いろんな雑学まとめ

野球の雑学まとめ

雑学まとめ

2019/12/5

野球の雑学まとめ!トリビア&豆知識を一覧にしました

日本で人気の高いスポーツ競技といえば、やはり「野球」ではないだろうか。毎年、プロ野球や高校野球などは大変な盛り上がりを見せる。みなさんにもご贔屓にしているチームや学校があるだろう。 今回はこのように通年、楽しめるスポーツ・「野球」の雑学を一挙に紹介するぞ。野球をより深く楽しめる雑学ばかりだ。さっそく始めよう! 【野球の雑学まとめ】 気になる野球の雑学をチェックだ! 野球の試合時間に関する雑学 野球のルールでは、規定イニングで決着がつかなければ、試合は延長戦に突入する。この延長戦に関して、これまでの最長時間 ...

記事を読む

ゲゲゲの鬼太郎の雑学まとめ

雑学まとめ

2019/12/5

ゲゲゲの鬼太郎の雑学まとめ!トリビア&豆知識を一覧にしました

「お化けにゃ学校も~♪ 試験も何にもない!」の歌でお馴染みの『ゲゲゲの鬼太郎』。小学生の頃、この歌を歌っては、「妖怪はいいな~」と思ったものである。 今や外国人観光客にも人気の作品となっており、鳥取県境港市には、作品に登場する妖怪たちに会える「水木しげるロード」もある。 長い歴史があり、熱狂的なファンが多いゲゲゲの鬼太郎だが、その成り立ちやキャラクターの背景などは、あまり知られていない。 今回はそんな、ゲゲゲの鬼太郎に関する雑学記事をまとめてみた! なるほど! と思えるものから、えっ? と驚くものまで。ゲ ...

記事を読む

ポケモンの雑学まとめ

雑学まとめ

2019/12/5

ポケモンの雑学まとめ!トリビア&豆知識を一覧にしました

子どもはもちろん、大人も夢中になる「ポケットモンスター」。かわいいポケモンたちと、ポケモンマスターを目指す旅は、笑いあり涙あり。 他にも同様の子供向け作品がいくつか誕生したが、やはりポケモンの人気はすごい。それもそのはず、実は「ポケモン」は、非常に丁寧に作りこまれた作品だ。 キャラクターたちの意外な秘密や細かい設定に、ポケモン愛を感じることができるトリビアをあつめたぞ! ポケモンの雑学まとめ ポケモン雑学マスターを目指して、出発だ! ポケモン世界の成人年齢に関する雑学 ポケモンマスターを目指して、旅をして ...

記事を読む

クレヨンしんちゃんの雑学まとめ

雑学まとめ

2019/12/5

クレヨンしんちゃんの雑学まとめ!トリビア&⾖知識を一覧にしました

国民的アニメの1つとなっている「クレヨンしんちゃん」。嵐を呼ぶ園児・野原しんのすけを中心に繰り広げられる、日常コメディだ。そんな「クレヨンしんちゃん」には、さまざまな雑学があるぞ! 知ると「クレヨンしんちゃん」がもっと楽しくなる! そんな雑学をまとめたので、紹介していこう。 クレヨンしんちゃんの雑学まとめ 気になる雑学記事をチェックだ! 野原ひろしに関する雑学 作品内では「安月給の甲斐性無し!」と馬鹿にされることの多い、野原家の大黒柱・ひろし。しかし、実はとんでもないハイスペックな男だった! この雑学を知 ...

記事を読む

ゲームの雑学まとめ

雑学まとめ

2019/12/5

ゲームの雑学まとめ!トリビア&豆知識を一覧にしました

最近では、ゲームといえばスマホで手軽にプレイするもの…と考える人が多いんじゃないだろうか? しかし、スマホに限らず数多くの種類がある。ゲームの進化の歴史もなかなか深い! そこで今回は、アナログ・デジタル問わずあらゆるゲームに関する雑学をまとめてみたぞ! 誰もが経験のあるゲームからビデオゲームの名作まで、ゲームの知識を楽しんでいただきたい。 ゲームの雑学まとめ ゲームに関するトリビアをチェックしよう。 テトリスは教育用ソフトに関する雑学 昔からある超人気ソフト「テトリス」はなんと教育用ソフトとして作られてい ...

記事を読む

記事一覧を見る

「面白い雑学」の新着記事

男1人の京都日帰り旅行②伏見稲荷大社の山頂まで登ってみた

地域 暇つぶし

2019/11/13

鳥居がつらくなる。伏見稲荷大社の山頂まで登ってみた。|男1人の京都日帰り旅行②

男1人の京都日帰り旅行・後編。 前編だけでもかなり回れた。 さて! 今回はいよいよメインイベントの伏見稲荷大社へ。 伏見稲荷大社といえば「千本鳥居」のインスタ映えでおなじみだ。外国人にも超人気。           この投稿をInstagramで見る                   #fushimiinari #fushimiinaritaisha #kyotojapan #kansairegion #kansaijapan #japan #discoverer #discoverjapan #the ...

記事を読む

地域 暇つぶし

2019/11/13

六角堂→本能寺跡→二条城→銅閣寺→八坂神社を巡る|男1人の京都日帰り旅行①

我ながら仕事しすぎだ。 もうやだ! どっか行きたい! パワーほしい! そうだ! 京都行こう! …というなんだかベタな展開で京都に行くことに。とはいえ、仕事から逃げただけなので日帰りで…。 京都は10年ぶりぐらいだ。最近は外国人がめちゃめちゃ多いと聞くが、実は盛ってるだけじゃないのか? そのへんもレポートしていきたい。 今回は、男30代の一人旅。誰にも邪魔されずに行きたいところに行くんじゃーーー! いきあたりばったりの一人旅だが、京都に行く予定の方はぜひ参考にしてほしい。 男1人の京都日帰り旅行①六角堂→本 ...

記事を読む

機動戦士ガンダムのOPはスポンサーを騙すために作られたという雑学

アニメ 驚き

2019/11/14

スポンサーを騙すため?"機動戦士ガンダム"のOPが熱血系な理由とは?【翔べ!ガンダム】|面白い雑学

機動戦士ガンダムは、当時のロボットアニメでは考えられないようなリアル志向のストーリーで制作され人気を得た。 しかし、OP曲はガンダムの内容とはまったく合っていない熱血ロボットアニメのような曲調と歌詞になっている。これは作品にスポンサーをつけるために、わざと作風に合わない曲が作られたという。 機動戦士ガンダムのOPはスポンサーを騙すために作られた? という雑学についてご紹介しよう。 【面白い雑学】機動戦士ガンダムのOPはスポンサーを騙すために作られた? 機動戦士ガンダムのオープニング「翔べガンダム!」は作品 ...

