらしい。それは良かった! そこで今回は、この雑学について詳しく調べてみたぞ! 【ルール雑学】喧嘩の現場に加担したりヤジをとばしたりするのは犯罪 決闘に応じたり、決闘をあおったりする行為は、刑法206条 ...

記事を読む

記事一覧を見る

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.