地球

砂漠と砂丘の違いはなに?鳥取砂丘が砂漠ではない理由とは

砂漠と砂丘の違いに関する雑学

鳥取砂丘。砂漠感スゴいんですが…

高いビルに囲まれた生活をしていると、逃げ出したくなることがある。もう建物に囲まれるのは嫌だ。建物のない、広大な砂漠に行きたい。

有名な砂漠といえばエジプトのサハラ砂漠だが、日本から行くのは大変だ。かんたんに行ける砂漠はないものか…。

砂一面の世界なら、日本には鳥取砂丘がある。鳥取砂丘に行こう!

しかし砂漠と砂丘はどちらも砂が一面に広がるイメージだが、何か違いはあるのだろうか? 今回の雑学では砂漠と砂丘の違いについて調べてみた。砂丘のイメージが変わる、新事実も発覚したぞ。

【自然雑学】砂漠と砂丘の違い

ばあさん
砂漠の成り立ちには降水量などの気象条件が関係しているのですが、砂丘の場合は降水量は関係ないらしいですよ。
じいさん
へー!そうだったんじゃな!

【雑学解説】砂漠は雨の少ない荒地で砂丘は砂の堆積した場所

砂漠は雨の少ない荒地で砂丘は砂の堆積した場所というトリビア

砂漠と砂丘の違いを調べてみると、似ているようにみえて、成り立ちが異なるものだと判明した。砂漠と砂丘がそれぞれどのような場所なのか、かんたんにまとめてみよう。

  • 砂漠:年間降水量が250mm未満の乾燥した土地で、砂や岩石が多い
  • 砂丘:風によって砂が運ばれ、丘状に堆積した場所

砂漠は年間降水量が200mm未満という説や、降水量よりも蒸発してしまう水分の量が多いといった説もあった。わかりやすく説明すると、雨が極端に少なく乾燥しているため、草木の生えない荒地が砂漠だ。

砂丘は風で運ばれた砂が堆積した場所であり、降水量は関係ない。日本の有名な砂丘の「鳥取砂丘」がある鳥取県は、年間の平均降水量が2,000mmほどある。

じいさん
でも…雨が降るのに、なぜ砂丘は砂漠のような砂地のままなんじゃろうか?
ばあさん
たしかに、雨がたくさん降るなら草木も生えてきそうですよね。

実は、鳥取砂丘は除草作業が行われているそうだ。鳥取砂丘に草が生えるなんて、思いもしなかった…!

関連雑学

溺れる!?砂漠での死因の9割は、大雨がもたらすアレだ…!【動画あり】

続きを見る

【追加雑学①】日本の砂丘は鳥取砂丘だけじゃない

日本の砂丘は鳥取砂丘だけじゃないというトリビア

猿ヶ森砂丘

日本の砂丘ですぐに思い浮かぶのが、鳥取砂丘だ。ほかの砂丘は残念ながら思い浮かばない。もしかしたら、私が知らないだけで日本にはもっと砂丘があるのでは? 探してみると、意外とほかにも砂丘があったので、いくつか紹介していこう。

  • 青森県:猿ヶ森砂丘(さるがもりさきゅう)
  • 石川県:内灘砂丘(うちなださきゅう)
  • 静岡県:浜岡砂丘(はまおかさきゅう)
青森県:猿ヶ森砂丘(さるがもりさきゅう)

青森県の猿ヶ森砂丘は日本一面積の広い砂丘だが、正確な面積は公表されていない。猿ヶ森砂丘は防衛省が試験場として利用しており、一般人は立ち入り禁止のため、面積などの数値も非公開のようだ。日本一大きな砂丘なのに残念…。

石川県:内灘砂丘(うちなださきゅう)

石川県の内灘砂丘は長さが約10kmほどあり、日本で3番目に面積の広い砂丘である。ちなみに日本で2番目に面積の広い砂丘は、東西の長さが約16kmある鳥取砂丘だ。内灘砂丘では「世界の凧(たこ)の祭典」という、凧あげのお祭りも行われているぞ!

静岡県:浜岡砂丘(はまおかさきゅう)

静岡県にある浜岡砂丘は、桜の名所としても有名な砂丘だ。浜岡砂丘の周辺にはサイクリングロードの太平洋岸自転車道があり、この道が桜並木なのである。砂の丘の近くに桜並木があるなんて、自然の神秘を感じる…!

ばあさん
まぁステキ…!1度行ってみたいです…!

スポンサーリンク

【追加雑学②】「裏砂漠」という場所が東京の伊豆大島にある

砂漠は雨がほとんど降らない地域にできる。梅雨があり、台風で豪雨になるような日本だと、基本的には砂漠はできないのだ。しかし、日本にも砂漠と名のつく場所があるのをご存知だろうか?

じいさん
え!?初めて聞いたぞ!

日本の砂漠はなんと、東京都にあった。東京の伊豆大島には「裏砂漠」という場所が存在するのだ。

裏砂漠とは変わった名前である。表砂漠もあるのか? どんな場所なのか確認できる動画を発見したので、見てみよう。

じいさん
なんか…思っていたより色が黒いぞ…!黒い砂漠!俄然興味がわいてきた!!

裏砂漠は伊豆大島の三原山という火山の東側にある。植物の生えている場所と生えていない場所がはっきりと分かれ、黒い大地が広がっているのはふしぎな光景だ。この黒い大地こそが、裏砂漠なのだ!

裏砂漠の成り立ちには、火山の噴火が関係している。火山の噴火で植物が焼き尽くされ、噴火の落ち着いた後も植物の生育には環境が厳しく、植物が育ちにくいのである。

本来の砂漠は雨が少ない場所なので、年間の平均降水量が2,800mmほどある伊豆大島の裏砂漠は、正確には砂漠ではない。しかし、砂漠のような風景が広がることから、名前に砂漠と入っているようだ。

三原山の周辺を調査すると、裏砂漠だけでなく表砂漠も発見した。表砂漠は三原山の西側にあり、三原山の東側に位置する裏砂漠のちょうど反対側にある。もしも今後の噴火で北や南も砂漠になったら、なに砂漠になるのだろう?

雑学まとめ

砂漠と砂丘の違い、わかる?鳥取砂丘が砂漠ではない理由についての雑学まとめ

今回は砂漠と砂丘の違いなど、地形に関する雑学を解説した。砂漠と砂丘は同じに見えるが、成り立ちから違うとは勉強になった。

じいさん
うむ!これでまた1つ賢くなったな!

鳥取砂丘では除草作業が行われているのも、衝撃的だ。そんなに草が生えるのか…。日本にも砂漠と名の付く場所があるなんてことも、知らなかった。建物に囲まれたビル街から逃げ出したくなったときには、伊豆大島に行ってみるのもいいかもしれない。

いま読まれている記事

© 2020 雑学カンパニー