スポーツ雑学の記事一覧|野球/サッカー/ラグビー/テニス/相撲に関するトリビアをご紹介〜!

スポーツに関する雑学記事をまとめてみました!

野球・サッカー・ラグビー・テニス・相撲・バドミントン・バレーなどなど…いろんなスポーツのトリビアが満載です。

スポーツ雑学記事を読んで、よりスポーツを好きになりましょう〜!

オリンピック雑学

2019/9/22

オリンピック史上初!親子で金メダリストになった塚原家とは?【体操競技】|オリンピック雑学

2020年の東京オリンピック、みなさんはどんな競技を応援しているだろうか? 日本勢の活躍はどれも嬉しいものだ。その中でもやはり体操や柔道など応援に力が入る競技は人それぞれだろう。 そんなオリンピック選手の中に親子でメダルを獲得している一家がいるのはご存じだろうか。 今回はそんなオリンピック家族の塚原家についてご紹介しよう。パワハラ問題でいろいろとあったのでマイナスイメージが付きがちではあるが、実はスゴい一家なのだ! ※こちらの記事は、パワハラ問題についてではなく塚原家の実績について書いています。 【オリン ...

スポーツ雑学

2019/9/22

水中にスピーカー!?アーティスティックスイミングではプール内でも音楽が聴ける|スポーツ雑学

選手たちが一糸乱れぬ動きで演技を行う「シンクロナイズドスイミング」。2017年からは、「アーティススティックスイミング」と名称が変更された。競技の名称の変更にともない、同調性のみならず、芸術性や力強さも重視されるようになった。 ところで、選手たちの演技を観て、こんな疑問を抱いた方はいないだろうか。彼女たちは演技中にどうやって水中でタイミングを合わせているのか。その際、音楽が聴こえているのか、と。この記事では、その真相に迫っていく。 【スポーツ雑学】アーティスティックスイミングでは水中にスピーカーが設置され ...

スポーツ雑学

2019/9/19

邪気払いと安全祈願!力士が取り組みの際に土俵で塩をまくのはなぜ?|スポーツ雑学

日本の国技とされる大相撲。伝統と格式が重んじられる大相撲には、他のスポーツには見られない独特な風習がある。そのひとつに、力士が取り組みを行う際、土俵の上で塩をまく行為がある。 力士が土俵の上で塩をまくのは何の目的で行われているか、あなたはご存知だろうか。この記事では、力士が土俵で塩をまく行為の真相に迫っていく。 【スポーツ雑学】力士が塩をまくのは何のため? 力士が土俵で取り組みを行う際に塩をまくのは、神聖な土俵上の邪気を清め、ケガのないように安全を祈願するため。 【雑学解説】日本の風習にもつながりの深い、 ...

スポーツ雑学

2019/9/19

創始者への敬意。野球の始球式で"打者が空振りする"のは日本発祥【大隈重信】|スポーツ雑学

スポーツでは、試合開始前に第3者によって試合開始を告げるセレモニーが行われる。なかでも有名人やスポーツ選手を招いて行う、野球の始球式はその代表例といえる。 いまや世間にすっかり定着した野球の始球式だが、そのセレモニーの際は、ゲストが投じたボールを打者が空振りすることが慣習となっている。では、それを日本で始めた行った人物は誰だったのか。この記事では、その真相に迫っていく。 【スポーツ雑学】野球の始球式の際、打者が空振りする慣習は日本から広まった 野球の始球式の際に打者が空振りをする慣習は、1908年のアメリ ...

スポーツ雑学

2019/9/15

かごにボールをシュート!"バスケットボール"の名前の由来とは?|スポーツ雑学

スポーツのルールは、時代を重ねるにつれて変更されていくことが自然だ。したがって、考案された当時のルールとは、当然違いがある。両チームあわせて10人でスコアを競い合うバスケットボールも例外ではない。 現在のバスケットボールでは、リングの形をしたゴールが当たり前になっているが、競技が考案された当時はまったく異なっていたのだ。この記事では、バスケットボールのゴールの真相に迫っていく。 【スポーツ雑学】「バスケットボール」は名の通りバスケットをゴールにしていた バスケットボールを考案したとされるカナダ人教師のジェ ...

スポーツ雑学

2019/9/15

気候や環境も敵…。水泳競技はもともと海や川で行われていた|スポーツ雑学

夏になると海や川で遊ぶことを楽しみにしていた方も多いだろう。筆者も夏休みを利用して、一日中海や川で泳いだり、水遊びをした記憶がある。 ところで、この海や川では、現在は室内で行われることが当たり前となっている水泳競技が開催されていたことをご存じだろうか。そう、競技が室内プールで開催される以前、水泳競技は海や川で開催されていたのだ。 この記事では、かつて水泳競技が海や川で行われていた真相に迫っていく。 【スポーツ雑学】水泳競技は昔、海や川で行われていた 水泳競技が室内プールで開催される以前、競技は海や川(池) ...

スポーツ雑学

2019/9/13

真夏の雪山!甲子園のスタンドを"アルプススタンド"と呼ぶのはなぜ?|スポーツ雑学

毎年、夏になると盛り上がる高校野球は高校スポーツの花形だ。負けたら終わりの夏の大会は、毎年出場校の数だけドラマを生む。 なかでも高校野球の最高峰である全国大会、通称甲子園は誰もが注目する夏の風物詩。8月の甲子園球場は高校生たちのものだ。 3年間、努力を重ねてきた球児たちの集大成は、人々に不思議な熱気と感動をもたらす。 そんな甲子園は応援もアツい。熱気に溢れる甲子園のスタンドは、「アルプススタンド」と呼ばれる。 「アルプス」というと雪山!? どうして真夏の甲子園が雪山になるんだろう…。今回は「アルプススタン ...

スポーツ雑学

2019/9/13

速さを求めた末に…!バタフライは平泳ぎが進化した泳法【ネオ平泳ぎ】|スポーツ雑学

水泳競技には、4つの泳法がある。 両手を同時に回しドルフィンキックで進むバタフライ。あおむけで進む背泳ぎ。 カエルのように手足で水を掻く平泳ぎ。交互に手を回しバタ足で進むクロール。実際に4つの泳法を見ても個性がある。 人によって得意不得意はあるけれど、そのなかでもいちばん楽に進むことができるのは平泳ぎだろう。逆に習得が難しく、疲れやすいのはバタフライ。多くのスイミングスクールでバタフライはいちばん最後に習う泳法だ。 平泳ぎとバタフライ。相反するようなふたつの泳法だが、実は切っても切れない関係があるのだ。 ...

スポーツ雑学

2019/9/11

ダサいのは盗難対策!ボウリング場のレンタルシューズが派手な理由|スポーツ雑学

世代によってはとっても馴染みがあるスポーツ、ボウリング。流行はあるけれど、いつの時代も一定以上の人気があり、最近では女子のプロリーグである「Pリーグ」なんかも注目された。 そんな人気スポーツの1つであるボウリング、実際にボウリング場に遊びに行くと、ふとしたときに気になってしまうことがある。 貸し出し用のボウリングシューズだ。マイボールやマイシューズをもっていないライトユーザーからすると非常にありがたいものだが… レンタルシューズって派手すぎないか? 筆者の近所にあるボウリング場では1足300円で借りること ...

スポーツ雑学

2019/9/19

4種類もある!ハンドボールは年齢によってボールのサイズが異なる|スポーツ雑学

球技界の格闘技ともいわれている「ハンドボール」。TVでのゲーム中継などがほとんどないため、「よく知らない」という人も多いかもしれない。 そんなちょっぴりマイナーなスポーツ「ハンドボール」だが、実はめっちゃかっこいい魅力的な競技。 そんなハンドボールにまつわるトリビアをご紹介していこうと思うのだが、今回は、ハンドボールで使うボールが年齢により大きさが変わる! というトリビアをご紹介しよう! 記事の後半では、海外で活躍するハンドボール選手達のスーパープレイ集もご紹介するので、ハンドボールなんて知らないよってい ...

Copyright© 雑学カンパニー , 2019 All Rights Reserved.