植物と木の雑学一覧

雑学の中でも植物と木の雑学を集めてみました。

植物も木も私たちを癒やしてくれる大事な存在…!

しかし、ヤツらにも面白い雑学が盛りだくさんです!

人気の雑学


街路樹にはあえて葉の落ちる落葉樹が植えられているという雑学
あえてです!街路樹に落葉樹が植えられている理由とは?【常緑樹】

続きを見る


カエデ科の植物は血液型によって色が違うという雑学
O型かAB型か。カエデ科の植物の色は血液型によって異なる

続きを見る


花粉症の原因じゃない!ヒマラヤスギは"松"の仲間なんです

続きを見る

 

新着記事

紫陽花(アジサイ)には毒があるという雑学

植物・木

食べちゃダメだ!紫陽花(アジサイ)には毒がある

梅雨時にピンクや青の小さな花が雨続きのどんよりとした空気をやんわりと彩ってくれる。そんな紫陽花に癒される人も多いはずだ。 しかし、そんな癒し系の紫陽花には人や動物が食べてはいけない有害な毒が含まれていたのだ! 今回は、紫陽花を食べてしまった人や動物がどうなってしまうのか紹介しよう。 【自然雑学】紫陽花(アジサイ)には毒がある 紫陽花には実は毒が含まれていた。 【雑学解説】紫陽花(アジサイ)を食べるとどうなっちゃうの? 紫陽花には、一体どのような毒が含まれているのだろうか。 紫陽花の葉・つぼみ・根っこには、 ...

意外と知られていない「バラ科」の植物たちに関する雑学

植物・木

アーモンドも!?意外と知られていない"バラ科"の植物たち

イチゴやリンゴなど、フルーツの王道的存在であるバラ科植物たち。でもまだまだみんなが知らないバラ科の植物はたくさんあるぞ! 今から紹介するバラ科植物をもし全部知っていたとしたら、君は相当なフルーツオタクであることだろう。 今回は、そんな「え? これもバラ科なの!?」と思うようなバラ科植物から、それぞれのトリビアについてまで書いていくぞ! 【食べ物雑学】意外と知られていない「バラ科」の植物たち アーモンドやビワなど、バラ科の植物は美味しいものが多いのが特徴だが、香りや健康成分が注目される物もある。 【雑学解説 ...

セイタカアワダチソウは自分の毒で自滅するという雑学

植物・木

強い外来種だけど…セイタカアワダチソウは自分の毒で自滅する【動画】

セイタカアワダチソウという植物をご存知であろうか? 夏の終わりから秋頃にかけて空地や草むら、そして河原などに生え、人間の背丈の高さにまで伸びてくる雑草だ。 このセイタカアワダチソウには自虐的で珍しい習性があるという。それは一体どのようなものか…。 また外来種であり繁殖力の強いセイタカアワダチソウは意外にも、花粉とは関係なかった…!? 【自然雑学】セイタカアワダチソウは自分の毒で自滅する セイタカアワダチソウの根から出る、発芽を妨げる「アレロパシー」という化学物質で、自らの成長を妨げている。 【雑学解説】セ ...

日本の雑草の9割は外国産という雑学

植物・木

弱肉強食の世界。日本の雑草の9割は外国産

雑草といえば、邪魔なイメージしかないかもしれない。抜いても抜いても生えてくるのが憎らしい…! やつらは多くの人にとって天敵といっても良いだろう。 そしてその天敵が、今では9割が外国産という事実を聞けば、いてもたってもいられない!! まさに静かなるインベーダー! なかには生態系に悪影響を与えるような、危険な雑草もあるとのことだ…。なにか対策はないのか、詳しく見ていこう。 【自然雑学】日本の雑草の9割は外国産 もともと日本にあった雑草は減少しており、今では9割が外国産になっている。 【雑学解説】外国の雑草によ ...

モミジとカエデの違いに関する雑学

植物・木

どっちが紅葉か分かる…?モミジとカエデはどう違う?