記事を読む

かつてローマ法王の死は、金槌で頭を叩いて確認されていたという雑学

世界史 意外

2019/11/14

ハンマーで…?かつてのローマ法王の死を"確認する手順"がスゴすぎる。|面白い雑学

宗教の世界には、その信者でなければ知らないような決めごとが存在している。たとえば、キリスト教最大の宗派である「カトリック教」ではどうだろうか。 今回耳に飛び込んできたのは、ローマ法王が逝去した際、かつては金槌で頭を叩いて確認していたという話だ。…ローマ法王といえば、カトリック教の最大聖職者である。 そんなお偉いさんの頭を叩くとは一体何事だろう? ちなみに、叩く人が恨んでいたなどという話ではないぞ! 以下より、そんなローマ法王の死を確認する際の手順と儀式の雑学をご紹介していこう。 【面白い雑学】かつてローマ ...

記事を読む

チンアナゴの体は意外と長いという雑学

水中の動物 驚き

2019/11/29

想像以上!チンアナゴの体長は隠れている部分を含めると…?【動画あり】 |面白い雑学

砂に埋まって顔を出し、ゆらゆらと揺れるチンアナゴ。群れを作ってただ揺れているだけなのに、なんだかおもしろくて可愛くて…水槽のまわりにはいつも人だかりができる水族館の人気者だ。 ところでチンアナゴが埋まっている、あの砂の下の部分…どうなっているのだろう。その全貌を見たことがある人は、あまりいないのではないだろうか。 見たい…。チンアナゴファンのわたしとしてはぜひ見てみたい! 今回の雑学では衝撃の映像も紹介しながら、チンアナゴの生態にせまってみよう! 【面白い雑学】チンアナゴの体は意外と長い チンアナゴの体長 ...

記事を読む

記事一覧を見る

「オリンピック雑学」の新着記事

日本生まれのオリンピック競技は柔道となんでしょう?というトリビア

五輪トリビア

2019/11/8

2つあるぞ!日本生まれの五輪競技は"柔道"となに?【動画あり】|オリンピック雑学

4年に1度開かれるスポーツの祭典・「オリンピック」。国の代表を背負い、真剣勝負を繰り広げる選手たちの様子は、観る者に多くの感動と勇気を与えてくれる。 このオリンピックにおいて、私たちの暮らす日本から生まれた競技ももちろん存在する。世界大会の競技が自国で生まれたというのは非常に誇らしいことだが、どの競技が日本生まれなのか、みなさんはちゃんと把握しているだろうか。 この記事では、そんな日本生まれのオリンピック競技を紹介しよう。 【オリンピック雑学】日本生まれのオリンピック競技は? 日本生まれのオリンピック競技 ...

記事を読む

パラリンピックと名付けたのは日本という雑学

五輪の歴史

2019/11/8

"パラリンピック"という名称を付けたのは日本!【動画あり】|オリンピック雑学

オリンピック後に開催されることで知られる、障がい者アスリートの祭典「パラリンピック」。いまや人々のあいだですっかり定着した「パラリンピック」だが、実はこの名称は、1964年の東京大会から付けられたことをご存知だろうか。 いわば日本が名付け親とされているのだ。この記事では、日本が名付けたとされる「パラリンピック」の名称のトリビアについてご紹介する。 【オリンピック雑学】パラリンピックを名付けたのは日本 1964年に開催された東京大会は、下半身が麻痺した「パラプレジア(Paraplegia)」選手が行う「オリ ...

記事を読む

男女区別なく行う唯一のオリンピック競技は「馬術」という雑学

五輪トリビア

2019/11/9

高齢選手もいるぞ!"馬術"は男女関係なく行われる唯一の五輪競技|オリンピック雑学

スポーツ競技は、男女別に行われるのが通常である。だが、なかには男女の区別なく行われる競技もある。それがオリンピックの正式種目になっている「馬術競技」である。 「馬術競技」は、他のスポーツ競技のように、男女の身体的な格差に関係なく、人馬がいかに一体となるかが重要な競技である。この記事では、日本ではそれほど馴染みのない「馬術競技」についてご紹介する。 【オリンピック雑学】男女区別なく行う唯一のオリンピック競技は「馬術」 オリンピックの正式種目になっている「馬術競技」は、男女関係なく3つの種目で争われ、大会には ...

記事を読む

親子で金メダリスト。体操一家の塚原家に関する雑学

五輪のスゴい人

2019/11/9

五輪史上初!親子で金メダリストになった塚原家とは?【体操競技】|オリンピック雑学

2020年の東京オリンピック、みなさんはどんな競技を応援しているだろうか? 日本勢の活躍はどれも嬉しいものだ。その中でもやはり体操や柔道など応援に力が入る競技は人それぞれだろう。 そんなオリンピック選手の中に親子でメダルを獲得している一家がいるのはご存じだろうか。 今回はそんなオリンピック家族の塚原家についてご紹介しよう。パワハラ問題でいろいろとあったのでマイナスイメージが付きがちではあるが、実はスゴい一家なのだ! ※こちらの記事は、パワハラ問題についてではなく塚原家の実績について書いています。 【オリン ...

記事を読む

1964年東京オリンピックで最終聖火ランナーとなったのは「アトミック・ボーイ」という雑学

五輪の歴史

2019/11/9

原爆投下日が誕生日。最終聖火ランナーを務めた"アトミック・ボーイ"|オリンピック雑学

東京五輪の最終聖火ランナー・坂井義則の記念切手 2020年に開催される東京オリンピック。世界中の一流アスリートが集まるこの祭典を、今から楽しみにしている方も多いのではないだろうか。また東京オリンピックの最終聖火ランナーを誰がつとめるのかにも注目が集まる。 前回の東京オリンピックの最終聖火ランナーは、広島に原爆が投下された日に生まれた「アトミック・ボーイ」こと、坂井義則がつとめている。この記事では、1964年の東京オリンピックで、最終聖火ランナーをつとめた人物と、オリンピックのトリビアについてご紹介していく ...

記事を読む

記事一覧を見る

「生活雑学」の新着記事

男1人の京都日帰り旅行②伏見稲荷大社の山頂まで登ってみた

地域 暇つぶし

2019/11/13

鳥居がつらくなる。伏見稲荷大社の山頂まで登ってみた。|男1人の京都日帰り旅行②

男1人の京都日帰り旅行・後編。 前編だけでもかなり回れた。 さて! 今回はいよいよメインイベントの伏見稲荷大社へ。 伏見稲荷大社といえば「千本鳥居」のインスタ映えでおなじみだ。外国人にも超人気。           この投稿をInstagramで見る                   #fushimiinari #fushimiinaritaisha #kyotojapan #kansairegion #kansaijapan #japan #discoverer #discoverjapan #the ...

記事を読む

地域 暇つぶし

2019/11/13

六角堂→本能寺跡→二条城→銅閣寺→八坂神社を巡る|男1人の京都日帰り旅行①

我ながら仕事しすぎだ。 もうやだ! どっか行きたい! パワーほしい! そうだ! 京都行こう! …というなんだかベタな展開で京都に行くことに。とはいえ、仕事から逃げただけなので日帰りで…。 京都は10年ぶりぐらいだ。最近は外国人がめちゃめちゃ多いと聞くが、実は盛ってるだけじゃないのか? そのへんもレポートしていきたい。 今回は、男30代の一人旅。誰にも邪魔されずに行きたいところに行くんじゃーーー! いきあたりばったりの一人旅だが、京都に行く予定の方はぜひ参考にしてほしい。 男1人の京都日帰り旅行①六角堂→本 ...

記事を読む

大分県では味噌汁の具に唐揚げを入れることがあるという雑学

地域

2019/12/6

大分県では味噌汁に唐揚げを入れる、だと…?【中津からあげ】|生活雑学

中津からあげ みんな大好き、唐揚げ! 夕食のおかずだけでなく、お弁当やお酒のおつまみとしても定番メニューだ。唐揚げといえば、自宅で手作りするかスーパーで購入する人が多いと思う。 ところが、大分県には唐揚げ専門店がたくさん存在する! 専門店が存在するということは、それだけ唐揚げ好きの県民が多いということだろう。 唐揚げ愛が沸騰しすぎて、味噌汁に唐揚げを入れる家庭もあるんだとか! 今回は、大分県における唐揚げの雑学を紹介していくぞ。 【生活雑学】大分県では、味噌汁の具に唐揚げを入れることがある 孫ちゃん あ、 ...

記事を読む

相棒の語源は「駕籠持ちのペア」という雑学

言葉・語源

2019/11/4

"相棒"の語源と由来とは?"相方"とはどう違う?|生活雑学

大名駕籠 みなさんは、人気の刑事ドラマのタイトルにも使われている「相棒」という言葉の意味を知っているだろうか? 相棒とは、ともに行動する頼れる相手のことだ。ビジネス上、一緒に仕事をすることが多く、苦楽をともにする相手なんかはまさに相棒。 しかし、その共に行動する相手のことをなぜ「相棒」と呼ぶのか、その語源まで知らない。ということで、今回はこの「相棒」の言葉の意味を調べ、雑学として紹介するぞ! 【生活雑学】相棒の語源は「駕籠持ちのペア」 時代劇に出てくる駕籠(かご)や畚(もっこ)を一緒に担ぐ仲間が相棒の語源 ...

記事を読む

同時通訳は10分ごとに交代しながら行っているという雑学

ためになる

2019/11/13

チームで協力!同時通訳者が集中力を切らさず通訳する方法とは?|生活雑学

身近に通訳を目にする例を挙げると、プロ野球で行われる、外国人選手へのヒーローインタビューが思い浮かぶ。ヒーローインタビューでは、インタビュアーの質問を英語に訳したり、外国人選手の英語を日本語に訳したりと、通訳者は大忙しである。 複数の言語を使いこなすことだけでも難しいのに、即座に変換してしまう同時通訳者には感服させられる。そしてやはりそれだけの芸当を行うには、よほどの集中力が必要なようだ…。 今回はそんな同時通訳者が、集中力を保つためにどんな方法を取っているのか、という雑学をお届けしよう。 【生活雑学】同 ...

記事を読む

記事一覧を見る

「食べ物雑学」の新着記事

乾物と干物の違いに関する雑学

食べ物の由来

2019/11/30

乾物と干物の違いとは?乾燥させた食品によって異なっていた!|食べ物雑学

左:乾物 右:干物 突然だが、皆さんは乾物と干物の違いはご存知だろうか? 乾かしたものと干したもの、どちらも同じ意味のように感じるが、実はれっきとした違いがあるのだ。 この違いを知っておかないと、実際は干物であるのに乾物と言ってしまい、間違いを指摘されて恥ずかしい思いをすることになる。 この雑学記事で乾物と干物の違いを紹介するので、ぜひ参考にしていただきたい。 【食べ物雑学】乾物と干物の違いは? 乾物は植物性食品を乾燥させたものを指し、干物は魚など魚介類を乾燥させたものを指すという違いがある。 【雑学解説 ...

記事を読む

肉じゃがはビーフシチューの失敗作だったという雑学

食べ物の由来

2019/12/3

偶然できちゃった!"肉じゃが"はどうやって生まれた?|食べ物雑学

彼氏が彼女に作ってほしい料理の候補によくあがる料理といえば、カレー・ハンバーグ・肉じゃがといったところだろうか。肉じゃがは日本人なら嫌いな人はいないのではないか? というくらいおなじみの料理である。 なんと肉じゃがとビーフシチューが深く関係していたという話がある。たしかに肉じゃがの材料といえば、牛肉・ジャガイモ・玉ねぎ・人参…うん! ビーフシチューに使われている具材と非常によく似ている。 この説、あながち嘘ではないかもしれないという気がしてくる。では、真相はどうなのだろうか? 今回はこの真相について調べて ...

記事を読む

アスパラガスは立てて保存したほうがいいという雑学

野菜

2019/11/30

美味しく食べるには?アスパラガスの保存方法、知ってる?|食べ物雑学

ベーコンと一緒に炒めても、豚バラで巻いて焼いても美味しいアスパラガス! おつまみにもピッタリで、疲労回復や血流改善など、栄養面でもさまざまな効果がある。 このようにアスパラガスは、美味しくて栄養満点と嬉しいことづくしである。しかし保存方法によっては、その美味しさや栄養が損なわれてしまうことをご存知だろうか…。 アスパラガスは冷蔵庫で寝かせるように保存しているよ! という人は多いだろう。しかしその保存方法が、実は美味しさや栄養面で損していたとしたらどう思うだろうか? せっかくなら美味しく食べたいところである ...

記事を読む

食べ物の由来

2019/12/4

間違い注意!"関西風"お好み焼きと"広島風"お好み焼きはなにが違う?【動画あり】|食べ物雑学

左:関西風 右:広島風 「大阪の名物グルメといえば何?」とたずねられて、「お好み焼き!!」と答える人はきっとかなり多いだろう。大阪の有名な粉もんグルメの中でも、特に人気があって大阪人の定番になっている。 同じように広島でも「人気の名物グルメは?」とたずねれば、「お好み焼き!!」と答える人が多いにちがいない。いったいそれじゃあ、「関西風」のお好み焼きと「広島風」のお好み焼きって、何がどう違うのだろうか? 「えっ、麺が入ってるかどうかの違いでしょ!?」という人も多いかもしれない。いやいや、それが違うのだ。今回 ...

記事を読む

中華料理店の回転テーブルは日本発祥という雑学

料理

2019/11/30

おもてなしの精神!中華料理の回転テーブルは日本で誕生した|食べ物雑学

チンジャオロースにホイコーロー、麻婆豆腐にエビチリ…。名前を見るだけでよだれが出そうになる中華料理。これらを中華料理店で食べるとき、だいたい2~3人前が大皿でドーンと運ばれてくるというイメージではないだろうか? そして、大皿料理が置かれるのは赤い回転テーブル! 中華料理といえば回転テーブル、回転テーブルといえば中華料理。 大皿料理は7世紀ごろの唐の時代から中国で出されているそうだ。回転テーブルも中国で発明されたのだと思いきや、日本発祥なのである! さすが日本人! 今回はそんな回転テーブルができた経緯や回転 ...

記事を読む

記事一覧を見る

「動物雑学」の新着記事

ライオンは自分で捕まえるより獲物を横取りすることが多いという雑学

肉食・巨大動物

2019/11/29

実は下手。百獣の王・ライオンの賢い(ズルい)狩りの方法とは?【動画あり】|動物雑学

今回の雑学テーマは百獣の王・ライオンについて。百獣とはあらゆる獣を意味する言葉なので、ライオンは全ての獣の王と呼ばれているわけだ。 百獣の王と呼ばれるだけあって、非常に強い動物だと認識されている。子供に「一番強い動物はなにか?」と質問するとライオンという答えが一番多いという。 そんなライオンは、実は狩りが下手な動物だと知ったら驚く人が多いだろう。基本的に獲物を横取りしたり、死んだ動物の肉を食べることが中心なのである。 【動物雑学】ライオンは自分で捕まえるより獲物を横取りすることが多い ライオンは獲物を横取 ...

記事を読む

牛は鼻紋で個体を特定できるという雑学

草食動物

2019/11/28

指紋みたい…!牛は"鼻紋"で個体を識別することができる【動画あり】|動物雑学

黒毛和牛という品種は、誰もがご存知だろう。一般の国産牛と比べると値段も高いが、なにより、黒毛和牛と聞いただけで、「高級肉」と思ってしまうほどのブランド感がある。しかし、本当にその肉が黒毛和牛かどうかは、どのように特定しているのだろう。 じつは、和牛は産まれたときに届けが出され、それぞれ登録証(血統書)が発行される。そのときに、必ず提出しなければいけないもの。それは「鼻紋(びもん)」だ。牛は、鼻紋を見れば個体を特定できるという。 牛を特定する鼻紋とは、いったい何なのだろうか…。今回は牛の鼻紋に関する雑学を紹 ...

記事を読む

ペンギンとはもともと「オオウミガラス」という雑学

水中の動物

2019/11/28

なぜ絶滅した…?ペンギンの由来は"オオウミガラス"。|動物雑学

オオウミガラス 「ペンギン」といえば、皆さん想像するのは白黒でよちよち歩きの水族館のアイドルだろう。しかし、昔は「ペンギン」といえば「オオウミガラス」のことだったのである。 オオウミガラス? 海にいるカラスのことだろうか…。名前を聞いたことがない方も多いと思う。それもそのはず、オオウミガラスは現在、もうこの世にいないのだ。 なぜオオウミガラスがペンギンと呼ばれていたのか、なぜオオウミガラスはいなくなったのか、なぜ今水族館にいるペンギンが「ペンギン」と呼ばれるようになったのか…。 今回の雑学記事では、それら ...

記事を読む

「ジュゴン」は温暖な地域に生息するという雑学

水中の動物

2019/11/28

意外と寒がりだった!"ジュゴン"はどんなところに住んでいる?【動画あり】|動物雑学

みなさんは「ジュゴン」という生物をご存知だろうか。ジュゴンは海に生息する哺乳類で、小さな目とふくよかな体が特徴的だ。いわゆる「ブサカワ」な動物である。 そんなジュゴンだが、なんとなく寒そうな場所に住んでいるイメージはないだろうか。というのも、筆者はジュゴンと聞くと「ポケモンのジュゴン」が頭に浮かぶ。実在のジュゴンをモチーフにしているのかは不明だが、ポケモンでは氷のワザを使うので、冷たそうなイメージなのである。 しかし、実在のジュゴンはどうもそうではないらしい。一体どういう地域に住んでいるのか。今回はジュゴ ...

記事を読む

ヒトデには「脳」がないという雑学

水中の動物

2019/11/28

不思議すぎる構造。ヒトデには"脳"がない。【動画あり】|動物雑学

海には面白い姿かたちをした生物がたくさんいる。星のかたちをしたヒトデもそのひとつだろう。かたちも可愛いし色もカラフルで、今風にいえばまさにインスタ映えな生き物だ。 水族館では場所によってヒトデと触れ合えるコーナーを設けているところもある。そこで皆がよくするリアクションは、「う、動いてる~!」そう、ヒトデは動く。地味にだが確実に動いている。 しかし、さらに驚くことに、ヒトデには本来体の動きや感覚をつかさどる「脳」がないという。脳がないのにどうやって体を動かすことができるのだろう…。 それだけでなく、ヒトデに ...

記事を読む

記事一覧を見る

「歴史雑学」の新着記事

日本史の「~の変」・「~の乱」・「~の役」などには、明確な違いがあるという雑学

日本史

2019/11/16

使い分けろ!日本史の「~の変」「~の乱」「~の役」の違いとは?|歴史雑学

本能寺の変 現役の学生、はたまたかつて学生だった皆様、日本人として避けて通れない科目といえば日本史だ。 日本史の教科書にはさまざまな出来事が時代ごとに出てくる。「本能寺の変」・「島原の乱」・「弘安の役」…さまざまな戦や事件をテスト前に必死に覚えて、苦労した方も多いことだろう。 ところでこの「変」とか「乱」ってどんな意味があって付けられているか考えたことはあるだろうか? 実はこれらには一定の法則によって、分類されているというのだ。 それぞれにどのような意味があるのかを、今回は雑学として解説していくぞ。 【歴 ...

記事を読む

飛行機よりも先にパラシュートが発明されていたという雑学

世界史

2019/11/16

1000年以上前!飛行機よりもパラシュートの方が先に開発された|歴史雑学

パラシュートといえば飛行機から飛び降りたりする際に、安全に地面へ着地するために使用する道具であるが、スカイダイビングでもやらない限り一般人にはさほど馴染みのないものかもしれない。 筆者も何となくテレビを見ていて「パラシュートが開かない、上空○mからの奇跡の生還」といったハプニング番組でハラハラしている程度の認識ではある。そういえばパラシュートって、たしかレオナルド・ダ・ヴィンチが発明してたよなぁ…と思い出した。 パラシュートについて調べたら意外に奥が深かった…。今回はパラシュートの雑学を解説していこう。 ...

記事を読む

日本で一番古い芝居小屋に関する雑学

芸術・文学

2019/11/19

現役で活躍中!日本最古の芝居小屋はどこ?【動画あり】|歴史雑学

旧金毘羅大芝居(正面) 歌舞伎や能など、古くから人々に親しまれている日本の伝統芸能。そうした芸能を一般の人々に披露する場所が、芝居を演じる際の劇場だ。 ところで、現存する日本で一番古い劇場はいったいどこにあるのだろうか。この記事では、日本で一番古いとされる芝居小屋の雑学についてご紹介する。 【歴史雑学】日本で一番古い芝居小屋はどこ? 秀吉くん やっぱり芝居は面白いっすね!ところで、現存する日本で一番古い芝居小屋ってどこなんっすかね?やっぱ東京とか京都にあるんっすか? 信長さん どちらでもないぞ。1835年 ...

記事を読む

日本で一番古いミイラに関する雑学

日本史

2019/11/23

日本最古のミイラは誰のもの?どこにある?【中尊寺金色堂】|歴史雑学

中尊寺金色堂 死後も数百年、ときに数千年の時を超えて保存される「ミイラ」。世界各地ではミイラの存在は昔から知られているが、実は日本においてもミイラが存在していたことをご存知だろうか。 では、日本でもっとも古いミイラはどこにあり、どのような人物なのだろうか。この記事では、日本で一番古いミイラの雑学についてご紹介する。 【歴史雑学】日本で一番古いミイラは? 秀吉くん 日本にもミイラってあったんっすよね。一番古いミイラってどこにあるんっすかね? 信長さん 日本最古のミイラは中尊寺金色堂にある。そこにあるのは、藤 ...

記事を読む

日本で一番古い貨幣は「富本銭」という雑学

日本史

2019/11/23

和同開珎より古い!日本で一番古いとされる貨幣は"富本銭"|歴史雑学

富本銭 (複製品) お金への興味は、尽きることがない。たとえ、現代の貨幣ではなく、古代の貨幣でもだ。かくいう筆者も、お金と書くだけで、不穏で不気味な笑い声を立てそうになるほど。お金には、人を狂わせる魔力がある。 そこで読者の皆さんにお金にまつわる雑学をご紹介する。長年、日本で一番古いとされるお金は、「和同開珎(わどうかいちん)」とされていたが、それよりも古い時代の貨幣が存在していたことをご存知だろうか。 この記事では、日本で一番古い貨幣とされる「富本銭(ふほんせん)」の雑学についてご紹介する。 【歴史雑学 ...

記事を読む

記事一覧を見る

「人体雑学」の新着記事

会議がスムーズになる飲み物があるという雑学

人体の不思議

2019/11/23

グループ活動におすすめ!会議がスムーズになる飲み物がある。|人体雑学

皆さんは会議がなかなか進まないという経験はないだろうか。会議が停滞していて、いまいち議論が活発にならないという悩みを持っている人も多いだろう。 生産性を上げるために開催している会議であるにもかかわらず、時間ばかり過ぎてしまい、逆に生産性が落ち込むことすらある。しかし、そんな問題を解決してくれる飲み物がある。 今回の雑学記事では、会議がスムーズになる飲み物についてご紹介しよう。司会や進行役を任されて困っている人は、次の会議にぜひ準備して臨んでほしい。 【人体雑学】会議がスムーズになる飲み物がある カフェイン ...

記事を読む

胃が胃液で溶けない理由に関する雑学

体の仕組み

2019/11/23

強烈な酸なのに…胃が胃液で溶けない理由とは?|人体雑学

口に入れた食べ物は食道を通り、胃で消化されていることはご存知の方も多かろう。胃は胃酸を出して食べ物を溶かしているわけだ。 胃酸にかかれば、どんな食べ物でも溶かしてしまう。とても強烈な酸であることが想像できるが、それほどまで強力な酸ならば、胃自体も溶けてしまうのではないか?  今回の雑学記事では、そんな素朴な疑問に答えてみた! ぜひ最後までご覧いただきたい。 【人体雑学】胃が胃液で溶けない理由 胃が胃液で溶けないのは、胃の粘膜を覆うように分泌される粘液が守っているためである! 【雑学解説】粘膜で覆われている ...

記事を読む

かかると頭が悪くなるウイルスがあるという雑学

健康

2019/11/23

怖すぎる。感染すると頭が悪くなるウイルスがある【ATCV-1】|人体雑学

他生物の細胞を利用し、自己を複製することで増える感染性の構造体のことをウイルスいう。細胞で構成されないため非生物であるともいわれるが、遺伝子を持つという生物の特徴もある、どっちつかずな存在だ。 私たちの身近なところにいるウイルスといえば、インフルエンザウイルスやヘルペスウイルスあたりだろうか。発熱したり、痛痒い水疱が出たりはするが、その程度ならまだましである。 というのも、アメリカでは「感染すると頭が悪くなるウイルス」が発見されたというのだ。そんなものにかかってしまったら大変である。そこで、感染すると頭の ...

記事を読む

重傷・重体・軽傷の違いに関する雑学

体の仕組み

2019/11/23

重傷/重体/軽傷の違いってなに?治療日数や症状に注目!|人体雑学

交通事故や事件を報じるニュース番組で、「全治2か月の重傷」「意識不明の重体」「軽傷を負う」などの表現をよく耳にする。 しかし、一緒にニュースを見ていた子どもに「どういう意味?」と聞かれたときに、ハッキリと答えられない自分がいた。なんとなく聞き流していて、それぞれがどう違うか考えたことがなかったのだ。 そこで今回は、重傷・重体・軽傷の違いについて調べてみたので、雑学として紹介していこう! 【人体雑学】重傷・重体・軽傷の違いとは? 治療に必要な日数や症状の重さで使い分けている。 【雑学解説】重傷と軽傷の境界は ...

記事を読む

口呼吸の弊害と治し方に関する雑学

健康

2019/10/30

口呼吸のデメリットとは?治すには"あいうべ体操"がオススメ【動画あり】|人体雑学

呼吸は本来なら鼻の穴を使ってするものだが、口呼吸になってしまっている人も多い。口のほうがより多くの空気を吸い込めるように思うかもしれないが実はそんなことはないようで…。 口呼吸は鼻呼吸と比べてあまり良くない呼吸法なのだ。何が良くないってデメリットが数多くあるところ…。 この記事では口呼吸の弊害と治し方をご紹介するぞ! 【人体雑学】口呼吸の弊害と治し方 口呼吸には「風邪をひきやすい」「集中力が落ちる」「口が前に突き出る」といったデメリットがあるのだ! 効果的な口呼吸の治し方としては「あいうべ体操」がある。 ...

記事を読む

記事一覧を見る

「世界雑学」の新着記事

ロシアのクリスマスにサンタクロースはいないことに関する雑学

ヨーロッパ

2019/11/21

プレゼントは…?ロシアではクリスマスにサンタクロースが来ない【動画あり】|世界雑学

ジェド・マロ―ス クリスマスはケーキやチキンも楽しみだが、やはり一番の楽しみはサンタクロースからのプレゼントだ。大人になった今でも、サンタさんの存在にワクワクしてしまう。心はいつまでも子どもなのだ。 サンタさんは国を問わず、いい子のところに来ると思っていた。しかし、ロシアのクリスマスにはサンタクロースがいないらしい。…嘘だろ!? じゃあ、プレゼントは? もらえないの? この話が本当かどうか調べてみたので、雑学として紹介させてほしい! 【世界雑学】ロシアのクリスマスにサンタクロースはいない? エイミー ロシ ...

記事を読む

「目からウロコが落ちる」は聖書の言葉という雑学

世界のびっくり

2019/11/9

神の力?"目からウロコが落ちる"は聖書の言葉【使徒行伝】|世界雑学

誰もが知っているであろう「目からウロコが落ちる」という言葉。改めて説明すると、この言葉は「ふとしたキッカケで、物事が理解できるようになる」という意味である。 しかし、「目にウロコなんてないよ!」と、突っ込んだことがある人も多いだろう。いったい、どこの誰がこんな非現実的なたとえを使い始めたのか、その人物を問い詰めてみたいくらいである。 …と思ったら、「目からウロコが落ちる」は、聖書のありがたい言葉だったのだ! それでは、聖書ではどのように目からウロコがおちているのか? 以下より解説していこう。 【世界雑学】 ...

記事を読む

世界一塩辛い湖に関する雑学

世界No.1

2019/12/4

塩分濃度が濃すぎ!世界一塩辛い湖はどこ?【動画あり】|世界雑学

唐突だが筆者は「湖」と聞くと、どうしてもチャイコフスキーの「白鳥の湖」が脳内を流れる。定番のバレエ音楽だが、アニメ「魔法使いサリー」で白鳥の湖をテーマにした回があり、強く印象に残っているからだ。 そんなことはさておき、今回のテーマは白鳥の湖ではなく、「世界一塩辛い湖」である。湖といえば、清らかな水であふれているイメージだが、なかには塩分を含んだ「塩湖」というのがあるのだ。 とくに世界一の塩辛いという湖は驚くほど塩分濃度が高いという。そんな面白そうなネタを調べずにはいられない。ということで、さっそくこの雑学 ...

記事を読む

ミシュランタイヤでお馴染み”ミシュランマン”の本名はビバンダムくんという雑学

世界No.1

2019/11/4

最古のマスコット。"ミシュランマン"の本名は?【ミシュランタイヤ】|世界雑学

突然だが、フランスのタイヤメーカー・ミシュランのマスコットキャラクターをご存じだろうか? 真っ白なずんぐりボディにかわいい目が特徴的な、あのキャラクターである。イラストを見れば「ああ、あれね」と思い出す方もいるはずだ。 このキャラクターの名前は「ミシュランマン」といい、ミシュランの公式日本語サイトをチェックすると、この名前が書かれていることが確認できる。アメリカなどの海外でも「ミシュランマン」と呼ばれているが、実は本国フランスの本名では、名前が違うという。 今回は、そんな「ミシュランマン」の歴史について解 ...

記事を読む

世界一歩くのが速い国に関する雑学

世界No.1

2019/11/18

日本は何位?世界で一番"歩く速度が速い国"はどこ?|世界雑学

若い頃と比べると、ずいぶんせっかちになったような気がする。スーパーで買い物するときも、レジ係の要領の悪さにイライラするし、エレベーター扉の閉まるスピードが遅くて、閉ボタンを何回も押してしまう。挙句の果てには、前にいる人の歩く速度に合わせるのが無理で、追い抜いてしまう。 こうした傾向は年のせいなのかと思いながら、周りを見てみると、なんと急いでいる人の多いことか。 日本人は比較的せっかちな人が多いのかなと思うが、本当にそうなのだろうか? 面白いことに、世界のどこの街にせっかちな人が多いのかを調べた人がいる。各 ...

記事を読む

記事一覧を見る

「自然・宇宙雑学」の新着記事

"富士山へGO"の滑落事故。斜面の様子

地球

2019/11/7

冬に"富士山へGO"は絶対にダメ。滑落事故を振り返る【動画あり】

滑落事故現場の様子 「ここも危ないな…滑る……うわっ!!」 そう言い残して亡くなったTEDZUさん。 11月6日、山梨県の長崎幸太郎知事は「富士山は決してやさしい山ではない」と話し、富士登山への注意喚起を行った。 これは冒頭で紹介した、富士山山頂からの滑落事故を受けてのものだ。10月28日に発生した事故だが、この時期の富士山は閉山中。なぜこのような事故が起こってしまったのか…。 この滑落事故、ニコ生の配信中に起きてしまった悲劇だった。冠雪した富士山を登り、下山する動画を配信していたところだったのだ…。 【 ...

記事を読む

木の実がどれも派手なのは鳥にみつけてもらうためという雑学

植物・木

2019/10/29

植物と鳥の共存!木の実が派手な色なのはなぜ?|自然雑学

幼いころに「わけのわからない木の実」を食べたことはないだろうか。 小学校までの登下校の道のりにある、街路樹や庭木の木の実をみつけては、「なんの果実だろう?」「おいしそうだな~」と、つい口へと運んでいたことを思い出す。当時は派手な色をした木の実が、それぐらいおいしそうに見えたのだ。 この木の実の中には種が入っていて、これらの種が、また別の場所で芽を出して、大きな木に育っていく。 そう、木の実は木が子孫を残すためのとても大切なものだ。「だったら食べられないように、目立たない色をして、下に落ちるまで大人しく待て ...

記事を読む

地球は完全な球体ではないという雑学

地球

2019/10/29

地球は完全な球体ではなく楕円形をしている。確認する方法とは?【回転楕円体】|宇宙雑学

メディアでよくみる地球の映像も、家にある地球儀も、ボールのように丸い。だが、実際の地球はボールのような球体ではない。「完全な球体ではない」というのが、正しいようである。 「えっ、そうなの?」と驚くのもつかの間、「そんなこと、どっちでもいいや!」という声が聞こえてきそう…。しかし、宇宙の専門家からすると、かなり大きな違いのようだ。「完全な球体でない」と捉えることで、地球上のさまざまな現象が説明できるようになったという。 今回は地球が完全な球体ではない理由と、それを裏付ける根拠についても詳しく調べたぞ! 【宇 ...

記事を読む

紅葉した葉は光合成ができなくなるという雑学

植物・木

2019/11/29

葉緑体がない…!植物と木の"光合成ができなくなる時期"っていつ?|自然雑学

植物が生きるうえで欠かせない営み、光合成。 二酸化炭素と水と光から光合成で、酸素を生み出す植物たち。人間をはじめとした動物たちは、呼吸によって酸素を取り込んで二酸化炭素を外に出す。植物に必要な二酸化炭素を動物が作って、動物に必要な酸素を植物が作り出している。 動物と植物は持ちつ持たれつ。互いに正反対の生き方をしているおかげで地球はバランスを保っていると思うと、改めてよくできた仕組みだと感心してしまう。 しかし、植物だからといって問答無用にできるわけではない。実は樹木には、光合成をすることができない時期があ ...

