自然・宇宙雑学の記事一覧|植物や気候、地球に関するトリビアが満載!

自然・宇宙に関する雑学記事をまとめてみました!

日本だけではなく、世界にはいろんな植物があります。かわいらしい花もあれば、正直キモチワルイ植物も…。

また、植物たちを支える気候のトリビアもおもしろいですよ。地球って広い!

そして、地球を出ると夢の宇宙空間が!ブラックホールとホワイトホールなんて夢のある話ですね〜。

宇宙の雑学一覧

地球の雑学一覧

植物・木の雑学一覧

自然現象の雑学一覧

新着記事

"富士山へGO"の滑落事故。斜面の様子

地球

2019/11/7

冬に"富士山へGO"は絶対にダメ。滑落事故を振り返る【動画あり】

滑落事故現場の様子 「ここも危ないな…滑る……うわっ!!」 そう言い残して亡くなったTEDZUさん。 11月6日、山梨県の長崎幸太郎知事は「富士山は決してやさしい山ではない」と話し、富士登山への注意喚起を行った。 これは冒頭で紹介した、富士山山頂からの滑落事故を受けてのものだ。10月28日に発生した事故だが、この時期の富士山は閉山中。なぜこのような事故が起こってしまったのか…。 この滑落事故、ニコ生の配信中に起きてしまった悲劇だった。冠雪した富士山を登り、下山する動画を配信していたところだったのだ…。 【 ...

木の実がどれも派手なのは鳥にみつけてもらうためという雑学

植物・木

2019/10/29

植物と鳥の共存!木の実が派手な色なのはなぜ?|自然雑学

幼いころに「わけのわからない木の実」を食べたことはないだろうか。 小学校までの登下校の道のりにある、街路樹や庭木の木の実をみつけては、「なんの果実だろう?」「おいしそうだな~」と、つい口へと運んでいたことを思い出す。当時は派手な色をした木の実が、それぐらいおいしそうに見えたのだ。 この木の実の中には種が入っていて、これらの種が、また別の場所で芽を出して、大きな木に育っていく。 そう、木の実は木が子孫を残すためのとても大切なものだ。「だったら食べられないように、目立たない色をして、下に落ちるまで大人しく待て ...

地球は完全な球体ではないという雑学

地球

2019/10/29

地球は完全な球体ではなく楕円形をしている。確認する方法とは?【回転楕円体】|宇宙雑学

メディアでよくみる地球の映像も、家にある地球儀も、ボールのように丸い。だが、実際の地球はボールのような球体ではない。「完全な球体ではない」というのが、正しいようである。 「えっ、そうなの?」と驚くのもつかの間、「そんなこと、どっちでもいいや!」という声が聞こえてきそう…。しかし、宇宙の専門家からすると、かなり大きな違いのようだ。「完全な球体でない」と捉えることで、地球上のさまざまな現象が説明できるようになったという。 今回は地球が完全な球体ではない理由と、それを裏付ける根拠についても詳しく調べたぞ! 【宇 ...

紅葉した葉は光合成ができなくなるという雑学

植物・木

2019/10/29

葉緑体がない…!植物と木の"光合成ができなくなる時期"っていつ?|自然雑学

植物が生きるうえで欠かせない営み、光合成。 二酸化炭素と水と光から光合成で、酸素を生み出す植物たち。人間をはじめとした動物たちは、呼吸によって酸素を取り込んで二酸化炭素を外に出す。植物に必要な二酸化炭素を動物が作って、動物に必要な酸素を植物が作り出している。 動物と植物は持ちつ持たれつ。互いに正反対の生き方をしているおかげで地球はバランスを保っていると思うと、改めてよくできた仕組みだと感心してしまう。 しかし、植物だからといって問答無用にできるわけではない。実は樹木には、光合成をすることができない時期があ ...

「TSUNAMI」は世界共通語という雑学

自然現象

2019/11/8

津波の恐怖を世界へ。"TSUNAMI"は世界共通語として使われている|自然雑学

外国でも日本語が通じることがある。「KAWAII」や「MANGA」などがその代表的なものだろう。日本ならではのものが外国でも通じることがあれば、意外な言葉が通じることもある。 それが、「TSUNAMI」。そう、地震などが起こったことにより、大きな波が起こるあの恐ろしい現象だ。 どうしてこの言葉が外国でも通じる言葉になっているのだろうか? それには、1人の作家が関係していた。 今回は、そんな「TSUNAMI」についての雑学を紹介しよう。 【自然雑学】「TSUNAMI」は世界共通語 「TSUNAMI」は世界で ...

桜が土手沿いに多いのはなぜ?という雑学

植物・木

2019/11/8

江戸時代の賢い知恵。桜が土手沿いに多く咲いているのはなぜ?|自然雑学

桜は日本を代表する花といっても過言ではない。春になると美しく咲くのが毎年楽しみだ。ところで桜といえば、多くは土手沿いに生えているものである。川と合わさったシチュエーションが相まって、それもまた綺麗だ。 しかし実のところ、桜は景観だけを意識して土手に植えられたわけではない。なんとこれには、災害に立ち向かおうとした、昔の人の知恵が関係していたのだ! 【自然雑学】桜が土手沿いに多いのはなぜ? 桜が土手沿いに多いのは、川の氾濫による決壊を防ぐため。江戸時代の人たちの知恵である。 【雑学解説】江戸時代の知恵で災害対 ...

日本で一番大きな無人島は北海道の「渡島大島」という雑学

地球

2019/10/26

どんな島?日本で最も大きな無人島は、北海道の"渡島大島"|自然雑学

多くの映画の影響から「無人島」と聞くと、ジャングルのような場所で猛獣がいる場所を想像する人も多いんじゃないだろうか? 無人島は海外だけと思うかもしれないが、実は日本にも存在する。 ちなみに日本の無人島…その数、なんと6415。え? そんなにあるの? と思わずびっくりするような数だ。その数ある無人島で国内一、大きいとされるのが「渡島大島(おしまおおしま)」という無人島である。 渡島大島か…。いったいどんな無人島なんだろうか。今回は日本一、大きいとされる渡島大島のトリビアを紹介していこう。 【自然雑学】日本で ...

人が住んでいる陸地は地球の3割程度という雑学

地球

2019/10/26

半分以上が海!人が住んでいる陸地は地球の何割?|自然雑学

「世界の絶景10選!」や「一生に一度は行きたい厳選スポット」などのテーマに惹かれてテレビをみることがある。地球はとてつもなく広く、まだ人類が足を踏み入れていない地域はたくさんあるのだなと思う。 だが最近は、そんな地球が狭く感じる時もある。それは増加し続ける世界の人口と、それにともなう経済活動の肥大によるものだろうか。 そうかもしれないが、それ以前に、地球は「海洋」と「陸地」に分かれている。そのなかで、人が普段生活しているのは、「陸地」のほうだけだからともいえるのではないだろうか? 地球は広いかもしれないが ...

宇宙船でオナラをした臭さはどのくらいかに関する雑学

宇宙 笑える

2019/10/29

臭くない…?宇宙船でしたオナラのニオイはどれくらい?|面白い雑学

忙しくて疲れてどうしようもない時、ふと空を見上げると、一瞬にして疲れが吹き飛ぶことはないだろうか。 それはその空の先に、宇宙が果てしなく続いていて、そのエネルギーを体全体に感じることができるから。あるいは、宇宙の不思議と謎に満ちあふれている存在を感じて、自分の悩みや疲れが小さなものに感じるからかもしれない。 このように宇宙の存在の有難さを感じているとき、ふと思った。宇宙船でオナラをした臭さはどのぐらいなのであろう? 壮大な宇宙の話になるかと思い気や、少し笑ってしまうほど、しょうもないことで申し訳ないが、一 ...

火星に氷があったことに関する雑学

宇宙

2019/10/25

火星には氷があった!将来的に移住できるようになるかも?|宇宙雑学

火星コロニー 地球から1番近い位置にある火星。長年火星には氷・水が存在しているのか? ということについて議論・研究が進められてきた。 しかし、とうとうその議論が結論を出そうとしているという。そう、火星で氷が発見されたというのだ。でもその発見で、我々にはどう影響してくるのだろうか? 今回は、火星で本当に氷が発見されたのかというトリビアについて紹介していこう。天体に興味がある人は、必見のテーマといえるだろう。 【宇宙雑学】火星に氷があった 火星探索により、長年火星にあるのか謎だった氷が、ついに発見された。 【 ...

Copyright© 雑学カンパニー , 2019 All Rights Reserved.