宇宙の雑学一覧

雑学の中でも宇宙の雑学を集めてみました。

広大すぎる宇宙…。宇宙のトリビアを知ると、いまの悩みがアホらしくなるかもしれません。

人気の雑学


太陽系の惑星の中で、自転の方向が他の惑星と違うのは金星と天王星という雑学
自転の方向が違う!太陽系の惑星の中で、金星と天王星はアバンギャルド

続きを見る


地球は時速10万キロメートルで動いているということに関する雑学
速すぎ。地球は時速どのくらいのスピードで動いてる?

続きを見る


太陽の温度はどのくらい?に関する雑学
余裕で溶けます。太陽の温度は6000度〜1500万度くらい。

続きを見る

 

新着記事

火星にはエベレストより高い山「オリンポス山」があるという雑学

宇宙

2020/2/15

標高3倍!火星にはエベレストより高い山"オリンポス山"がある

火星 世界一高い山といえばエベレスト。世界のてっぺんに立ってみたいという願望を胸に、危険を承知で登頂する登山家は後を絶たない。 生死を掛けてでも登ろうとするのだから、人間はロマンを追いかけたくなる生き物なのだろう。ところで、エベレストより遥かに高い山があると聞いたら、彼らはまだ登りたいと思うだろうか? そう、火星にはエベレストを超える山が存在する。そのスケールを聞けば凄腕の登山家も、とても「攻略してやる!」とは言えないはずだ! 【宇宙雑学】火星にはエベレストより高い山「オリンポス山」がある 火星にあるオリ ...

宇宙飛行士の給料は意外と安いという雑学

宇宙

2020/2/15

やりがい重視なので!宇宙飛行士の給料は意外と安い…

普通に暮らしていてはおおよそ行くことのない宇宙を職場にする宇宙飛行士は、いかにも夢のある職業だ。それと同時に、何が起こるかわからない環境下に置かれる以上、危険と隣り合わせの職業でもある。 リスクを冒して宇宙へ飛び出すわけだから、さぞかし給料も貰っていることだろう。1,000万? 1億? 宇宙飛行士の給料面は、それを目指す人にとっても期待が膨らむ部分だ。実態はいかに! 【宇宙雑学】宇宙飛行士の給料は意外と安い 新米宇宙飛行士の月収は30~40万ほどで、一般のサラリーマンとさほど変わらない。 【雑学解説】新米 ...

太陽は燃えているわけではなく爆発しているという雑学

宇宙

2020/5/24

核融合!太陽は燃えているわけではなく"爆発"している

太陽がまぶしい…。屋内生活が大好きな筆者にとって、太陽の燃え盛るような暑さは大敵である。子供向け絵本の太陽はあんなに優しい笑顔で燃えているのに…。 そう思っていたが、実は太陽は燃えていないらしい。図鑑の再現絵をみても、火柱がグルグルと渦巻いているが…。 今回は、太陽は燃えていない、爆発しているのだ! という科学的な事実をご紹介するぞ! 【宇宙雑学】太陽は燃えているわけではなく爆発している 太陽は水素の核融合によってエネルギーを生み出す。科学的にいうと実際に燃えているわけではない。 【雑学解説】太陽は燃えて ...

宇宙船でオナラをした臭さはどのくらいかに関する雑学

宇宙 笑える

2020/5/23

宇宙船で出すおならは臭い?NASAの"おなら研究"とは!?

忙しくて疲れてどうしようもない時、ふと空を見上げると、一瞬にして疲れが吹き飛ぶことはないだろうか。 それはその空の先に、宇宙が果てしなく続いていて、そのエネルギーを体全体に感じることができるから。あるいは、宇宙の不思議と謎に満ちあふれている存在を感じて、自分の悩みや疲れが小さなものに感じるからかもしれない。 このように宇宙の存在の有難さを感じているとき、ふと思った。宇宙船でおならをした臭さはどのぐらいなのであろう? 壮大な宇宙の話になるかと思い気や、少し笑ってしまうほど、しょうもないことで申し訳ないが、一 ...

火星に氷があったことに関する雑学

宇宙

2020/2/15

火星には氷があった!将来的に移住できるようになるかも?

