スポーツ雑学の記事一覧|オリンピック/野球/サッカー/ラグビー/テニス/相撲に関するトリビアをご紹介〜!

スポーツに関する雑学記事をまとめてみました!

野球・サッカー・ラグビー・テニス・相撲・バドミントン・バレーなどなど…いろんなスポーツのトリビアが満載です。

スポーツ雑学記事を読んで、よりスポーツを好きになりましょう〜!

2020年の東京オリンピックに向けて、オリンピック雑学もぜひ。

オリンピックの雑学一覧

野球の雑学一覧

球技の雑学一覧

武道・格闘技の雑学一覧

いろいろなスポーツに関する雑学一覧

新着記事

剣道ではガッツポーズをしたら負けになるという雑学

武道・格闘技

2020/1/18

礼儀が大事!剣道ではガッツポーズをしたら負け【動画あり】|スポーツ雑学

イケメンのサッカー選手がガッツポーズをすると、観客席から女性ファンの歓声が上がる。ゴールを決めた時、ガッツポーズで全身で喜びを表すスポーツ選手は多い。 しかし、日本にはガッツポーズをしたら負けてしまうスポーツがあるようだ。 なんと剣道はガッツポーズをして喜びを噛みしめると負けになってしまうようである。 【スポーツ雑学】剣道ではガッツポーズをしたら負けになる ガッツポーズは禁止行為に該当し、取り消しなどの判定が下されることもある。 【雑学解説】剣道においてガッツポーズは礼儀違反 剣道は日本の美しい美徳が反映 ...

最速の球技はバドミントンという雑学

球技

2020/1/3

ギネス記録。最速の球技はバドミントンで時速400キロ超え【動画あり】|スポーツ雑学

男なら憧れるNo.1の称号。あなたは最速の球技を知っているだろうか? 今回紹介する雑学を知れば、明日から「世界最速の球技をやっているんだぜ」とかっこつけることができる。その世界最速の球技は、バドミントンである。しかも断トツ。 そこで、今回はバドミントンの球速がどれくらいなのか、他の球技と比較しつつ紹介していくぞ。これで明日からNo.1の称号を手に入れることができるだろう。 【スポーツ雑学】最速の球技はバドミントン 最速の球技はバドミントンで、時速493kmという世界記録がある。 【雑学解説】バドミントンの ...

サッカーワールドカップで一番優勝している国は「ブラジル」という雑学

球技

2020/1/2

サッカーワールドカップで最も優勝している国は?【動画あり】|スポーツ雑学

サッカー界でもっとも権威ある大会、それはもちろんワールドカップである。大陸予選を勝ち抜いて本大会に進むことすら難しい。そのような中、この大会において最多の優勝回数を誇るのがブラジルである。 そこで今回は、サッカーワールドカップにおけるブラジルの優勝回数や、その他の優勝・準優勝国に関するトリビアをご紹介する。 【スポーツ雑学】サッカーワールドカップで一番優勝している国は「ブラジル」 ブラジルの優勝回数は最多の5回! 【雑学解説】ブラジルはサッカーワールドカップで5回優勝している 「世界でもっともサッカーが強 ...

メジャーリーグには「引き分け」がないという雑学

野球

2020/1/2

なぜ?メジャーリーグに"引き分け"がない理由とは?【動画あり】|スポーツ雑学

全米を熱狂させるスポーツリーグのひとつ、メジャーリーグ。その歴史は長く、なんと1876年から続いている。野球界では、世界最高峰のプロ野球リーグと称されている。 日本のプロ野球よりも歴史が長く、球団数も多いメジャーリーグだが、全ての試合に勝敗をつけており、引き分けがないのである。 なぜ引き分けがないのか? その疑問を今回は解き明かしていこうと思う。 【スポーツ雑学】メジャーリーグには「引き分け」がない アメリカのメジャーリーグでは引き分けがない。 【雑学解説】なぜメジャーリーグには「引き分け」がないのか? ...

相撲には「痛み分け」という判定があるという雑学

武道・格闘技

2020/1/2

引き分けとは違う!相撲には"痛み分け"という判定がある|スポーツ雑学

己の肉体のみをぶつけて勝敗をつける日本古来のスポーツ「相撲」。昨今では相撲人気の再来で、若い人でも興味を持つことも多いようだ。 相撲と言えば勝敗がとても分かりやすいのだが、引き分けになることは滅多にない。そして、勝敗や引き分け以外にも判定があるのをご存じだろうか? 今回はそんな相撲の判定についての雑学を紹介していくぞ! 【スポーツ雑学】相撲には「痛み分け」という判定がある 相撲の判定には「勝敗(不戦含む)」「引き分け」の他に「痛み分け」というのが存在するのだ。 【雑学解説】「痛み分け」って、どういう判定? ...

