面白い雑学の記事一覧|くだらないけど楽しいトリビアをどうぞ〜!

イタリアで開催される"かくれんぼ世界選手権"に関する雑学

ヨーロッパ 笑える

イタリアで開催される"かくれんぼ世界選手権"がガチすぎる。【動画】

鬼ごっこと双璧を成す、ド定番中のド定番の子供の遊び「かくれんぼ」。 私も子供の頃はよくやったものだが、鬼になって探すのは面倒だったし、隠れる側になったものの存在感がなさすぎたらしい。みんな筆者のことを忘れて先に帰ってしまったこともあったので、かくれんぼは嫌いだった。 しかし、世界に目を向けると、大人も真剣にかくれんぼをする大会が存在するのだ! 今回は、知る人ぞ知る「かくれんぼ世界選手権」をご紹介していこう。 【面白い雑学】イタリアで開催される"かくれんぼ世界選手権"がガチすぎる。 イタリアで開催されている ...

オーストラリアの「鬼ごっこ」に関する雑学

世界のびっくり 笑える

キャッチ&キスだと…?オーストラリアの"鬼ごっこ"がハレンチです。

子供の遊びはいろいろあるが、中でも「鬼ごっこ」は定番中のド定番であろう。ぶっちゃけ、筆者は鬼ごっこが嫌いだった。だって、走り続けるのってしんどいじゃん? 筆者は、生きるうえで嫌なことのランキング5位内に入るくらい、走ることが嫌いである。ちなみに、1位は「労働」だ。 さて、走ることが嫌いな筆者は、走ることが苦手でもある。つまり、鬼ごっこだと常に鬼に狙われてしまう、かわいそうな運命を背負った少女だったのである。さらに、鬼になっても周りの子供たちはみんな私より足が速いので、いつまでたっても鬼を交代できないという ...

サイは視力が悪くてド近眼という雑学

肉食・巨大動物 驚き

サイは視力が悪くてド近眼。動くものにとりあえず突進する。【動画】

サイってどんな動物? と聞かれたら、多くの人は大きくて鎧のような体に、凶器にも見える大きなツノを思い浮かべるだろう。 では、サイがどんな目をしているかと聞かれたらどうか。おそらくツノばかりが目立って覚えていない人が大半だ。筆者も動物園でサイを見たことがあるが、目はまったく記憶に残っていなかった。 …で、どんな目をしているかというと、サイは大きな体のわりに、とっても小さくてつぶらな目をしている。そしてなんとド近眼だという。敵に向かって果敢に突進していくイメージがあるが、その際も相手があまり見えていないような ...

おからは産業廃棄物と認定されているという雑学

食べ物の由来 驚き

裁判で決定だと…?"おから"は産業廃棄物と認定されている…

突然だがおからを食べたことがあるだろうか? おからは栄養も高く、和え物にしたら最高においしいし、食べ応えもあるからダイエットにもいい。ちなみに、わたしはおからが好きだし食卓にも出てくるからよく食べている。 そんなおからが食材の世界ではかわいそうな扱いをされていたなんて全然知らなかった…。あまり知りたくなかったが、事実をお伝えしようと思う。目を背けないでいただきたい。 【食べ物雑学】おからは産業廃棄物と認定されている おからは産業廃棄物に分類されている。 【雑学解説】おからは豆乳をつくる工程で生まれる存在 ...

モーツァルトは下ネタが大好きだったという雑学

笑える 芸術・文学

"尻をなめろ"だと…?モーツァルトは下ネタが大好きだった【動画】

意外と下ネタ好きのモーツァルトさん クラシックを聞かない人でも、その名を知らない人はいない作曲家・モーツァルト。 ハイドンやベートーベンと共にウィーン古典派を代表する巨匠であり、幼い頃から神童の呼び声高く、あのマリー・アントワネットにプロポーズした逸話もある。 その優美な作風もあいまって、華やかな時代に生きた天才のイメージが強いモーツァルトだが、実は意外な一面ももっているのだ。 悪いことは言わない。モーツァルトのイメージを崩したくない方は、ここで読むのをやめることをおすすめする。そうでない方には、彼のとっ ...

富士急ハイランドのFUJIYAMAの試乗は自衛隊員が行ったという雑学

企業・商品 盛り上がる

驚愕。富士急ハイランドのFUJIYAMAの試乗は自衛隊員が行った【動画】

最近は災害派遣で活躍を目にすることが多い自衛隊だが、さっぽろ雪まつりでクオリティの高すぎる雪像を作ったり、イベントパフォーマンスで披露するブルーインパルスの曲芸飛行など、本来の任務以外で我々を楽しませてくれることもまた多い。 そう、自衛隊の活動現場は、戦場や被災地だけに限らない。彼らはなんと、遊園地でも活躍していたのだ! 【面白い雑学】富士急ハイランドのFUJIYAMAの試乗は自衛隊員が行った 自衛隊は、富士急ハイランドの名物・FUJIYAMAの試乗もしていた! 【雑学解説】「天国に一番近いコースター」F ...

香川県は二度消滅しているという雑学

地域 意外

うどん県の悲劇。香川県はこれまでに二度消滅している

悲惨な香川県… 徳島県・香川県・愛媛県・高知県で構成される四国地方。北海道・本州・九州とともに日本の主要4島を形成し、この中では一番小さい。 88ある、弘法大師ゆかりの寺院を巡る「お遍路さん」は四国を代表する文化であり、近年は世界遺産登録を目指し、県を挙げて活動している。 実は、そんな4県の中に、日本地図から消えた過去がある県が存在する。しかも、一度ならず二度もだ! その県とは…。 【面白い雑学】香川県は二度消滅している 香川県は二度消滅したにもかかわらず、復活を遂げた日本唯一の県なのだ! 【雑学解説】徳 ...

ファッション業界は最初に流行の色を決めているという雑学

ためになる 驚き

世界で決定!ファッション業界は先に流行色を決めている

オシャレってむずかしい。オシャレな方がいいが、どうやったらいいのかよく分からない。ファッション好きの友達は「今年のトレンドカラーは〜」なんて話している。 そういうものもあるのかと思って調べていると、この流行色はファッション業界によって仕組まれたものらしい。え…なに、その陰謀論的なやつ。 今回は、流行の色をファッション業界の人があらかじめ決めているというトリビアをご紹介するぞ! 【生活雑学】ファッション業界は最初に流行の色を決めている 国際流行色委員会が毎年2年先の流行色を決めている。 【雑学解説】流行色は ...

カリフォルニア州では、ホテルの部屋でオレンジの皮を剥いてはならないという雑学

暇つぶし 海外の法律

謎ルール!カリフォルニア州ではホテルでオレンジの皮を剥いてはならない

カリフォルニアは、日本でも食べられているスイートオレンジやサワーオレンジの原産国である。 せっかく旅行するなら、本場のオレンジを存分に味わいたいところだ。スーパーマーケットでオレンジを買って、食後のデザートにホテルで食べよう! という発想もありがちだろう。 ところが州法で「ホテルの部屋ではオレンジの皮を剥いてはダメ!」と決まっている。いったいどういうことなのだろうか。 【面白い雑学】アメリカ・カリフォルニア州では、ホテルの部屋でオレンジの皮を剥いてはならない オレンジを食べるのは構わないが、汁が飛んで部屋 ...

アルパカは強烈に臭い唾を吐くという雑学

笑える 草食動物

唯一の武器。アルパカはめっっっちゃ臭いツバを吐く。【動画】

モフモフの毛に、ラクダのような顔をしたアルパカ。羊がスマートになって、足と首を長くしたらこうなるのかな…初めてアルパカを見たとき、そんなことを思ったものだ。 ちょっと不思議な見た目だけど、なんだか癒される雰囲気で、動物園でも人気者である。しかし! その可愛さのあまり近づきすぎるのは危険かもしれない…。 アルパカをあまり刺激すると、強烈に臭い唾が飛んでくるのだ! しかもその唾、実は唾ではなく…。 【動物雑学】アルパカは強烈に臭い唾を吐く ライオンくん アルパカってすごく臭い唾を吐くらしいな。 ウサギちゃん ...

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.