火星コロニー 地球から1番近い位置にある火星。長年火星には氷・水が存在しているのか? ということについて議論・研究が進められてきた。 しかし、とうとうその議論が結論を出そうとしているという。そう、火星で氷が発見されたというのだ。でもその発見で、我々にはどう影響してくるのだろうか? 今回は、火星で本当に氷が発見されたのかという雑学について紹介していこう。天体に興味がある人は、必見のテーマといえるだろう。 【宇宙雑学】火星に氷があった 火星探索により、長年火星にあるのか謎だった氷が、ついに発見された。 【雑学 ...

宇宙ではトイレに行きたくならないという雑学

宇宙

2020/2/19

宇宙のトイレ事情。無重力ではトイレに行きたくならない?【動画あり】

宇宙…。それは謎に満ちた未知なる世界である。そんな謎に満ちた宇宙に関して、こんな話を聞いたことはないだろうか? 「宇宙ではトイレに行きたくならない」 …これは本当なのだろうか。本当だとしたら、なぜ宇宙に行くとトイレに行きたくならないのだろう…。宇宙でも当然水分は摂っているだろうし、トイレに行かないとしたら、身体に悪いような気もするが…。 一体どういうカラクリになっているのか、今回は宇宙のトイレ事情に関する雑学に迫っていこう。 【宇宙雑学】宇宙ではトイレに行きたくならない 宇宙には重力がなく、尿が膀胱に降り ...

日本の隕石の所持数は世界第二位という雑学

宇宙

2020/2/15

南極で発見!日本が所持する隕石の数は世界第二位

宇宙の不思議の1つである隕石。実は隕石は流れ星として、けっこう日常で目撃することができる。 通常、隕石は流れ星のように大気圏で燃えながら、地球に向かって落ちてくる。まれに大きなものは形を残したまま地球へ落下。それが隕石と認識されているのだ。 その隕石の所持数、実は日本が世界第二位なのだ。この小さな島国で世界二位…。隕石が落ちてきたなんてニュースはめったに耳にしないのに、なぜだろう? 今回は、日本が隕石の所持数・世界第二位という雑学について、解説していこう。 【宇宙雑学】日本の隕石の所持数は世界第二位 日本 ...

地球から太陽までは、光の速さだと8分20秒かかるという雑学

宇宙

2020/2/15

最速!地球から太陽まで"光の速さ"でどれくらいかかる?

古来から我々人類が信仰の対象としてきた太陽。 今でこそ太陽という存在が恒星であり、我々にとってなくてはならないものであるという認識ができているが、昔々の人々からすれば、「あの眩しいのは何なんだ!」くらいのものだった。 たしかに暖かくて、そこにいれば世界は光で満ちていて、いなくなったら世界が暗くなってしまうし。また、頑張ってその存在を見ようとしたら目が痛くなる…神様と思ってしまっても不思議ではないな。 とはいうものの…我々現代人でも、身近な太陽のことをそこまで知らないのではないだろうか。やはり「光っていて眩 ...

地球は「天の川銀河」所属?に関する雑学

宇宙

2020/2/15

太陽系でもショボい。地球は"天の川銀河"という銀河系の所属【オリオンの腕】

地球の外には太陽系があって、太陽系の外には銀河系がある。という話はだいたい学校で習って知っているだろう。でも、その銀河系の名前はなに? と聞かれて「天の川銀河」とすぐに答えられる人はどれくらいいるだろうか? というか、銀河系っていう名前じゃないの!? 地球は天の川銀河に所属しているってこと? と思った人が多いかもしれない。というわけで、今回は地球が所属している銀河系についての雑学をご紹介しよう。 【宇宙雑学】地球は「天の川銀河」所属? 地球は太陽を中心とする太陽系に所属しており、その太陽系は「天の川銀河」 ...

「月」は少しずつ地球から離れていっている?に関する雑学

宇宙

2020/2/15

"角運動量"を保存?月は少しずつ地球から離れていっている

我々が暮らす地球に馴染み深い天体といえば、太陽と月である。 太陽はご存知の通り、光という我々の生活に必要不可欠なエネルギーを与えてくれる。まぁ…紫外線なんかもきてしまっているから、嫌だと思う人もいるだろうけど…。 月はあまり働きとしては知られていないかもしれないが、潮の満ち引きを起こしたりするように、月の引力で地球を引っ張ってくれている。 この月の引力は地球環境の維持には欠かせないもので、もしも月が存在しなかったら、地球は今のような環境にならなかったという説もあるくらいだ。 そんな月なのだが…実は…年々地 ...

© 2020 雑学カンパニー