ボクシングでパンチを打つときに声を出す理由に関する雑学

武道・格闘技

2019/12/27

シュッ!ボクシングでパンチを打つときに声を出す理由とは?【動画あり】|スポーツ雑学

ボクシングの試合などを見ていると、ボクサーたちはパンチを打つたびに「シュッ! シュッ!」と声を出していることがわかる。 …選手たちはみんな当然のようにやっているけど、あれってマンガの必殺技と同じで、相手に攻撃のタイミング教えているようなもんじゃないか? なんでわざわざ声を出してパンチするんだ? 単にかっこをつけるためにそんなデメリットを追うとは思えない。今回はそんなボクシングの「シュッ! シュッ!」に関する雑学である。 【スポーツ雑学】ボクシングでパンチを打つときに声を出す理由 パンチの初動には脱力が重要 ...

柔道では黒帯の上があるという雑学

武道・格闘技

2020/1/7

最強じゃない!?柔道では黒帯より上位が2種類ある|スポーツ雑学

柔道は日本発祥の武術のひとつであり、オリンピックの競技にもなっている世界的なスポーツでもある。 多くの選手は大会で「黒帯」を使用している。黒帯は有段者の証! 有名な選手は必ずと言っていいほど黒帯を締めている。ちなみに、筆者も初段を持っているが、あまり役には立っていない…。 世界大会やオリンピックの金メダリストも黒帯を締めているが、実は「黒帯の上の帯の色」があるのはご存じだろうか?  【スポーツ雑学】柔道では黒帯の上がある 柔道の黒帯の上には、「紅白帯」と「紅帯」の2種類の色が存在する。 【雑学解説】黒帯の ...

玉入れのカゴの高さは4メートル12センチと決まっているという雑学

球技

2020/1/13

なぜ?玉入れのカゴの高さが4m12cmと決まっている理由とは?【動画あり】|スポーツ雑学

玉入れといえば運動会の定番種目、運動音痴でも楽しく参加できる平和な競技である。 ところで玉入れに使うカゴの高さに興味を持ったことがある人はいるだろうか? 玉入れの高さは実は、スポーツ的な意味合いとは全く関係のないところから決められていた。 カゴの高さを誰がどうやって決めたのか? 今日は玉入れの雑学を紹介するぞ! 【スポーツ雑学】玉入れのカゴの高さは4メートル12センチと決まっている 玉入れのカゴの高さは北海道の和寒町(わっさむちょう)の最低気温である。 【雑学解説】カゴの高さのルーツは北海道和寒町にあった ...

「たまらん」ショート源田の動画まとめ

野球

2019/11/8

やっぱりたまらん!ショート"源田壮亮"の守備動画まとめ【ライオンズ】|スポーツ雑学

2018・2019年のパシフィックリーグを2年連続で制覇した「埼玉西武ライオンズ」。ライオンズといえば「獅子おどし打線」・「山賊打線」と称されるほど、「強力な打のチーム」として知られている。 しかし、守備陣にも球界屈指の選手がいることを忘れてはならない。西武には、いまや日本トップクラスの守備力を誇る源田壮亮(げんだそうすけ)内野手がいる。この記事では名手である彼のプレー集をご紹介しよう。 【スポーツ雑学】「たまらん」ショート源田の動画まとめ 埼玉西武ライオンズの源田選手は、守備に求められる基礎技術を完璧に ...

アーティスティックスイミングで装着する「ノーズクリップ」は予備として水着の中に仕込んであるという雑学

スポーツ全般

2019/12/7

取り扱い注意。アーティスティックスイミングの"ノーズクリップ"の秘密とは?|スポーツ雑学

選手たちが水中で一糸乱れぬ技を披露する「シンクロナイズドスイミング」。現在は「アーティスティックスイミング(以降AS)」に名称が変更されている。 水に恐怖心がある人は、水中で演技することなど、とても考えられないだろう。演技をする際に、選手たちが鼻に装着するのが「ノーズクリップ」である。 実は、水中でノーズクリップが外れてもいいように、その予備を水着のなかに仕込んでいることをご存知だろうか。 この記事では、AS選手が予備としてノーズクリップを水着に仕込んでいる雑学についてご紹介する。 【スポーツ雑学】アーテ ...

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.