ためになる雑学

「灯台下暗し」の「灯台」は、海の灯台ではないという雑学

ためになる 驚き

2020/1/6

勘違いしてない?「灯台下暗し」の"灯台"は、海の灯台ではない|面白い雑学

「灯台下暗し」ということわざがある。「遠くの物事にばかり目を向けて、すぐそこにある物事に気づかない」という意味だ。 たしかに、灯台の明かりは遠くの船から見つけてもらいやすいように、光がまっすぐ横に伸びている。だから、逆に灯台のすぐ下の海や岸には光が当たらない。 と、思われているだろうが、実はこのことわざに登場する灯台は海の灯台じゃないらしい…。 な、なんだってー!? と驚いたアナタのために、今日は「灯台下暗し」の灯台についての雑学をご紹介しよう。 【面白い雑学】「灯台下暗し」の「灯台」は、海の灯台ではない ...

5円と50円に穴が開いている理由に関する雑学

ためになる

2019/12/30

なぜ必要?5円と50円に穴が開いている理由とは?|生活雑学

「ご縁がありますように」と神社の賽銭箱に投げ入れる5円玉。自販機でジュースを買うときに活躍する50円玉。ふたつの共通点は、ズバリ穴があいていることだ。どうしてほかの硬貨には開いていない穴が、これらの硬貨には開いているのか? 筆者はなんとなく、「”5”繋がりで穴があいているのかな?」などと思っていたが、これにはどうやら別の理由があるらしい。もちろん、ヒモでぶら下げて催眠術に使うためでもないぞ! 今回はそんな50円と5円に開けられた穴のトリビアに、それぞれ迫ってみよう! 【生活雑学】5円と50円に穴が開いてい ...

同時通訳は10分ごとに交代しながら行っているという雑学

ためになる

2019/12/13

チームで協力!同時通訳者が集中力を切らさず通訳する方法とは?|生活雑学

身近に通訳を目にする例を挙げると、プロ野球で行われる、外国人選手へのヒーローインタビューが思い浮かぶ。ヒーローインタビューでは、インタビュアーの質問を英語に訳したり、外国人選手の英語を日本語に訳したりと、通訳者は大忙しである。 複数の言語を使いこなすことだけでも難しいのに、即座に変換してしまう同時通訳者には感服させられる。そしてやはりそれだけの芸当を行うには、よほどの集中力が必要なようだ…。 今回はそんな同時通訳者が、集中力を保つためにどんな方法を取っているのか、という雑学をお届けしよう。 【生活雑学】同 ...

公衆電話ボックスに鏡がある理由に関する雑学

ためになる

2019/12/16

効果あり?公衆電話のボックスに鏡があるのはなぜ?|生活雑学

最近、めっきり見かけなくなった公衆電話ボックス。最後に利用したのはいつだろう…。 普及していた当時は携帯などない時代だから、身内に知られたくないなど、特別な理由がある場合にも公衆電話を利用する流れがあった。「好きな人の家にドキドキしながら電話をかけたなぁ~」なんていう、甘酸っぱい思い出がある方も多いのでは? そんな公衆電話ボックスに入って、ふと上を見上げると鏡があることをご存知だろうか。メイクや髪型チェックのため? いくら好きな人が相手だといっても、電話越しで身なりを整える必要などあるか? もちろんそんな ...

地球に優しいとされる「ノンフロン冷蔵庫」に関する雑学

ためになる

2019/12/29

温暖化をストップ!地球に優しい"ノンフロン冷蔵庫"ってなに?|生活雑学

「家にある電化製品のなかで、どれが一番頑張っていると思う?」というような質問を受けたら、筆者は迷わず「冷蔵庫!」と答える。 なぜなら、洗濯機や掃除機、エアコンなどは、動いていない時間があるが、冷蔵庫は常に庫内を冷やしてくれている。買ってきた食材を安心して冷蔵庫に入れられるのは、休まず稼働してくれているからである。 このように、家庭にはとても有難い存在の冷蔵庫だが、地球環境面から考えるとどうなのだろう? 我々人間が便利なものを使うときには、必ずといっていいほど、地球が代償を払うようになっている。毎日稼働して ...