紅葉狩りといえば秋の風物詩だが、その紅葉狩りに対して、妙なことを言う人を見かけたことがある。紅葉はそのまま読んでも「モミジ」と読めるぐらいなのに、「カエデの紅葉」などと言っているのだ。 いや、だから紅葉はモミジのことで…あれ? 言われてみるとカエデとモミジはよく似ている。カナダの国旗はメープルで、つまりカエデのことだが、あれもまるっきりモミジじゃないか? あーもう! 何がモミジで何がカエデなんだ! と、真相に迫ってみたところ、意外な事実が発覚したぞ! 【自然雑学】モミジとカエデの違いとは? 植物の分類上で ...

ハエトリソウの葉を閉じる攻撃は一生に数回しかできないという雑学

植物・木

必殺技!ハエトリソウの葉を閉じる攻撃は一生に数回しかできない【動画】

ツボの中に落とし込んで水攻めにするウツボカズラ、甘いネバネバで絡めとるモウセンゴケ…なんともクセのあるメンツがひしめき合う食虫植物界。そのなかで一番の人気者といえばやはり「ハエトリソウ」だろう。 トゲトゲが並んで生える二枚の葉を開けて虫を待つ姿は、マリオのパックンフラワーさながらのキャッチーさ。その口を0.5秒もの速さで閉じるというから、虫たちも逃げられるはずがない! そんなハエトリソウ、日夜その口をパクパクさせているのかと思いきや…なんとこの動作、一生に数回しか発動できない超必殺技だというのだ! 【自然 ...

植物は「におい」でコミュニケーションをとっているという雑学

植物・木

害虫対策も!植物は"におい"でコミュニケーションをとっている

一般的な植物は声をだしたり、動いたりはしない。「キレイ」「癒やされる」とは思うものの、人間から見たら植物はそこに生えているだけの存在だ。 植物を加工し、ハーブや花の香りを楽しんでいる人は多い。その「におい」が、植物のコミュニケーション手段と知っていただろうか? 人間には察知できない、植物世界のやり取りについて解説するぞ。この雑学を知れば、植物を見る目がガラリと変わるかもしれない。 【自然雑学】植物は「におい」でコミュニケーションをとっている 植物は「におい」によって、周囲の仲間と連絡をとっている。 【雑学 ...

血のような樹液を出す木があるという雑学

植物・木

切られると血を流す木があるってホント…?【動画あり】

みなさんは木が切り倒される瞬間を見たことがあるだろうか。筆者は1度だけチェーンソーで伐採を体験したことがあり、大木がミシミシと音を立てて倒れる光景はなかなかの迫力だったと思い出す。 切り倒すときに木が痛がったりなどということは、もちろんない…。しかし今回こんな話を耳にしたのだ。 世界には驚くべきことに、切られると「血」を流す木があるらしい…と。 血を流すと聞くと腰が引けてしまうが、怖い物見たさというものもある。勇気を振り絞って詳細を調べてみたぞ! 【自然雑学】血のような樹液を出す木がある 「竜血樹」という ...

「フトモモ」という果実があるという雑学

意外 植物・木

"太もも"じゃなくて…「フトモモ」という果実がある【動画】

赤いフトモモ… 地球にいる植物の種類は30万種類以上。その中に「フトモモ」という果実があることをご存知だろうか? 「フトモモ」と聞くと足のこと!? と思ってしまうが、ちゃんとした実のなる植物である。 今回は、フトモモという一風変わった名前の植物についてご紹介するぞ! 【面白い雑学】「フトモモ」という果実がある フトモモ科・フトモモ属のフトモモという果実がある 【雑学解説】フトモモってなんだ? フトモモはフトモモ科・フトモモ属の果実植物。東南アジアなどの暖かい地域に多く生息し、日本でも栽培されている。学名は ...

近づくと飛びついてくるサボテンがあるという雑学

植物・木

痛えええ!近づくと飛びついてくるサボテンがある【動画あり】

ちょっぴり不思議でかわいらしい見た目から、観葉植物としても人気のあるサボテン。そのぷっくりとした佇まいで人々を癒し魅了してきた。 そんなサボテンの特徴といえば、やっぱり体に巡らされた棘だろう。 見ている分にはかわいいけれど、棘だらけの体は痛々しくもある。動かない植物だからいいものの、あのトゲトゲなボディは相当な武器になりそうだ…。 でも実は世界には、まさしくあの体で攻撃してくるサボテンが存在するのだ…。 【自然雑学】近づくと飛びついてくるサボテンがある! 攻撃してくるサボテン、「ジャンピング・チョーヤ」。 ...

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.