自然現象

溺れる!?砂漠での死因の9割は、大雨がもたらすアレだ…!【動画あり】

砂漠の溺死に関する雑学

日本に住んでいれば、普段あまり縁のない砂漠。しかし、地球の3分の1は砂漠だという。ジリジリと焼け付くような日差しに、辺り一面の砂、砂、砂!

今回の雑学では、そんな砂漠に突然行かなくてはならないとしたら、一番気を付けなければいけないことは何かご紹介しよう。砂漠での死因を挙げてみると、そこには意外なものが含まれていた!

【自然雑学】砂漠の死因の9割は「洪水による溺死」

ばあさん
砂漠での死因の9割は、溺死だといわれているんですよ。
じいさん
なんと!? 水がないのにか!?

【雑学解説】水のない砂漠での死因がなぜ「溺死」?

まず、砂漠について説明しておこう。

メモ

  • 雨が極端に少ない
  • 年間降水量250mm以下、または降雨量より蒸発する水分量の方が多い地域
  • 農作物を作り続けた結果、荒廃してしまった土地
  • 気候により乾燥地帯となってしまった土地

こういった土地や地域が砂漠と呼ばれている。そんな砂漠で溺死するとは、一体どういうことなのか?砂の渦に飲まれて溺れるってこと…?

たしかにその危険性もあるかもしれないが、「砂漠での溺死」とはその言葉の通り、水に溺れて亡くなってしまうことを指している。

砂漠での死と聞いて思い浮かぶのは、まず熱中症や脱水症状ではないだろうか。しかし、そんな水がほとんどないイメージの砂漠でも、人々を脅かす洪水が起こることもあるのだ。

砂漠でも洪水は起こる

砂漠だって、雨が一切降らないわけではない。では、カラカラの土地に雨が降るとどうなるか…。

乾いた地面に雨がスッと吸収されるのを想像した人もいるだろう。しかし、砂漠のような乾燥しきった土地では、砂や土どうしがギュッと固まった状態であるため、水が染み込むのに非常に時間がかかる。そのため、降った雨は地面に吸収されずに地表を流れ、ものすごい勢いを伴った洪水となって人々を襲うのだ。

砂漠には基本的に雨はほとんど降らないが、まれに大雨が降る。このときに洪水が発生してしまうのである。

スポンサーリンク

【追加雑学】砂漠で洪水が起こるメカニズムとは

砂漠に雨が降ると洪水が起こり溺死してしまう

砂漠に雨が降ると…

砂漠で洪水が起こりやすいのは「ワジ」と呼ばれる交通路である。交通路といってはいるが、ワジとはもともとは川だった場所。日本語では「水無し川、涸れ谷」と訳される。

つまり、過去に洪水が起きたときに水が流れた場所のことで、谷のように周囲より低い場所にあり、乾季のときは平坦な道になる。このお堀のような通路が、砂漠の中にはたくさんあるのだ。

ワジは周囲より歩きやすいため、砂漠で生活する人たちは交通路として使用している。また、ワジの近くでは地下水脈が利用できるので、居住地やオアシスができることも多い。

じいさん
もともと川だったということは…!

そう、雨季などに大雨が降った場合、水は地面に染み込まずワジに流れ込む。ワジの地面も当然乾ききっていて水を吸収しないので、水はお堀のようなワジを通って低地に向かって一気に流れる。この激流はかなり速く、人々は逃げることができずに水に飲まれ、溺死してしまうのだ。

また、砂漠での雨は夕方に降ることが多い。

夕方に降った雨がワジに流れ込むのは夜。そして、ものすごい勢いで水がワジを通って低地に流れて来るのは、低地に住む人々が眠りについたあと。

ただでさえものすごいスピードの洪水なのに、これでは逃げ遅れるのも無理はない。静かに眠っている夜に、突然の轟音と激流…考えただけでも恐ろしい。

ばあさん
逃げ出す時間もないですね…

砂漠での洪水の様子を捉えた動画

イスラエルのネゲヴ砂漠で起こった洪水を撮影した動画がある。

それがコチラだ。

最初はゆっくりと流れてきていた水が次第に激しさを増し、ものすごい勢いで流れていくのがわかる。夜中にこれに襲われたら逃げ場はなさそうだ。

雑学まとめ

今回の雑学では、砂漠での驚きの死因について紹介してきた。自然の脅威はとても恐ろしく、人間がどうこうできる問題ではないことがほとんど。

しかし、水のない砂漠で雨が降ったり、まして洪水なんて起こるはずもない…などと油断してしまっていることも、洪水による被害を大きなものにしている原因の1つかもしれない。

現在も地球の砂漠化は続いていて、自分がいつ砂漠地帯で過ごすことになるとも限らない。自然の中では常に油断せず、あらゆる可能性を念頭において行動するべきだろう。

関連雑学

「砂漠のバラ」と呼ばれる鉱物の結晶があるという雑学
その名はデザートローズ。"砂漠のバラ"と呼ばれる鉱物の結晶が美しい…

続きを見る

砂漠と砂丘の違いに関する雑学
砂漠と砂丘の違いはなに?鳥取砂丘が砂漠ではない理由とは

続きを見る

いま読まれている記事

© 2020 雑学カンパニー