魚の雑学一覧

フグの持つ毒の威力に関する雑学

2019/10/29

微量でも超危険!フグが持つ毒の威力はどのくらい?【テトロドトキシン】|動物雑学

月に一度の給料日! 頑張った自分へのご褒美や家族サービスなどで、焼き肉・すき焼き・お寿司などなど、贅沢な料理に舌鼓をうつ方も多いだろう! そんな贅沢な料理の中でもまた、異彩を放つ料理といえば…フグ料理だ。 みなさんご存知のとおり、フグには毒がある。毒があるものをわざわざ食べるぐらい、おいしいということだ。 ところでフグに毒があることは知っていても、その毒がどれくらいの毒なのか、ご存知の方は少ないのではないだろうか…。実はその威力は自然界においても、かなり上位に食い込んでくるというぞ! 【動物雑学】フグの持 ...

陸に上がって産卵する魚がいるという雑学

2019/10/26

不思議な卵…!陸上に上がって産卵する魚がいる【動画あり】|動物雑学

グルニオン 魚は水の中で生活するもの。水の中で卵を産み、卵から孵化した瞬間からずっと水の中で暮らす生き物だと私は認識している。しかし、卵を産むためにわざわざ陸に上がってくる魚がいるというのだ。 その魚の名前は、「グルニオン」。 アメリカ西海岸に生息しており、産卵のときにはいっせいに陸に上がって、砂浜に卵を産みつけていくという不思議な魚だ。 今回は、砂浜を走り回る魚「グルニオン」を紹介するぞ! 【動物雑学】陸に上がって産卵する魚がいる グルニオンという魚は、産卵のために陸に上がって砂の中に卵を産む 【雑学解 ...

フグはなぜ海にいるのに「河豚」と書くのか?という雑学

2019/10/26

フグは海にいるのに"河豚"と書くのはなぜ?【メフグ】|動物雑学

海豚・河馬・海象・河豚。これらの漢字はそれぞれ動物を表している。海豚はイルカ・河馬はカバ・海象はセイウチ・河豚はフグと読むのだ。 海にいる豚のような生き物・イルカ。豚に似ているわけではないと思うが、ほ乳類というくくりでいけば近いか。  河にいる馬・カバ。こちらは水中で軽やかに動くカバの様子から、この字があてられたそう。  海にいる象・セイウチ。セイウチの大きさから、象にたとえられるのも納得である。  そして河にいる豚・フグ。…え? なんかいろいろ間違ってない? フグは海にいるし、魚である。イルカのときのよ ...

金魚はなぜ「金」魚?に関する雑学

2019/10/26

鱗が光った?黄金と同じ価値?金魚の名前の由来、知ってます?|動物雑学

金魚は日本で最もポピュラーな観賞魚で、金魚すくいは日本の風物詩にもなっている。さまざまな色の金魚が存在しているが、基本的には赤い魚である。 鱗の色が魚の名前の由来になることもあるが、金魚は赤い魚だ。なぜ、金魚は「金」魚と呼ばれるのだろうか? 金魚の名前の由来などについてご紹介しよう。 【動物雑学】金魚はなぜ「金」魚? 金魚が「金」魚と呼ばれる由来には、昔は高い金額で取引されていたからなど、さまざまな説がある。 【雑学解説】金魚は1000年以上前から金魚と呼ばれていた 金魚は日本で盛んに飼育や品種改良が行わ ...

金魚のオスは、恋をするとニキビができるという雑学

盛り上がる

2019/10/27

恋する思春期!金魚のオスは繁殖期になるとニキビができる|面白い雑学

人間は思春期になるとニキビができ始めるが、なんと金魚にもニキビができることが判明していた。追星(おいぼし)と呼ばれるニキビはオスの金魚にしかできることはなく、しかも恋をしたときにできるのだという。 白っぽい点が体にできるため病気と心配されることもあるが、治療しなくても問題はない。今回は、オスの金魚は恋をするとニキビができるというトリビアについてご紹介しよう。 また、ニキビと勘違いしやすい白点病についてもご紹介する。 【面白い雑学】金魚のオスは、恋をするとニキビができる 金魚のオスは繁殖期になると、追星と呼 ...

