武将・武士 笑える

サルじゃない!信長が命名した豊臣秀吉のあだ名がパワハラ。

豊臣秀吉には「サル」以外に別のあだ名もあったという雑学

豊臣秀吉像

天下統一…日本の歴史上、これを成し遂げた人は実質二人しかいない。そう、サルとタヌキである。もちろん動物のサルとタヌキでなく「サル」こと豊臣秀吉、「タヌキ親父」こと徳川家康の2人だ。

特に豊臣秀吉のあだ名は有名で、おそらくクイズで「天下統一を成し遂げ、サルと呼ばれた偉人は誰のことですか?」と聞いたら、100人中99人は豊臣秀吉と答えるのではないだろうか。

しかし、豊臣秀吉のあだ名はサルだけでないことをご存じだろうか!? ということで、今回は豊臣秀吉に関する雑学を紹介していこう!

【歴史雑学】豊臣秀吉には「サル」以外に別のあだ名もあった

信長さん
おいハゲネズミ!
秀吉くん
な、なんすか殿?!

【雑学解説】織田信長が「サル」と呼んでいた記録はない

豊臣秀吉は織田信長にハゲネズミと呼ばれていた

先生からも、親からも、「サル」で教わったのに…騙された! と傷付いた人がいるのであれば、安心してほしい。豊臣秀吉は肖像画に描かれているように、実際にサルに似ていたのは事実なのだ。それは数々の書物なんかにも記載されている。

宣教師や朝鮮人の書物には「偉い人に会いに行ったらサルがいたよ」みたいな記載もあるので、サルに似ていたことはほぼ間違いない。

秀吉くん
き、きっと顔が似てる以外にも理由があるはずっす…!

当時の織田陣営や豊臣陣営は、生まれの干支であだ名をつけていたようで、秀吉の親友である前田利家は戌年生まれなので、「イヌ」と呼ばれていた。そしてお察しの様に、秀吉は申年生まれなので当然あだ名も「サル」となるわけだ。

だから実際に、サルと呼ばれていたのも事実というわけ。

秀吉くん
今日からこの「干支あだ名説」を信じてほしいっす!

本題に戻ると、秀吉の主君である織田信長は秀吉の奥さん・ねねにあてた手紙の中で、

信長さん
「あのハゲネズミが君よりもいい女性を手に入れられるわけないんだから、堂々としていよう」

というようなことを書いている。

当然ここでハゲネズミといわれているのはねねの旦那さん・秀吉ということなる。

ちなみにこれは秀吉が浮気しまくっていたことに、ねねが怒って上司にチクった返事だぞ。第六天魔王にチクるなんて…ねねさん怖すぎる…

秀吉くん
ねねちゃんも殿もめちゃくちゃ怖いっすー!!

この奥さんにあてた手紙から、信長は普段から秀吉のことを「ハゲネズミ」と呼んでいたのではないかといわれている。そして信長の秀吉に対する呼称として現在確認されているのは、実はこれだけなのだ。

由来は小柄で髭が少なかったからともいわれているが、実際のところ不明。他にも指が6本あったことから、「六ツめ」と呼ばれていたこともわかっているぞ。

容姿であだ名をつけるなんて…信長さん…それパワハラっすよ…

秀吉くん
信長さん…それパワハラっすよ…
信長さん
こっちを見ながら声に出して読むなバカタレ!

関連雑学

豊臣秀吉は指が6本あった説に関する雑学
ほんとっぽい。豊臣秀吉は指が6本あった説。

続きを見る

スポンサーリンク

【追加トリビア①】将棋の「王将」は秀吉が作った!?

秀吉は将棋好きでも知られている。そして現在の将棋の駒には「玉将」と「王将」があることをご存じだろうか。もともと玉将しか存在していなかったのだが、ある日、秀吉が鶴の一声で

秀吉くん
「玉ではなくて王にしろ!」

と命じたことから、王将が誕生したという説もあるのだ。

それなら2つとも王にすべきでは…と思うかもしれないが「この世に王様は2人もいらない」という実に天下人らしい発想があったのではないかといわれているぞ。

単純に…紛らわしいだけだからだと思うのだが…

【追加トリビア②】ほぼ悪口!おもしろい戦国武将のあだ名

明智光秀のあだ名は?

明智光秀

戦国武将の中には「甲斐の虎」こと武田信玄や「日ノ本一の兵」こと真田幸村など、様々なカッコいいあだ名・通り名が存在する一方で、本当に残念な…いや! おもしろいあだ名もあるのだ!

髭殿…津軽為信

弘前藩初代藩主。戦国時代は髭が立派なことが1つのステータスだったので、ある意味最大の賛辞ではある。しかしもっとひねりを加えても良いのでは…。

ちなみに津軽為信は三国志の英雄・関羽に憧れてひげを伸ばしていたといわれており、その関羽には「美髯公」という立派なあだ名があるぞ! 意味は美しい髭の人だ! せっかく真似しているのだから、津軽為信にも立派なあだ名をつけてやれよ!

鮭様…最上義光

山形藩初代藩主にして、伊達政宗の叔父さん。由来はとにかく鮭が好きだから。戦争に勝利し「これで鮭がたくさん取れる!」と大喜び。

何かにつけて贈り物には鮭。とりあえず鮭。塩分の取り過ぎで病死したのではないと思いたい。

金柑頭(キンカアタマ)…明智光秀

いわずと知れた三日天下様。ゲームなんかのビジュアルと現実とはやっぱり違う。実際には少し生え際が後退していたといわれており、それを揶揄して信長からハゲを意味する金柑頭と呼ばれていたとされている。

しかし、これには諸説あり。「光」の字の下半分と「秀」の字の上半分を合わせると「禿」という漢字になるので、こう呼ばれていたという説もあるぞ。

どちらにせよハゲと呼ばれていたことには間違いないんだけどな…

信長さん
うん、ハゲはハゲだ。

関連雑学

江戸幕府将軍徳川慶喜は「豚一様」と呼ばれていたという雑学
悪口…?最後の将軍"徳川慶喜"は"豚一様"と呼ばれていた

続きを見る

トリビアまとめ

今回は、豊臣秀吉のあだ名に関する雑学を紹介した。秀吉がハゲネズミとは…今も昔も見た目からあだ名を決めるスタイルっていうのは変わっていないことに少し驚くところだが、何よりも驚くのは信長のあだ名を付けるセンスとユーモアだな!

私がもしも信長に仕えていたらどう呼ばれていただろう…。私はお腹が出ていて、比較的頭皮も薄いから…「ハゲタヌキ」に違いない。 …天下人待ったなし!

…悲しくなんてないぞ! 本当に悲しくなんてないんだからな!

信長さん
俺のセンスの良さがよく分かる最高の雑学だったな!ハゲネズミ?
秀吉くん
僕のあだ名はサルでお願いするっす…

関連雑学

豊臣秀吉のヒゲは付け髭という雑学
コンプレックス…豊臣秀吉のヒゲは付け髭!ヒゲ禁止令の歴史

続きを見る

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.