面白い雑学の記事一覧|くだらないけど楽しいトリビアをどうぞ〜!

キーワードを入れて検索!

笑えるネタ・くっだらないネタに関する面白い雑学をまとめてみました!

はっきり言って、知っていてもまったく役に立たない雑学ばかり…。だからこそ面白い!

ムダ知識でリラックスタイムをどうぞ。

イタリア・ベネチアでは「ハトに餌をやってはいけない」という法律があるという雑学

ルール雑学 面白い雑学

2019/7/21

イタリアのベネチアでは"ハトに餌をやるな"という法律がある|面白い雑学

イタリア・ベネチア ハトというと皆さんはどんなイメージをもつだろうか。やはり私は「平和の象徴」というイメージが強い。 なんとなく、映画とかで白いハトがバァーっと飛び立っていくシーンのハッピーエンドというイメージだ。もしくは怪盗キッドの二択である。 そんな「平和の象徴」といわれるハトが、イタリアのベネチアでは平和っぽくない話題を振りまいているのである。 【面白い雑学】イタリア・ベネチアでは「ハトに餌をやってはいけない」という法律がある イタリア・ベネチアにあるサンマルコ広場では、ハトがエサをついばむことで建 ...

カナダでは雪男を殺してはならないという雑学

ルール雑学 面白い雑学

2019/7/20

衝撃の法律。カナダでは"雪男を発見しても殺してはならない"|面白い雑学

都市伝説として語られる生き物は世の中にたくさん存在する。日本でいえば河童やツチノコ、海外でもスレンダーマンやネッシーなどが有名だろう。 怖い存在だったり、神秘的なものだったりといろいろな設定はあるものの、いまだに解明されていない。 その中で、日本でも耳にしたことがあるであろう「雪男」について、おもしろいトリビアを発見したのでご紹介したいと思う。 【面白い雑学】カナダでは雪男を殺してはならない カナダでは雪男を発見しても殺してはいけないという法律がある 【雑学解説】カナダでは雪男を殺してはいけないという法律 ...

カルピスは発売当初は滋養強壮ドリンクだったという雑学

面白い雑学 食べ物雑学

2019/7/10

カルピスは滋養強壮ドリンクだった!かつての誇大広告感がヒドい…|面白い雑学

喉が渇くとなんとなく飲みたくなってしまうカルピス。ドリンクバーにも当たり前のように入っている、日本人で知らない人はいないであろう乳酸飲料である。 そんな我々が気軽に飲んでいるカルピスが発売されたのは、大正時代の頃と意外に昔のことなのだ。しかも、発売当初は滋養強壮を猛アピールした商品として販売されていたというから驚きである。 カルピスはどのような理由で世に誕生したのか、聞けばあなたもカルピスの見方が変わってくるはずである…。 【面白い雑学】カルピスは発売当初は滋養強壮ドリンクだった 乳酸菌の力で日本人を元気 ...

世界一短い詩は黒丸「●」の一文字という雑学

歴史雑学 面白い雑学

2019/7/10

世界一短い詩は日本人が書いた"黒丸(●)"の一文字【草野心平】|面白い雑学

草野心平 短い言葉の集まりで世の中の様子などを表現する詩は、書き手の表現や語彙の使い方で、世界観を広げることが出来る面白いものである。 筆者も様々な作家の詩集をもっているが、難しい文学レベルの高度なものから、子供でも楽しめる可愛らしい詩までその内容は様々で、文学とも芸術ともいえるジャンルだと思っている。 そんな詩の世界であるが、世界で一番短い詩とは何か考えたことがあるだろうか。それは、ある日本人によって書かれた1文字の詩だという。なんと書かれているか気にならないだろうか? 先に断っておくが、これから先の文 ...

手のひらにあったら超強運の「神秘十字」に関する雑学

人体雑学 面白い雑学

2019/7/10

手相の中でも超強運の"神秘十字"とは?私にはあるんだぜ…|面白い雑学

手のひらのしわで自分の運勢がわかるなんて、不思議で楽しい。さまざまな手相がある中、私にもあったぞ、とびきり強運な手相! 男運もなけりゃ金運もない、ないないづくしの私にも、つ、つ…ついにきたか!? 今回は300~400人にひとりがもっているという「神秘十字」という手相についてご紹介するね! 【面白い雑学】手のひらにあったら超強運の「神秘十字」とは?! 「神秘十字」は知能線と感情線のあいだにある十字(クロス)のこと。この手相の持ち主は、祖先に守られており強運の持ち主だといわれている。 【雑学解説】神秘十字があ ...

