寺・神社の雑学一覧

雑学の中でも寺と神社の雑学を集めてみました。

「初詣くらいしかお寺か神社には行かない」という人もいるかもしれませんが…それはもったいない!

お寺も神社も歴史があるだけに、知られざるトリビアが満載なんです!

人気の雑学


「心頭滅却すれば火もまた涼し」といった人は焼死しているということに関する雑学
"心頭滅却すれば火もまた涼し"といった人は焼死。犯人は信長!

続きを見る


十一面観音像の後ろの顔は爆笑しているという雑学
仏像が笑う…?十一面観音像の後ろの顔は爆笑している

続きを見る


修行の一環!お坊さんが坊主にする理由とは?

続きを見る

 

新着記事

仏像・大仏の雑学まとめ

寺・神社

2020/7/2

仏像・大仏の雑学まとめ6選!トリビア&豆知識を一覧にしました

日本人は無宗教といわれるが、特別信心深い人でなくとも、仏像を前にすると自己を反省したり、厳かな気持ちになるのはなぜだろう。 人々を苦しみから救うために、はるか昔からつくられ続けてきた仏像や大仏は、日本全国にたくさんあり、いまも我々の心に寄り添ってくれている。 堅苦しくてあまり興味がわかないという人も多いようだが、仏像や大仏に関するトリビアを通して、仏教の意外な一面を知れば、仏像たちをもっと身近に感じることができるはずだ。 仏像・大仏の雑学まとめ6選!トリビア&豆知識を一覧にしました 仏像・大仏に関するあり ...

寺・神社

2020/6/29

大仏の髪型の意味と理由とは?名前は"螺髪"っていうらしいです。

奈良の大仏をはじめ、その圧倒的な存在感で観光客からの名物的存在になっている大仏。とてもありがたい存在のはずなのだけど、ひとつだけ気になることがある。 「なんでパンチパーマ…?」 仏教の象徴なのだから、そこは坊主頭じゃないのか…。なんでちょっと昔のヤンキー仕立てなんだ? それとも…大阪のおばちゃん? しかし…実は大仏の髪型はパンチパーマではなかったのだ! 今回は、そんな大仏の髪型の雑学を紹介しよう。 【歴史雑学】大仏の髪型の意味と理由とは? 信長さん 大仏の髪型を『パンチパーマ』っていう輩がいるが、あれには ...

「心頭滅却すれば火もまた涼し」といった人は焼死しているということに関する雑学

寺・神社 驚き

2020/7/13

"心頭滅却すれば火もまた涼し"といった人は焼死。犯人は信長!

『鬼滅の刃』の「心頭滅却すれば火もまた涼し」でおなじみの悲鳴嶼さんクイズはこちら! 戦国時代から安土桃山時代にかけて生きた、快川紹喜(かいせん じょうき)という僧がいる。快川は、あの織田家とも渡り合った戦国武将の武田信玄も師事したほどの人物。当時誰もが認める人格者であった。 快川の残した有名なセリフに、「安禅必ずしも山水を用いず、心頭滅却すれば火もまた涼し」というものがある。火さえも涼しいと言ってのけるとは、いかに鍛え抜かれた心の持ち主だったのだろう…。 と思っていたら、この快川紹喜という人物、なんと焼死 ...

神様の数え方は「柱」という雑学

寺・神社

2020/6/29

日本の神様の数え方、わかる?"柱(はしら)"で数えます!

神様のことを1人…2人…と数えているアナタ! それは直したほうがいいかもしれない。なぜなら、神様を数えるときに使う単位がちゃんとあるからだ。 みなさんだって人を数えるときに、1匹・2匹とは言わないだろう。もし自分がこんな風に数えられたらかなり気分が悪いのではないか? ちょっと極端な話になってしまったが、神様の立場から勝手に想像すると「人」で数えられることは、案外こういう風に思っているかもしれないのだ(神様もそこまで高飛車ではないと信じたいが)。 今回の雑学は、神様の本来の数え方や由来を知ってもらって、読者 ...

仏像にはランクがあるという雑学

寺・神社

2020/6/29

仏像にもランクがある!エラい順は如来→菩薩→明王→天

お寺などに置かれてある仏像。実はランクがあることをご存じだろうか? 仏教といえばみんな平等といったイメージがあるが、仏さまの中にも上下関係がある。 「色んなランクがあっても、仏像ってみんな同じでしょ?」と思うかもしれない。しかし、仏像はランクごとに見た目も違うのだ! 今度お寺に行って仏像を見る機会がある際に、ぜひ知っておきたい雑学を紹介しよう。 【歴史雑学】仏像にはランクがある 仏像には大きく4つのランクがあり、上から「如来(にょらい)・菩薩(ぼさつ)・明王(みょうおう)・天」に分かれる。 【雑学解説】4 ...

