驚きの雑学一覧

機動戦士ガンダムのOPはスポンサーを騙すために作られたという雑学

アニメ 驚き

2019/11/14

スポンサーを騙すため?"機動戦士ガンダム"のOPが熱血系な理由とは?【翔べ!ガンダム】|面白い雑学

機動戦士ガンダムは、当時のロボットアニメでは考えられないようなリアル志向のストーリーで制作され人気を得た。 しかし、OP曲はガンダムの内容とはまったく合っていない熱血ロボットアニメのような曲調と歌詞になっている。これは作品にスポンサーをつけるために、わざと作風に合わない曲が作られたという。 機動戦士ガンダムのOPはスポンサーを騙すために作られた? という雑学についてご紹介しよう。 【面白い雑学】機動戦士ガンダムのOPはスポンサーを騙すために作られた? 機動戦士ガンダムのオープニング「翔べガンダム!」は作品 ...

チンアナゴの体は意外と長いという雑学

水中の動物 驚き

2019/10/29

想像以上!チンアナゴの体長は隠れている部分を含めると…?【動画あり】 |面白い雑学

砂に埋まって顔を出し、ゆらゆらと揺れるチンアナゴ。群れを作ってただ揺れているだけなのに、なんだかおもしろくて可愛くて…水槽のまわりにはいつも人だかりができる水族館の人気者だ。 ところでチンアナゴが埋まっている、あの砂の下の部分…どうなっているのだろう。その全貌を見たことがある人は、あまりいないのではないだろうか。 見たい…。チンアナゴファンのわたしとしてはぜひ見てみたい! 今回は衝撃の映像も紹介しながら、チンアナゴの生態にせまってみよう! 【面白い雑学】チンアナゴの体は意外と長い チンアナゴの体長は、実は ...

涼しい顔でアイロンをかけるという競技があるという雑学

スポーツ全般 驚き

2019/11/8

あらゆる場所で"アイロンかけ"をする競技がある。【動画あり】|面白い雑学

この世には常人の想像をはるかに超える変人が存在する。そしてそんな変人の思考があってこそ生み出された、「エクストリームスポーツ」と呼ばれるパフォーマンス競技がある。 今回紹介するのは、そんなエクストリームスポーツの中でも変わり種といえる、自然のなかでアイロンを掛ける競技だ。 「ちょっと待ってくれ。それは本当にスポーツなのか」という疑問はいったん脇に置きいておいて…。以下より、「エクストリーム・アイロニング」という競技のトリビアに迫っていこう! 【スポーツ雑学】涼しい顔でアイロンをかけるという競技がある 「エ ...

イベントの際には要注意!間違えやすい似たような駅名に関する雑学

ためになる 驚き

2019/11/9

これは間違う…。名前が似すぎている駅名たちをご紹介!|面白い雑学

左:青海駅 右:青梅駅 インターネットや携帯電話が普及する以前は、初めて旅する場所への道のりを調べるには、雑誌や時刻表・路線図などをチェックしなければならず、とても大変なものだった。 しかし、現在ではスマホやPCがあれば、行きたい場所の名前を入力するだけで乗換案内まで教えてくれるようになった。いやはや、便利な時代になったものである。 だが、そんな手軽さゆえに陥りやすい罠も存在している。その罠とは、「駅名を間違えてしまう」こと。 今回は、イベントなどで間違えやすい駅名と注意点を紹介するので、ぜひ参考にしてい ...

ディズニーの悪役の死因で最も多いのは転落死という雑学

アニメ 驚き

2019/11/13

悪は"落ちる"…。ディズニーの悪役で最も多い死因はなに?|面白い雑学

ディズニー映画に欠かせないのが、個性豊かな悪役だ。「白雪姫」の継母を筆頭に、「眠れる森の美女」のマレフィセントや「美女と野獣」のガストンなど、名作には魅力的な悪役がつきものである。 悪役といえば、基本的に最後は正義側にやられるものだ。ところで、ディズニー映画では、悪役のやられ方にはちょっとした法則があることを知っているだろうか? もしも最後に悪役が死ぬ場合、最も多い死に方がある。今回は、そんな雑学を紹介しよう。 【面白い雑学】ディズニーの悪役の死因で最も多いのは転落死 ディズニー映画の悪役の死因で最も多い ...

