日本の法律の雑学一覧

雑学の中でも日本の法律の雑学を集めてみました。

日本に住んでいながら、意外と知らない日本の法律…。

そんなトリビアたちをご紹介していきましょう!

人気の雑学


日本で最も長い名称の法律は?という雑学
112文字って絶対噛む。日本で最も長い法律の名称は?

続きを見る


心中しようとして生き残ると罪になるという雑学
心中しよう→生き残る→有罪!どんな罪…?

続きを見る


不可避!給食で牛乳が出る理由は"法律で決められているから"

続きを見る

 

新着記事

チケットの転売はどこからが法律違反?という雑学

日本の法律

2020/5/24

合法じゃない?チケットの転売はどこからが法律違反?

苦労して取得したプロ野球やライブのチケット。その日を迎えるのを楽しみにしていたが、都合が悪くなったり突然の体調不良などで行けなくなってしまうこともよくあるパターン。 そうなったら残念だが諦めるしかない…が、諦めきれないのはチケット代金。もったいないと思ってチケットの売却を検討する人も多いが、うかつに取引すると法律違反となり、最悪の場合逮捕となるかも! 【ルール雑学】チケットの転売はどこからが法律違反? チケットの転売自体は違法ではないが、営利目的で販売すると法律違反となってしまう。 【雑学解説】営利目的で ...

警察じゃなくても現行犯逮捕はできるという雑学

日本の法律

2020/3/8

私人逮捕!警察でなくても現行犯逮捕はできる!…けど注意点もある

刑事ドラマの見せ場といえば、犯人を取り押さえ、ガチャン! と手錠をはめる逮捕のシーンだ。一般人にはおよそ体験できない非現実とあってか、警察官のかっこよさもひとしおである。 しかしそれが、どうも一般人にとっても非現実とはいえないようだ。なんでも条件次第では、警察でなくても犯罪者を逮捕することができるという。 一般市民が事件を解決! なんて、それこそドラマの主人公みたいではないか! ということで、今回は一般人が行う現行犯逮捕について、迫っていくこととしよう。 【ルール雑学】警察じゃなくても現行犯逮捕はできる ...

日本の国旗は1999年に変更されているという雑学

日本の法律

2020/2/14

どこが違うの…?日本の国旗は1999年に変更されていた【日章旗】

筆者は、幼少のころ、「日の丸」が嫌いだった。だって、シンプルすぎるじゃん? 白地に赤い丸、ハーイ終了! 我が国の国旗がそんなノリなヤツな気がして、どうしても好きになれなかったのだ。あと梅干しも嫌いで、地域のリクリエーションのときの弁当が日の丸弁当だったときにも、絶望を味わったものである。 ちなみに、当時の筆者が一番好きな国旗は、「ネパール」だった。だって、形が四角じゃないんだぜ? 三角形2つ組み合わせた形なんて、超かっこいいじゃん! 今では梅干しも食べられるし、日の丸の味わい深さもわかる大人となった筆者で ...

北海道に「牛乳で乾杯条例」を制定した町があるという雑学

日本の法律

2020/2/14

とりあえず牛乳で!"牛乳で乾杯条例"を制定している町がある

パーティーのような人の集まる場だと、食事に手をつける前に乾杯をすることが多い。乾杯の飲み物は、大人ならビールなどのアルコール、子どもだとジュースが定番だろう。 北海道のある町では、「牛乳で乾杯条例」が制定されている。名前のとおり、「牛乳で乾杯をしよう」という条例だ。 牛乳で乾杯って、一般的じゃないよな…。なんで牛乳なの? 今回の雑学では、そんなナゾ条例について迫ってみた! 【ルール雑学】北海道に「牛乳で乾杯条例」を制定した町がある 北海道の中標津町は酪農が盛んな町であり、酪農への理解を深め、牛乳の消費を拡 ...

喧嘩の現場に加担したりヤジをとばしたりするのは犯罪という雑学

日本の法律

2020/2/14

煽り禁止。喧嘩に加担&ヤジを飛ばすと犯罪になる【現場助勢罪】

野次馬というのはうっとうしいものだ。直接関係ないのに、怖いものみたさや好奇心で駆けつけ、心ないヤジの言葉を投げかける。 野次馬に出くわす場面はさまざまだが、代表的なシチュエーションが喧嘩だ。ヤジをとばしたり、ときには喧嘩に加わる者までいる。 こうした行為を何とか処罰できないかと思っていたが、実は犯罪に該当するらしい。それは良かった! そこで今回は、この雑学について詳しく調べてみたぞ! 【ルール雑学】喧嘩の現場に加担したりヤジをとばしたりするのは犯罪 決闘に応じたり、決闘をあおったりする行為は、刑法206条 ...

