笑える雑学一覧

モーツァルトは下ネタが大好きだったという雑学

笑える 芸術・文学

"尻をなめろ"だと…?モーツァルトは下ネタが大好きだった【動画】

意外と下ネタ好きのモーツァルトさん クラシックを聞かない人でも、その名を知らない人はいない作曲家・モーツァルト。 ハイドンやベートーベンと共にウィーン古典派を代表する巨匠であり、幼い頃から神童の呼び声高く、あのマリー・アントワネットにプロポーズした逸話もある。 その優美な作風もあいまって、華やかな時代に生きた天才のイメージが強いモーツァルトだが、実は意外な一面ももっているのだ。 悪いことは言わない。モーツァルトのイメージを崩したくない方は、ここで読むのをやめることをおすすめする。そうでない方には、彼のとっ ...

アルパカは強烈に臭い唾を吐くという雑学

笑える 草食動物

唯一の武器。アルパカはめっっっちゃ臭いツバを吐く。【動画】

モフモフの毛に、ラクダのような顔をしたアルパカ。羊がスマートになって、足と首を長くしたらこうなるのかな…初めてアルパカを見たとき、そんなことを思ったものだ。 ちょっと不思議な見た目だけど、なんだか癒される雰囲気で、動物園でも人気者である。しかし! その可愛さのあまり近づきすぎるのは危険かもしれない…。 アルパカをあまり刺激すると、強烈に臭い唾が飛んでくるのだ! しかもその唾、実は唾ではなく…。 【動物雑学】アルパカは強烈に臭い唾を吐く アルパカの吐く強烈に臭い唾は、実はゲロ。 【雑学解説】アルパカは危険を ...

「シュークリーム」は英語だと違う意味になるという雑学

スイーツ・お菓子 笑える

気をつけろッ!"シュークリーム"は英語だと違う意味になる

ある日、英会話教室のネイティブ講師に「好きなスイーツは何?」と聞かれた私は、前日に食べたシュークリームを思い出していた。 「シュークリームって、英語でもそのままシュークリーム?」 ふとそんな疑問を感じたが、「シュークリーム」と答えた。すると「シュークリーム?本当に?」と、一瞬で怪訝そうな顔をする講師。 ここで「あ、何か間違えたな。」と気づいた私は、「食べたのはこれだよ。」と大人しくシュークリームの画像をみせることに。 「あ〜cream puffのことね!」 えっクリームパフ? 何、それ? そして、ネイティ ...

Googleの名前の由来に関する雑学

企業・商品 笑える

創業者のスペルミス…検索エンジン"Google"の名前の由来は?

検索エンジンといえばGoogle一強。Yahoo!だって中身はGoogleと同じだというし、もはやこの分野で右に並ぶ企業など、今後出てこないのではないか。 そんなGoogleの創業者であるラリー・ペイジとセイゲル・ブリンは、まさに時代を作った人たちと言って過言ではない。 …しかし肝心の「Google」という名前の由来には、偉業を成し遂げた彼らの、とあるミスが隠されているという。彼らのよう天才がやってしまったミスとは…。 Googleってそもそもどういう意味なんだ? と思っていた人も必見の雑学である。 【面 ...

ハイヒールの由来は、ファッションよりも衛生面だったという雑学

日常のうんちく 笑える

ウンコ対策…。ハイヒールの由来はファッションより衛生面だった

スラっと綺麗な脚線美が際立つ、大人の女性のファッションアイテム・ハイヒール。履いている女性はたしかに素敵なのだが、筆者はいつも足が疲れないかが気になってしまう…。 いやいや、オシャレは気合いというではないか。女性は綺麗に見えるならそれぐらいへっちゃらなのだろう! …綺麗に見えるならといったが、実はその昔、ハイヒールが綺麗に見せることとは真逆の用途で使われていたことを知っているだろうか。今回はそんなハイヒールの起源に関する雑学だ。 【面白い雑学】ハイヒールの由来は、ファッションよりも衛生面だった 道に落ちて ...

