歴史雑学の記事一覧|歴史上の人物のトリビア満載!日本史から世界史まで

歴史に関する雑学記事をまとめてみました!

日本史から世界史まで、過去の偉人たちにはトリビアが満載ですねえ…。中にはイメージブチ壊しな雑学もありますのでご注意を…。

日本史の雑学一覧

武将・武士の雑学一覧

江戸時代の雑学一覧

世界史の雑学一覧

寺社の雑学一覧

芸術・文学の雑学一覧

新着記事

日本で最古の地震はいつ起こった?という雑学

日本史

2020/1/4

日本書紀に記載が!日本で最古の地震はいつ起こった?|歴史雑学

日本で生活する以上、地震は避けられない災害の一つである。太古の昔から地震はあったとは思うが、それでは日本の最古の地震はいつ発生したのだろうか。 実はその記録が日本書紀に残っているのだ! そこで今回は、日本最古の地震と巨大地震にまつわる雑学をご紹介するぞ。 【歴史雑学】日本で最古の地震はいつ起こった? 日本で最古の地震は416年に起きた允恭地震と考えられている。 【雑学解説】日本で最古の地震、 記録上では允恭地震 允恭(いんぎょう)地震とは、允恭5年(416年)7月14日に起きたとされる地震だ。「日本書紀」 ...

読経するとき、木魚をたたく理由に関する雑学

寺社

2019/12/27

リズム?お坊さんが読経するとき、木魚をたたく理由とは?【動画あり】|歴史雑学

ポクポクポク…法事の際にお坊さんがお経を読みながら叩いている木魚は、とても心地の良い音色がする。法事以外のときでも、仏壇で見かけて叩いてみたことがある人は多いはずだ。 ところであの木魚。お坊さんはなんのために叩いているのか知っているだろうか? お経を読むのは集中力がいるもの。手持無沙汰とか、かっこがつかないとかいう理由ではないぞ! 今回はそんな知る人ぞ知る木魚の雑学をお届けしよう。 【歴史雑学】読経するとき、木魚をたたく理由 お経だけでは単調で眠くなってしまうため、木魚でリズムを整える。叩き方は意外とトリ ...

始皇帝は水銀を不老不死の薬として飲んでいたという雑学

世界史

2019/12/16

不老不死への執着。始皇帝は水銀を薬として飲んでいた|歴史雑学

水銀というと「理科の実験で使った」「社会の授業で水俣病の原因って聞いたな…」などと思い浮かべる人が多いだろう。その毒性も、今や義務教育でしっかりと教え込まれる。 このように猛毒という認識が常識である水銀を、薬として飲んでいた人物がいると聞いたらどう思うだろう。その変わり者は、歴史に名を馳せる偉大な皇帝だった!  不老不死を求めたって…中二病かよ! とツッコミたくなるが、そのぐらい、当時の人たちは水銀の神秘に魅せられたのだ…。 【歴史雑学】始皇帝は水銀を不老不死の薬として飲んでいた 個体から液体へ、そしてま ...

「レオナルド・ダ・ヴィンチ」はハサミも開発していた?という雑学

世界史

2020/1/11

天才すぎ?レオナルド・ダ・ヴィンチはハサミを開発したってマジか?|歴史雑学

後世に名を遺した人物には、常人とは異なる天才と称される人たちが少なくない。なかでも多彩な才能を発揮したのが、中世ヨーロッパの人物、レオナルド・ダ・ヴィンチではないだろうか。 ダ・ヴィンチといえば、モナ・リザの作者であり、ヘリコプターや解剖スケッチなどを残したとされる天才だ。 このダ・ヴィンチについて、こんな噂がある。ふだんモノを切る際に重宝するハサミは、彼が発明したというものだ。それは本当だろうか。この記事では、このダ・ヴィンチの噂の真相について迫っていく。 【歴史雑学】「レオナルド・ダ・ヴィンチ」はハサ ...

日本史の「~の変」・「~の乱」・「~の役」などには、明確な違いがあるという雑学

日本史

2019/12/16

使い分けろ!日本史の「~の変・~の乱・~の役」の違いとは?|歴史雑学

本能寺の変 現役の学生、はたまたかつて学生だった皆様、日本人として避けて通れない科目といえば日本史だ。 日本史の教科書にはさまざまな出来事が時代ごとに出てくる。「本能寺の変」・「島原の乱」・「弘安の役」…さまざまな戦や事件をテスト前に必死に覚えて、苦労した方も多いことだろう。 ところで、この「変」とか「乱」ってどんな意味があって付けられているか考えたことはあるだろうか? 実は、これらは一定の法則によって分類されているというのだ。 それぞれにどのような意味があるのかを、今回は雑学として解説していくぞ。 【歴 ...