徴兵に生徒を取られないための新学期ルール

日本の法律

2020/3/26

生徒は渡さん…!新学期が"4月1日から"の理由は徴兵登録のため

春、桜が舞う四月。まだ身長の割には大きなランドセルを背負い、新小学一年生が入学式を迎える。「友達100人できるかな…?」と、これから幕を開ける学校生活への期待に胸を膨らませながら…。 入学式もそうだが、日本では新学期は4月1日からはじまることになっている。当たり前すぎてこれまで疑問に感じなかったが、そういえば、なぜ4月という中途半端な時期に始まるのだろうか? 気になったので、今回はこの雑学について調べてみた。どうやら徴兵登録が関係しているらしいぞ。 【ルール雑学】新学期が4月1日からなのは徴兵登録のためだ ...

NHKの受信料に関する雑学

日本の法律

2020/2/14

NHKの受信料についておさらい。N国党の目的は?

NHKの受信料は毎月支払わなくてはならず、積もり積もるとそれなりに大きな額になる。そして「観ていない」などの理由で、実は払っていない人も結構多い。 しかしわざわざ営業マンが催促しにくるぐらいだから、払わなければ何かペナルティがあるのではないか…。気になるところである。 本雑学記事では、そんなNHKの受信料の仕組みについて詳しく調べてみた。 【ルール雑学】NHKの受信料について NHKと契約をした場合は、NHKの受信料を支払う義務がある。ただし、支払わなくても現状で特に罰則はない。 【雑学解説】NHKの受信 ...

日本で最初の特許に関する雑学

日本の法律

2020/4/9

日本で最初の特許はなに?8月14日は"専売特許の日"

特許とは、何か高度な発明を成し遂げたり、アイデアを思いついたときに、他の人に真似されないよう、自分だけが使えるものとして権利化する制度のこと。 2017年の特許出願件数は世界で約317万件にのぼり、国別に見ると、日本が件数ランキング3位につけている。そんな特許大国ともいえる我が国日本において、最初に特許を取得したのは誰なのか気になりやしないだろうか? 気にならないと言われたらそれまでだが、いろいろと調べてみたのでぜひ気になっていただきたい! ということで今回の雑学では、日本での最初の特許について解説してい ...

他人あての郵便物を勝手に開封すると罪になるという雑学

日本の法律

2020/3/24

家族でも有罪!他人の郵便物を勝手に開封することは犯罪【信書開封罪】

一緒に生活している家族や、恋人へ届いた郵便物。何も考えずに開封したことはあるだろうか? 実は、自分以外の郵便物を勝手に開封すると罪になるらしいのだ。これはたとえ、親しい間柄であっても、家族であってもというのだ。 しかし、郵便物と一言でいってもいろいろとある。お店などから来たダイレクトメールや、広告・友人などからの手紙・請求書などなど。数ある種類の郵便物、そのどれもが他人あての郵便物を開封すると罪になるのだろうか? ダイレクトメールやお店からのお知らせなどは、別に開けても良いような気がするのだが。もちろん、 ...

食い逃げは理論上無罪?に関する雑学

日本の法律

2020/2/14

ダメだけどね…!食い逃げは条件が揃うと無罪になる場合がある【詐欺罪】

「食い逃げ」 飲食店で飲食して代金を支払わず逃げること。無銭飲食。ドラマや漫画の世界だとよく見かけるが、もちろん現実にもおきている。 「わたし、したことあるよ」なんていう人はいないと思うが、飲食店で働いたことがある人の中には実際に遭遇したことがある人もいるかもしれない。 ところで、この「食い逃げ」だが、刑事上罪にならないと聞いたことがあるだろうか? 今回は初めて聞く人からすると、そんなバカなと思ってしまうこの噂を詳しく説明しよう。 【ルール雑学】食い逃げは理論上無罪? 食い逃げはある一定の条件がそろうと、 ...

© 2020 雑学カンパニー