意外なルール

遅いから罰金&減点ね。車の運転には"最低速度違反"もある!

自動車の運転は最高速度違反だけでなく、最低速度違反もあるという雑学

車の運転でスピードを出しすぎてはいけないのは皆さんご存知だろう。行き過ぎたスピード違反は警察に取り締まられてしまうし、何より危険だ。

一方、ノロノロ運転の車の後方についてしまい、イライラしたという経験がある方も多かろう。「別にスピード違反のわけではないから、何もいえないが…」と思っているそこのあなた。実は自動車には、最低速度違反もあるらしいのだ! そこで今回の雑学では、これについてちょっと調べてみた。

【ルール雑学】自動車の運転は最高速度違反だけでなく、最低速度違反もある

高速道路(本線車道の対面通行でない区間)での法定最低速度は、時速50km/hと定められている。

【雑学解説】高速道路は50km/hが最低速度

高速道路は50km/hが最低速度についてのトリビア

この法定最低速度の50km/hというのは、あくまでも高速道路の本線車道で、指定速度が定められていない場合に限ったもの。標識や標示によって、最低速度が指定されているなら、指定された最低速度を守る必要がある。

ただ最低速度が指定されている道路は、自動車専用道路や一般国道自動車専用道路など、厳密には一般道にくくられるものの、事実上は高速道路と同じ状況の道路に限られる。

それ以外の一般道では最低速度の指定がされていないので、法的にはどんなにノロノロ走ったとしても問題はない。ただ法定速度を極端に下回ったスピードで運転すると周りの車の危険となるので、あくまでも周りの車に合わせて走っていただきたい。

高速道路はほとんどの場合、法定最高速度が100km/hと定められており、その半分の50km/hが法定最高速度。そして通行にお金がかかる有料道路である。

対して自動車専用道路は、法定最高速度60km/hと定められている道路で、法定最低速度は定められていない道路だ。

どちらも車でしか通行できない道路であることは共通している。

スポンサーリンク

【追加雑学①】スピード違反の罰則

スピード違反の罰則についてのトリビア

高速道路上を問わず、最低速度違反をしてしまうと1点減点で、6,000円の違反金となる。ちなみに渋滞していたり災害が起きたりして、どうしても最低速度を守れない事情がある場合は、道路交通法の適用が除外され、最低速度違反も免除されるのでご安心を。

最低速度違反ならどれだけノロノロ走っても1点しか減点されないが、スピード超過の場合は、どれだけ超過したかによって、減点数が変わってくる。以下にまとめてみた。

  • 15km/h未満は1点
  • 15km/h以上20km/h未満は1点
  • 20km/h以上25km/h未満は2点
  • 25km/h以上30km/h未満は3点
  • 30km/h以上35km/h未満は一般道は6点、高速道路は3点
  • 35km/h以上40km/h未満は一般道は6点、高速道路は3点
  • 40km/h以上50km/h未満は6点
  • 50km以上は12点

なかには100km以上スピード超過して捕まった強者もいる。くれぐれもスピードの出しすぎにはご用心。

【追加雑学②】オービスはどうなったら光る?

オービスとは正式名称を「自動速度違反取締装置」といい、道路を走行する車両の速度違反を、自動的に取り締まる装置である。オービスが置かれている箇所を速度違反の車が通ると、フラッシュが焚かれ、違反車両のナンバープレートと運転者の顔が分かるよう撮影されるのだ。

このオービスだが10km/h程度の超過であれば反応しない。警察からはっきりとした数字は公表されていないが、一般道では30km/h以上、高速道路では40km/h以上で反応するらしい。

これだけのスピード違反をすると、一発で免停になってしまう。オービスに捉えられたら一巻の終わりということだ。

雑学まとめ

遅いから罰金&減点ね。車の運転には最低速度違反もある!についてのトリビア

今回の雑学はいかがだっただろうか。スピード違反というとスピード超過に意識が向きがちだが、スピードの出さなすぎも罰則が適用されるのだ。高速道路では法定最低速度が決まっており、50km/h以下はアウト。

それ以外でも最低速度が指定されている道路は、その指定された速度を守らねばならない。つまり、スピードはほどほどにしよう、ということだ。ほどほどにするのはスピードに限った話ではないが…。

関連雑学

盗難車が事故を起こすと所有者も責任を問われることがあるという雑学
え、自分も悪いの!?盗難車が事故→所有者が責任を問われることがある

続きを見る

自転車に速度制限はある?に関する雑学
自転車に速度制限はある?道路標識は守らなきゃいけない?

続きを見る

いま読まれている記事

© 2020 雑学カンパニー