記事を読む

「TSUNAMI」は世界共通語という雑学

自然現象

2019/11/8

津波の恐怖を世界へ。"TSUNAMI"は世界共通語として使われている|自然雑学

外国でも日本語が通じることがある。「KAWAII」や「MANGA」などがその代表的なものだろう。日本ならではのものが外国でも通じることがあれば、意外な言葉が通じることもある。 それが、「TSUNAMI」。そう、地震などが起こったことにより、大きな波が起こるあの恐ろしい現象だ。 どうしてこの言葉が外国でも通じる言葉になっているのだろうか? それには、1人の作家が関係していた。 今回は、そんな「TSUNAMI」についての雑学を紹介しよう。 【自然雑学】「TSUNAMI」は世界共通語 「TSUNAMI」は世界で ...

記事を読む

記事一覧を見る

「スポーツ雑学」の新着記事

「たまらん」ショート源田の動画まとめ

野球

2019/11/8

やっぱりたまらん!ショート"源田壮亮"の守備動画まとめ【ライオンズ】|スポーツ雑学

2018・2019年のパシフィックリーグを2年連続で制覇した「埼玉西武ライオンズ」。ライオンズといえば「獅子おどし打線」・「山賊打線」と称されるほど、「強力な打のチーム」として知られている。 しかし、守備陣にも球界屈指の選手がいることを忘れてはならない。西武には、いまや日本トップクラスの守備力を誇る源田壮亮(げんだそうすけ)内野手がいる。この記事では名手である彼のプレー集をご紹介しよう。 【スポーツ雑学】「たまらん」ショート源田の動画まとめ 埼玉西武ライオンズの源田選手は、守備に求められる基礎技術を完璧に ...

記事を読む

アーティスティックスイミングで装着する「ノーズクリップ」は予備として水着の中に仕込んであるという雑学

スポーツ全般

2019/11/8

取り扱い注意。アーティスティックスイミングの"ノーズクリップ"の秘密とは?|スポーツ雑学

選手たちが水中で一糸乱れぬ技を披露する「シンクロナイズドスイミング」。現在は「アーティスティックスイミング(以降AS)」に名称が変更されている。 水に恐怖心がある人は、水中で演技することなど、とても考えられないだろう。演技をする際に、選手たちが鼻に装着するのが「ノーズクリップ」である。 実は、水中でノーズクリップが外れてもいいように、その予備を水着のなかに仕込んでいることをご存知だろうか。 この記事では、AS選手が予備としてノーズクリップを水着に仕込んでいるトリビアについてご紹介する。 【スポーツ雑学】ア ...

記事を読む

イギリス発祥スポーツ「クリケット」は1試合に数日かかるという雑学

スポーツ全般

2019/11/8

長過ぎッ!"クリケット"は1試合に数日かかることがある【動画あり】|スポーツ雑学

イギリスを発祥とする「クリケット」は日本では馴染みのないスポーツだが、世界的に見るとその人気は非常に高い。 このクリケット、一見すると野球によく似たスポーツだが、また独特なルールがあり、ときには1試合に数日を要することもあるのだ! そこまで長時間になってしまうルールも気になるところだが、そんなに長時間プレーし続けて、選手は大丈夫なのか…? 以下より、そんなクリケットのルールの真相に迫っていこう! 【スポーツ雑学】イギリス発祥スポーツ「クリケット」は1試合に数日かかる クリケットの「テスト形式」というルール ...

記事を読む

日本生まれのオリンピック競技は柔道となんでしょう?というトリビア

五輪トリビア

2019/11/8

2つあるぞ!日本生まれの五輪競技は"柔道"となに?【動画あり】|オリンピック雑学

4年に1度開かれるスポーツの祭典・「オリンピック」。国の代表を背負い、真剣勝負を繰り広げる選手たちの様子は、観る者に多くの感動と勇気を与えてくれる。 このオリンピックにおいて、私たちの暮らす日本から生まれた競技ももちろん存在する。世界大会の競技が自国で生まれたというのは非常に誇らしいことだが、どの競技が日本生まれなのか、みなさんはちゃんと把握しているだろうか。 この記事では、そんな日本生まれのオリンピック競技を紹介しよう。 【オリンピック雑学】日本生まれのオリンピック競技は? 日本生まれのオリンピック競技 ...

記事を読む

野球のホームベースが五角形である理由についての雑学

野球

2019/11/8

ほかは四角形なのに…野球のホームベースが五角形なのはなぜ?|スポーツ雑学

スポーツ競技のルールは、時代を追うごとにさまざまな変遷を遂げるものである。そして新しくルールが設けられる背景には、必ず理由が存在している。 野球を例にとろう。今では当たり前になっていて気にも留めないことだが、よく考えてみれば、「ホームベースだけが五角形」になっているのは、不思議なことではないだろうか。 ホームベースを除くベースの形状はきれいな四角形になっている。どうしてホームベースだけ、五角形でなければならないのだろう…。 たしかにホームベースが五角形になっているのは、上からグラウンドを見下ろしてもしっく ...

記事を読む

記事一覧を見る

「サブカル雑学」の新着記事

鉄人28号は主題歌の中で悪魔の手先と呼ばれているという雑学

キャラ

2019/11/13

リモコン次第かい!鉄人28号は主題歌で"悪魔の手先"と呼ばれている|サブカル雑学

鉄人28号は日本で最初の巨大ロボットアニメとして知られている。1956年に始まった作品でテレビアニメは5作作られ、実写映画も制作されるなど非常に根強い人気を誇る。 そんな鉄人28号だが、主題歌を聞くと驚く人も多いだろう。主題歌の中で、なんと悪魔の手先と呼ばれている。一体どういうことだろうか?  今回は、謎多き鉄人28号についての雑学をご紹介していくぞ! 【サブカル雑学】鉄人28号は主題歌の中で「悪魔の手先」と呼ばれている 鉄人28号は、正義の味方にも悪魔の手先にもなると歌われている。良いも悪いもリモコンし ...

記事を読む

北斗の拳はギャグ漫画だったという雑学

漫画・ゲーム

2019/11/14

原作者は大爆笑!"北斗の拳"はもともとギャグ漫画として描かれた|サブカル雑学

1983年から88年まで、『週刊少年ジャンプ』で連載されていた人気漫画『北斗の拳』。20世紀末に最終戦争が行われ、秩序が崩壊した世界を舞台にした物語である。 伝説の暗殺拳北斗神拳の伝承者・ケンシロウの活躍を描いたハードボイルドなストーリーは、海外にもファンが多く、累計発行部数・1億部を超える大ヒット作品となった。 そんな北斗の拳だが、本当はギャグ漫画のつもりで描かれたものだということをご存知だろうか。…北斗の拳がギャグ漫画だって!? たしかにケンシロウが敵キャラに向かっていう皮肉にクスっとさせられることは ...