ゴジラとゼットンを倒した人物は、同じ俳優が演じているという雑学

映画・テレビ 驚き

2019/11/8

特撮最強の男!ゴジラとゼットンを倒した人物は同じ俳優【平田昭彦】|面白い雑学

ゴジラ(1954) 芹沢博士を演じた"平田昭彦" ゴジラは人間の手に負えない怪獣であり、ほとんどの場合倒すことはできない。しかし、1作目の「ゴジラ」ではなんと人間の科学者が作った兵器で倒されている。 ウルトラマンシリーズに登場するゼットンは、ウルトラマンを倒した怪獣だ。あまり知られていない事実だが、ゼットンも人間の科学者が作った新兵器で撃退されている。 なんと、ゴジラとゼットンを倒すための兵器を開発した科学者は、同じ俳優が演じているのだ! 【面白い雑学】ゴジラとゼットンを倒した人物は、同じ俳優が演じている ...

名古屋にはバックしてはいけないトラックがあるという雑学

地域 驚き

2019/11/7

結婚を盛大にお祝い!名古屋の"バックしてはいけないトラック"とは?【嫁入りトラック】|面白い雑学

「バックしてはいけないトラック」…そんなの無理じゃない!? とまず思ってしまった。だが、実際に名古屋にはそういうトラックが存在していたのだ!  話は変わるようだが、名古屋の結婚式が派手だということを皆さんはご存知だろうか? 「名古屋で娘が3人いたら家が傾く」なんて言葉もあるほどらしい。 意味がわからないかも知れないが、実はバックしてはいけないトラックと名古屋の結婚行事には関係性があった! 【面白い雑学】名古屋にはバックしてはいけないトラックがある 名古屋では嫁入り時に、派手派手なトラックが使われる。たくさ ...

岐阜には「キモイ」という方言があるという雑学

地域 驚き

2019/11/7

"窮屈"のことを方言で"キモイ"と言う地域がある【岐阜県】|面白い雑学

キモイ。面と向かってこの言葉をいわれると結構きつい。正直、かなり凹む。相手は軽い気持ちで「キモイ」を使っている場合もあるようだが…。 「キモイ」は若者言葉のひとつで、「気持ち悪い」を略したものだ。つい最近うまれた言葉というイメージが強いだろう。ところが、岐阜には「キモイ」という方言があるらしい。今回は、「キモイ」に関する雑学を紹介していくぞ。 【面白い雑学】岐阜には「キモイ」という方言がある 岐阜の方言「キモイ」は、「気持ち悪い」という意味ではない。 【雑学解説】岐阜の方言では「キモイ」=「窮屈」 全国的 ...

パラシュートなしで上空10160mから落下しても生還した女性がいるという雑学

世界のびっくり 驚き

2019/11/9

パラシュートなし!上空1万mから落下して生還した女性がいる| 面白い雑学

みなさんは高い所から落ちた経験はあるだろうか? 人間ってどのくらいの高さから落ちたら死ぬのだろう。これは非常に気になる問題だ。 人間は45メートル以上の高さから落ちた場合、ほぼ確実に死に至るといわれている。やはり人間の体というのはそこまで丈夫にはできていないものだなあ。 と思いきや! なんと上空10000mから落下しても生きていた人がいるのだ! 上空10000m? そんな高さから落ちたら体がバラバラになりそうなものだ…。 いったいどうやってその人は生き残ったのだろうか。その真相を調べてみたぞ。 【面白い雑 ...

ドラえもんはアメリカ版ではタヌキではなくアザラシに間違えられるという雑学

漫画・ゲーム 驚き

2019/11/13

タヌキじゃなくて…アメリカではドラえもんはアザラシに間違えられる。|面白い雑学

日本のアニメ作品によっては、アメリカなどの海外でも放送されていることがある。その中の1つが「ドラえもん」だ。 しかし、日本で放送されているものをそのままアメリカで放送しているわけではない。文化的な違いから、アメリカ風にアレンジする必要があるのだ。 今回は、アメリカ版ドラえもんにまつわる雑学を紹介しよう。 【面白い雑学】ドラえもんはアメリカ版ではタヌキではなくアザラシに間違えられる ドラえもんはよくタヌキに間違えられるが、アメリカ版ではアザラシと間違えられるようになっている。 【雑学解説】アメリカ人にも分か ...

Copyright© 雑学カンパニー , 2019 All Rights Reserved.