金魚は野生にはいないという雑学

2019/10/26

フナに戻る?大量繁殖?金魚は野生では生きていけないのか?|動物雑学

金魚は500年以上前に日本に伝来した観賞魚で、長いあいだ日本人に愛されてきた。原産国は中国だが、世界中に広まり、英語では「Goldfish」の名前で親しまれている。 金魚は観賞魚として品種改良され、生命力が弱いために野生の世界では生きていけないといわれることがある。 一方、海外では野生化した金魚が大量に繁殖して問題になっているという話も存在する。一体どちらが本当なのだろうか? 金魚は「野生にはいない」という話の真相についてご紹介しよう。 【動物雑学】金魚は野生にはいない 金魚は野生の世界では生きていけない ...

魚にも嗅覚と聴覚があるという雑学

2019/10/26

絶対音感も!?魚の嗅覚と聴覚は人間よりもはるかに上!|動物雑学

魚類は一生を水中で生活する生物であり、一部の魚を除いて陸上で生活することができない。水中は陸上と同じ感覚が発達していても役に立たないため、魚は嗅覚と聴覚が非常に発達している。 魚が絶対音感をもっていると知ったら驚く人は多いだろう。嗅覚も非常に発達しているが、意外な感覚を嗅覚のように利用することもある。 魚の嗅覚や聴覚などに関するトリビアについてまとめてみた。 【動物雑学】魚にも嗅覚と聴覚がある 魚の嗅覚と聴覚は人間よりもはるかに発達している 【雑学解説】魚の嗅覚は犬並みで聴覚も人間よりはるかに発達している ...

淡水魚と海水魚の水分補給に関する雑学

2019/10/26

魚って水分補給が必要?淡水魚と海水魚で違います|動物雑学

あつーい夏の日に水分の補給をさせてもらえなければ、どれだけ耐えられるだろう…。 いやいや! 想像しただけでも耐えられない! でも…ちょっと考えたことはないだろうか? そもそもなぜ人間には水分補給が必要なのだろう。 私たち人間の身体はおよそ60パーセントは水でできているのだ。よって汗をかいたり、呼吸をしたりすることによって、水分が失われていくわけであり、その失われた水分を補給しなくてはならない。人間は水分なしで生きられるのは5日程度。 あれ? じゃあいつも水の中にいる魚ってどうなんだ? 水を飲んでいる姿を見 ...

メダカは今では絶滅危惧種という雑学

2019/10/26

めちゃめちゃいたのに…メダカは絶滅危惧種に指定されている|動物雑学

メダカは日本でもっともポピュラーな魚の1つだろう。野生のメダカは、非常に身近な魚だった。しかし、環境の変化で絶滅が心配されるほど数が少なってしまった。 野生のメダカを増やそうという保護活動が盛んになったが、そのせいで思わぬ問題が発生してきているという。野生動物を保護するのは、簡単ではない。 絶滅が心配されている問題や、日本のメダカの種類などについてご紹介しよう。 【動物雑学】メダカは今では絶滅危惧種 メダカは数が減少し、絶滅が心配されている。保護活動が盛んになったが、そのせいで本来のめだかが消滅する可能性 ...

漁師を殺してしまう「ダツ」とは?という雑学

2019/10/26

サメよりヤバい。時速60kmで漁師を殺す魚"ダツ"とは…?|動物雑学

海で遭遇したくない生き物といえば、真っ先に思い浮かべるのはサメではないだろうか。 しかし、サメよりも恐れられている魚が、日本の近海にもいるのだ。 高速で突き刺さってくる恐ろしい魚「ダツ」。あまり聞いたことがない名前だが、実は漁師のあいだでは、サメよりも危険な魚として知られているらしい。 ダツとは、いったいどんな魚なのだ? サメより怖いって、そうとうなヤツに違いない…。 ということで今回は、恐怖の魚「ダツ」を紹介しよう。 【動物雑学】漁師を殺してしまう「ダツ」とは 「ダツ」は、鋭いアゴで人を突き刺す「危険な ...

Copyright© 雑学カンパニー , 2019 All Rights Reserved.