シューベルトは自分の曲が難しくてキレたという雑学

歴史雑学 面白い雑学

2019/7/9

シューベルトは自分の曲が難しくてキレた。楽譜も破いた。|面白い雑学

めちゃめちゃ温厚そうなシューベルトさん シューベルトといえば、ベートーヴェンやモーツァルトと並んで、学校の音楽室に肖像画が飾られている有名な音楽家である。色白の顔に眼鏡をかけて、少し微笑んでいる肖像画から、温厚で礼儀正しい人柄だったと想像できるだろう。 その想像どおり、普段からどちらかというと内向的でおとなしいタイプの性格だった。しかし、親しい友人の間では、「キレる」ことでも有名だったようだ。 肖像画にある優しい表情からは想像できないエピソードがあるようである。 たしかに、真面目ないい人ほど、裏の顔や二面 ...

「ゲゲゲの鬼太郎」のねずみ男の本名は「ペケペケ」という雑学

サブカル雑学 面白い雑学

2019/7/7

ねずみ男の本名は"ペケペケ"。その意味がヒドすぎる…。【ゲゲゲの鬼太郎】|面白い雑学

水木しげるロードのねずみ男ベンチ 「ゲゲゲの鬼太郎」のメインキャラクターの1人・ねずみ男。彼は作中でよく「ビビビのねずみ男」と名乗ることがあるのだが、実は彼には本名があるのを知っているだろうか? しかし、その本名は、キャラクターの名付けにしては酷い意味をもっている…。いったいどのような名前なのだろうか? 今回は、そんなねずみ男に関する雑学を紹介しよう。 【面白い雑学】「ゲゲゲの鬼太郎」のねずみ男の本名は「ペケペケ」 「ゲゲゲの鬼太郎」に出てくる「ねずみ男」という名前は種族名。本名は「根頭見(ねずみ)ペケペ ...

ドラえもんはジャイアンより音痴だったことがあるという雑学

サブカル雑学 面白い雑学

2019/7/6

ドラえもんが狂った回。ジャイアン以上の音痴になるなんて…!|面白い雑学

ドラえもんに登場するジャイアンといえば音痴として有名だ。その歌声は漫画的表現とはいえ、ガラスにヒビを入れるなど物体を破壊するものとして描かれている。 ジャイアンの歌声の有害な音波を強めれば、害虫を殺す効果があることも作中で描かれた。しかし、ドラえもんの方がジャイアンよりも音痴だという事実はあまり知られていない。 実はドラえもんの歌声はジャイアンより酷いと評され、町中の人々に恐れられたことがある。ドラえもんがジャイアンより音痴だというトリビアについてご紹介しよう。 【面白い雑学】ドラえもんはジャイアンより音 ...

「エッチ」は「変態」の頭文字からきているという雑学

面白い雑学

2019/7/1

"エッチ"の語源は"変態性欲心理"の頭文字。まさかの学術書かよ…!|面白い雑学

「ドラえもん」といえば、のび太がお風呂をのぞいて「のび太さんのエッチ!」と、しずかちゃんにお湯をかけられるシーンがお馴染みだ。 この場面で使われている「エッチ」という言葉は、もちろん「イヤらしい」とか「エロい」という意味で使われている。 だが、待ってほしい。「イヤらしい」・「エロい」という言葉を短縮したのならば、「エッチ」じゃなくて「アイ(I)」とか「イー(E)」なのではないだろうか? そこで今回は、「イヤらしい」という意味の言葉がなぜ「エッチ」なのか? その由来を探っていきたい。 【生活雑学】「エッチ」 ...

イタリアの離婚制度は日本と全然違うという雑学

世界雑学 面白い雑学

2019/7/1

日本は楽!イタリアの離婚制度について、現地に住んでる私が解説するよ!|面白い雑学

世界の国々の中でも、日本は結婚も離婚も簡単な国だといわれている。 この国では、紙切れ1枚で家族になることやそれを解消することができるが、世界を見渡してみると、それほど楽に結婚や離婚ができない国があるのだ。 今回は、筆者が暮らすイタリアの離婚制度について、ご紹介したいと思う。 【世界雑学】イタリアの離婚制度は日本と全然違う イタリアでは、一定期間の別居の後、裁判所を通さないと離婚できない。 【雑学解説】イタリアでは、裁判を起こさないと離婚できない 日本ではお互いの同意があれば、裁判所などの手続きを必要としな ...

Copyright© 雑学カンパニー , 2019 All Rights Reserved.