球技

持ちやすいだけ?ラグビーボールが楕円形である理由とは?

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

ラグビーボールが楕円形である理由に関する雑学

球技と聞くと、みんなは何を思い浮かべるだろうか? 野球・サッカー・ボウリング・ゴルフetc…さまざまな球技が存在するが、これらのボールはすべて真円でできている。

だが、ラグビーボールは違う。楕円球を使っている。今回の雑学では、ラグビーボールの形の謎に迫ろうと思う!

【スポーツ雑学】ラグビーボールが楕円形である理由

新人ちゃん
課長、ラグビーボールってなんであんな変な形なんですか?
マッチョ課長
いい質問だ!それはな、持ちやすさ・ボールの弾みやすさを理由に楕円形になったんだ!!

【雑学解説】ラグビーボールは楕円形じゃないと不都合がいっぱい

ラグビーボールが丸かったら不都合がいっぱい。

ラグビーができた当初は真円のボールを使っていたのだが、真円のボールにはさまざまな不都合があった。

第一に持ちづらいこと。また、ボールが弾みにくいこと。手元からボールが離れるたびにプレイがストップしがちで面白味に欠けてしまう。

新人ちゃん
たしかに……真円だと持ちにくそう!

その結果、持ちやすいように改良され、今の楕円形に落ち着いたのだ! そして楕円になったことで、不規則なバウンドを引き起こし、ゲーム性もアップした。

スポンサーリンク

【追加雑学①】ラグビーはサッカーから派生してできたスポーツ

実はラグビーは、サッカーの延長上からできたスポーツなのだ!

1823年、当時のサッカーは手を使うことがルール上許されていた。そんななか、とあるサッカー選手が、なんとボールを抱えたままゴールまで駆け抜けてしまったのだ! 今のサッカーのルールならモチロン反則! 下手をすれば一発退場モノだろう。

新人ちゃん
プレーを観ていた人は驚いただろうな……

この時代では手を使ってもOKだったとはいえ、抱えて走ることはさすがに想定されていなかった。この珍事をみた誰かが「これはおもしろいな! いっそのこと手を主体にした別ルールのスポーツを作ろう!」と思い立ったことが、ラグビーの起源になったそうだ。発想がすごい…。

【追加雑学②】ラグビーボールは昔は○○で作られていた!

ラグビーボールは昔は○○で作られていた!というトリビア

実は昔は、ラグビーボールを作る材料として、驚くことに豚の膀胱が使われていたのだ! 豚の膀胱は空気を入れると楕円形に広がっていく。

これに牛の皮でコーティングすることで、おそらくみんなが知るあのラグビーボールの形状に出来上がるというわけだ。恐ろしすぎる…。

新人ちゃん
キャァァー!豚の膀胱って!!!

ゴムの加工技術が発展した今は、もちろんそんな作り方はされていないので安心してほしい。

雑学まとめ

ラグビーボールが楕円形である理由に関する雑学まとめ

今回の雑学では、ラグビーボールが楕円形である理由についてとりあげた。奇抜な行為を頭ごなしに否定せずに新たなスポーツを生み出し、そこからの鋭意工夫で今の楕円形のラグビーボールは作り出された。そこに人間としての大切な何かを感じさせてくれる。

マッチョ課長
意外性のある奇抜なプレーが、スポーツの進化に大いに貢献したというわけだな!
新人ちゃん
スポーツの歴史っておもしろ~い!

情報が溢れている現代社会だが、まだまだ発想に限界なんてないんじゃないだろうか? そんなふうに思えるネタをこれからも提供していきたいと思う。

おすすめ記事

ラグビー日本代表に外国人が多い理由に関する雑学
日本人が少ない…?ラグビー日本代表に外国人が多い理由とは?

続きを見る

ラグビーの「ジャッカル」についての雑学
実は高度なプレー!ラグビーの"ジャッカル"について解説【動画あり】

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー