動物雑学の記事一覧|動物の意外なトリビアにワクワク!動物博士になっちゃいましょう〜!

動物に関する雑学記事をまとめてみました!

身近な犬や猫はもちろんのこと、サバンナで生息する肉食獣に関してのトリビアもてんこ盛り。読みまくって動物博士になってください!

犬と猫の雑学一覧

小動物の雑学一覧

水中の動物の雑学一覧

虫・昆虫の雑学一覧

鳥類の雑学一覧

草食動物の雑学一覧

肉食動物・巨大動物の雑学一覧

新着記事

ライオンはアフリカ以外にインドにもいるという雑学

肉食・巨大動物

2020/1/17

アフリカだけじゃない!ライオンはインドにもいる【動画あり】|動物雑学

アフリカのライオン 百獣の王ライオンは、アフリカに生息する肉食動物の中では最大の部類である。ネコ科の中でもライオンは、トラに次いで大型として知られている。 アジアやロシアなどと生息域の広いトラと異なり、ライオンはアフリカにしかいないイメージがあるかもしれない。実は、ライオンはアフリカだけでなく、他の地域にも生息しているのだ。 ライオンはアフリカにしかいないわけではないというトリビアについてご紹介しよう。 【動物雑学】ライオンはアフリカ以外にインドにもいる インドのライオンは絶滅寸前だったが、現在は人間の保 ...

アマガエルは毒ガエルという雑学

小動物

2020/1/3

知らない人も多いはず!アマガエルは毒ガエルなんです【動画あり】|動物雑学

アマガエルを知らない人は、ほぼいないだろう。田んぼや畑、また家の庭先などで見かける身近な生き物だ。 子供のころは、アマガエルの赤ちゃんを手のひらに乗せてよく遊んだものだ。なぜか大人になってからは、触れなくなったが…。あのひやっと冷たくて、ツルツルした感触がいつからか苦手になったのだ。 しかし、触れなくなってよかったのかも!? なんとアマガエルは毒ガエルだというではないか! 子供のころ、普通に触って遊んでいたのは、大丈夫だったのだろうか…。 【動物雑学】アマガエルは毒ガエル じつはアマガエルには毒があるため ...

キリンの睡眠時間は恐ろしく短いという雑学

草食動物

2020/1/11

ショートスリーパー!キリンの睡眠時間は恐ろしく短い【動画あり】|動物雑学

長い首が特徴的な草食動物・キリン。子供の頃から知っていて、ゾウやライオンと同じぐらい人気のある動物である。そんなキリンだが、印象としては黄色の首の長い草食動物ぐらいしかないだろう。  だが、実はキリンにはある秘密があるのだ。  今回の雑学では、キリンのある秘密について話していこう!  【動物雑学】キリンの睡眠時間は恐ろしく短い キリンの睡眠時間は2時間で、深い眠りにつくのは20分間だけ。残りの1時間40分は浅い仮眠状態なのである。  【雑学解説】キリンの睡眠時間が短いのはなぜ? キリンの睡眠時間はチョー短 ...

ワニの噛む力は恐ろしいが、口を開く力は超弱いという雑学

肉食・巨大動物

2020/1/17

ワニの噛む力は世界最強。だが口を開く力は超ザコ。|動物雑学

ワニというと、どこか恐竜の末裔っぽい見た目がカッコよく、男のロマンを感じさせる動物である。 そして見た目だけではなく、その噛む力にしても映画『ジュラシックパーク』でおなじみの暴君・ティラノサウルスに匹敵するほどだというぞ! まさに現存する恐竜といってもいいのではないか。 うむ…ワニが恐ろしく強いことはたしかだ。しかし彼らには、意外な弱点も存在するという…。 【動物雑学】ワニの噛む力は恐ろしいが、口を開く力は超弱い ライオンくん ワニの噛む力はすごいぞ…オレは絶対近寄りたくないぜ…! ウサギちゃん そうだよ ...

電気ウナギは自分の電気に感電しない?という疑問に関する雑学

水中の動物

2020/1/14

放電ッ!電気ウナギは自分の電気に感電しない?【動画あり】|動物雑学

アマゾン川に生息する電気ウナギは、その名の通り電気を発する。電圧は最大800ボルト! 家庭用コンセントの8倍の威力を誇り、うっかり踏んでしまったワニを感電死させてしまうほどである。川底にいて存在が確認できない分、ワニよりずっと脅威だ。 ところでその電気ウナギさん、水のなかでそれだけの電気を放出して、自分はなんともないのだろうか…。まさかゴム製なんてバカな話はないだろうし。 今回はそんな電気ウナギの生態にまつわるトリビアである! 【動物雑学】電気ウナギは自分の電気に感電しない? ライオンくん 電気ウナギの電 ...

クラゲには心臓・脳・血液がないという雑学

水中の動物

2020/1/18

どうやって生きてるの!?クラゲには…心臓も脳も血液もない…【動画あり】|動物雑学

半透明のボディで、海中をゆらりゆらりと漂う神秘的なクラゲ。 水族館などでふわふわと泳ぐ姿を見ると「クラゲはきっと悩みなんかないんだろうなあ」と、つい思ってしまう。そりゃあ悩みも何も、クラゲには脳ミソ自体ないんだから当たり前だ。 …え!? 脳ミソがないのにどうやって泳いで、どうやってエサを食べるんだ!? それどころか心臓も血液もないだって? う…宇宙人か何かですか。今回はそんなクラゲの生態のトリビアに迫った! 【動物雑学】クラゲには心臓・脳・血液がない ライオンくん 心臓も脳も血液もない…。クラゲって生き物 ...

甘エビは性転換するという雑学

水中の動物

2020/1/9

大人はみんなメスだと…?甘エビは性転換するって知ってた?|動物雑学

甘くてとろける食感が子どもから大人まで人気の甘エビ。お寿司のネタになるのは小さい甘エビだが、スーパーに行くと体長10センチほどの大きな甘エビも売られている。 10センチの甘エビなどというと、本当に甘エビか? と疑いたくなるが、彼もまた立派な甘エビだ。おっと失礼…彼ではなく彼女だった。だって、大きな甘エビはみんなメスなのだから。 なるほど、カマキリみたいにメスのほうが大きい感じなのね…と思っていたらちょっと違う。今回は甘エビたちが子孫を繁栄させるためにとった、その生態のトリビアに迫っていこう! 【動物雑学】 ...

オポッサムという、死んだふりが得意な動物がいるという雑学

小動物

2020/1/2

名優すぎる。死んだふりが得意な動物"オポッサム"とは?【動画あり】|動物雑学

最近寝る前にグーグル先生や某動画コンテンツにて「面白い 動物」「珍 動物」と検索してもらうのが日課になっている。…別に心が疲れているわけではない。 それにしてもそのキーワードは再生回数が多く、みんな珍しい動物に癒されたいのだと勝手に思っている。そんな動物好きのあなたは、とっても器用に死んだふりをする「オポッサム」を知っているだろうか?  また、彼らのおもしろいところは、死んだふりだけではない。今回はとってもユニークなオポッサムの動物雑学をお届けしよう! 【動物雑学】オポッサムという、死んだふりが得意な動物 ...

ズワイガニのオスの求愛方法は「メスを振り回す」という雑学

水中の動物 笑える

2020/1/14

オラオラすぎる恋愛!ズワイガニのオスの求愛方法がヒドい。【動画あり】|面白い雑学

冬の高級食材といえばカニ。なかでも、その繊細かつ強い甘味と、濃厚なカニ味噌が特徴のズワイガニを真っ先に思い浮かべる人は多いだろう。 そんなズワイガニ、いかにも豪快な見た目をしているが、恋愛の仕方もまた豪快である。トゲのある男は魅力的に映るというし、彼らぐらい強引なアプローチもときには必要かもしれない! …いや、あまり真似しないほうが良さそうだが…その実態は? 【面白い雑学】ズワイガニのオスの求愛方法は「メスを振り回す」 ウサギちゃん ズワイガニのオスって、気に入ったメスを見つけるとハサミにはさんでブンブン ...

キリンの舌は40センチ以上あるという雑学

草食動物

2020/1/5

長いのは首だけじゃない!キリンの舌は40cm以上ある【動画あり】|動物雑学

ベロなげええええ!! 首の長い動物といえば、だいたいのひとが「キリン」というのではないだろうか? キリンは、よく高い木の葉を舌で絡めとって食べている。 美味しそうに食べるなあと眺めていたら、動物園のお兄さんが「キリンの舌って40センチもあるんだよ!」と子どもたちに説明していた。子どもたちも楽しそうに聞いていて…って、待て!? 40センチの舌って、長すぎでしょ! びっくりしたので、今回の雑学記事ではキリンの舌について調べてみた。 【動物雑学】キリンの舌は40センチ以上ある  ライオンくん キリンはどうしてそ ...

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.