記事を読む

機動戦士ガンダムのOPはスポンサーを騙すために作られたという雑学

アニメ 驚き

2019/11/14

スポンサーを騙すため?"機動戦士ガンダム"のOPが熱血系な理由とは?【翔べ!ガンダム】|面白い雑学

機動戦士ガンダムは、当時のロボットアニメでは考えられないようなリアル志向のストーリーで制作され人気を得た。 しかし、OP曲はガンダムの内容とはまったく合っていない熱血ロボットアニメのような曲調と歌詞になっている。これは作品にスポンサーをつけるために、わざと作風に合わない曲が作られたという。 機動戦士ガンダムのOPはスポンサーを騙すために作られた? という雑学についてご紹介しよう。 【面白い雑学】機動戦士ガンダムのOPはスポンサーを騙すために作られた? 機動戦士ガンダムのオープニング「翔べガンダム!」は作品 ...

記事を読む

シティーハンターの原作では冴羽獠の養父が最大の敵として登場するという雑学

漫画・ゲーム

2019/11/13

アニメではカット。原作"シティーハンター"の冴羽獠の最大の敵は?|サブカル雑学

『シティーハンター』は、昭和末期から平成初期にかけて、『少年ジャンプ』の黄金期と呼ばれる時代に連載されていた人気漫画だ。シティーハンターと呼ばれるプロの始末屋・冴羽獠(さえばりょう)の活躍を描いた作品である。 序盤は単に女好きの殺し屋を描いたような内容だったが、途中から探偵が女性のボディーガードをするような作風に変わり、5000万部を超える大ヒット作品になった。正義の味方感が強くなったことが、ヒットに拍車をかけたといったところだろうか。 こうしてアニメ化もされたシティーハンターだが、実はアニメでは原作での ...

記事を読む

ワンパンマンのボロスは他の漫画のキャラだったという雑学

キャラ

2019/11/13

"太陽マン"から!ワンパンマンの"ボロス"はもともと他作品のキャラ|サブカル雑学

ワンパンマンとは、主人公がどんな敵でもワンパンで倒してしまう主人公が、ヒーローとして怪人と戦う漫画である。 そしてボロスは、主人公のパンチを受けても初めて死ななかった敵キャラだ。現在はボロスと同等程度とされる敵も登場したが、作中で最強クラスの敵キャラとして人気がある。 そんなボロスは、原作者のONEが描いていた別漫画に登場していたというのをご存じだろうか? 今回は、ワンパンマンのボロスは別漫画のキャラだった? という雑学についてご紹介しよう。 【サブカル雑学】ワンパンマンのボロスは他の漫画のキャラだった? ...

記事を読む

記事一覧を見る

「ルール雑学」の新着記事

日本の国旗は1999年に変更されているという雑学

日本の法律

2019/12/4

どこが違うの…?日本の国旗は1999年に変更されていた【日章旗】|ルール雑学

筆者は、幼少のころ、「日の丸」が嫌いだった。だって、シンプルすぎるじゃん? 白地に赤い丸、ハーイ終了! 我が国の国旗がそんなノリなヤツな気がして、どうしても好きになれなかったのだ。あと梅干しも嫌いで、地域のリクリエーションのときの弁当が日の丸弁当だったときにも、絶望を味わったものである。 ちなみに、当時の筆者が一番好きな国旗は、「ネパール」だった。だって、形が四角じゃないんだぜ? 三角形2つ組み合わせた形なんて、超かっこいいじゃん! 今では梅干しも食べられるし、日の丸の味わい深さもわかる大人となった筆者で ...

記事を読む

北海道に「牛乳で乾杯条例」を制定した町があるという雑学

日本の法律

2019/11/19

とりあえず牛乳で!"牛乳で乾杯条例"を制定している町がある|ルール雑学

パーティーのような人の集まる場だと、食事に手をつける前に乾杯をすることが多い。乾杯の飲み物は、大人ならビールなどのアルコール、子どもだとジュースが定番だろう。 北海道のある町では、「牛乳で乾杯条例」が制定されている。名前のとおり、「牛乳で乾杯をしよう」という条例だ。 牛乳で乾杯って、一般的じゃないよな…。なんで牛乳なの? 【ルール雑学】北海道に「牛乳で乾杯条例」を制定した町がある 北海道の中標津町は酪農が盛んな町であり、酪農への理解を深め、牛乳の消費を拡大するために「牛乳で乾杯条例」を制定した。 【雑学解 ...

記事を読む

喧嘩の現場に加担したりヤジをとばしたりするのは犯罪という雑学

日本の法律

2019/11/19

煽り禁止。喧嘩に加担&ヤジを飛ばすと犯罪になる【現場助勢罪】|ルール雑学

野次馬というのはうっとうしいものだ。直接関係ないのに、怖いものみたさや好奇心で駆けつけ、心ないヤジの言葉を投げかける。 野次馬に出くわす場面はさまざまだが、代表的なシチュエーションが喧嘩だ。ヤジをとばしたり、ときには喧嘩に加わる者までいる。 こうした行為を何とか処罰できないかと思っていたが、実は犯罪に該当するらしい。それは良かった! 気になったので詳しく調べてみた! 【ルール雑学】喧嘩の現場に加担したりヤジをとばしたりするのは犯罪 決闘に応じたり、決闘をあおったりする行為は、刑法206条の「現場助勢罪」に ...

記事を読む

徴兵に生徒を取られないための新学期ルール

日本の法律

2019/10/25

生徒は渡さん…!新学期が"4月1日から"の理由は徴兵登録のため|ルール雑学

春、桜が舞う四月。まだ身長の割には大きなランドセルを背負い、新小学一年生が入学式を迎える。「友達100人できるかな…?」と、これから幕を開ける学校生活への期待に胸を膨らませながら…。 入学式もそうだが、日本では新学期は4月1日からはじまることになっている。当たり前すぎてこれまで疑問に感じなかったが、そういえば、なぜ4月という中途半端な時期に始まるのだろうか? 気になったので調べてみた。どうやら徴兵登録が関係しているらしいぞ。 【ルール雑学】新学期が4月1日からなのは徴兵登録のためだった 学校制度が制定され ...

記事を読む

飛行機の制限速度に関する雑学

意外なルール

2019/11/27

高度で違う!飛行機にも"制限速度"がある|ルール雑学

突然だが、皆さんは東京から北海道まで旅行するとしたら、交通手段は何を選ぶだろうか? おそらく多くの人が飛行機と答えるだろう。 飛行機は他のどの手段より速い。目的地まで全速力で駆け抜けるイメージがあるだろう。 しかし意外や意外、実は飛行機にも制限速度があるらしい。全速力で飛んでいるわけではないのだ。今回はそんな飛行機の飛行速度について、迫ってみたぞ! 【ルール雑学】飛行機にも制限速度がある 海抜10,000フィート以下の領域には制限速度があり、3,000フィート以下では時速370キロ(200ノット)、3,0 ...

記事を読む

記事一覧を見る

Copyright© 雑学カンパニー , 2019 All Rights Reserved.