飛行機よりも先にパラシュートが発明されていたという雑学

世界史

2019/12/14

1000年以上前!飛行機よりもパラシュートの方が先に開発された|歴史雑学

パラシュートといえば飛行機から飛び降りたりする際に、安全に地面へ着地するために使用する道具であるが、スカイダイビングでもやらない限り一般人にはさほど馴染みのないものかもしれない。 筆者も何となくテレビを見ていて「パラシュートが開かない、上空○mからの奇跡の生還」といったハプニング番組でハラハラしている程度の認識ではある。そういえばパラシュートって、たしかレオナルド・ダ・ヴィンチが発明してたよなぁ…と思い出した。 パラシュートについて調べたら意外に奥が深かった…。今回はパラシュートの雑学を解説していこう。 ...

日本で一番古い芝居小屋に関する雑学

芸術・文学

2019/12/27

現役で活躍中!日本最古の芝居小屋はどこ?【動画あり】|歴史雑学

旧金毘羅大芝居(正面) 歌舞伎や能など、古くから人々に親しまれている日本の伝統芸能。そうした芸能を一般の人々に披露する場所が、芝居を演じる際の劇場だ。 ところで、現存する日本で一番古い劇場はいったいどこにあるのだろうか。この記事では、日本で一番古いとされる芝居小屋の雑学についてご紹介する。 【歴史雑学】日本で一番古い芝居小屋はどこ? 秀吉くん やっぱり芝居は面白いっすね!ところで、現存する日本で一番古い芝居小屋ってどこなんっすかね?やっぱ東京とか京都にあるんっすか? 信長さん どちらでもないぞ。1835年 ...

日本で一番古いミイラに関する雑学

日本史

2019/11/23

日本最古のミイラは誰のもの?どこにある?【中尊寺金色堂】|歴史雑学

中尊寺金色堂 死後も数百年、ときに数千年の時を超えて保存される「ミイラ」。世界各地ではミイラの存在は昔から知られているが、実は日本においてもミイラが存在していたことをご存知だろうか。 では、日本でもっとも古いミイラはどこにあり、どのような人物なのだろうか。この記事では、日本で一番古いミイラの雑学についてご紹介する。 【歴史雑学】日本で一番古いミイラは? 秀吉くん 日本にもミイラってあったんっすよね。一番古いミイラってどこにあるんっすかね? 信長さん 日本最古のミイラは中尊寺金色堂にある。そこにあるのは、藤 ...

日本で一番古い貨幣は「富本銭」という雑学

日本史

2019/11/23

和同開珎より古い!日本で一番古いとされる貨幣は"富本銭"|歴史雑学

富本銭 (複製品) お金への興味は、尽きることがない。たとえ、現代の貨幣ではなく、古代の貨幣でもだ。かくいう筆者も、お金と書くだけで、不穏で不気味な笑い声を立てそうになるほど。お金には、人を狂わせる魔力がある。 そこで読者の皆さんにお金にまつわる雑学をご紹介する。長年、日本で一番古いとされるお金は、「和同開珎(わどうかいちん)」とされていたが、それよりも古い時代の貨幣が存在していたことをご存知だろうか。 この記事では、日本で一番古い貨幣とされる「富本銭(ふほんせん)」の雑学についてご紹介する。 【歴史雑学 ...

「三十三間堂前通し矢」という競技があったという雑学

武将・武士

2019/12/7

弓道の持久戦。江戸期に流行した"三十三間堂前通し矢"とは?|歴史雑学

三十三軒堂の図 画:哥川豊春 古くは武士の間で戦の訓練および心身の鍛錬として広まった「弓道」。現在では心身の修養のほか、スポーツとしても広く知られている。 この弓道の歴史をひも解くと、戦国時代末期から江戸時代初期にかけて「通し矢」と呼ばれる競技が存在していた。なんでも現在の弓道とは違い、かなりの長期戦にもつれ込む競技だったとか。 弓道というと、一瞬の集中力が問われるイメージがあるが…長期戦とはどういうことだ? この記事ではそんな、江戸時代初期に流行した通し矢の雑学をご紹介しよう。 【歴史雑学】「三十三間堂 ...

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.