大工さんの工具の玄翁(げんのう)はもとは人の名前という雑学

寺・神社

2020/6/29

大工さんがトンカチを"玄翁(げんのう)"と呼ぶ由来は?

トンテンカン! 小気味よい音を鳴らし、トンカチで釘を叩く勇ましい姿は大工さんのイメージそのものだ。 この大工さんが使うトンカチの種類の中に「玄翁(げんのう)」と呼ばれるものがある。一般の人は聞きなれないだろうこの呼び名の由来だが、実は、ある高名なお坊さんの名前だというのはご存知だろうか? もとになったこのお坊さんについても触れ、雑学にしてみたぞ! 身近な道具のトリビアとして気軽に読んでほしい。 【歴史雑学】大工さんの工具の玄翁(げんのう)はもとは人の名前 秀吉くん 大工の工具の中で、人名が由来のものがある ...

厳島神社の鳥居は海に浸かっていない時間があるという雑学

寺・神社

2020/6/29

干潮がおすすめ!厳島神社の鳥居は海に浸かっていない時間がある

世界文化遺産として名高い「厳島神社(いつくしまじんじゃ)」。広島県廿日市市宮島にあるこの神社は海に面する神社として有名だ。 なかでもイメージするのはやはり、海面からそびえる真っ赤な鳥居ではなかろうか。日本には数多くの神社が存在するが、こんなに珍しく美しい景色を拝めるのは厳島神社だけといっても過言ではない。 そんな数多くの観光客を魅了してきた厳島神社の鳥居だが、実は海に浸かっていない時間があるのをご存知だろうか。せっかく観光に訪れても、海面からそびえる鳥居を見れなくてガッカリなんてケースがあるのだ。 筆者は ...

日本の三大大仏は?に関する雑学

寺・神社

2020/6/29

クイズ:日本の三大大仏は?奈良と鎌倉と…どこだ!?

皆さんは、「知ってる大仏はなに?」といわれて、どこの大仏を思い浮かべるだろうか? 奈良・京都・鎌倉など、有名どころを思い浮かべたことと思う。 では、日本の三大大仏は? と聞かれると悩む人も多いはず。たしかに有名な大仏はいくつか知っているが、三大大仏といわれても、意外と答えられない…。 というわけで今回は、日本の三大大仏についての雑学を紹介するぞ! 【歴史雑学】日本の三大大仏は? 秀吉くん 日本の三大大仏…奈良の大仏と、鎌倉の大仏と…あと一つ… 信長さん 猿、いい線いってるな。残り一つの大仏は、現代では『空 ...

一休さんは当時の天皇の息子!という雑学

寺・神社 驚き

2020/6/29

一休宗純の生涯が波乱万丈すぎる。禅僧なのに酒・女・肉…!

一休宗純 「一休さん」と聞くとアニメの影響もあって、小坊主姿の愛らしい人物を思い浮かべる方が多いかもしれない。しかし実在の一休は、そのイメージとはほど遠い、既存の権威や慣習にあらがった波乱万丈の生涯をおくった人物だった。 それは常人とは異なる一休の出生からもうかがえる。 彼は天皇の血をひいた人物であり、天皇の落とし子だったのではないか、といわれているのだ。この記事では、彼の出生時のエピソードと波乱万丈の生涯についての雑学をご紹介するぞ! 【歴史雑学】一休宗純の生涯 秀吉くん 好き好き好き好き好き好き・愛し ...

日本の三種の神器とは?に関する雑学

寺・神社

2020/6/29

三種の神器"八咫鏡/天叢雲剣/八坂瓊曲玉"。全部読める…?

日本には、古来より伝わる伝説や神話が数多く残っている。多くの神々も登場し、神話好きにはたまらないことだろう。 ヤマタノオロチや天女の羽衣伝説、天岩戸の神話など…数あるなかで、今回は日本の「三種の神器」といわれるものについて解説していこうと思う。 まるでゲームや漫画の世界に出てきそうなその三つの神器についての雑学を、一つずつ詳しく紹介していくぞ! 【歴史雑学】日本の三種の神器とは? 秀吉くん 三種の神器って何となく聞いたことある程度で、どんなもんなのか詳しくは知らないんっすよ。 信長さん 天下人を名乗ってお ...

© 2020 雑学カンパニー