お墓に水をかけてあげることに関する雑学

ためになる

2019/12/16

清めるだけ?お墓参りでお墓に水をかけるのはなぜ?|生活雑学

命日・お盆・お彼岸・年末年始など、お墓参りに行く機会は1年のうちでも色んなタイミングがある。生まれてから今までの間に、1度もお墓参りに行ったことがないという人は、きっといないのではないだろうか? それほど、日本人にとっては当たり前で、大切な習慣である「お墓参り」。その正しい作法やその意味を知っていると自信をもって言える人は、この日本にいったいどれだけいるだろうか? ちなみに私はどうなのかと聞かれると、お墓参りの作法についてはまったくもって自信がない! いい機会だ、私と同じくお墓参りについてよく分かってない ...

救急車が交通事故を起こしたらどうなるかという雑学

ためになる

2019/12/16

サイレンに注意!もし救急車が交通事故を起こしたらどうなる?|生活雑学

「救急車と交通事故を起こしたらどうなるんだろう?」 みなさんはこんな疑問を頭に浮かべたことはないだろうか。 救急車は一刻も早く病院へとたどりつかないといけない。そのため通常車は救急車が来た場合、道を開けて救急車を通れるようにする。 しかし、道を開けるときにハンドル操作をミスってしまい、救急車と激突! なんていうのもありえない話しではない。救急車とぶつかってしまったら、洒落にならない。 今回の雑学では、救急車と交通事故を起こしたらどうなるのか、具体的に調べてみたぞ。 【生活雑学】救急車が交通事故を起こしたら ...

エレベーターの安全性はかなりのものという雑学

ためになる

2019/12/16

心配ご無用!エレベーターの安全対策はかなりスゴい。|生活雑学

みなさんはエレベーターに乗っているとき「エレベーターの紐が切れて、落下したらどうしよう」と不安に思ったことはないだろうか。 よくエレベーターが落下したときは、地面に激突する瞬間にジャンプすれば助かる、みたいな都市伝説が広まっていることがある。だが、あれは完全に嘘だ。下に落ち続けているエレベーターの中でジャンプできるはずがない。 そもそもエレベーターの安全性はかなりのもので、そんな不安を抱える必要はないのだ。今回の雑学では、エレベーターの安全性について解説していくぞ。 【生活雑学】エレベーターの安全性はかな ...

イベントの際には要注意!間違えやすい似たような駅名に関する雑学

ためになる 驚き

2019/12/16

これは間違う…。名前が似すぎている駅名たちをご紹介!|面白い雑学

左:青海駅 右:青梅駅 インターネットや携帯電話が普及する以前は、初めて旅する場所への道のりを調べるには、雑誌や時刻表・路線図などをチェックしなければならず、とても大変なものだった。 しかし、現在ではスマホやPCがあれば、行きたい場所の名前を入力するだけで乗換案内まで教えてくれるようになった。いやはや、便利な時代になったものである。 だが、そんな手軽さゆえに陥りやすい罠も存在している。その罠とは、「駅名を間違えてしまう」こと。 今回の雑学では、イベントなどで間違えやすい駅名と注意点を紹介するので、ぜひ参考 ...

大晦日は夜ふかしするのが正しいのか?という疑問に関する雑学

ためになる

2019/12/30

神様にご挨拶!大晦日は夜更かしをして過ごすのが正しい【歳神さま】| 生活雑学

大晦日は夜まで起きているのが普通であり、子供もこの日だけは深夜まで起きている。紅白歌合戦を聴きながら除夜の鐘を待っている家庭も多いだろう。 …ところで、なぜ大晦日だけ夜ふかしが許されているのか、気になったことはないだろうか。いつもは早く寝なさいといってくる親も、なぜ大晦日だけ目をつぶるのだろう。今回の雑学ではそんな、大晦日にみんなが夜ふかししている由来を調べてみたぞ! 【生活雑学】大晦日は夜ふかしするのが正しいのか? 大晦日の夜は歳神さまが家にやってきて守ってくれるとされ、一晩中起きているという習わしがあ ...

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.