芸術・文学の雑学一覧

雑学の中でも芸術と文学の雑学を集めてみました。

芸術と文学に関わる天才たちは、才能が鬼ほどスゴいぶん変人が多い…(まともな人もたまにいますが)。

その知られざるトリビアについて紹介していきましょう!

人気の雑学


宮沢賢治に関する雑学
宮沢賢治の生前がつらすぎ…。全く評価されていなかった文才

続きを見る


太宰治と走れメロスに関する雑学
走れメロスの真実。太宰治の"クズ体験"をもとにした実話だった

続きを見る


バッハやモーツァルトの髪型はカツラ!実は流行の最先端でした

続きを見る

 

新着記事

ベートーヴェンの雑学まとめ

芸術・文学

2020/7/2

ベートーベンの雑学まとめ6選!トリビア&豆知識を一覧にしました

音楽家・作曲家と言われると最初に名前が出てくるくらい有名で、なじみ深いベートーベン。 音楽室にある気難しそうな肖像画が印象に残っている人、ピアノの発表会でベートーベンの曲を弾いたな…という人、毎年欠かさず『第九』のコンサートに行く大ファンなど、関わり方は数多くあっても、まさか知らない人はいないだろう。 そんなベートーベンは、実は「えっ!?」と思うような面白い逸話がたくさん残っている音楽家でもある。今回はそんなベートーベンのトリビアの数々を紹介しよう! ベートーベンの雑学まとめ6選!トリビア&豆知識を一覧に ...

芸術家の雑学まとめ

芸術・文学

2020/7/2

芸術家の雑学まとめ15選!トリビア&豆知識を一覧にしました

「芸術家」には変わり者が多い…とよく聞くが、どうやらそれはあながち偏見ともいえないらしい。 今回ご紹介するのはそんな芸術家たちの面白いトリビア。誰もが知っているような音楽家や画家の雑学記事を集めてみた。やはり変わり者が多く、これだけでもかなり楽しめる内容になっているぞ! 芸術家の雑学まとめ15選!トリビア&豆知識を一覧にしました 気になる芸術家の雑学記事をチェックだ! シューベルトに関する雑学 シューベルト作曲の交響曲第7番・「未完成」。文字通り未完成の交響曲であるが、なんで未完成のままなんだろう? 「作 ...

芸術作品の雑学まとめ

芸術・文学

2020/7/2

芸術作品の雑学まとめ7選!トリビア&豆知識を一覧にしました

「芸術作品といわれても、美術の授業や歴史の授業で見たくらいしか知らない…。」という人も安心してほしい。 それでも楽しめること間違いなしの、面白トリビア満載の記事たちを、厳選して集めたぞ! もともと芸術に詳しくないというあなたでも、ちょっと人に自慢できるネタを手に入れられること間違いなしだ! 芸術作品の雑学まとめ7選!トリビア&豆知識を一覧にしました 気になる芸術作品の雑学記事をチェックだ! "考える人"に関する雑学 世にも有名なロダンの「考える人」。「考える人」という題名なだけあって、きっと何かを考えてい ...

文豪の雑学まとめ

芸術・文学

2020/7/2

文豪の雑学まとめ26選!トリビア&豆知識を一覧にしました

人の心を動かす作品を作る文豪たち。そんな彼らにも、まるで小説のような驚きのエピソードがあるものだ。作品だけでなく、作家にも注目してみると、知っている作品がどこか違って見えることもある。 今回は、文豪たちの驚きの雑学をまとめてみたぞ! 破天荒エピソードから、文豪の意外な一面まで目白押し! 面白い作品を生み出す作家は、その人生も面白い! 文豪の雑学まとめ26選!トリビア&豆知識を一覧にしました 気になる雑学記事をチェックだ! 太宰治と芥川賞に関する雑学 太宰治といえば、芥川龍之介に強い憧れがあり、彼の名前が由 ...

太宰治と走れメロスに関する雑学

笑える 芸術・文学

2020/6/29

走れメロスの真実。太宰治の"クズ体験"をもとにした実話だった

太宰治 太宰治の代表作の一つである「走れメロス」。舞台化されたり教科書に載ったりと、この美しい友情物語は世界に広がっていった。 しかし、芥川賞を欲するあまり審査員に受賞を懇願する長い手紙を送ったり、妻ではない女性と心中を図ったりと、太宰治本人はなかなか破天荒な人物であったといわれている。 実は「走れメロス」という美しい物語の裏にも、そんな破天荒な太宰治のかなり残念な実体験が隠されていたことを、太宰の友人が暴露しているのだ。 太宰治を知る人からすれば、太宰らしいと言わざるを得ないこの裏話を、雑学としてご紹介 ...

ベートーヴェンの肖像画の怖い顔をしている理由に関する雑学

芸術・文学

2020/6/29

威厳じゃない!ベートーベンの肖像画が怖い顔をしているのはなぜ?

ドイツ・ボン ベートーベン像 学校の音楽室には音楽家の肖像画がたくさん飾られているが、なぜかベートーベンは怖い顔をしている。そんなベートーベンの肖像画に思わず目を向けてしまった経験は、誰もがあるのではないか。 では、どうしてベートーベンの肖像画は不機嫌そうな怖い顔をしているのか? 今回は「ベートーベンの肖像画が怖い顔をしている理由」について調べてみたので雑学としてご紹介しよう! 【歴史雑学】ベートーベンの肖像画が怖い顔をしている理由とは? 秀吉くん ベートーベンさんっていえば、まずあの怖い顔の肖像画を思い ...

おじいさんになった浦島太郎には後日談があるという雑学

盛り上がる 芸術・文学

2020/6/29

"浦島太郎"の続編のあらすじとは…?乙姫メンヘラ説。

浦島太郎という物語、誰でも一度は耳にしたことがあるのではないか。 私は幼いころから「浦島太郎という物語はなんだか理不尽だ」と思っていた。せっかく亀を助けてあげたのに、謎の玉手箱を渡され、つい開けたら年老いてしまうなんて酷すぎる…。 しかし、この物語にはまだ続きがあるらしい…! 今回の雑学では「浦島太郎の後日談」について解説していくぞ! 【面白い雑学】浦島太郎の続きのあらすじとは? 信長さん 実は浦島太郎には後日談があり、なんと最終的に鶴になってしまうのだ。 秀吉くん 人間から鶴…。浦島太郎はものすごい進化 ...

シェイクスピアのサインは毎回違ったという雑学

芸術・文学

2020/6/29

6通りもある…。シェイクスピアのサイン(署名)は全部違う

歴史には偉人が欠かせないが、その名前を覚えるのは学生の仕事。答えは一つの丸暗記だから、これがけっこう骨の折れる作業だ。 しかし、現代人のそんな苦労をよそに、昔はその偉人自身が何通りも違うつづりで名前を書いていたらしい…! 今回は、英文学の偉人、誰もが知っているシェイクスピアのサインについての雑学を紹介するぞ。 【歴史雑学】シェイクスピアのサインは毎回違った 秀吉くん ねえ殿、このサインってシェイクスピアっすよね?こっちはつづりが似てるけど誰のっすかね? 信長さん こっちもシェイクスピアのサインだな。 秀吉 ...

森鴎外の子供たちの名前は元祖キラキラネームということに関する雑学

芸術・文学 驚き

2020/6/29

森鴎外の子供の名前はキラキラネーム。そんな名前をつけた理由は?

森鴎外 キラキラネーム。それは、一般的に学がないだの常識がないだのと非難されがちな名前たち。 “光宙”と書いて“ピカチュウ”、“泡姫”と書いて“アリエル”など、「それ、本気で言ってるの?」レベルの名前から、「読めなくはないけどちょっと変かも…」な名前など、そのバリエーションは様々だ。共通していえるのは、どこか違和感を覚える名前であること。 90年代半ばごろから台頭してきたとされるキラキラネームは、それ以降の若い世代にみられる流行とされ、若者の学のなさを揶揄する材料とされてきた。 だが100年ほど前に、学が ...

宮沢賢治に関する雑学

芸術・文学

2020/6/29

宮沢賢治の生前がつらすぎ…。全く評価されていなかった文才

宮沢賢治 突然ではあるが、宮沢賢治を知らないという日本人はどれくらいいるだろうか。国語の教科書にも載っている人であるため、知っている人の方が圧倒的だろう。不思議と引き付けられる独特な文体が人気で、今でもファンの多い国民的作家だ。 後世に残る作品を残した大作家なのだから、さぞや存命中も引っ張りだこで忙しい人気作家だったんだろう羨ましいぜ…などと思ってはいないだろうか? 驚くことに賢治は生前は悲しいくらいに評価されていなかったのだ。 一体なぜ彼は評価されなかったのか? そして意外なきっかけで有名になったその理 ...

© 2020 雑学カンパニー