ズワイガニのオスの求愛方法は「メスを振り回す」という雑学

水中の動物 笑える

オラオラすぎる恋愛!ズワイガニのオスの求愛方法がヒドい。【動画あり】

冬の高級食材といえばカニ。なかでも、その繊細かつ強い甘味と、濃厚なカニ味噌が特徴のズワイガニを真っ先に思い浮かべる人は多いだろう。 そんなズワイガニ、いかにも豪快な見た目をしているが、恋愛の仕方もまた豪快である。トゲのある男は魅力的に映るというし、彼らぐらい強引なアプローチもときには必要かもしれない! …いや、あまり真似しないほうが良さそうだが…その実態は? 【面白い雑学】ズワイガニのオスの求愛方法は「メスを振り回す」 ウサギちゃん ズワイガニのオスって、気に入ったメスを見つけるとハサミにはさんでブンブン ...

宇宙船でオナラをした臭さはどのくらいかに関する雑学

宇宙 笑える

臭くない…?宇宙船でしたオナラのニオイはどれくらい?

忙しくて疲れてどうしようもない時、ふと空を見上げると、一瞬にして疲れが吹き飛ぶことはないだろうか。 それはその空の先に、宇宙が果てしなく続いていて、そのエネルギーを体全体に感じることができるから。あるいは、宇宙の不思議と謎に満ちあふれている存在を感じて、自分の悩みや疲れが小さなものに感じるからかもしれない。 このように宇宙の存在の有難さを感じているとき、ふと思った。宇宙船でオナラをした臭さはどのぐらいなのであろう? 壮大な宇宙の話になるかと思い気や、少し笑ってしまうほど、しょうもないことで申し訳ないが、一 ...

バナナと人間のDNAの50%は一致するという雑学

人体の不思議 笑える

似たもの同士!バナナと人間はDNAの半分が同じ。

筆者は小さいころ、バナナが嫌いだった。あの喉をヌルッと通る甘ったるさ、ドロリとした柔らかさ、そして妙に卑猥な外観…。 ところが、生活苦だった筆者を助けてくれたのは、スーパーで痛みすぎてたたき売りされていたバナナであった。2房で100円以下。 熟したバナナはペースト状にして凍らすと、アイスのようになり、じつにうまい! さらに、卵と混ぜてフライパンで焼くと、パンケーキもどきにもなる。しかも、バナナはけっこう腹持ちが良い。 甘いものに目がない筆者の舌を、あれだけ嫌っていた甘ったるいバナナが救ってくれたのであった ...

昔の力士に「浦島太郎」がいたという雑学

武道・格闘技 笑える

"浦島太郎"という力士がいた。ユニークな四股名いろいろ!

把瑠都(ばると)・嵐望(らんぼー)・冨蘭志壽(ふらんしす)…。 キラキラを通り越して、もはやヤンキーの世界の通り名のようだが、実はこれはただのキラキラネームではない。 なんと、このキラキラネームの持ち主は全員力士! 意外にも、相撲界はキラキラネームの宝庫なのだ。伝統的な名前から、目を疑うような珍名まで、実に多様な名前がある。なかには、誰もが知っている昔話の登場人物と同じ名前をもつ力士なんかもいるのだ。 今回の雑学ではそんな実に興味深い、力士の名前の成り立ちについて調べてみたぞ! 【面白い雑学】昔の力士に「 ...

「股のぞき効果」という研究でノーベル賞を受賞した日本人がいるという雑学

世界のびっくり 笑える

アホを真剣に!"股のぞき効果"でノーベル賞を受賞した日本人がいる【動画あり】

湯川秀樹・川端康成・山中伸弥…この方々の共通点をみなさんはわかるだろうか…。 そう、彼らはノーベル賞を受賞した偉大な先生方だ。もちろん、この方々以外にも受賞された方はいらっしゃるぞ! 彼らの授賞理由は「中間子の存在の予想」や「iPS細胞の作製」など、我々では理解できない難しいものばかりだ。ノーベル賞は、世界中の研究者や文筆家が憧れる賞の1つなのだから当然ではあるか…。 そんななか、我々が遊びや旅行先などでやることもある、ある行動でノーベル賞を受賞した先生がいらっしゃることをみなさんはご存じだろうか…。 今 ...

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.