寺・神社

修行の一環!お坊さんが坊主にする理由とは?

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

お坊さんが坊主にする理由に関する雑学

法事の時やお寺の参拝の際に、「なぜお坊さんはみんな坊主頭なのか」と疑問に思ったことはないだろうか?

実は、お坊さんが坊主にしているのは、修行の一環なのだ。とはいえ、お坊さんみんなが坊主にしているわけではない。

知ってるようで知らない、お坊さんの頭にまつわる雑学を解説していこう。

【歴史雑学】お坊さんはなぜ坊主にするのか?

信長さん
坊主たちが毛髪を剃り落とすのは、『欲を捨てる』という修行の1つなんだ。
秀吉くん
あー…ハゲてるとファッションに制限かかるっすもんね。

【雑学解説】お坊さんの坊主頭は欲を捨てる第一歩

そもそもお坊さんが信仰している仏教は、「修行をして悟りを開き、輪廻転生(生まれ変わりのループ)から抜け出そうぜ」という目標がある。また、仏教ではなるべく欲を持たないほうが良いという考えがあり、欲を捨てることが修行の一環にもなっている。

その欲を捨てる修行の中に、髪の毛を剃って坊主頭にするというものがあるのだ。

なぜ坊主頭にするのかという由来は諸説ある。「一生を通して生えてくる髪の毛が欲の象徴だから剃る」という由来もあれば、「髪型を気にして修行に支障が出ないように」という由来など様々だ。

ちなみに、常に坊主頭をキープするために、お坊さんは定期的に髪の毛を剃っている。

髪の毛を剃るタイミングは、真言宗だと修行時や大事な儀式の時、禅宗は毎月4日と9日に剃るなど、宗派によって違いがある。

秀吉くん
むしろ、毛を剃るタイミングを気にしすぎて修行に支障が出るとかってないんっすかね?
信長さん
さぁ…。

スポンサーリンク

【追加雑学】お坊さんでも坊主にしない宗派もある

一口に仏教と言っても様々で、日本では坊主頭にしない宗派もある。それが、「南無阿弥陀仏」と唱える浄土真宗だ。坊主頭にしない理由としては、浄土真宗を開いた親鸞聖人(しんらんしょうにん)が関係している。

親鸞聖人は「お国の僧侶でもなければ俗世の人間でもない」という「非僧非俗」の考えを持っていた人物だった。さらに、浄土真宗は「どんな人物でも阿弥陀如来が助けてくれる」という考えの宗派ということもあり、親鸞聖人は僧侶でありながら結婚や肉食も普通にしていた。

これまでの日本の仏教に無い考えを持っていたからこそ、「髪の毛があっても良いじゃない。浄土真宗だもの」という感じに、髪を剃らない浄土真宗のお坊さんがいるのだ。

秀吉くん
浄土真宗はこういう緩さが受けたんっすね。
信長さん
確かに、別に坊主頭にしなくっても信心深い心があれば問題ないしな。

雑学まとめ

今回の記事ではお坊さんが坊主にするのはなぜか、という雑学を紹介した。それは、欲を捨てるという修行の一環という、仏教らしい考えからきているものだった。

確かに髪の毛があると、「ヘアスタイルが決まらない…」というように髪型を気にしてしまう。それは「良く見られたい」という欲からくる悩みだし、髪型を気にしていれば修行にも身が入らない。

とはいえ、浄土真宗では「どんな人でも阿弥陀如来が助けてくれるんだし、お坊さんでも髪の毛があって良いじゃない」という考えから、坊主にしないのが基本となっている。

お坊さんのヘアスタイル1つとっても、様々な考えがあるのだ。

秀吉くん
僕、今度からハゲ頭見たら『この人は欲捨てた人なんだな』って思うことにするっす。
信長さん
まぁ…どう思おうがお前の勝手だが…失礼なことは言うなよ。

おすすめ記事

お坊さんを呼ぶときはなんと呼ぶ?に関する雑学
お坊さんの呼び方はなにが正解?住職?和尚?宗派で違います。

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー