地球

谷川岳の恐ろしいギネス。日本には最も遭難死者が多い山がある|自然雑学

 

日本には最も死者が多い山があるという雑学

何人もの登山家の命を奪う「死の山」といったら、どんな山を思い浮かべるだろう? 山に興味がない人でも、映画の題材になったエベレストやK2なら知っているかもしれない。

もう少し山に興味がある人なら、人喰い山として名高いアンナプルナやナンガパルバットを思い浮かべるかもしれない。いずれも8,000m級の難関だ

だが、世界で一番死者が多い「死の山」は、実は日本国内にあるのだ! え、日本にそんなに高い山あったっけ? もしかして富士山?

そんな疑問にお答えするべく、日本にあるもっとも死者が多い山についての雑学をご紹介しよう。

【自然雑学】日本には最も死者が多い山がある

じいさん
最も死者が多い山は谷川岳で、1931年から2012年までに、なんと805名が遭難死しているんじゃよ…!
ばあさん
そうなんですか…!?

【雑学解説】谷川岳の死亡者数はギネス世界記録

谷川岳の死亡者数はギネス世界記録というトリビア

谷川岳

谷川岳は群馬県から新潟県をまたぐところにある標高1977mの山だ。

エベレストなどの8000m級の山に比べると、2000mにも満たない山なんてそう難しくないんじゃないか? と思ってしまう。だが、谷川岳はその死亡者数においてギネス世界記録をもっているのだ。

谷川岳の遭難者記録は1931年から始まり、2012年時点の死亡者数は805名。ん? この数字だけではピンとこない? それならこれはどうだろう。

8000m級の山は世界に14座あるのだが、その14座の死亡者数をすべて合計すると、およそ640名である。谷川岳だけで805名という死亡者数がいかに異常かお分かりだろうか。

ばあさん
谷川岳だけで14座の合計を超えている…。
じいさん
谷川岳…ヤバすぎじゃよな…。

「8000m級のどの山よりも谷川岳の死亡者数のほうがダントツに多いんだよ」なんてトリビアを披露してもなかなか信じてもらえなさそうだが、これはまぎれもない事実である。

スポンサーリンク

【追加トリビア①】一ノ倉沢・幽ノ沢などのクライミングルートは超危険

一ノ倉沢・幽ノ沢などのクライミングルートは超危険というトリビア

一ノ倉沢ルート

谷川岳は初心者だって登るし、そんなに危険な山だなんて聞いたことないよ!? と思う人は多いかもしれない。実は、谷川岳には通常ルートとロッククライミングルートの二種類があって、危険なのはロッククライミングルートの方なのだ。

ロッククライミングルートは、東尾根・一ノ倉沢・幽ノ沢・石楠花尾根・堅炭岩・南面幕岩とあるが、遭難死亡事故は主に一ノ倉沢ルートと幽ノ沢ルートで発生している。

このあたりの岩壁は険しいだけでなく、岩質が脆く手がかり・足がかりを作りにくかったり、滑りやすかったりするところが多いようだ。さらに天候の変化が激しいこともあって、死亡事故を引き起こしやすいといわれている。

ここを登るの!? 一ノ倉沢の大岩壁は想像以上にすごかった

谷川岳一ノ倉沢にそびえる大岩壁の映像を発見したぞ! これは想像以上の難所だ…。

じいさん
わし、これからもし山登りすることがあったとしても…ロッククライミングルートだけはやめておこう…。

見事に垂直である。これは山なんてもんじゃない。文字通り、壁だ。ロッククライミングルートではこんなところを登っていくんだなあ。

【追加トリビア②】初心者には天神尾根ルートがオススメ

天神尾根ルートは、ふもとの土合口駅から標高1,319mの天神平駅まで、ロープウェイで一気に登ることができる。そして天神平駅からは二通りの方法がある。

一つは、天神平駅から登山道を歩いて尾根に出て、尾根づたいに山頂を目指す方法。もう一つは天神平駅からさらにリフトに乗って天神峠まで上がり、そこから尾根づたいに山頂を目指す方法である。尾根に出るまで歩くかリフトを使うかの違いだけで、あとは同じルートになっている。

山頂まで行かずに少し尾根を歩く程度でよければ、天神尾根ウォーキングコースが一番簡単だ。土合口駅から天神平駅までロープウェイ、天神平駅から天神峠駅までリフトで上がり、天神峠駅から熊穴沢避難小屋まで尾根づたいに往復して帰ってくるコースである。山歩き初心者や体力に自信がない人はこのコースから始めるのが良いだろう。

じいさん
うむ。天神尾根ルートじゃな!覚えたぞ!

ただ、これらが初心者向けのコースであるといっても、山を歩くことに変わりはない。体調がすぐれなかったり天候が悪化しそうであれば、無理をしないで休憩をとったり速やかに下山することも大切だ。そして、必ず経験者やガイドに同行してもらうようにしよう。

トリビアまとめ

死の山や人喰い山という言葉からは、ついつい海外の高い雪山を想像してしまうが、実は日本国内に世界ワースト1の死の山があったのだ。しかも、富士山より標高が低くて年間登山者数も多い、初心者からベテランまで幅広い層が登っている谷川岳がそうだったとは…。

とはいえ、谷川岳は入ったら出てこられないような魔境ではない。多くの人は通常ルートを安全に登って帰ってきているのでご安心を。

しかし安全なルートだからってナメてはいけない。山に入るときのルールや心得をきちんと守るのが大前提だ。安全に谷川岳を楽しんで欲しい。

ばあさん
遭難死者1位との言葉に、怖いと思ってしまいそうな谷川岳ですが…実は紅葉がとってもステキな山なのです。
じいさん
キレイな景色を楽しみたい人にオススメの山の1つじゃから、安全に楽しく!自然を満喫してほしいのぅ!

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2019 All Rights Reserved.