芸術・文学

ベートーベンの雑学まとめ6選!トリビア&豆知識を一覧にしました

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

ベートーベンの雑学まとめ

音楽家・作曲家と言われると最初に名前が出てくるくらい有名で、なじみ深いベートーベン。

音楽室にある気難しそうな肖像画が印象に残っている人、ピアノの発表会でベートーベンの曲を弾いたな…という人、毎年欠かさず『第九』のコンサートに行く大ファンなど、関わり方は数多くあっても、まさか知らない人はいないだろう。

そんなベートーベンは、実は「えっ!?」と思うような面白い逸話がたくさん残っている音楽家でもある。今回はそんなベートーベンのトリビアの数々を紹介しよう!

ベートーベンの雑学まとめ6選!トリビア&豆知識を一覧にしました

気になるベートーベンの雑学記事をチェックだ!

ベートーベンの引っ越しに関する雑学

なぜ…!?ベートーベンは人生で約80回引っ越ししている

続きを見る

みなさんは、これまでの人生で何回引っ越しを経験しただろうか? ちなみに私はこれまでに3回。転勤が多くて…など特別な理由がない限りは、誰も似たようなものだろう。

一方ベートーベンは、人生の中でびっくりするほどの回数引っ越しを繰り返している。しかもっずっとウィーンの中で…。いったいなんでそんなに引っ越しをする必要があったのだろうか…。気になった人は記事をチェックしてみよう!

ベートーベンの"第九"に関する雑学

ベートーヴェンの"第九"の正式名称は100字以上に関する雑学
長い…!ベートーベンの"第九"の正式名称は100字以上…

続きを見る

かの有名なベートーベンの『第九』。皆さんこの曲の正式名称はご存じだろうか? 『交響曲第九番ニ短調作品125』という名前をご存知の方はいるかもしれないが、これは正式名称ではなく、本当の名前はずっと長く、なんと121文字もあるらしいのだ!

それって、本人も覚えられるのか…?

"エリーゼのために"に関する雑学

"エリーゼのために"はテレーゼさんへの曲!なぜ曲名が変わった…?

続きを見る

皆さん必ず1度は聴いたことがあるであろう『エリーゼのために』。長く慣れ親しんだこの曲名であるが、実は「エリーゼ」さんに贈られた曲ではなかったかもしれないのだ!

人違いで曲が贈られてしまったというのか…? どうしてそんな事態に陥ったのか、またベートーベンの恋多き人生について、ちょっと人より詳しくなってしまおうではないか!

スポンサーリンク

ベートーベンの難聴に関する雑学

ベートーベンは全く音が聞こえないわけではなかったという雑学
難聴ではあるが…ベートーベンは全く耳が聞こえないわけではなかった

続きを見る

ベートーベンといえば、「耳が聴こえないにもかかわらず、素晴らしい作品をたくさん世に残した」という逸話があるが、…実はなんと耳がまったく聴こえない訳ではなかったらしい!

なんでも難聴には種類があるらしく、ベートーベンが患っていたものなら、工夫をすれば少しは聴こえたというのだ。それにしても工夫すれば聴こえたって、いったいどんな努力をしたんだろう…。

その内容には、なんでも諦めないで努力しなければいけないな…という気持ちにさせられる。

ベートーベンの癖に関する雑学

ベートーヴェンは念入りに手を洗う癖があったという雑学
ベートーベンはどんな性格だった?潔癖症で癇癪持ちで神経質…?

続きを見る

ベートーベンといえば、おなじみの肖像画の神経質そうな顔が思い浮かぶ人も多いだろう。実際のところ、ベートーベンにはそのイメージを裏切らない、ある癖があった!!

弟子が書いた伝記にもちゃーんと書いてあるその癖とは、いったいどのようなものだったのだろうか!? 知らない人は要チェックだ!

ベートーベンの肖像画に関する雑学

ベートーヴェンの肖像画の怖い顔をしている理由に関する雑学
威厳じゃない!ベートーベンの肖像画が怖い顔をしているのはなぜ?

続きを見る

ベートーベンの肖像画の表情が怖いのは、たまたま不機嫌だったから。…なんで不機嫌だったの?

飯がまずかったんだよ! …それだけ? うん、ベートーベンってけっこうめんどくさい人だったんだって。そんな彼の気難しいエピソードをお届けしちゃおう!

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー